目を閉じながらスキンケアをしている女性

シミ対策用に数多くのメーカーから販売されている美白化粧品ですが、一番効く美白化粧品を選びたい!と考えると比較するのが難しく、どれを選んだらいいのか分からなくなってしまいますよね。

そこでハリツヤ研究所では、実際に普段からスキンケアに美白化粧品を取り入れている100名の女性にアンケートをとり、使用している美白化粧品のブランドや効果の実感度などを調査しました。

また100名の女性が答えてくれたアンケートを集計し、シミ対策におすすめの美白化粧品をランキングで紹介していくので、シミ対策をはじめたいけれど、どの美白化粧品を使用するか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

100人に聞いた!シミに効く美白化粧品を徹底調査

アンケート調査概要

調査方法:WEBアンケート

調査地域:全国

調査対象:シミ対策のためにスキンケアに美白化粧品を使用している女性

調査期間:2018年04月09日 ~2018年04月16日

回答数:100

シミ対策のために使っているスキンケアアイテムは?

シミ対策に使用するスキンケアアイテムの中で、100人のうち約50%近くの人がシミ対策のために美白美容液、美白化粧水を使用しているという結果がアンケートで分かりました。

美白美容液が一番利用されているのは、スキンケアアイテムの中でシミに効く美白成分の配合されている割合が大きいからだと考えられます。

美白化粧水と美白美容液がシミ対策に人気な一方で、アンケートの中には「シミが気になる部分や、シミのできやすい部分にだけ美白クリームを塗ってケアしている」「週に1回のスペシャルケアとして美白パックを使用している」という回答もあり、自分が使いやすいスキンケアアイテムを選んでいる人もいました。

次に、美白化粧品の効果について聞いたアンケート結果をみてみましょう。

現在使用している美白化粧品はシミに効いていると感じていますか?

シミ対策のために使用している美白化粧品の効果について、100人のうち半数以上の70人が「美白化粧品でシミへの効果を感じた」と回答しました。

ただ、シミへの効果を感じた人でも、「どのような効果を感じたのか」という問いに関して「シミが完全に消えた」という回答はなく、「シミができにくくなった」、もしくは「シミが目立たなくなった」という回答がほとんどでした。

美白化粧品はシミを消すために使うのではなく、シミをこれ以上増やさなかったり、今あるシミの悪化を防いだりといった「シミ予防」の効果が実感できるということですね。

また、美白化粧品はシミに効果があったという回答が多い一方で、シミへの効果が感じられなかったと答えた人は30人いました。

なぜ、美白化粧品でシミへの効果を感じられていないのかを分析したところ、シミへの効果が感じられないと回答した30人のうち14人が美白化粧品を使用してから、まだ半年も経っていないことが分かったため、美白化粧品の効果は使用年数にも関わっていると考えられます。

美白化粧品の使用年数とシミへの効果が関係しているのか確かめるために、美白化粧品の使用年数の結果を見てみましょう。

美白化粧品を使っている年数は?

アンケート結果

美白化粧品を使っている年数を100人の女性に聞いたところ、~1年間の回答が33%と一番多く、1年間以上使用している人と合わせると58パーセントと、継続的に美白化粧品を使用している人が多い結果となりました。

また、美白化粧品の使用年数とシミへの効果の関係ですが、シミができにくくなったり、できてしまったシミが目立たなくなってきたりとシミへの効果を実感できたと回答したのは美白化粧品を1年間以上使用した方が多く、逆にシミへの効果を感じられていないと回答したのは使用して半年も経っていない人が多かったです。

この結果から、美白化粧品のシミへの効果と美白化粧品の使用年数は比例していて、1年間以上使用することでシミへの効果が現れてくると考えることができます。

現在使用している美白化粧品のブランドは?


アンケートでは、資生堂HAKUシリーズ、アスタリフトホワイトシリーズを使っている人が一番多い結果になりました。続いてプチプラ化粧品として人気の無印良品薬用美白シリーズ、さらに続いてオルビスホワイトユー、メラノCCと、口コミサイトで人気の美白化粧品ブランドを使っているという傾向にありました。

資生堂HAKUシリーズ、アスタリフトホワイトシリーズを使用している人に満足度を聞いたところ、70%の人がシミへの効果を感じたという回答結果だったので、満足度はとても高いように感じました。

どちらの美白化粧品も、シミに効くと厚生労働省に認められた美白有効成分が配合されているので、使用者の満足度が高いのも納得できます。

また、無印良品やメラノCCといったプチプラ美白化粧品は、「惜しみなく使える」「安いけれど、シミができにくい肌になった」と、コスパに優れているから使用しているという回答が多く、お金をかけずにシミのケアを行いたい女性には嬉しい美白化粧品ですね。

次に、現在使っている美白化粧品の不満点をランキングで発表します。

現在使っている美白化粧品の不満点は?

 アンケート結果

現在シミ対策に使用している美白化粧品で不満に思っていること集計し、ランキング化した結果をみると、値段が高いと感じている人が30人と多く、継続的に美白化粧品を使ってシミをケアしていくのは厳しいという意見がありました。

次に多かった美白化粧品の不満は「シミへの即効性がない」、「肌が乾燥する」という2点。

美白化粧品でシミ効果を感じられているのは、1年間使用している人が一番多いため、美白化粧品でシミのケアをする場合は、即効性を期待せず長い目で見て使い続けることが大切です。

肌が乾燥してしまうという点ですが、主に美白化粧水を使用している人に多くみられ、「美白成分も保湿成分どちらも欲しい」「さっぱりタイプの化粧水としっとりタイプの化粧水の2種類を作って、肌質に合わせて選ばせてほしい」といった回答がありました。

美白化粧品を選ぶ際は、シミへの効果だけではなく、保湿成分が配合されているかどうかも確認してから購入することをおすすめします。

次は、最後のアンケート項目である、今気になっている美白化粧品ブランドの結果を発表します。

今気になっている美白化粧品ブランドは?

アンケート結果

シミ対策に美白化粧品を使っている100人の女性が、今気になっている美白化粧品1位はアスタリフトホワイトで、「CMでよく見かけるから」「口コミでシミに効いたという高評価が多い」という理由があげられました。

また、2位の資生堂HAKUは「美白化粧品に使用している人が多い」「HAKUの化粧水を使用しているけれど、他のHAKUシリーズもライン使いしたいから」という回答があり、100人の女性が実際にシミ対策に使っている美白化粧品ブランドと気になっている美白化粧品ブランドの上位2つが同じであることが分かりました。

3位のオバジHQは、「肌の漂白剤」とも言われる美白効果の強い「ハイドロキノン」が配合されている夜用の美白美容液で、シミが気になる部分だけに塗りこんで集中ケアできるところが人気の理由です。

シミに効果的な美白化粧品の選び方

化粧品

シミ対策に美白化粧品を使う100人のアンケート結果から、シミへの効果が高いと回答が多かった美白化粧品や美白化粧品に対する不満点を参考に、シミの悩みを解決してくれる美白化粧品の選び方を4つにまとめました。

これから美白化粧品をシミ対策に使ってみようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

美白有効成分が配合されている

美白化粧品を使用してシミの悩みを解決したいなら、美白有効成分が配合してあるものを選びましょう。

実際にアンケートで「シミが薄くなってきた」、「シミが目立たなくなってきた」と効果を感じた美白化粧品のほとんどに、美白有効成分が配合されていました。

美白有効成分とは、厚生労働省が「メラニンの生成を抑制してシミを防ぐ」、あるいはこれに類似した効能があると認めた成分のことで、現在約20種類ほどの成分が美白有効成分として認定されています。

美白有効成分がシミに働く効果は、シミ予防効果と、でシミの原因であるメラニンの還元を促す効果の2種類に分けられているので、以下の美白有効成分表を参考に、自分のシミの悩みに合わせた美白化粧品を選ぶようにしましょう。

美白有効成分一覧

▼シミを予防する美白有効成分

  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • カモミラET
  • マグノリグナン
  • ルシノール

 

▼できてしまったシミを緩和する美白有効成分

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • 4MSK
  • リノール酸
  • コウジ酸

美白有効成分として厚生労働省には認められていませんが、高い美白効果をもつ「ハイドロキノン」が配合された美白化粧水もおすすめです。

ハイドロキノンは「メラニンの生成を抑える」「メラニンを作る細胞『メラノサイト』の働きを抑える」という働きに加えて、「還元」という「メラニン色素を元の色の薄い状態に戻す」働きを持っています。

しかし、ハイドロキノンは「他の美白成分より肌への刺激が強い」「空気や光に触れると変質しやすい」といった特徴があるので、化粧品として使う場合は、濃度や成分の安定性が十分に考慮されているかどうかをチェックするようにしましょう。

継続して使い続けられる値段

貯金

シミに効果的な美白化粧品を選ぶときは、継続的に使用していける値段であるかを見極めて選びましょう。

シミ対策に美白化粧品を使う100人の女性が答えたアンケートで、シミへの効果が実感できた美白化粧品の使用年数は「1年間」が一番多かったという結果から、シミ対策は1年間継続することで効果が出ると分かりました。

そのため、高価な美白化粧品を1度だけ買うよりも、手に取りやすい価格のアイテムを1年間以上使い続けるほうがシミに効果的といえます。

保湿成分が配合されている

ウォータークラウン

美白化粧品を選ぶ際には、美白有効成分だけではなく保湿成分も配合されているかどうかを確認しましょう。

シミ対策に美白化粧品を使用している100人の女性が答えたアンケートでは15人が、「美白化粧品は肌が乾燥する」という不満点をあげています。

肌が乾燥していると、シミの原因であるメラニンを排出するために大切な「肌のターンオーバー(肌の生まれ変わりの周期のこと)」が乱れたり、紫外線からダメージを受けやすい肌になったりして、シミができやすい肌になります。

水分を肌の内部で保持することに優れた「セラミド」や「ヒアルロン酸」を配合した美白化粧品を選んで、美白ケアと保湿ケアを両立させてくださいね。

使い心地が良いか

笑顔の女性

肌トラブルを起こさずにシミ対策をするために、使い心地の良い美白化粧品を選んでください。

シミ対策に美白化粧品を使用している100人の女性が答えたアンケートでは、美白化粧品の不満点として「香料が強い(8人)」「肌への刺激が強い(6人)」があげられました。

香料がきついものや、アルコールやエタノールなど肌へ刺激を与える成分が配合された美白化粧品を選ぶと、肌トラブルを引き起こしてしまいます。

また、継続的に美白化粧品を使うなら、テクスチャーが自分好みのものであるということが大切です。

お試し用のトライアルセットが準備されている美白化粧品も多いので、トライアルセットでテクスチャーが自分好みかどうかを確かめてみるといいですよ。

美白化粧品おすすめランキングTOP5

シミに効果的な美白化粧品選び方とシミ対策に美白化粧品を使う女性100人のアンケート結果を参考に、ハリツヤ編集部がおすすめしたい美白化粧品TOP5を決定しました。

ランキングの中にはトライアルセットが販売されている美白化粧品もあるので、気になるアイテムがあればぜひ公式ページを確認してみてくださいね。

1位 資生堂 HAKU メラノフォーカスV

トライアル価格10g 2,700円(税込)

通常価格 45g 10,800円(税込)

HAKU メラノフォーカスVの特徴

  • 資生堂独自の美白有効成分を複合した抗メラノ機能体を配合
  • 紫外線で傷んだ肌を整える潤い成分を配合
  • 肌に密着してとけこむコクのあるテクスチャー

シミ対策におすすめの美白化粧品1位は、資生堂HAKU メラノフォーカスVです。

資生堂HAKU メラノフォーカスVはシミの原因であるメラニンにアプローチし、シミの生成を抑止するシミ予防効果のある薬用美白美容液。

資生堂HAKU メラノフォーカスVに配合されている美白有効成分「4MSK」はシミの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあるため、シミができにくい肌へと導いてくれますよ。

実際にHAKUメラノフォーカスVを使用している女性の回答

  • 使い始めて半年くらい経ちます。抗メラノ機能体によって、気になるシミに、根本的なアプローチをしてくれる美容液だと感じました。
  • 使用して1か月くらいで顔全体が明るい印象に変わりました。
  • 日中、外にいることが多いですが、シミが気にならなくなりました。
  • 薄いシミに関しては効果があると思います。最初2か月続けて使用して、しばらくやめていたら、また肌がくすんできたので、改めて1か月使用したら、また透明感がでてきました

2位 アスタリフトホワイトシリーズ

アスタリフトホワイトのフルラインのイメージ画像

トライアル価格 1,000円(税抜)

アスタリフトホワイトシリーズの特徴

  • 美白有効成分「アルブチン」、「ビタミンC誘導体」を配合し、シミの元のメラニンを抑制
  • 保湿効果高い「アスタキサンチン」「3種のコラーゲン」を配合し潤いある肌へ
  • 抗炎症成分を配合し、シミの原因になる肌の炎症を防ぐ(化粧水、美容液、クリーム)

アスタリフトホワイトは、富士フイルムがつくったスキンケアブランド「アスタリフト」の美白ケアシリーズです。

美白有効成分を角質層まで浸透する富士フイルム独自のナノテクノロジーで、シミの原因であるメラニンの生成を抑えてくれますよ。

また、高い保湿効果を持つ「セラミド」と「3種類のコラーゲン」を配合し、美白効果と保湿効果をどちらも両立させた優秀な美白化粧品です。

実際にアスタリフトホワイトシリーズを使用している人の声

  • 美容液を使用しているのですが、シミにとても効果的で、3ヶ月でシミが目立たなくなってきました。
  • 化粧水を使用しております。塗った直後はすごく潤って肌馴染みもよいです。美白なっている実感はまだないのですが、つけ心地が好きで使っています。

3位 オルビスユーホワイトシリーズ

オルビスユーホワイト

オルビスユー ホワイトシリーズの特徴

  • エイジングと美白ケアができるシリーズ
  • W.H.アミノシールドで紫外線や乾燥などから肌を保護する
  • シミの元であるメラニンの生成をブロックする美白成分「アルブチン」を配合

オルビスユー ホワイトシリーズは、年齢肌特有のシミに効果を発揮する商品です。

メラニン色素を薄い色に変え、メラニン生成を抑制する強い力を持つ「アルブチン」と、メラニン生成の指令を止める「トラネキサム酸」の働きにより、メラニンを「つくらせない」仕組みをつくって徹底的にシミを防いでくれます。

紫外線や乾燥などのシミの原因となるダメージから肌を守るW.H.アミノシールドや、肌のうるおいバランスを整える保湿成分も配合されているため、エイジングケアも行うことができますよ。

実際にオルビスユーホワイトを使用している人の声

  • 1年くらい使用していて、シミは増えなくなりました。肌のトーンが明るくなりました。
  • 頬のシミに悩まされてきましたが、2年ほど前から使い出してからシミが薄くなり肌に透明感がでてきたのでこれからも使い続けたいです。

4位 ビーグレン ホワイトケア

ビーグレンホワイトケアトライアル

トライアル価格 1,800円(税抜)

ビーグレン ホワイトケアの特徴

  • QuSomeホワイトクリーム1.9にはシミを薄くする効果のある「ハイドロキノン」を1.9%配合
  • 独自開発のナノカプセルQuSome®に角質層を整える4つの成分を配合し、肌のバリア機能を高めて、シミのできにくい肌を作る
  • CセラムにはQuSome®に入ったピュアビタミンCを配合し、肌の透明感を高めシミ・くすみを防ぐ

ビーグレンは薬学博士が開発した美白化粧品です

特にシミの悩みに効果的なQuSomeホワイトクリームには、シミ予防ではなくシミを薄くする「ハイドロキノン」を1.9%配合しており、ナノ化された「ハイドロキノン」は低濃度でもしっかり肌に届いてシミに効果を与えます。

できてしまったシミを緩和したい人は、ビーグレンホワイトケアを使用することをおすすめします。

※ハイドロキノンは効果が高い反面、肌に刺激を感じる人も多いので、使用前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。

実際にビーグレンホワイトケアを使用している人の声

  • 最初はトライアルセットで試して良かったので今は定期購入で使っています。
  • クレイウォッシュは使ってすぐに効果が実感できるのでとてもいいです。Qusomeホワイトクリーム1.9は使って半年くらい経ちますが、即効性はありません。ですが半年経った今はシミがかなり薄くなってきたので化粧品の中では早く効果が出るほうだと思います。
  • 仕事柄紫外線を多く浴びるのにも関わらず肌の調子もよく、朝の化粧下地を塗った感じが今までの状態と異なります。洗顔を終えた時点でモチモチしています。今後も期待できる商品です。

5位 メラノCC 薬用しみ集中対策 美容液

メラノCC 薬用しみ集中美容液

20ml 1,180円(税込)

薬用しみ集中対策 美容液の特徴

  • 活性型ビタミンCとビタミンE誘導体がシミの原因となるメラニンの生成を抑制
  • 保湿成分も配合で、肌のターンオーバーを整えてシミのできにくい肌を目指せる

ロート製薬から発売されているメラノCCの「薬用しみ集中対策美容液」は、1,000円台で購入できるプチプラ価格が魅力のシミ対策美容液です。

シミの原因となるメラニンの生成を抑える活性型ビタミンCが肌のすみずみまで行き渡るようにビタミンE誘導体がサポートし、シミの原因であるメラニンにアプローチします。

また、うるおい成分のアルピニアホワイトが配合されているため、肌に潤いが与えられ、メラニンが古い角質とともに排出されやすくなる健康な肌をつくってくれますよ。

実際にメラノCCを使用している人の声

  • つけると少しあったかい感覚があり、しみ込んでいく感じがします。シミも若干薄くなり、新たなシミもできません。
  • 今あるシミへの効果はあまり感じていませんが、新しいシミは増えにくくなっているように感じます。

美白化粧品ケアに向いているシミの種類

シミを気にする女性

シミ対策に美白化粧品を使用している女性100人のアンケートの結果を参考に、美白化粧品おすすめランキングを紹介しましたが、シミの中には美白化粧品でケアできないシミがあります。

美白化粧品を使ったけれど、シミの悩みがなかなか解決しないという事態を避けるために、ここでは美白化粧品ケアに向いている3種類のシミを紹介します。

 

シミの症状・特徴

老人性色素班

  • 紫外線が原因でできるシミ
  • 円形状のものが多く、茶色のような褐色

炎症性色素沈着

  • ニキビやかぶれなど炎症が原因でできるシミ
  • 炎症による赤みが引いた後に、茶色くなる

肝斑

  • 主にストレスやホルモンの影響が原因でできるシミ
  • 目の下や頬骨に左右対称に薄く現れる

上の表は美白化粧品でケアできる老人性色素班、炎症性色素沈着、肝斑という3種類のシミの症状と特徴をまとめたものです。

これらのシミは、メラニンが肌内部に蓄積されることによってできるシミで、メラニンの生成を抑制したり、メラニンを還元したりする効果のある美白成分が配合された美白化粧品を使うことでシミのケアが行えます。

老人性色素斑や炎症性色素沈着は美白成分「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」を配合した美白化粧品でケアするのがおすすめ。

ハイドロキノンには出来てしまったシミを薄くする、強力な美白作用があり、ビタミンC誘導体には紫外線によって肌内部に蓄積されたメラニン色素を薄くする作用があるので、シミが目立たなくなることが期待できます。

肝斑の悩みを改善したい人は、特に美白有効成分の中でもトラネキサム酸を配合している美白化粧品を選びましょう。

肝斑で活性化したメラニン発生の要因のひとつと考えられるメラノサイト活性化因子「プラスミン」を、トラネキサム酸が抑制することによって肝斑の悩みを改善していきます。

そばかすや生まれつきあるシミなどの遺伝的要素が強いシミは美白化粧品でケアしても改善されないので、美白化粧品ではなくレーザー治療で改善させましょう。

体の内側からもシミ対策!化粧品以外の美白ケア方法

片頬に手を添えてほほ笑む女性

美白化粧品を継続的に使用しても、なかなかシミの悩みが改善されないという場合は体の内側からもシミに働きかける方法を実践してみましょう。

シミの悩みを改善するには、肌の生まれ変わりのサイクルである「肌のターンオーバー」を正常にして、シミの元であるメラニンを古くなった角質と一緒に排出することが大切です。

ここでは、体の内側から肌のターンオーバーを正常にできるおすすめの方法3つを紹介します。

栄養バランスが整った食生活

身体は食べ物から摂取した栄養素でできているので、栄養バランスの整った食事を意識することで肌のターンオーバーのサイクルを整えることができます。

特に肌のターンオーバーを正常にする栄養素は以下のビタミン類です。

ビタミンA…古くなった角質が剥がれ落ちるのを促進する作用(緑黄色野菜、レバー)

ビタミンB6…肌の新陳代謝を促進し、肌の細胞を活性化する働き(豚肉、大豆、まぐろ)

ビタミンC…コラーゲン生成を助け、肌のターンオーバーをスムーズに行えるようにする(いちご、さつまいも、れんこん)

毎日忙しくて、バランスよく食事がとれないという場合はサプリで栄養素を補給するのがおすすめです。

質の良い睡眠

 

シミのない美肌を目指すためには質の良い睡眠が必要です。

特に、肌のターンオーバーは、夜眠りに落ちてから数時間の間の深い眠りのときに分泌される「成長ホルモン」の働きで行われているので、ぐっすりと眠る事ができる質の良い睡眠をとりましょう。

質の良い睡眠をとるには以下の3つのことを心がけるようにしてくださいね。

  • 適度な運動をするなど、日中に体を動かす
  • 寝る3時間前に夕食を食べない
  • 眠る1時間前はPCやスマホを触らない

すぐにシミを消したい場合は美容皮膚科へ

患者の相談を笑顔できく女医

シミに効く美白化粧品について紹介してきましたが、美白化粧品だけでは今あるシミを完全に消すことは難しいため、はっきりとした効果を実感したい人は、美容皮膚科に相談してみるのがおすすめです。

美容皮膚科でのシミ治療はレーザー治療が主な方法。

シミの種類によっては「アザ」の治療として保険が適用になる場合がありますが、シミ消しのレーザー治療の多くは、保険適用外治療となるため、料金が高額になることもあります。

またシミ消しのレーザー治療は、レーザーのタイプやシミの面積、病院などに応じて料金相場が大きく異なるため、料金を詳しく知りたいという方はクリニックに問い合わせてみてください。

まとめ

必ずしもみんなが使っている美白化粧品が優れているわけではありません。

  • シミの原因である「メラニン」に働きかける美白有効成分が配合されている
  • 継続して使い続けられる値段
  • 保湿成分も配合されている
  • 使い心地が良い

上記4つを満たす美白化粧品がシミの悩みを解決するのに効果的です。

本記事で紹介した、シミ対策に美白化粧水を使用している女性100人が答えたアンケート結果を参考に、お気に入りの美白化粧品を見つけてシミのない明るい肌を目指していきましょう!