シミ対策の味方ビタミンCで体の内側と外側からアプローチ!

あなたは普段から意識してシミのケアをしていますか?

肌にシミがあるだけで老けた印象になってしまうので、誰もが防ぎたい肌トラブルのひとつがシミですよね。

美肌をつくる上で必須成分であるビタミンCは、シミ対策としても効果が期待できるのです。

そこで本記事では、シミ対策という視点でビタミンCという成分を検証し、シミ対策におすすめの食材やスキンケアを紹介します。

シミ対策にはビタミンCがおすすめ!

年齢を重ねると色々な肌トラブルが増えますが、そのひとつが顔を老けた印象にしてしまうシミです。

誰もが避けたいと思っているシミですが、加齢とともに出来て当たり前のものだと諦めていませんか?

シミ対策をしないで加齢するのとしないのとでは大きな違いがあります。

なぜビタミンCでシミ対策ができるのか?

両頬を手で押さえる女性

シミとそばかすは、どちらもメラニン色素が肌に沈着してできたもので、混同されることが多いですが少し異なります。

一般的にそばかすは遺伝による影響が大きい先天的なもので、広い範囲に斑点ができますが、シミは点状にできる後天的なものです。

生成されたメラニン色素が皮膚に溜まっていき、過剰に蓄積されることにより色素沈着を起こしたものがシミです。

シミができる原因には外的と内的な要因があり、紫外線の刺激が外的要因で、精神的なストレスやホルモン失調、内臓のトラブルなどが内的要因です。

通常メラニン色素は生成と排出が繰り返されるものですが、肌が紫外線の刺激を過剰に受けると、メラニン色素も過剰に生成されるため、排出しきれなかった残りがシミとなってしまいます。

また、肌のターンオーバー(生まれ変わり)の周期の乱れもメラニン色素の排出を滞らせ、シミの原因となってしまうため、肌の代謝機能が衰えはじめる30代以降、一気にシミができやすくなります。

シミ対策として効果的な成分の代表といえばビタミンCと言われますが、その理由は、ビタミンCが紫外線によって増えるメラニン色素の生成を抑えてくれる役割と、メラニン色素の無色化を促進してくれる役割(黒色メラニン褐色化還元作用)をもっているからです。

また、ビタミンCは抗酸化作用ももっているので、紫外線に対する抵抗力をつけるのにも適しています。

シミ対策に有効なビタミンC摂取量

レモンが入っている水

ビタミンCはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑えてくれますが、その効果を実感するためには毎日どれくらいビタミンCを摂取すれば良いのでしょうか。

厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準(2015年版)」における、18歳からの女性のビタミンC摂取推奨量は1日100mgです。

現代の日本人は、普段の食事から自然と100mg程度のビタミンCであれば摂取できていますが、健康や美肌になるためのビタミンCの摂取推奨量ではありません。

医師が勧めている、美肌になるためのビタミンC摂取量は、1日1500mg~2000mgと言われています。

ビタミンCを摂取しているのに効果を感じないという人は、ビタミンCの摂取量が少ない可能性があるので、サプリメントなどで意識して摂取するようにしましょう。

また、厚生労働省の報告書では、喫煙者や受動喫煙者はより多くのビタミンCをとる必要があるという記載があります。

だいたい タバコ1本を吸うと、 25mg から 100mg のビタミンCが減ると言われているため、喫煙者は更に意識をしてビタミンCを摂取するようにしましょう。

ただしビタミンCは必要以上に一気に体内に入っても、体内に蓄えておくことができず尿として排泄されるため、一日数回にわけて摂取することがポイントです。

今日からできる!ビタミンCでシミ対策

ビタミンCでシミ予防効果を感じるために、具体的な方法を紹介していくので、体の内側と外側、両方からしっかりシミにアプローチしましょう。

【内側ケア】食材からビタミンC補給

果物のスムージーをもつ外国人女性

体の内側からのケアとは、ビタミンCという「栄養素」を食品やサプリメントから補給することです。

ビタミンCといえば、レモンのイメージをもっている人も多いと思いますが、レモン以外にも多くの食べ物にビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCが豊富に含まれている食材
・赤ピーマン ・芽キャベツ ・菜の花
・ブロッコリー ・カリフラワー
・レモン ・アセロラジュース など

ビタミンCは野菜だけでなく、柿やいちご、キウイなど果物にも含まれていますが、果物は糖分が多いので、野菜よりもとりすぎに注意しましょう。

ビタミンCは、食品で摂ってもサプリメントで摂っても効果に違いはないと言われていますが、食品にはビタミンC以外にも様々な栄養素が含まれているので、できるだけ野菜や果物中心の食事を心がけながら、サプリメントを上手に活用しましょう。

熱に弱い性質があるビタミンCは、生でそのまま摂取するのがおすすめですが、生で食べると体を冷やしてしまうため、短時間の加熱にするなどの工夫をして、毎日摂取する習慣をつけましょう。

しかし、ビタミンCを野菜や果物で摂取するときには、ビタミンCを含んでいる野菜や果物の多くに含まれている、「ソラレン」という光毒性物質(光に反応する物質)に注意をしましょう。

ソラレンを摂取した約2時間後には光毒性物質が体内に行き渡り、紫外線に対する防御機能が弱くなります。

ソラレンを摂取してから約7時間は紫外線を吸収しやすい肌になってしまうと言われているため、UVケアをしている肌にかえって逆効果を与えてしまうこともあるので気をつけましょう。

ソラレンが含まれている食材
・レモン ・みかん ・オレンジ
・グレープフルーツ ・キウイ ・セロリ
・パセリ ・きゅうり など

柑橘系の果物と、セリ科の野菜にはソラレンが含まれていることが多いので、朝食やランチのときには注意をして、夕方以降に摂取するように心がけましょう。

【外側ケア】おすすめビタミンC配合スキンケア

体の外側からのケアとは、ビタミンC配合の化粧品を使ったスキンケアを使用して、肌に直接ビタミンCを補給することです。

ビタミンCは美肌づくりに欠かせない成分で色々な種類がありますが、化粧品としてビタミンCを補給するときにおすすめの成分が「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体とは、不安定で酸化されやすいビタミンCを、肌に吸収しやすい形に変えたもので、通常のビタミンCよりも肌への浸透性が高く、厚生労働省に効果が認められている美白成分のひとつです。
(※)本記事内での「美白」は、「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすの原因を防ぐ」ことです。

ビタミンC誘導体は、美白効果だけでなく、コラーゲンを増やす作用もあり、ニキビやシワ、毛穴の開きやたるみなどあらゆる肌悩みに対応してくれます。

ビタミンC誘導体が配合されたおすすめ美白スキンケアを2点紹介するので参考にしてください。

ディセンシア サエル トライアルセット

税込1,480円(送料無料)

サエルのイメージ図

サエル トライアルキットの特徴

  • 美白成分「ビタミンC誘導体」が配合された医薬部外品
  • 敏感肌専用ブランドだから低刺激でやさしい使い心地
  • セラミドやアミノ酸など様々な美肌に導く成分が配合されている

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門スキンケアブランド「ディセンシア」の美白ケアライン「サエル」のトライアルセットには、化粧水と美容液、美容クリームの3点が含まれていて、今ならCCクリームのお試し1回分もついてきます。

特許技術のヴァイタサイクルヴェールで、敏感肌の弱った角層を外部刺激から守り、ビタミンC誘導体が過剰に蓄積されたメラニン色素を還元します。

加えて、新たなメラニンの生成も抑制してくれる美容成分が配合されているため、透明感のある肌をつくってくれます。

最強の保湿成分セラミドがナノ化されて配合されているので、保湿成分がしっかり浸透して肌にうるおいを与えます。

敏感肌向けのブランドなので、肌への低刺激なのも嬉しいポイントですね。

富士フィルム アスタリフトホワイト トライアルセット

税込1,000円(送料無料)

アスタリフトホワイトのイメージ図

アスタリフトホワイト トライアルキットの特徴

  • 美白成分「ビタミンC誘導体」が配合された医薬部外品
  • 世界初の紫外線防御剤「D-UVガード」を配合
  • 独自のナノテクノロジーで肌にしっかりと美容成分を届ける浸透力

富士フィルムのスキンケアブランド「アスタリフト」の美白ケアライン「アスタリフトホワイト」のトライアルセットには、先行美容液、美白化粧水、美白美容液、美白クリームのセットで、今なら日焼けから肌を守るUV美容液のサンプルもついてきます。

ビタミンC誘導体が配合されている美白美容液の「エッセンス インフィルト」や、3種のコラーゲンやヒアルロン酸がたっぷり配合されている「ブライトローション」などが、肌にうるおいと透明感を与えてくれます。

富士フィルム独自技術でナノ化された美白有効成分が狙った場所に届いて働くので、しっかりシミ対策をしたい人におすすめです。

ビタミンC以外にもある!シミ予防効果をもつビタミン

ビタミンC以外にも、シミ対策効果があるビタミンがあります。

現代人の体に欠かすことができない必須栄養素として、3つを合わせてビタミンACE(エース)と呼ばれているビタミンAとビタミンEです。

ビタミンA

うなぎのかばやき

ビタミンAは肌の新陳代謝を活性化させ、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を正常化する働きがあるので、メラニン色素が肌に沈着するのを妨げ、シミの排除をサポートしてくれます。

また、ビタミンAは皮脂のコントロールをして、余分な皮脂を抑えてくれる働きや、肌や消化器官などの粘膜を正常に保ち、体の免疫力を高めてくれる働きももっているため、美容だけでなく健康のためにも必須栄養素です。

ビタミンAは、化粧品の成分としては「レチノール」という成分名としてエイジング化粧品を中心に配合されています。

ビタミンAは、ビタミンCとは異なり体内に蓄えておける性質があるので、多少のとりだめが可能ですが、それ故に摂りすぎると頭痛や吐き気などの症状が出ることがあります。

普段の食事でビタミンAを過剰摂取する心配はありませんが、サプリメントでビタミンAを摂取する場合は過剰摂取に注意しましょう。

緑黄色野菜に多く含まれ、体内で必要量に応じてビタミンAに変換されるβ-カロテンは強い抗酸化作用があり、老化の原因となる増えすぎた活性酸素を除去してくれるため、アンチエイジング効果もあります。

ビタミンAが豊富に含まれている食材
・鶏レバー ・豚レバー ・牛レバー
・うなぎ ・焼き海苔 ・モロヘイヤ など

ビタミンE

アーモンド

シミの原因となるメラニン色素が増える理由のひとつは、活性酸素の増加です。

ビタミンEは体内の活性酸素を除去し、酸化を防ぐ抗酸化作用をもっています。

ビタミンEの抗酸化作用が、紫外線の刺激で増えてしまった活性酸素を除去することで、体内でメラニン色素が作られている過程をブロックすることができるので、シミ対策になるということです。

活性酸素による体の酸化は、私たちの老化の原因になりますが、ビタミンEを摂取することで細胞の老化を防ぎ、若々しく保つ働きがあるため、ビタミンEは「老化防止ビタミン」と言われることもあります。

また、ビタミンEは全身の血流を良くする効果もあり、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を活発にする働きもあるため、シミ対策に効果的です。

ビタミンEは単体でも作用しますが、ビタミンCやビタミンAなど他の抗酸化ビタミンと一緒に摂取するとより、相乗的に効果が得られます。

具体的には、ビタミンEと同じく抗酸化作用を持つビタミンCには、ビタミンEを再生させる働きがあり、ビタミンEが存在していることでビタミンAの酸化を防ぐこともできるという連動した効果です。

ビタミンEが豊富に含まれている食材
・ひまわり油 ・アーモンド ・マーガリン
・サンフラワー油(紅花油) ・落花生など

まとめ

いかがでしたか?

美容成分は人によって相性があるので、どの成分があなたにとって一番のシミ対策になるかは一概には言えませんが、ビタミンCはシミだけでなく、健康や美肌をキープする上で、必須の成分なので、これから積極的に摂取していきましょう。

そしてビタミンを摂取するときには、摂取量やタイミングなどにも意識をして摂ることで効率的に美肌効果を感じることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です