肌に優しいクレンジングのタイプとおすすめ商品全5選

左手のひらのクリームを混ぜる瞬間の画像

化粧水や乳液と同じように、毎日私たちの肌に触れるクレンジングですが、様々な種類があって、どれを選べばいいか分からなくなることはありませんか?

本記事では、スキンケアにとって欠かせない存在であるクレンジングを選ぶ際に注意したいことや、おすすめの商品を5つ紹介します。

クレンジングの種類と刺激の強さ

クリームとラベンダー

肌に優しいクレンジングと聞いて、どんなものをイメージするでしょうか?

肌に優しいクレンジングを選ぶためのポイントは、「配合成分」と、「クレンジング料自体の質感」「うるおい」の3点です。

クレンジングが肌に悪いと言われる訳

両手で顔を隠している女性

オイルクレンジングを使用したら、クレンジング直後はさっぱりしたけど、肌が乾燥するようになった・・・という経験はありませんか?

オイルタイプのクレンジングは、主成分が油であるため、メイクと素早くなじむのですが、もともと肌に存在してうるおいを保つ役割をしている皮脂ともなじみ、洗い落としてしまうので乾燥の原因となるのです。

クレンジングはメイクを落とすための重要な基礎化粧品ですが、肌に合わない成分のクレンジングを使用すると赤みやかゆみの原因となってしまいます。

他にも、肌のうるおいを保つために必要な油分である皮脂まで洗い落とすことで乾燥の原因になったり、クレンジングの際に指でごしごしと擦りすぎて肌表面を傷めてしまったりするのです。

最も低刺激のクレンジングはクリームタイプ

さっぱりした使用感のクレンジングが好きだから、肌が乾燥しがちだけど、クリームタイプのクレンジングは避けている・・・なんて方もいるのではないでしょうか?

乾燥肌の人がクリームタイプのクレンジングを避け、オイルタイプやジェルタイプのクレンジングを使用していると、肌にもともとある油分を落とし過ぎて乾燥がさらに進んでしまったり、洗う時の摩擦で肌が傷ついてヒリヒリの原因になったりするのです。

うるおいを保ちながら汚れを落とすことが重要になる乾燥肌には、低刺激で摩擦が起きにくく、マイルドにメイクをオフできる「クリームタイプ」のクレンジングがおすすめ。

クリームタイプのクレンジングは、水分と油分がほぼ半分ずつ配合されたクリーム状になっているため、皮脂を落とし過ぎて肌を乾燥させることがなく、うるおいを保ちながらクレンジングすることができます。

また、クリームが指と肌の間でクッションの役割を果たしてくれるので摩擦による刺激を起こしにくく、肌をいたわりながらメイクをオフできますよ。

肌に優しいクレンジングを探していて、どんなタイプがいいか分からないという方は、まずはクリームタイプのクレンジングを試してみましょう。

ミルクタイプとバームタイプも活用しよう

白いクリーム

クリームタイプは肌に優しいけれど、どうしても使用感が気に入らない、ということもありますよね。

クリームタイプと同じように、ミルクタイプやバームタイプのクレンジングも、肌への摩擦を最小限にし、うるおいを保ちながらメイクを落としてくれるので、クリームタイプが合わない方は、ミルクタイプやバームタイプにトライしてみて下さい。

ミルクタイプは、クリームタイプよりも水分が多く配合されたクレンジングで、肌の上でするする伸び、保湿効果も高いため、クリームタイプよりも洗浄力は低くなりますが、ナチュラルメイクを優しく落とすのには最適です。

バームタイプは、クリームタイプよりも油分が多く配合されたクレンジングで、肌になじむまでに時間がかかることが多いのですが、潤いを残しながら濃いメイクをすっきり落としたい時におすすめのクレンジングです。

反対に、オイルタイプ、ジェルタイプ、シートタイプは、しっかりとメイクをオフする力はありますが、強すぎる洗浄力と摩擦によって肌への刺激が起きやすいので、肌に優しいクレンジングを求めている方は、避けるようにしましょう。

肌に優しいクレンジング全5選

クリームの画像

クリームタイプやミルクタイプ、バームタイプのクレンジングが肌に優しいことは分かりましたが、安心な成分で作られたクレンジングを探すのは一苦労ですよね。

配合成分にこだわって作られた、おすすめのクレンジングを5点、紹介します。

ディセンシア つつむ ジェントルクレンジングクリーム

つつむジェントルクレンジングの商品画像

定期会員価格 2,138円(税込)
通常価格 2,376円(税込)
100g

ディセンシア つつむ ジェントルクレンジングクリームの特徴

  • 弾力のあるクリームタイプのクレンジング剤が、指先と肌の間でクッションとなり、摩擦を最小限に抑える
  • 指先の感触が変わることで洗い流しのタイミングが分かるため、洗いすぎによる肌の乾燥を防ぐ
  • 汚れを落としながらスキンケアできる処方

化粧品大手であるPOLAが敏感肌の方々に向けて開発した、敏感肌専用ブランド「ディセンシア」の「つつむ」というシリーズから、クリームタイプのクレンジングが発売されています。

最大の特徴は手のひらに乗せたときの感触で、ふわふわと弾力のあるクリームが、肌の汚れと馴染んだ瞬間に、するっとしたオイル状に変わるため、指先の感覚でメイクが落ちたことが分かる仕組みになっているのです。

ジェントルクレンジングクリームのように肌に摩擦を与えず、メイク落ちのタイミングを指先の感覚で教えくれるクレンジングなら、刺激が最小限に抑えられ、油分を洗い流しすぎることもないので嬉しいですよね。

また、クパスというカカオの仲間の植物の種子から採れる天然のオイルを配合しているので、こっくりとしたクリームで肌をケアしながらメイクオフができるため、乾燥に悩む方には特におすすめのクレンジングですよ。

ノブ Ⅱ クレンジングクリーム

ノブⅡクレンジングクリームの商品画像

4,320円(税込)
110g

ノブ Ⅱ クレンジングクリームの特徴の特徴

  • 水分をたっぷり含んだとろりとしたクリームで、肌をいたわりながらクレンジング
  • 配合成分をできるだけ少なくしたシンプル志向のクレンジングなので、刺激を与える成分が含まれている確率が低い
  • 無香料・無着色・低刺激・アルコールフリー・パッチテスト済みで、敏感肌の味方

臨床皮膚医学に基づいてスキンケアを考えるブランドであるNOVの「Ⅱシリーズ」は、敏感肌に悩む人々のために開発された、低刺激にこだわったラインです。

様々な成分から刺激を受けやすい敏感肌のために、配合する成分をできるだけ少なくしたシンプルなクレンジングなので、「ほんの少しこの成分が入っているから、ヒリヒリする」などの体験も起こりづらいのが嬉しいですね。

肌のトラブルに悩む様々な人に、一定期間実際に商品を試してもらい、荒れやかゆみが起きないか確認するパッチテストをしてから商品化されたクレンジングなので、「何を試しても荒れてしまう」と悩んでいる人にも、試してみて欲しいクレンジングです。

サッポー クレンジングクリーム(メイク浮かし)

サッポークレンジングクリームの商品画像

3,880円(税込)
150g

サッポー クレンジングクリーム(メイク浮かし)の特徴の特徴

  • 「メイクを落とす」のではなく「メイクを浮かす」ことで、肌に刺激を与えないことを最優先したクレンジング
  • 洗浄力ゼロのクリームなので、スキンケアに使用するクリームの感覚で使え、肌に残っても安心
  • 成分が肌に浸透・侵入しにくい処方になっているので、化粧品の成分から刺激を受けやすい敏感肌でも使いやすい

スキンケアの知識を広めていくことを目的とした「美肌塾」からスタートしたブランドであるサッポーは、メイクを落とすのではなくメイクを浮かしてオフするという新発想のクレンジングを発売しています。

サッポーのクレンジングクリーム(メイク浮かし)は、「メイクを全て落とす」のではなく、肌に負担が掛からない程度まで浮かしてオフにするというアプローチで、肌を保護することを最優先にしているのです。

メイクを落とすことよりも、肌を健やかに保つことを大事にするから、肌に刺激を与えやすい洗浄成分である界面活性剤は一切含まれておらず、メイク汚れをオフした後の肌にクリームが残っていても、そのまま眠ってOKという安心さ。

「しっかり落とす」という、いままでのクレンジングスタイルではどうしても肌が乾燥してしまう人は、試してみるといいでしょう。

カウブランド 無添加メイク落としミルク

ポンプ付 150ml
950円(税込)
詰め替え用 130ml
756円(税込)

カウブランド 無添加メイク落としミルク特徴の特徴

  • 肌に刺激を与えやすい着色料・香料・防腐剤を使用しておらず、アルコールフリーの処方なのに低価格
  • 肌を作っている成分でもあるアミノ酸からできたアミノ酸系洗浄成分を配合しているので、肌をいたわりながらクレンジングできる
  • アレルギーテストを実施済みなので、敏感肌でも安心

「牛乳石鹸」で有名なブランド、カウブランドから発売されている無添加メイク落としミルクは、肌に刺激を与えやすい着色料・香料・防腐剤やアルコールを一切使用していない無添加の処方なのに、1,000円以下というプチプラで手に入れることができるクレンジングです。

とろりとしたゆるい質感のミルクで、肌に優しいアミノ酸系洗浄成分を配合しているため、肌をいたわりながらクレンジングできるのです。

プチプラながら、実際に商品を使用してみてアレルギーが起きないかテストするアレルギーテストも実施済みというのも、心強いですよね。

D.U.O. ザ クレンジングバーム

D.U.O.クレンジングバームの商品画像

90g
通常購入 3,888円(税込)
定期購入 3,110円(税込)

D.U.O.ザ クレンジングバームの特徴

  • クレンジングバーム1つで「クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメント」という5つの役を果たす
  • 肌に刺激を与えやすいパラベンなどの旧表示指定成分、鉱物油、石油系油脂、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、アルコール、全てフリーの無添加処方
  • 「毛穴クリアカプセル」により、肌の上で美容液成分が溶けだし、汚れを絡め取りながら落とす

D.U.O. ザ クレンジングバームを試してみた体験レポの記事はこちら

自然と科学の融合から生まれたハイブリットコスメであるD.U.O.のザ クレンジングバームは、低刺激の処方によるバームで、うるおいを残しながらもしっかりメイクをオフすることにこだわったクレンジングです。

ザ クレジングバームは、肌の上に乗せて手のひらでぎゅっと押し付けると小さなカプセルがはじけ、美容成分と洗浄成分が溶けだすしくみで、毛穴の奥まで入りこんだ成分が汚れや古い角質を絡め取りながらなじみます。

無添加処方のバームは、肌になじむと弾力のあるクリーム状になるので、肌と指との間に摩擦を起こさず、うるおいを残したままメイクをオフすることができますよ。

クレンジングの際に気をつけること

洗顔を泡立てている手と泡

肌に優しいと言われるクレンジングを試しても、赤みやかゆみ、乾燥に悩まされている方もいるかもしれません。

そんなあなたはクレンジング料の成分が問題なのではなく、クレンジングの方法に問題がある可能性が高いので、見直しが必要です。

本記事で紹介してきたクレンジングはどれも肌に優しい商品ですが、肝心のクレンジング方法でも注意していただきたいことが4点あります。

  1. 強く擦らない
  2. 長時間擦らない
  3. ぬるま湯で洗い流す(水や熱湯で洗わない)
  4. 洗顔料とセットで潤いをキープする

肌と指との間でクッションの役割を果たしてくれているクリームタイプやミルクタイプ、バームタイプのクレンジングを使用していても、ごしごしと強く擦ってしまえば肌は刺激を受けますので、優しく撫でるように肌になじませることを心がけましょう。

うるおいを保つ処方になっているクレンジングでも、長時間肌になじませていれば、皮脂となじんでしまい、洗い流すときに肌に必要な油分である皮脂も流されてしまいますので、メイクが溶けだしたらすぐに流すことが大切なポイント。

クレンジングクリームを水で流そうとしても、温度が低すぎて水分となじまずに洗い残しの原因となり、熱湯を使用すると毛穴が開きすぎて肌の水分が失われる原因となるため、35度前後のぬるま湯を使用して下さい。

クレンジングの後で洗顔料を使用する場合は、洗浄力が強すぎて肌の油分まで洗い流してしまう合成界面活性剤の配合された洗顔フォームは避け、固形石鹸を使用するなど、洗い上がりにも充分に肌が潤いを保てるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です