乾燥肌にベビーオイルは使える?効果的な使い方と注意点を解説

かごの中の赤ちゃん

 

「乾燥肌のスキンケアにベビーオイルがいい」と聞いたことはありませんか?ベビーオイルは安全性が高く保湿効果もありますが、使い方を間違えるとかえって肌の乾燥を招くこともあります。乾燥肌の人がベビーオイルを使うコツを詳しく解説します。

乾燥肌にベビーオイルは使える?

肌のカサつきや肌荒れに悩まされることが多い乾燥肌。乾燥肌のスキンケアは保湿が重要ですが、どんなスキンケアアイテムを使えばいいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

乾燥肌のスキンケアアイテムとして人気があるのが、肌の乾燥を防ぐ効果や美容効果があると美容家の愛用者も多い「美容オイル」です。

美容オイルは、ホホバ油、オリーブ油、スクアラン、馬油など原料によってそれぞれ特徴がありますが、肌が敏感になっている乾燥肌の人はなるべく刺激が少ないものを選びたいですよね。

刺激が少ないオイルとして、注目されているのが赤ちゃんに使う「ベビーオイル」です。ベビーオイルはその名の通り赤ちゃんのスキンケアに使用するオイルですが、赤ちゃんの肌にも使えるよう低刺激性であることと、比較的値段が安いことが理由で乾燥肌の人に人気があります。

ベビーオイルはもともと赤ちゃんのスキンケア用に作られているので、「そもそも、大人の乾燥肌にベビーオイルは使える?」「乾燥肌の改善にベビーオイルは効果的があるの?」といった疑問が湧いてきますよね。

結論から言うと、大人の乾燥肌にベビーオイルを使うことはできます。

ただし、ベビーオイルに配合されているオイルの種類によって効果的な使い方があり、間違った使い方をすると乾燥肌がひどくなってしまう場合があるので、ベビーオイルの成分や正しい使い方を知ってから使うようにしてくださいね。

ベビーオイルの成分とその特徴

エッセンシャルオイルを垂らす瞬間

ドラッグストアなどでよく目にする「ベビーオイル」。透明でサラッとした使い心地で、価格が安いのが特徴ですが、ベビーオイルの成分は何か知っていますか?

ベビーオイルの成分

最もよく売れているベビーオイルとして有名なジョンソン® のベビーオイルですが、成分はミネラルオイル、酢酸トコフェロールの2つだけです。

酢酸トコフェロールはオイルの酸化防止剤として使われているので、成分はほぼミネラルオイルと言って良いでしょう。

ミネラルオイルとは化粧品によく使われる油性成分で、鉱物油に分類されるオイルです。ミネラルオイルの原料である「鉱物」とは石油のことで、石油を精製して作られたのがミネラルオイルです。

「石油から作ったオイル」と聞くと、肌に悪そうなイメージが湧きますが、ミネラルオイルは石油に含まれた不純物を徹底的に取り除いているので、肌への刺激が極めて少なく、酸化にくい安定したオイルになっています。

同じく石油を精製して作られた油性成分として有名な「ワセリン」が医療現場で使われているように、ミネラルオイルも低刺激性で安全性が高いオイルとして、赤ちゃんのスキンケアに使われています。ベビーオイルという名前で売られている商品の多くはミネラルオイルを主成分にしたものです。

ベビーオイルの特徴

ベビーオイルの主成分であるミネラルオイルの特徴を3つ挙げてみましょう。

1.肌への刺激が少ない

ミネラルオイルの特徴は、肌への刺激が少ないことです。

ミネラルオイルは石油を生成する過程で不純物がほぼ100%取り除かれていて、炭素原子と水素原子だけが残った精製度の非常に高いオイルです。

精製度が高いオイルは、安定性が高く他の物質と反応しにくい性質を持っています。

ミネラルオイルは、空気に触れて酸化したり、紫外線にあたって変質するといった変化が起こりにくいので、肌への刺激が少ないのです。

2.肌に浸透しない

ミネラルオイルのもう一つの特徴は、「肌に浸透しない」という点です。

化粧水や乳液など他の化粧品は肌の一番外側にある「角質層」と呼ばれる組織に浸透することで保湿効果を表しますが、ミネラルオイルは肌に塗っても角質層に浸透せず、肌表面に薄い膜を作ることで肌の水分の蒸発を防いだり、肌を外部の刺激から保護するという特徴があります。

3.コストがかからない

ミネラルオイルは原材料が石油であるため、植物や動物の成分が原料の天然オイルに比べ、低コストで製造できます。

ベビーオイルの値段が美容オイルに比べて安いのは、原材料のコストが低いことが理由です。

ミネラルオイルが主成分でないベビーオイルもある

ベビーオイルという名前で売られていて、比較的価格が安いものは主成分がミネラルオイルであるものがほとんどですが、最近ではミネラルオイル以外の天然オイル(植物性オイルや動物性オイル)を主成分としたベビーオイルも販売されています。

ベビーオイルに使われている主な天然オイルの特徴は以下の通りです。

オイルの種類 特徴
ホホバ油 天然オイルで唯一皮脂に含まれるワックスエステルを含む
肌なじみがよく肌への刺激が少ない
酸化しにくい
マカデミアナッツ油 皮脂に含まれるオレイン酸とスクワランが主成分
肌なじみがよく肌への刺激が少ない
比較的酸化しにくい
オリーブ油 皮脂に含まれるオレイン酸が主成分
肌なじみがよく肌への刺激が少ない
比較的酸化しにくい
コメヌカ油 皮脂に含まれるオレイン酸が主成分
肌なじみがよく肌への刺激が少ない
セラミドに近い働きをするコメヌカスフィンゴ糖脂質を含む
酸化しにくい

スクワラン

人や動物、植物に含まれる「スクワレン」に水素添加したものがスクワラン
肌なじみがよく肌への刺激が少ない
比較的酸化しにくい

馬油

人間の皮脂の成分に近い
セラミドに近い働きをする馬セラミドを含む
酸化しやすい

天然オイルを使ったベビーオイルは、ミネラルオイルが主成分のベビーオイルと比較して以下のような違いがあります。

  • 皮脂に近い成分が含まれているので肌なじみがよく角質層に浸透しやすい
  • 原料が植物や動物なので大量生産ができずコストが高い
  • オイルによっては酸化しやすい性質があり、酸化したオイルが肌への刺激になる場合がある
  • 原料によってはアレルギーを起こす場合がある

天然オイルを使ったベビーオイルは肌への低刺激性という点ではミネラルオイルに劣りますが、角質層に浸透しやすいので保湿効果が高く、乾燥肌のスキンケアに適しています。

【注意!】ベビーオイルでかえって肌が乾燥することも

多くのベビーオイルに使われているミネラルオイルですが、毎日使い続けているとかえって肌の乾燥を招く場合があるので注意が必要です。

肌の一番外側にある角質層には、肌の水分を保つ働きをしている油性成分(セラミドやワックスエステルなど)が存在します。

肌表面に塗ったミネラルオイルは肌に浸透することなく表面にとどまっていますが、肌にある油性成分がミネラルオイルの方に溶け出して、肌の油性成分が減少する場合があるのです。

本来、油性成分は油性成分の中にある方が安定しやすいという性質があります。

肌の水分を保つ働きをしている油性成分は、水分に囲まれた肌の中よりミネラルオイルという油性成分の中にいる方が安定しやすいので、肌の油性成分がミネラルオイルの方へ移動するという現象が起こるのです。

肌の水分を保つ油性成分が減少すると、肌が自ら水分を保つ力が落ちてしまい、肌表面は油分で覆われていても、肌内部が乾燥していきます。

このように肌表面には油分が多く、肌内部には水分が少ないという状態を「インナードライ肌」といいます。

インナードライ肌は表面が潤っているように見えても内部は乾燥しているので、肌は乾燥を防ごうと皮脂を多く分泌し、「肌がベタつく」、「肌がごわつく」、「毛穴が目立つ」といった肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

ミネラルオイルが主成分のベビーオイルは、肌の水分を保つ油性成分がたっぷりある赤ちゃんの肌に使う場合や、肌を外部からの刺激から保護して乾燥肌を防ぐ目的で使う場合は問題ありませんが、肌の保湿成分が減っている乾燥肌に継続的に使用するとインナードライ肌になる可能性があるので注意が必要です。

乾燥肌を改善するベビーオイルの使い方

頬に手をあてて微笑む女性

ミネラルオイルが主成分のベビーオイルを乾燥肌に継続的に使うと、インナードライ肌になる可能性があることがわかりましたが、ベビーオイルは配合されているオイルの特徴を活かして賢く利用すれば、乾燥肌の改善に効果を発揮します。

ミネラルオイルが主成分のベビーオイルの使い方

ミネラルオイルが主成分のベビーオイルは、「刺激が少ない」、「肌を保護する働きがある」といった特徴を活かして以下のような方法でスキンケアに利用すると、乾燥肌を改善する効果があります。

1.洗顔料に混ぜて泡立ちを良くする

乾燥肌のスキンケアで重要なのは、肌の皮脂や角質を落としすぎない「肌に優しい洗顔」です。肌に優しい洗顔とは、洗顔料をしっかり泡立て、泡をクッションのようにして肌にできるだけ刺激や摩擦を与えない洗顔です。

乾燥肌の人は肌に刺激が少ない洗顔料を使用し、泡立てネットなどを使用してしっかりと泡を作ることが大切ですが、洗顔料を泡立てるときにベビーオイルを1~2滴垂らすと、普段よりぐんと泡立ちが良くなりきめ細やかな泡が作れます。

2.クレンジングオイルとして使う

一般的なクレンジングオイルは、オイル以外に界面活性剤が2割程度配合されているので高いクレンジング力があります。

ベビーオイルは界面活性剤が配合されていないので肌への刺激が少なく、乾燥肌の人のメイク落としに適しています。

【ベビーオイルによるクレンジングのやり方】

1.ベビーオイルはクレンジング力が低いので、事前にマスカラやリップなどメイクが濃い部分はポイントリムーバーを使ってメイクを落としておきます。

2.ベビーオイル(500円玉くらい)を両手で温めて、Tゾーン→顎→頬の順に顔全体に塗り広げていきます。

3.指の腹を使って小さな円を描くようにして、優しく顔全体になじませていきます。

4.テッシュやコットン、もしくは蒸しタオルを使ってオイルを押さえるようにして優しく拭き取ります(拭き取るときにゴシゴシと肌をこすらないように)。

5.保湿成分を配合した洗顔石鹸やアミノ酸系の洗顔料をしっかり泡立て、優しく洗顔します。

3.お風呂上がりに全身に使う

入浴後は肌の温度が高くなっているため水分が蒸発しやすく、全身の乾燥肌に悩まされている人は注意が必要です。

入浴後は肌がどんどん乾燥するので、お風呂上がり身体を吹く前に、身体に水滴が残った状態でベビーオイルを全身になじませるように塗りましょう。

頭皮の乾燥が気になる人は、同じようにお風呂上がりに頭皮にベビーオイルをなじませると、頭皮の乾燥肌が改善できます。

4.入浴剤代わりに使う

入浴後すぐに全身のスキンケアにベビーオイルを使用するのも効果的ですが、お風呂上がりに全身にベビーオイルを塗るのは意外と手間がかかり、背中などは自分で塗るのが難しい場合もあります。

ミネラルオイルが主成分のベビーオイルは、値段が比較的安いので、思い切って入浴剤代わりにお湯にベビーオイルを使うと、入浴と同時に全身のスキンケアができてしまいます。

大さじ3杯くらいのベビーオイルをお風呂に入れ、よくかき混ぜるだけで、入浴後は全身にベビーオイルが行き渡りしっとりします。

全身の乾燥肌に悩む人におすすめです。

5.水仕事の前に使って、手の乾燥肌を防ぐ

水仕事を良くする人は手や指が乾燥しやすく、ひどい場合はかゆみやあかぎれ、湿疹などができることがあります。

手や指が乾燥するのは、洗剤によって皮脂が洗い流されることや、角質層が水を含んで柔らかく脆くなり、肌の保湿成分が流れ出してしまうことが原因です。

ミネラルオイルが主成分のベビーオイルは、肌に浸透せず肌表面に保護膜を作ります。

水仕事の前に塗ることで、洗剤が肌に付くのを防いだり、手の皮脂や保湿成分が流れ出すのを防ぐことが可能です。

顔の乾燥肌には天然オイル配合のベビーオイルを

ミネラルオイルが主成分のベビーオイルは価格が安く低刺激性なので、顔の乾燥肌にも使いたくなりますが、前の章で述べたように肌の保湿成分の減った乾燥肌に継続的に使っていると、インナードライ肌を引き起こす場合があります。

顔の乾燥肌のスキンケアにベビーオイルを使う場合は、ミネラルオイルが主成分のベビーオイルよりも、保湿効果が高い天然オイルが主成分のベビーオイルを使用することをおすすめします。

ホホバ油、オリーブ油、コメヌカ油、スクワランなどは、成分が皮脂に近いので、肌への浸透力が高く、皮脂が不足している乾燥肌に油分を補う事ができます。

【顔の乾燥肌向け】ベビーオイルの使い方

1.スキンケアの最後に使う

乾燥肌は毎日の保湿が欠かせません。

保湿の基本は、水分だけでなく保湿成分や油分をバランスよく肌に補うことです。

保湿成分とはもともと肌にあるセラミドやアミノ酸といった成分で化粧水や美容液、乳液、クリームなどで補います。

ベビーオイルを使う場合は、油分の多いクリームは使用せず、化粧水や美容液で肌を整えた後にベビーオイルを使用します。

2.ブースターとして使う

ブースターとは「後押しするもの」という意味で、洗顔後の肌につけることで、その後に利用する化粧水や美容液などの浸透を良くする目的で使います。

ブースターとしておすすめなのは、ホホバオイルやマカデミアナッツ油、馬油が原料のベビーオイルです。

乾燥肌におすすめのベビーオイル 3選

それでは、乾燥肌のスキンケアに使えるベビーオイルを3つご紹介します。

【コスパがよく全身に使える】ジョンソン®ベビーオイル 無香料

ジョンソンベビーオイル

ジョンソン®ベビーオイル 125ml 参考価格 518円(税込)送料別

ジョンソン®ベビーオイル無香料の特徴
ミネラルオイルが主成分で、肌への刺激が少なく赤ちゃんから乾燥肌の人まで安心して使える
価格が安く、全身の乾燥肌のスキンケアに惜しみなく使える
アレルギー/ノンコメドジェニックテスト済み※
※ノンコメドジェニックテストとは皮脂腺が多い背中などに化粧品を数回繰り返し塗布してコメド(ニキビ原因となる角栓)ができるかどうかを調べるテストです。

ベビーオイルといえばジョンソン®のベビーオイルを思い浮かべる人も多い、定番のベビーオイルです。

原材料はミネラルオイルと酸化防止剤の酢酸トコフェロールのみ。

赤ちゃんから乾燥肌、敏感肌の人まで安心して使うことができます。一本あると全身の乾燥肌に色々な使い方が出来るので便利です。

【保湿効果の高いコメヌカ油100%】ラフラ ベビーオイル

ベビーオイルRAFRA

ラフラ ベビーオイル 150ml 2,916円(税込)

ラフラ ベビーオイルの特徴
皮脂に含まれるスクワレンを含むコメヌカ油100%のベビーオイル
肌のセラミドに近い成分「コメヌカセラミド」が肌の水分を保ち乾燥肌を改善
コメヌカ油に含まれる抗酸化成分γオリザノールが乾燥肌をしっかり保湿

ラフラ ベビーオイルは赤ちゃんの敏感肌に優しいコメヌカ油100%のベビーオイルです。

コメヌカ油には肌の保湿成分であるセラミドに近い成分の「コメヌカセラミド」が含まれているので、乾燥肌の改善に効果的です。

香料や精油も不使用で赤ちゃんや敏感肌の人も安心して使えます。

【天然由来成分100%のベビーオイル】 アロベビー アンジュ マッサージオイル

アロベビーオイル

アロベビーアンジュベビーマッサージオイル 80ml 2,750円(税抜)

アロベビーアンジュベビーマッサージオイルの特徴
ヒマワリ種子油、ホホバ種子油など天然オーガニック植物油を数種ブレンド
アフリカで昔からベビーオイルとして使われてきたマルーラの木から抽出したオイルが乾燥肌をしっかり保湿
低刺激性で、顔や全身の乾燥肌に使える

アロベビーアンジュ ベビーマッサージオイルは、オーガニックの植物油を数種類ブレンドしたベビーオイルです。

美容効果が高いと言われるアルガンオイルを超える保湿力をもったマルーラオイル配合で、乾燥肌をしっかり保湿します。

値段は高いですが、保湿効果が高いベビーオイルなので赤ちゃんだけでなく乾燥肌のスキンケアにぴったりのオイルです。

ベビーオイルを賢く利用して乾燥肌を改善

タオルとオイル

ベビーオイルといえば、赤ちゃんにも使える低刺激性と値段の安さが特徴です。

顔だけでなく、全身の乾燥肌のケアが必要な場合、コストパフォーマンスがよいスキンケアアイテムとしてベビーオイルはとても魅力的です。

一口にベビーオイルといっても成分は様々。

本記事で紹介した使い方は、ベビーオイルの特徴を活かした使い方で、どれも乾燥肌の改善に効果的です。

ベビーオイルは配合されているオイルの種類が色々あるので、選ぶときには成分もしっかりチェックするようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です