【夜ケア】お風呂上がりの10分スキンケア!時短しながらモチモチ肌を

保湿 スキンケア
タオルで顔を拭く女性
松谷プロフィール

超敏感肌出身 スキンケアの申し子

松谷 薫

「お風呂上がりのスキンケアってどんな順番でやればいいの?」

「顔も身体も髪も…お風呂上がりは保湿する場所が多くてすぐ乾燥しちゃう!」

「お風呂上がりのスキンケア、効果的にする方法はあるの?」

毎日お風呂上がりにスキンケアをしているけど、本当に今のやり方で合っているのか悩んでしまうことってありませんか?

顔も身体も髪もすべて完璧に保湿したいけど、一気にやるのは難しいし、後回しにすると時間が経つほどに乾燥していっている気がしてストレスになってしまいますよね。

「そもそもお風呂上がりのスキンケアなんて、正しい順番さえわからない…」

お風呂上がりのスキンケアは、1度悩み始めるとキリが無くなります。

実はお風呂上がりのスキンケアは、肌の水分量が入浴前より多い、お風呂上がりの10分間がゴールデンタイムなんです。

今回は、お風呂上がりのスキンケアの順番とコツ、おすすめのスキンケア方法を紹介。

これを読めば、毎日のお風呂上がりのスキンケアが今よりもっと効果的になるかもしれませんよ。

お風呂上がりは1秒でも早いスキンケアが重要!

お風呂上がりのスキンケアは、何よりもスピードが大切です。

なぜなら、お風呂から出て1分後をピークに、肌(角質層)から水分がどんどん減っていって乾燥してしまうから。

肌の乾燥はかさつきや痒みだけでなく、肌のもともと持っているバリア機能の低下、しみやしわ、たるみの原因になる可能性があります。

乾燥による肌トラブルを防ぐには、お風呂上がりにしっかりスキンケアをして肌の潤いを保ってあげることが大切なんです。

また、お風呂上がりの肌は時間が経つごとに肌の水分が減っていく状態。

肌に残っている水分が多いうちにスキンケアをすれば肌の潤いをしっかり閉じ込めることができるので、お風呂上がりは1秒でも早くスキンケアをするようにしてくださいね。

【今日からできる】お風呂上がりの10分スキンケア

お風呂上がりは1秒でも早いスキンケアが大切!といわれても、お風呂から出てどのくらいでスキンケアを終わらせたらいいのかわからないと困りますよね。

実は、お風呂上がりのスキンケアはお風呂から出て10分以内に終わらせるのが理想的なんです。

入浴や温泉に関するいろいろな研究をしている温泉医科学研究所によると、入浴後の肌の水分量の変化はこんな感じ。

温泉医科学研究所による入用後の肌の水分量の変化
引用:早坂信哉,後藤康彰,栗原茂夫『入浴後皮膚乾燥と入浴中塗布化粧品の保湿効果』p3,2017年

お風呂から出て15分経つと肌は入浴前と同じ水分量に、20分経つと入浴前より肌の水分量が少なくなってしまうんです。

温泉医科学研究所では、この結果から「出浴後の皮膚の過乾燥を予防するには出浴後 10 分以内に保湿ケアをするのが効果的である」とコメント。

松谷
10分と聞くと長めに感じるかもしれませんが、お風呂上がりの10分は意外とすぐに過ぎてしまいます。

のんびりスキンケアをしていると15分も20分も経ってしまって、スキンケアの効果を発揮しきれないことも…

お風呂上がりのスキンケアを効果的にできるように、10分以内に終えられてしっかり潤いのある肌をつくれる、スキンケアの正しい手順を紹介しますね。

お風呂上がりに行うべきスキンケアの手順

風呂上がりは顔も身体も髪もケアしたいし、どんな手順でやったらいいのか迷ってしまいますよね。

肌の水分量が高いお風呂上がり10分以内にスキンケアを終わらせるためには、以下の手順でスキンケアをするのがおすすめです。

お風呂上がりのスキンケアの手順

  1. 顔の保湿はお風呂上がり4分以内に
  2. 身体の保湿はお風呂上がり7分以内に
  3. 髪の保湿はお風呂上がり10分以内に

お風呂上がりのスキンケアでは、肌の水分を守るためしっかり保湿をしてあげることが大切。

乾燥によるダメージを受けやすい顔の肌をまず保湿し、次に身体の保湿、最後に髪の保湿とドライヤーをしましょう。

鏡を見て喜ぶ女性

今回ハリツヤ編集部では、髪の保湿までをお風呂上がりの10分スキンケアとしています。

ドライヤーは髪の長さによってかかる時間が変わるため10分スキンケアにはいれていませんが、健康な髪を保つためにとても大切なので、必ず行ってくださいね。

それぞれのスキンケアの詳しいやり方を、さっそく紹介します。

お風呂上がりのスキンケアその1|顔の保湿

お風呂上がりのスキンケアでは、まず顔の肌をしっかり保湿してあげましょう。

化粧水を手に取る女性

顔の肌はとても薄いため、全身の肌の中でとくにダメージを受けやすいデリケートな場所。

そのため、お風呂から出たら1番に保湿して肌を乾燥から守ることが大切です。

顔のスキンケアは、以下の3つのステップで行うのがおすすめですよ。

顔のスキンケアの3ステップ

  1. タオルでやさしく水滴を拭き取る
  2. 水分取ったらすぐに化粧水で水分を与える
  3. 乳液やクリームで肌の水分にフタをする

顔のスキンケアでは、肌の水分を守るためにタオルでやさしく水滴を拭き取ること、清潔な肌に水分と油分をしっかり与えてあげることがポイント。

基本をおさえれば、時間をかけずにしっかりと肌を保湿することができますよ。

それぞれのステップを、詳しく紹介しますね。

水滴はタオルでやさしく拭き取って

お風呂上がりには、顔についている水滴をタオルでやさしく拭き取りましょう。

下を向いてタオルで顔を拭く女性

このときのポイントは、しっかり水滴を拭き取ることと、肌をこすらないようにやさしくタオルを当てること。

お風呂上がりに肌が濡れたまま放置していると、肌表面の水滴が蒸発するときに、肌の内側にある水分も一緒に蒸発しやすくなります。

すると、肌の乾燥が進みスキンケアの効果が半減してしまう可能性があるんです。

また、水滴を残さず拭き取とうとして、肌をゴシゴシこすってしまうのは厳禁。

お風呂上がりの肌は水分によってふやけているので、肌をタオルでこすってしまうと大きなダメージを受けてしまいがちです。

お風呂上がりは、顔にやさしくタオルを押し付けるようにして水滴を拭き取り、次につかうスキンケア化粧品の効果を引き出せるようにしてくださいね。

お風呂上がりは1番に化粧水で保湿

顔の水滴をやさしく拭き取り、スキンケアがスタートです。

お風呂上がりの顔の保湿では、まず化粧水で肌に水分を与えましょう。

保湿する女性

お風呂上がりは1分後をピークに、肌の水分量がどんどん減ってしまうため、1秒でも早く化粧水で水分を与えてあげることが大切。

化粧水を選ぶときは、しっかり保湿ができることを前提に脂性肌・乾燥肌といった肌質や、ニキビ・日焼けなどの肌トラブルに合った化粧水を選びましょう。

ハリツヤ編集部おすすめの化粧水は保湿力が高く、どんな肌質でも使いやすいと口コミで人気ですよ。

ハリツヤ編集部おすすめ化粧水|無印良品 化粧水 敏感肌用 しっとりタイプ

無印良品 敏感肌用化粧水 しっとりタイプ
580円(税込)/200ml

無印良品 化粧水 敏感肌用 しっとりタイプの特徴

  • 天然水を使用したシンプルなつくりの化粧水
  • スベリヒユエキスやリピジュアRなど、肌を保護しながら保湿する成分を配合
  • 無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、パラベンフリー、アルコールフリー、アレルギーテスト済み

お風呂上がりのスキンケアでは、肌に水分を与えて保湿してあげることが大切。

無印良品の化粧水 敏感肌用 しっとりタイプは、肌にやさしい岩手県釜石市の天然水を使用することで、刺激を減らしながら潤う肌へ導いてくれます。

スベリヒユエキスやグレープフルーツ種子エキス、リピジュアRなどの厳選された保湿成分が、お風呂上がりの肌にしっかり潤いを届けてくれるんです。

無印良品化粧水 敏感肌用 しっとりタイプは保湿をいちばんに考えたベーシックな化粧水なので、肌質や肌悩みに合わせた化粧水が欲しい方は以下の記事を参考にしてくださいね。

乳液やクリームで潤いのフタも忘れずに

お風呂上がりの肌に化粧水で水分を与えたら、肌の潤いが逃げないように乳液やクリームでフタをしましょう。

化粧水は水分の多いスキンケア化粧品で、水分の中に肌の潤いを保つ保湿成分を入れています。

クリーム

そのため乳液やクリームなど油分のあるスキンケア化粧品でフタをしないと、せっかく塗った化粧水の水分や保湿成分が蒸発してしまう可能性があるんです。

それだけでなく、化粧水が蒸発するときにもともと肌にあった水分も一緒に蒸発し、化粧水をつける前より肌が乾燥してしまうことも。

乳液やクリームは油分の多いものほどフタとしての効果が高まるので、肌質に合わせて使いやすい乳液、クリームを選んでくださいね。

ハリツヤ編集部のおすすめは、保湿力の高さとべたつかない使い心地を兼ね備えた、すべての肌質の方に使いやすい乳液です。

ハリツヤ編集部おすすめ乳液|ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク


オープン価格/100g

ミノン アミノモイスト モイストチャージミルクの特徴

  • @コスメ ベストコスメアワード 2018年 殿堂入り
  • ぷるんとした感触の乳液がべたつきなく肌に馴染む
  • 無香料、無着色、弱酸性、アルコール、パラベンフリー、アレルギーテスト・パッチテスト済み、スティンキングテスト済み
    ※商品を使ったときにひりつきや痒みなどの刺激が起きないか、敏感肌を対象に行ったテスト

化粧水で与えた潤いを守るのにおすすめな乳液は、ミノンのアミノモイスト モイストチャージミルク。

ジェルのようにみずみずしい質感でべたつかないのに、ミツロウやスクワランといった油分がしっかり肌の水分にフタをしてくれます。

また、肌の持っている保湿力を助ける9種類の保潤アミノ酸が配合されているため、肌なじみよく保湿までできちゃうんです。

乳液は、クリームやオイルと比べて油分が少なめなので、肌の潤いを守るのにしっかり油分を使いたい方や皮脂の量が少なく油分でサポートをしたい乾燥肌の方などは、以下の記事も参考にしてくださいね。

松谷
ここまでで4分以内を目指しましょう!

しっかり手順を守れば4分以内に顔の保湿はしっかりできるはず。

4分よりさらに時短したい方はこちらをチェックしてみてくださいね。

お風呂上がりのスキンケアその2|身体の保湿

お風呂上がりに顔のスキンケアができたら、次は身体の肌を保湿しましょう。

若い女性の足

身体の肌のスキンケアもお風呂上がりの10分間がゴールデンタイム。

肌に水分がたっぷりある間にスキンケアをすることで、もちもちの肌に近づけます

時間をかけない身体の保湿には、保湿剤の使い方がポイントですよ。

軽く水滴を拭いた肌に保湿剤をつける

顔の保湿が終わったら、身体についた水滴をタオルやさしく拭き取ります。

身体の水滴が拭けたら、ボディクリームやオイルなど油分がはいった保湿剤を塗って、身体の水分が逃げないように守ってあげましょう。

スキンケアをする女性

身体用の保湿剤を選ぶときには、乾燥しやすい方は高保湿タイプ、べたつきが苦手な方はさっぱりタイプ、日焼けケアをしたい方は美白タイプなど、肌質や欲しい効果に合わせて選んでくださいね。

ハリツヤ編集部のおすすめは、手の届きやすいプチプラ価格と高い保湿力で、口コミや店頭で人気の高いボディクリームです。

ハリツヤ編集部おすすめボディクリーム|ジョンソン®ボディケア ラスティングモイスチャー スキンケアローション

ジョンソンボディ ボディローション ラスティングモイスチャー 商品画像

オープン価格/400g

ジョンソン®ボディケア ラスティングモイスチャー スキンケアローションの特徴

  • 天然シアバターとベビーオイルが肌をしっかり潤す
  • 手間が省けて使いやすいポンプタイプ
  • リラックス効果のあるやさしいピーチとアプリコットの香り

お風呂上がりの身体の保湿には、使いやすくて保湿効果の高いジョンソン®ボディケア スティングモイスチャー スキンケアローションがおすすめです。

角質層まで浸透し肌を保湿してくれる天然シアバターや肌の水分にフタをしながら肌を守ってくれるベビーオイルが入っているので、これ1つでしっかり肌を保湿してくれます。

スピード命なお風呂上がりのスキンケアに嬉しいポンプタイプで、身体を素早く保湿することができそうですね。

乾燥肌の方やこっくりしたテクスチャーの保湿剤が好きな方は、以下の記事も参考にしてください。

より保湿したいときはボディ用化粧水も

身体の保湿に使うのはボディクリームやボディオイルが一般的ですが、よりしっかりと保湿をしたい方はボディ用化粧水を使いましょう。

保湿剤や化粧水を手にとるイメージ写真

ボディクリームやボディオイルは肌に油分の多いスキンケア化粧品なので、ボディ用化粧水で水分を与えてあげればより潤いに満ちた肌に近づくことができます。

とはいえ、お風呂上がりのスキンケアでいちばん大切なのは10分以内に終わらせること。

ボディ用化粧水はスキンケアの手間を増やしてしまうので、なるべく使いやすいポンプタイプを選ぶのがおすすめですよ。

松谷
身体の保湿は、顔の保湿も含めたお風呂上がり7分以内に終わらせるのが理想的。

顔と違って範囲の広い身体の保湿ですが、肌に水滴が残ったまま保湿剤をつけたりポンプタイプの保湿剤を使ったりといった工夫で素早くスキンケアすることができますよ!

お風呂上がりのスキンケアその3|髪の保湿

お風呂上がりには、肌を保湿するスキンケアだけじゃなく濡れた髪をケアするヘアケアも必須です。

お風呂上がりの濡れているときは、いつもは髪を守ってくれるキューティクルが開いて傷みやすくなっている状態。

少しでもはやくドライヤーで乾かしてあげないと、パサつきや切れ毛の原因になってしまう可能性があります。

でもキューティクルが開いているということは、髪につける保湿剤の美容成分が馴染みやすい状態でもあるんです。

ハリツヤ編集部では、ドライヤーの手前にする髪の保湿までをスキンケアの一部と考えて、10分以内スキンケアに計算。

ボディケアまで終えて、お風呂上がり10分以内にドライヤーに移れる髪の保湿方法を詳しくお伝えしますね。

タオルドライは絶対にこすらない!

お風呂上がりの濡れた髪、まずはタオルで水分を拭き取ります。

このときに絶対にやってはいけないのは、ゴシゴシと髪をこすること。

お風呂上がりの髪は水分を含んでふやけているため、ただでさえ摩擦に弱いキューティクルが簡単に剥がれてしまいます。

キューティクルは髪を刺激から守ってくれる大切なバリア機能なので、キューティクルが壊れた髪は傷みやすくなったりパサつきやすくなったりしてしまう可能性が。

ツヤと潤いのある髪を保つためにタオルドライのときは決してこすらず、髪をぎゅっと握るようにしてやさしく水分を吸い取りましょう。

ヘアオイルで髪にツヤと潤いを与える

髪をタオルドライしたら、ヘアオイルをつけて髪を保湿しましょう。

濡れている髪はとても傷みやすい状態なので、すこしでも早くドライヤーしてあげることが大切。

とはいえ、お風呂上がりの髪をそのまま乾かすと、ドライヤーの熱で髪がダメージを受けてしまいます。

毛先の痛みに悩む女性

濡れている髪は乾いている髪よりも熱によるダメージを受けやすいので、まずはタオルドライでしっかり水分を吸い取り、熱から髪を守ってくれる機能のあるヘアオイルを塗りましょう。

ヘアオイルは、タオルドライをしてすぐの濡れた髪に少量ずつ付ければ、ムラにならず髪全体に馴染ませることができますよ。

ハリツヤ編集部おすすめヘアオイル|ルシードエル EXヘアオイル

ルシードエル EX ヘアオイルオープン価格/60ml

ルシードエル EXヘアオイルの特徴

  • ヒートプロテクト処方でドライヤーの熱から髪を守る
  • 保湿力が高いアルガンオイル配合
  • 朝のお出かけ前にも使えるUVカット処方

お風呂上がりの髪の保湿におすすめなのは、ルシードエルのEXヘアオイル。

保湿力の高いアルガンオイルを馴染みやすくした処方で、オイルの美容成分が髪の中まで届きます。

また、ヒートプロテクト処方のためドライヤーはもちろん、アイロンやコテの熱からも髪を保護。

UVカットまでしてくれるので、お風呂上がりにも朝のお出かけ前にもつかえますね。

ルシードエルのEXヘアオイルはオイルの中では軽めの仕上がりですが、髪がぺたんとしやすい方やふんわりとした質感の髪が好きな方は、ヘアクリームやヘアジェルでの保湿がいいかもしれませんね。

松谷
ここまででお風呂上がり10分!

顔、身体の保湿、髪の保湿を10分以内にできたら、お風呂上がりのスキンケアに高い保湿効果を期待できます。

とはいえ、髪はドライヤーで乾かさないと傷みやすい状態。

きれいな髪のために、あと少しだけ頑張りましょう!

ドライヤーでしっかり乾かして健康的な髪に

髪をタオルドライしてヘアオイルをつけたら、いよいよドライヤーで乾かします。

ドライヤーは髪の長さによってかかる時間が変わるため10分スキンケアにはいれていませんが、健康な髪を保つためにとても大切なので、必ず行いましょう。

ロングヘアとドライヤー

濡れた髪はキューティクルが開いているので、ダメージを受けやすくなっているんです。

でも、ドライヤーは熱と風によって髪の水分を飛ばすので、正しいやり方をしないと髪にダメージを与えてしまうことがあります。

また、正しい乾かし方をすることでドライヤーのすぐ後からするんとまとまる髪へ導ける可能性も。

正しいドライヤーのかけ方を守って、ツヤのある髪を保ってくださいね。

正しいドライヤーのかけ方
1.ヘアオイルを付けた髪を、手ぐしか目の粗いブラシで梳く
2.ドライヤーを髪から20㎝ほど離して、根元から乾かしていく
3.根元が乾いたら、髪の中間から毛先を手で梳きながら乾かす
4.70%ほど乾いたら、手でやさしく髪を下に引っ張りながら乾かす
5.90%ほど乾いたら、冷風に切り替えてキューティクルを引き締めながら完全に乾かす

さらに時短できるお風呂上がりの保湿の裏技

お風呂上がりは10分以内にスキンケアをすることが大切といわれても、忙しくて10分も時間が取れない日や疲れていて1分でも早く寝たい日など、手順通りのスキンケアができないときってありますよね。

めがねをもって悩む女性

そんなときに使える、お風呂上がりのスキンケアをさらに短くする裏技を紹介します。

気になったものを取り入れて、お風呂上がりのスキンケアをもっと簡単にしましょう!

お風呂上がりのスキンケアの裏技3つ

  1. 保湿タイプの入浴剤を使う
     →身体の保湿を時短!

  2. オールインワン化粧品を使う
     →顔の保湿を時短!

  3. 吸水タオルでの時間を短縮する
     →髪の保湿を時短!

保湿タイプの入浴剤で乾きにくい肌を

お風呂上がりのスキンケアをもっと効率的にするには、お風呂に入る時に保湿タイプの入浴剤を使うのがおすすめ。

ピンク色の入浴剤の写真

保湿タイプの入浴剤が入ったお湯につかれば、お風呂から出たときの肌には潤いがたっぷり。

お湯につかるだけで肌の保湿ができるので、乾燥を感じなければ身体の保湿をカットすることができます。

お風呂上がりに身体の保湿がいらなくなるくらい保湿力の高い入浴剤を選ぶには、セラミドやヒアルロン酸、ホホバ油などの保湿成分が配合されているかを確認することが大切。

また、自分では手の届きにくい背中や首の裏までしっかり保湿成分を届けることも可能です。

保湿タイプの入浴剤を使った日は、せっかくの保湿成分をシャワーで流してしまわないように、お風呂からでる直前までお湯につかるようにしてくださいね。

オールインワン化粧品で時短スキンケア

お風呂上がりのスキンケア時間を短縮するには、オールインワン化粧品をつかうという方法があります。

オールインワン化粧品は、化粧水、乳液、美容液などのスキンケア化粧品が1つになっているため、1ステップでスキンケアが完了できるんです。

オールインワン

化粧水や乳液をつかったスキンケアは手順が多く、重ね付けなどをすると時間も3~5分ほどかかってしまいますが、オールインワンならワンステップかつ10秒ほどでスキンケア出来ます。

オールインワン化粧品には肌質や肌悩みに合わせたものがたくさんあるので、自分にぴったりのオールインワンをつかってかしこくスキンケアに取り入れてくださいね。

吸水タオルでドライヤーの時間を短縮

お風呂上がりのびしょびしょの髪は、吸水タオルを使うことで効率よく水分を吸収できます。

吸水タオルとは、マイクロファイバーやスポンジなどの素材でできていて、普通のタオルより水分を吸収しやすいタオル。

お風呂上がりの髪を吸水タオルで拭くと、水分をしっかり吸収してくれるので、ドライヤーにかかる時間の短縮になるんです。

また、髪は水分量が多いほどドライヤーなどの熱によるダメージに弱くなってしまうため、吸水タオルで髪の水分をしっかり吸収すれば髪のダメージ予防にもなりますよ。

メンズにオススメしたいお風呂上がりのスキンケア

清潔感を保つためには、男性でもお風呂上がりのスキンケアが必須。

男性

とはいえ、女性のように顔や身体、髪とすべてを保湿するのには抵抗がある方もいると思います。

お風呂上がりのスキンケアが面倒な男性は、もっとも乾燥に弱い顔だけでもスキンケア化粧品で保湿するようにしましょう。

男性は女性に比べて皮脂量が多くなりがちなため、顔の保湿におすすめなのはさっぱりめした使い心地のもの。

また、忙しい方やスキンケアにあまり時間をかけたくないという男性は、1つで済ませられるオールインワン化粧品を使うのがおすすめ。

余裕のある日には身体の保湿やヘアケアも取り入れれば、さらに完璧なスキンケアができますね。

お風呂上がりのスキンケアでキレイを守る

お風呂上がりのスキンケアは、入浴前よりも肌に水分があるお風呂上がり10分以内に行うのがポイント。

微笑みながら肌を触る女性

肌の乾燥を防ぐために、顔も身体もしっかり保湿をしてあげましょう。

お風呂上がりのスキンケアをもっと短縮したい方は、紹介した裏技も試してみてくださいね。

この記事でお風呂上がりのスキンケアが今よりもっと効果的になり、あなたが全身モチモチの肌を手に入れることを祈っています。

この記事をシェアする

おすすめ記事