【検証】プリマヴィスタの下地で本当に毛穴0(ゼロ)肌になれるのか

プリマの下地3種類並び2

化粧下地市場で7年連続売上No.1(※1)の「皮脂くずれ防止下地」や、毛穴やくすみなどの肌悩みをカバーしなめらかな肌に見せる「毛穴・色ムラカバー下地」、乾燥を防ぐ「カサつき・粉ふき防止下地」を発売しているプリマヴィスタの化粧下地シリーズ。
(※1 インテージSRI調べ。全国全業態2010年1月~2016年12月化粧下地 金額シェアベース)

夕方になっても化粧が崩れないことで人気のプリマヴィスタの化粧下地シリーズですが、対象年齢層である30代~50代の女性が悩みとして抱えている毛穴やシミ、くすみをカバーすることはできるのでしょうか。
他社の化粧下地と、プリマヴィスタの化粧下地3種類の合わせて4商品のカバー力を比較してみました。

プリマの下地と他社下地とのカバー力を比較!

毛穴比較4種上の4枚は、それぞれの化粧下地を塗って5分程度待ち、肌に定着させた状態の頬から鼻にかけての毛穴の写真です。

他社の化粧下地を塗布した肌は、肌のツヤ感や均一感は出ていますが毛穴を隠すという面ではあまり効果を発揮していないように見えます。

プリマヴィスタの皮脂くずれ防止下地とカサつき・粉ふき防止下地も、テカリを抑えたりツヤ感を出すことは出来ていますが、小鼻周りや頬のポツポツとした毛穴自体は隠せていません。

唯一、プリマヴィスタの毛穴・色ムラカバー下地は全体の肌色を均一に見せるだけでなく、開いて黒ずみもある毛穴をしっかりカバーして目立たなくすることができていますね。

毛穴が目立つことに悩んでいる人には、プリマヴィスタの「毛穴・色ムラカバー下地」の使用が一番おすすめであると言えます。

では、毛穴・色ムラカバー下地は、プリマヴィスタの他2種類の化粧下地と何が違って毛穴をカバーすることができるのか。

また、毛穴・色ムラカバー下地の使い方のポイントや、他2種類のプリマヴィスタの化粧下地を併用した崩れない毛穴隠しメイク方法を紹介します。

毛穴を隠すなら「毛穴・色ムラカバー下地を」

プリマヴィスタ「毛穴・色ムラカバー下地」の特徴

すっぴんと毛穴カバー後比較

年齢を重ねるにつれて、肌はだんだんとハリがなくなりたるみが出てくるために、若いときにはキュッと引き締まっていた毛穴が次第に広がってきます。

開いた毛穴は凹凸があり、まるでみかんの皮のようにボコボコとして見えるので、「みかん肌」と呼ばれることも。

そんな肌のたるみによる開き毛穴の凹凸をカバーするのが「毛穴・色ムラカバー下地」。

スフレみたいに軽いテクスチャーに配合された毛穴カバー粉体が、毛穴の凹凸に入り込んで肌のデコボコをなかったかのような滑らかさに仕上げます。

さらに、プリマヴィスタの化粧下地の中で唯一肌色がついているタイプなので、くすみやシミ・そばかすがある部分をカバーして目立たなくする色ムラカバー粉体も配合。

毛穴や色ムラに密着して長時間カバーできる持続力を兼ね備えた密着持続処方で、素肌にファンデーションを塗るよりも化粧持ちが良くなりますよ。

プリマの下地は併用可能!

プリマの下地3種類並び

プリマヴィスタの化粧下地の中で毛穴を隠すことに特化しているのは「毛穴・色ムラカバー下地」ですが、「皮脂くずれ防止下地」と「カサつき・粉ふき防止下地」もそれぞれ違った効果を持っています。

これらを自分の肌質や肌の悩みに合わせて毛穴・色ムラカバー下地と併用することで、毛穴を隠しながらテカリを抑えたり、乾燥を防いだりすることが出来ますよ。

皮脂くずれ防止下地

鼻やおでこなどのTゾーンがテカリやすい人には、「毛穴・色ムラカバー下地」を塗る前に「皮脂くずれ防止下地」を塗っておくのがおすすめ。

「皮脂くずれ防止下地」には、毛穴から過剰に皮脂が分泌されることによるテカリを抑える皮脂吸着パウダーを配合し、塗った直後から肌をさらさらにする効果があります。

また皮脂吸着パウダーが長時間持続する処方なので、昼を過ぎるとテカリやすいという人でも化粧直しをする回数が少なくなりますよ。

カサつき・粉吹き防止下地

「カサつき・粉ふき防止下地」は冬場の乾燥しやすい時期はもちろん、夏の冷房で肌が乾燥しやすく、粉をふいてファンデーションが乗りにくいという人に特におすすめ。

こっくりとしたテクスチャーの化粧下地が肌の水分を保ち、粉状のファンデーションも浮かないように密着させてツヤ感のあるうるおい肌に仕上げてくれます。

プリマの下地で毛穴を隠すつけ方のポイントを紹介

毛穴色ムラカバー下地

プリマヴィスタの3種類の下地の中でも「毛穴・色ムラカバー下地」が一番毛穴を隠すために最適ですが、塗り方に気をつけるだけでさらに綺麗な肌に見せることができます。

さっそく、毛穴を隠すための毛穴・色ムラカバー下地のつけ方のポイントを見ていきましょう。

①洗顔・スキンケアで肌を整える

化粧をする前のスキンケアは重要なひとつのポイント。

保湿をしないと肌が自らうるおいを保つために皮脂を余分に出すため、テカリがさらに出て化粧崩れの原因になってしまいます。

テカリが気になる脂性肌の人は、固形せっけんを泡立てて優しく洗顔をした後に、油分の少ない化粧水や保湿ジェルなどでしっかりと保湿を行いましょう。

化粧がのりにくい乾燥肌の人はぬるま湯で優しく洗顔した後、保湿効果の高い化粧水で水分を補い、油分や保湿成分を多く含んだ保湿クリームなどで肌のうるおいを保ちましょう。

② 使用量を守る

毛穴色ムラカバー下地

プリマヴィスタの「毛穴・色ムラカバー下地」は、肌の色を均一に見せるためにオークル色(肌色)が着色されています。

パッケージに記載されている使用量は、手にだしたときに8mm程度とされているので、だいたいパール1個分程度ということを覚えておきましょう。

これより多い量を使用してしまうと、着色されたオークルのカバー力によって厚塗り感が出てしまう恐れがあります。

また、伸びが良いクリームタイプではありますが、これよりも少ない量だと顔全体に伸ばすことが難しい場合もあるので、一回の使用量を守って塗るのが1日中綺麗を保つ秘訣です。

③ 毛穴・色ムラが気になる部分でも薄く一度塗りで充分!

毛穴・色ムラカバー下地には、毛穴の凹凸を埋める「毛穴カバー粉体」や、色ムラをカバーして肌色を均一に整える「色ムラカバー粉体」が配合されています。

また、上からファンデーションやフェイスパウダーなどを重ねていくと、それらと化粧下地がぴったりくっついて密着させる密着持続処方も採用。

毛穴や色ムラが気になる箇所でも、何度も重ねて厚塗りするのではなく、薄く伸ばすだけでもメイク後の肌は毛穴の目立たないなめらかな質感になりますよ。

④ 毛穴・色ムラカバー下地は塗る順番にもポイントが!

「とにかく顔全体に満遍なく伸ばせばいいんだよね」と思われがちな化粧下地。

プリマヴィスタの毛穴・色ムラカバー下地は、塗る順番に気をつけるとさらに日中も毛穴が目立たない、くずれない肌をつくりだすことができます

毛穴・色ムラカバー下地を塗る順番

  1. 面積の広い頬に乗せ、内側から外側へ伸ばしていく
  2. あごの中心に乗せ、外側に向かって伸ばしていく
  3. おでこから鼻筋にかけての Tゾーンに薄く伸ばしていく
  4. 残った少量を、小鼻や口元などの細かい箇所に薄く、ヨレないように伸ばしていく
  5. 全体に伸ばしたらムラがないか確認し、ハンドプレスして肌に密着させる

毛穴・色ムラカバー下地を塗る順番のポイントは皮脂量が少ない頬やあごから塗っていき、皮脂量が多く化粧が崩れやすいTゾーンや小鼻周りには残った量を薄く丁寧に伸ばしていくこと。

皮脂量が多い部位に多くなじませればその分毛穴をカバーできると思われがちですが、大量に重ねたことで肌に密着できず余ってしまった化粧下地がヨレの原因になってしまいます。

頬からあごにかけての面積が広い部位はとにかく均一に、Tゾーンから小鼻にかけての皮脂量が多い部分は薄く丁寧に伸ばすことを心がけましょう。

実践!プリマの下地+αで綺麗を持続するメイク方法

プリマヴィスタの3種類の化粧下地を使って一日中メイクを綺麗に持続させるには、肌タイプに合わせて他のメイク料を選んで使うことが大切です。

今回は「乾燥肌で毛穴が気になる人」と「テカリと毛穴が気になる人」の2タイプ別に、1日キープできるおすすめのメイク方法を紹介します。

プリマの下地DE乾燥+毛穴が気になる人のメイク方法

スタッフ1メイクBandA

目元や口元などの粉がふきやすい部分の乾燥と合わせて毛穴が気になるという人のベースメイクは、「カサつき・粉ふき防止下地」と「毛穴・色ムラカバー下地」の併用がおすすめです。

ベースメイクを長持ちさせて、乾燥や毛穴が気にならない肌にしていくメイク方法を見ていきましょう。

1:乾燥肌は油分多めのスキンケア化粧品でたっぷり保湿

乾燥肌の人は化粧の前に油分が多めで水分を保持しやすいクリーム類を使用して保湿を行いましょう。肌のキメを整えるだけでなく、化粧ののり方も全く変わってきます。

2:乾燥しやすい部分に「カサつき・粉ふき防止下地」を

スタッフ1カサつき防止下地

乾燥で粉がふきやすい部分は人それぞれですが、Sさんは乾燥に悩む人が多い目元・口元にカサつき・粉ふき防止下地を塗布しました。
目元には点のように下地を置き、目の周り全体になじませ、口元はヨレやすい口角を中心に塗っていきます。

3:顔全体に均一に「毛穴・色ムラカバー下地」を

次は顔全体に毛穴・色ムラカバー下地を均一に塗布していきます。

顔全体に薄く伸ばして均一な状態にしたら、ハンドプレスをして肌に密着させましょう。
べたつきのないタイプの下地ですが、指でやさしく肌を撫でて、指に肌がついてこないさらっとした状態になったら下地が密着した合図です。

スタッフ1毛穴カバー後寄せ

4:乾燥肌さんのベースメイクにはリキッドファンデーションを

乾燥と毛穴が気になる人のベースメイクにはリキッドタイプのファンデーションの使用がおすすめです。
リキッドファンデーションは、油分や保湿成分が配合されている量が多く、乾燥しにくいツヤのある肌の土台をつくるのに最適です。
また、液状になっていることで肌への密着度も高く、乾燥によって化粧が浮いて見えることを防いでくれますよ。

リキッドファンデーションのつけ方

リキッドファンデーションは色つきでカバー力が高いことがメリットのひとつですが、塗り漏れを起こしたり、ムラになりやすいという短所も持っています。

スタッフ1リキッドファンデーションつけ方

皮脂量が多い鼻には少なめに、他の部分は均一になるように、ポイントになる箇所にファンデーションを置いて内側から外側に伸ばしていくのがポイントです。

5:シミやくまが気になる場合はリキッドコンシーラーを

毛穴・色ムラカバー下地とリキッドファンデーションを使っても隠れないシミやくまには、リキッドタイプのコンシーラーを使用しましょう。
コンシーラーには他にスティックタイプやペンシルタイプがありますが、保湿効果が高くなじませやすいリキッドコンシーラーは、乾燥肌の人におすすめです。

6:ポイントメイクをする

アイメイクや口紅などポイントメイクを施していきます。

7:メイクの最後にごく薄くフェイスパウダーを乗せる

全てのメイクが終わったら最後に上からごく薄くフェイスパウダーを乗せて仕上げをします。
フェイスパウダーを仕上げに顔全体に乗せることで、皮脂による化粧崩れを防いだり、肌に透明感を生み出せます。

フェイスパウダーを使う際の注意点

ルースパウダーのつけ方

フェイスパウダーはパフではなく、ブラシを使って顔全体に乗せていくのがポイント。
パウダーをブラシにとったら、余分な粉を落とすために一度自分の手の甲にパウダーをはたき落としていきましょう。
写真のように、ブラシにごく薄くパウダーがついているだけで、パウダーの量は充分。
皮脂くずれを起こしやすいTゾーンから先につけ、頬やあごにはブラシでさっと撫でる程度にすると、厚塗り感なく仕上げることができます。

8:ハンドプレスしてパウダーを密着

パウダー後にも軽くハンドプレスをして密着させたら完成!

スタッフ1ハンドプレス

すっぴんとメイク後の毛穴比較

スタッフ1毛穴比較

すっぴんの状態では少々目立ち気味だった毛穴も、毛穴・色ムラ防止下地の使用や、乾燥肌におすすめのリキッドファンデーションを使うことで、ナチュラルなのに滑らかでつるっとした肌に仕上げられていますね。

毛穴をアップにしてみても気にならないほどにしっかり毛穴がカバーできているので、毛穴を気にすることなく1日を始められますよ。

プリマの下地DEテカリ+毛穴が気になる人のメイク方法

スタッフ2毛穴比較

Tゾーンのテカリと毛穴が気になる人のベースメイクには「皮脂くずれ防止下地」と「毛穴・色ムラカバー下地」を合わせて使うのがおすすめです。
皮脂分泌が多くテカリやすい肌でも崩れにくいベースメイクの方法を紹介していきます。

1:テカリが気になる人は油分少なめのスキンケア化粧品で保湿

テカリやニキビなどが気になる脂性肌タイプの人は、油分は少なめだけど保湿成分が配合されているジェル状のスキンケア化粧品で肌を整えましょう。

2:皮脂量が多くテカリがちな部分に皮脂くずれ防止下地を

スタッフ2皮脂くずれ防止下地塗布中

スキンケア化粧品が肌に浸透したら、はじめに皮脂の分泌量が多いTゾーンに皮脂くずれ防止下地を塗布します。
テカリの原因になる皮脂を吸着する成分が配合されているので、必ず毛穴・色ムラカバー下地をつける前に塗っておくのがポイントです。

3:顔全体に均一に毛穴・色ムラカバー下地を

皮脂くずれ防止下地を塗った後、毛穴・色ムラカバー下地の塗り方を参考にして、顔全体に均一に伸ばしていきます。
皮脂くずれ防止下地は色がついていない無色のタイプなので、上から毛穴・色ムラカバー下地を重ねて塗っても厚塗り感はありません。

スタッフ2毛穴カバー塗布後

4:テカリやすい肌タイプの人はパウダーファンデーションを

乾燥が気になる肌タイプの人にはリキッドファンデーションがおすすめですが、テカリやすい肌タイプの人はリキッドタイプのファンデーションに含まれる油分によって、さらにテカリを増長させる恐れがあります。

テカリが気になる肌タイプの人は、パウダーファンデーションを使用すると、パウダーファンデーションの粉が皮脂を吸収してテカリにくい肌に整えてくれますよ。

スタッフ2パウダーファンデーション後

ただし、テカリやすいからといって厚塗りをするのは禁物です。

頬やあご・おでこには、スポンジ半分程度のファンデーションをとって順に薄く伸ばしていきましょう。
化粧がヨレやすい小鼻周りは、スポンジを半分に折った先端に軽くファンデーションをとり、小鼻の脇にも丁寧に薄くつけるのがポイントです。

ファンデーションを全体に伸ばしたら、最後にパウダーファンデーションを肌に密着させるイメージでハンドプレスを行うとより崩れにくくなりますよ。

5:ポイントメイクをする

アイメイクや口紅などのポイントメイクを施します。

6:メイクの仕上げにフェイスパウダーを全体にごく薄くのせる

メイクの仕上げにフェイスパウダーを薄くのせると、余分な皮脂をパウダーが吸着してテカりにくく、くずれにくい肌に仕上げてくれますよ。

すっぴんとメイク後の毛穴比較

スタッフ2毛穴比較

テカリがでやすく夕方になると毛穴が浮いて目立ちやすい肌タイプのYさんのメイクですが、カバー力の高いリキッドファンデーションを使わずとも毛穴をしっかり隠せていますね。

すっぴんでは鼻の黒ずみや開きが少々あるようですが、毛穴・色ムラカバー下地とパウダーファンデーションの相乗効果で毛穴がカバーでき、肌全体の赤みも均一に整えることができています。

肌全体を綺麗に見せることができるので、毛穴が気になる人だけでなく、肌の色ムラが気になる人にもおすすめの化粧下地です。

【実証】毛穴・色ムラカバー下地の化粧持ちを体験してみた

スタッフ1フルメイク後 スタッフ2フルメイク後

プリマヴィスタの毛穴・色ムラカバー下地には、「夕方までキレイな仕上がりを持続させる」というキャッチコピーがありますが、本当に夕方まで朝の綺麗なメイクの状態をたもてるのでしょうか。

とにかく顔全体の毛穴が目立つことが悩みのハリツヤ研究員Sさんと、Tゾーンがテカリやすく夕方になるにつれて毛穴が目立ちやすいというYさんに朝9時から夜18時までの就業時間に合わせて、モニターとして化粧の持続性を体験してもらいました。

実験の条件

  • 【Sさん】朝のいつものメイクにプリマヴィスタの毛穴・色ムラカバー下地を使用してもらう
  • 【Yさん】朝のいつものメイクにプリマヴィスタの毛穴・色ムラカバー下地と、Tゾーンのみ皮脂くずれ防止下地を使用してもらう
  • 【撮影時刻】朝9時、昼12時、午後15時、夜18時の計4回
  • 1日化粧直しをせずに勤務

顔全体の毛穴が気になるSさん

スタッフ1毛穴比較時系列

朝9時

化粧をしたての状態で、毛穴もしっかり隠せて肌が滑らかな印象です。
この日の朝9時の気温は15℃と肌寒かったこともあり、家から会社までの道のりでも汗をかくこともなく、皮脂による化粧崩れも見られませんね。
今日一日化粧直しをしないことが条件なので、18時の肌の状態が楽しみです。

ハリツヤ研究員S
普段は化粧下地を使用しないのですが厚塗り感がなく、むしろ透明感さえ出たように肌を綺麗に見せられていてびっくり。
普段よりも血色が良いような印象もありました。

昼12時

午前中はデスクワークと一件のミーティングがあり、オフィス内の気温は25℃前後と過ごしやすい環境です。
朝よりも気温があがったのでテカリや毛穴浮きが心配でしたが、肌は朝のなめらかで均一な綺麗な状態を保てています。

ハリツヤ研究員S
朝の状態とほとんど変わりがないように見え、化粧を直す心配もなく過ごせたのがうれしいですね。

午後15時

オフィス内が蒸していたこともあり、多少のテカリや毛穴の目立ちが出てきてしまいましたが、ここまで化粧直しをしていない状況にしては綺麗なのではないでしょうか。

ハリツヤ研究員S
所感ですが、いつもよりも化粧崩れしていないような印象がありました!

夜18時

朝と比べると毛穴のカバー力は劣りますが、勤務終了後でも毛穴がすごく目立つわけではなく、化粧くずれのない綺麗な状態を保てていますね。
昼間に化粧直しをすれば毛穴の目立ちや肌のくすみを気にすることなく、1日を過ごせそうです。

ハリツヤ研究員S
顔の色ムラをカバーできていたおかげか、他のスタッフからも「今日はずっと顔色が良いね」といわれたほど、くすみが気にならない状態を持続できていました。

Tゾーンのテカリと夕方の毛穴浮きが気になるYさん

スタッフ2毛穴比較時系列

朝9時

Sさんと同じく、化粧をしたての状態なので、肌が均一に綺麗にカバーできていて、厚塗りではなくナチュラル感さえあります。
いつもお昼頃からTゾーンがテカリだすのが悩みなので、毛穴・色ムラカバー下地とTゾーンに塗った皮脂くずれ防止下地で、肌の状態をどれだけ保てるのか楽しみですね。

ハリツヤ研究員Y
とにかく皮脂くずれ防止下地のサラッと感に感動!
ベタベタしないし、つけていて嫌な感じは全くありません。

昼12時

鼻筋や鼻の中央部分は少々テカリが出てきてしまっているようですが、化粧がヨレやすい小鼻周りや、夕方の毛穴浮きが気になる頬なども綺麗な状態を保てていますね。
頬杖をつくことが多いYさんですが、毛穴・色ムラカバー下地の密着持続処方が上に乗せたファンデーションをしっかりキャッチして、滑らかな肌に見せてくれています。

ハリツヤ研究員Y
いつもはこの時点で化粧がくずれだしているのですが、この日はいつもよりも鼻のテカリ度が気になりませんでした!

午後15時

オフィス内の気温があがってきたからか、少々鼻筋がテカってきてしまっているようです。
しかし、化粧が崩れてくると気になる鼻の横の赤みやニキビ跡も気になりません。
色ムラをカバーするという点では、昼を過ぎた時間でも持続できているのではないでしょうか。

ハリツヤ研究員Y
いつもだとこの時間にはもうメイクが溶け出して、メイク直しをする気力もなくなりますが、まだ頑張ってくれているような感じがありました。

夜18時

勤務終了後は少々毛穴が目立ち、化粧もくずれてきてしまっているような実感がありました。
化粧直しをしていないことを含めていつもの化粧と比べてみると、化粧の崩れ方はひどくなく、簡単な化粧直し程度で退勤後のおしゃれを楽しめますね。

ハリツヤ研究員Y
1日化粧を直さないのはちょっと無理があるかなとは思いますが、確実に化粧崩れにかかる時間を伸ばして毛穴を綺麗にカバーしてくれたので、今後も使い続けたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です