机の上にバラまかれた化粧品や化粧道具

加齢や日焼け、ニキビの後に起きる色素沈着など、様々な要因で肌にあらわれる「シミ」。

ふと鏡をみると新しいシミを発見して落ち込んだ・・・なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?

シミを気にせずメイクを楽しむには、今あるシミをコンシーラーで上手に隠してあげることが大切です。

本記事では、シミの種類に合わせたコンシーラーの選び方と、シミへのカバー力が高いと口コミで人気のコンシーラーをシミに塗ってカバー力を比較した結果を紹介していきます。

シミをカバーできるコンシーラーについて知り、ワンランク上の美肌ベースメイクを実践してみてくださいね。

シミをカバーするコンシーラーの役割と種類をおさらい

コンシーラーはファンデーションだけでは隠しきれないシミ、そばかす、ニキビ、ニキビ跡といった部分的に気になる肌トラブルをカバーする役割をもつベースメイクアイテムのことで、別名「部分用ファンデーション」ともよばれています。

また、シミやニキビといった肌悩みをカバーするだけではなく、肌の色身を整えて、メイクを引き立てるのもコンシーラーの役割です。

肌悩みのカバーや肌色を均一に調整してくれるコンシーラーですが、さまざまな形状とテクスチャーがあるため、代表的なコンシーラー4種類を表にまとめました。

コンシーラーの種類特徴
スティックタイプ
  • 棒のように固められた形状のコンシーラー
  • テクスチャーは固めで、広範囲に塗ることができるためシミを一気に隠すことができる
リキッドタイプ
  • 液体状のコンシーラー
  • 水分量が多いため肌に良く伸びて、保湿力に優れている
クリームタイプ
  • パレットやチューブに入ったタイプのコンシーラー
  • 広範囲のシミにもピンポイントのシミにも使えるため、使い勝手が良い
ペンシルタイプ
  • 鉛筆のような細い形状のコンシーラー
  • 油分が少なく、鼻や唇の際など細かい部分にも使いやすい

【シミのタイプ別】コンシーラー選びのポイント

指を指している女性

代表的なコンシーラーの種類を4つ紹介しましたが、隠したいシミの場所や肌の色によって使用するコンシーラーを使い分けると、シミへのカバー力があがったり、長時間メイクが崩れにくくなったりとベースメイクの精度が変わってきます。

ここでは、シミをカバーするためのコンシーラーを選ぶときにチェックしたい4つのポイントを紹介するのでコンシーラーを購入する際の参考にしてくださいね。

コンシーラーの色味は肌の色より「やや暗め」を選ぶ

コンシーラーを塗っている女性

シミカバーするには、シミ周辺の肌の色やファンデーションの色よりも「若干暗め」の色のコンシーラーを選ぶのがポイント。

明るい色味を選んでしまうと、シミがかえって浮いて目立ってしまいます。

コンシーラーの色味は、イエローベージュ系・オレンジベージュ系・ライトベージュ系・ダークベージュ系と色の種類が豊富なので、自身の肌の色よりもやや暗めの色を見極めてコンシーラーの色を選んでくださいね。

クリームタイプのコンシーラーにはパレットになって複数の色が入っているものが多く、混ぜて色を調整することができるため、肌色よりも暗めの色のコンシーラーがみつからないという方におすすめです。

シミの場所でテクスチャーを使い分ける

コンシーラーの種類によって固め・柔らかめといったテクスチャーが違うため、シミができる部位の特徴によって、使い勝手のいいコンシーラーが異なります。

目元や口元はよく動いてコンシーラーがヨレやすい場所なので、水分量が多く伸びの良いリキッドタイプかクリームタイプのコンシーラーを使うと肌に密着してヨレにくくなります。

大きく濃いシミができやすい頬には、スティックタイプやクリームタイプを使うと広範囲のシミでも均一に隠すことができますよ。

また、あまり動かさず面積の狭い顎には、テクスチャーが固くカバー力の高いペンシルタイプスティックタイプのコンシーラーを使うのがおすすめ。

顎にできたシミが小さければピンポイントのシミ隠しに向いているペンシルタイプ、広範囲のシミならばスティックタイプを使いましょう。

ポイント③ シミの濃さや大きさ応じて種類を変える

4種類のコンシーラーはそれぞれカバー力が異なっているため、隠したいシミの濃さや範囲に応じてコンシーラーを選ぶのも上手くシミを隠す上で大切なポイントです。

 

カバー力

カバーできるシミの濃さ・範囲

ペンシルタイプ

高い

小さく、ピンポイントの濃いシミ

スティックタイプ

やや高い

広範囲にできた濃いシミ

クリームタイプ

普通

広範囲にできた薄いシミ

リキッドタイプ

弱い

小さくて薄いシミ

上の表は、4種類のコンシーラーのカバー力とカバーできるシミの濃さと範囲を表にまとめたもので、上から順にカバー力が高い順で並んでいます。

シミの部位によってコンシーラーを使いわけることも必要ですが、部位に合わせてコンシーラーを選んでもシミの範囲や濃さによってシミが隠れないという場合もあるので、自分の隠したいシミの濃さや範囲も考えながら選ぶといいですよ。

ポイント④肌に刺激の少ないコンシーラーを選ぶ

微笑み指で頬を触れる女性

シミをカバーするコンシーラーを選ぶ上で大切な4つめのポイントは、肌に刺激のないコンシーラーを使用することです。

コンシーラーに配合されている成分の中には「エタノール」や「合成界面活性剤」など肌が弱い人が刺激に感じやすい成分が入っているも多いため、特に敏感肌など肌の弱い人は刺激のあるコンシーラーを使用するとシミをカバーするどころか、肌にダメージを与えてシミの原因となるメラニンを増やしてしまう可能性があるため、可能ならばテスターなどで肌に刺激がないか確かめてから使用するようにしてくださいね。

カバー力は本当?人気のコンシーラーを徹底レビュー

「シミへのカバー力が高いコンシーラーを選びたい!」

「販売されているコンシーラーが多すぎて、何が違うのかわからない…」

コンシーラーを買うときに、こんなことを考える人は多いと思います。

ハリツヤ研究所編集部では、口コミサイトで長年人気のコンシーラー5商品と、雑誌やランキングサイトでも取り上げられているプチプラコンシーラー5商品の計10商品を実際に使用し、シミへのカバー力を比較してみました。

コンシーラー10商品を比較していった結果、編集部おすすめのコンシーラーが見つかったので、実際にシミ隠しのためのコンシーラーを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

試した10商品を一挙ご紹介

定番人気コンシーラー5商品

NARS ラディアントクリーミーコンシーラー

価格:3,672円(税抜) リキッドタイプ

【特徴】

  • 保湿力にすぐれているため肌が潤う
  • 伸びがよく、ムラになりにくい
  • 1色と色が豊富で肌色にあわせて選ぶことができる

資生堂 スポッツカバー ファウンデイション(ベースカラー)

価格1,296円(税抜) クリームタイプ

【特徴】

  • 肌へ密着力し、シミ(肝斑)をカバーする部分的ファンデーション
  • めらかなテクスチャーで肌にのばしやすい
  • 汗や水に強く、メイク崩れがしにくい処方でメイクが長持ちする

カバーマーク ブライトアップファンデーション

価格:3,500円(税抜) スティックタイプ

【特徴】

  • 特殊パウダー(デザイニングパウダー)が肌のキメの粗さを美しくぼかしながらツヤを与える
  • 独自のカラー展開で、シミを厚ぼったくならずにカバー
  • 湿成分が配合されており、時間が経っても肌が乾燥しない

エトヴォス ミネラルコンシーラー

価格:2,500円(税抜) スティックタイプ

【特徴】

  • 伸びの良いテクスチャーで、シミやそばかすを広範囲でカバー
  • 整肌成分と保湿配合が配合され、肌の調子を整える
  • 天然ミネラルと植物由来オイルでできた肌に優しい処方

クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ

価格:6,000円(税抜) スティックタイプ

【特徴】

  • 薄くて均一にカバー膜をつくる独自処方で高いカバー力がありながらも自然にシミを隠してくれる
  • クリーミーな使い心地でと仕上がりが長時間続く
  • シミの原因となる紫外線から肌を守るUVカット処方

プチプラコンシーラー5商品

キャンメイク カバーストレッチコンシーラーUV

価格:780円(税抜) リキッドタイプ

【特徴】

  • 伸縮性ストレッチパウダーが配合され、ヨレやすい目元にもピタッと密着してシミをカバーする
  • 水や汗に強いウォータープルーフでべたつきやテカりを抑える
  • UVカット処方で日やけによるシミ・ソバカスを防いでくれる

DHC Q10モイスチュアケア トリートメントリタッチEX

価格 1,330(税抜) クリームタイプ

【特徴】

  • 光をコントロールする「美肌リフレクトパウダー」が配合され、シミ・くすみを飛ばして透明肌を作りあげる
  • コエンザイムQ10をはじめとした美容液成分が豊富に含まれ、年齢肌の悩みに働きかける
  • 無香料・パラベンフリー・天然成分配合で肌に負担がかからない

キスミー  フェルム ハイカバーコンシーラー

価格 600円(税抜) クリームタイプ

【特徴】

  • 肌に密着してヨレにくいストレッチ処方
  • 光を拡散して、シミのないなめらかな肌を演出する
  • 皮脂吸収パウダーが配合され、メイクが長時間崩れにくい

ケイト スティックコンシーラーA

価格:800円(税抜) スティックタイプ

【特徴】

  • 高い密着力があるため、シミやニキビなどの肌トラブルをしっかりカバー
  • 肌によく馴染み薄付きで自然な肌を作りあげる
  • 肌の明るさによって選べるライトとナチュラルの2色展開

ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー

価格::522円(税抜) リキッドタイプ

【特徴】

  • リキッドタイプのコンシーラーで伸びが良く、広範囲のシミ・そばかすをカバーできる
  • 保湿成分や美容成分が豊富に配合され、シミをカバーしながらもツヤのある肌に導く
  • 全6色展開(2018年現在)で肌の色に合わせて選べる

 カバー力を比べた方法

▼比較者

ニキビ跡が原因のシミである「炎症後色素沈着」に悩んでいるハリツヤ研究員Mさん

▼ベースメイクの手順

化粧下地⇒比較するコンシーラー⇒パウダーファンデーション

▼コンシーラーを比較するときに使用したベースメイク

化粧下地

ポール&ジョー モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S #01 ファンデーション

価格:3,500(税抜)

  パウダーファンデーション

ヴァントルテ ミネラルシルクパウダーファンデーション

価格:3,300円(税抜)

比較して分かった!本当にシミを隠せるコンシーラー

定番人気コンシーラー5商品とプチプラコンシーラー5商品のカバー力をそれぞれ比較して、最もシミへのカバー力が高かったコンシーラーを紹介していきます。

【定番人気】クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ

 

定番人気のコンシーラー5商品のうち、最もシミへのカバー力が高かったコンシーラーは、クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ。

使用前と使用後を比べると肌とシミの境目も自然にぼかせていてふんわりとしたツヤのある肌に仕上がっています。

ハリツヤ研究員M:クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュは高いシミカバー力だけではなく、比較した5商品の中で一番しっとりとしたテクスチャーで、保湿力がありました。

実際にクレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュにはヒアルロン酸やグリセリンとはじめとした高保湿成分が配合されているため、クリーミーな付け心地でスキンケア効果も期待できますよ。

定番人気コンシーラーの残り4商品の比較結果

 定番人気コンシーラー5商品の中ではカバー力が最も高かったわけではありませんでしたが、きれいにシミを隠せているコンシーラーもあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

定番人気コンシーラー4商品の比較画像をみるとカバーマーク ブライトアップファンデーションとエトヴォス ミネラルコンシーラーはほとんどシミを隠せています。

しかし、NARSラディアントクリーミーコンシーラーと資生堂スポッツカバーは残念ながらシミをカバーできず、透けて見える結果となってしまいました。

【プチプラ】ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー

プチプラコンシーラー5商品の中で最もシミへのカバー力が高かったコンシーラーは、ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラーでした。

ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラーは韓国発のコスメで、シミへの高いカバー力がありながらも1本500円という安さが人気のコンシーラーです。

ハリツヤ研究員M「シミだけではなく、赤みやくすみも隠れ人形のような陶器肌になりました」

ただ、ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラーはシミへのカバー力は高かったものの、人形のような人工的に作った肌になったのでナチュラルメイクが好きな方には向いていないコンシーラーだといえます。

プチプラコンシーラー残り4商品の比較結果

プチプラコンシーラー4商品の比較画像をみると、ケイト スティックコンシーラーAはシミを自然に隠せているものの、残りの3商品はどれもシミがうっすら浮いて見えています。

ハリツヤ研究員M:「キスミー  フェルム ハイカバーコンシーラー、DHC Q10モイスチュアケア トリートメントリタッチEXキャンメイク、ケイト スティックコンシーラーAの3商品はのびが良く肌にフィットしている感覚があったけれど、キャンメイクカバーストレッチコンシーラーUVは肌になじまずコンシーラーが浮いてきてしまいました。」

今回紹介したプチプラ価格のコンシーラーはドラッグストアや薬局でお手軽に買えますが、保湿成分や美容成分の配合量が少ないものもあるため、購入する際はテスターで肌馴染みを試してから購入するといいでしょう。

カバー力をあげるコンシーラーの効果的な使い方

コンシーラーは色や種類だけではなく、使い方によってもシミへのカバー力が左右します。

コンシーラーの正しい使用手順や、シミをきれいに隠す塗り方などを使まとめたので実際にコンシーラーを使用するときの参考にしてみてくださいね。

コンシーラーの正しい使用順序

コンシーラーを使ってシミをキレイにカバーするには、メイク中にどのタイミングでコンシーラーを使用するかによって仕上がりが変わってきます。

メイクアップ化粧品は、油分の多い化粧品から塗り、油分が少なく粉っぽい化粧品を後に重ねていくのが基本で、油分が多く配合されている化粧品は、肌に密着してなじみやすく油分の上からだと粉っぽい化粧品も密着しやすくなるのです。

ですので、コンシーラーを使用するタイミングもファンデーションの油分量(種類)によって使用順序が変わってきます。

コンシーラーの使用順序をまとめたので、いつも使用しているファンデーションに合わせてコンシーラーを使用するタイミングを見極めましょう。

コンシーラーの使用手順

▼リキッド・クリームファンデーション(油分多め)を使う場合

下地 ⇒ (コントロールカラー) ⇒ ファンデーション ⇒ コンシーラー

▼パウダー・ルースファンデーション(油分少なめ)を使う場合

下地 ⇒ (コントロールカラー) ⇒ コンシーラー ⇒ パウダーファンデーション

※商品によっては使用順序が決まっているコンシーラーもあるので、その際には商品に記載された正しい使用順序を守ってください。

少量ずつこすらずに叩きこんでなじませる

コンシーラーは種類に関わらず、こすらずにポンポンと軽く叩いて気になるシミの部分になじませてください。

念入りに伸ばしたり、こすったりすると、なじませている間にメイクがよれてしまいます。

また、コンシーラーを使った時の失敗でよくあるのが、濃いシミを隠そうとして、コンシーラーをついつい多く使ってしまい、厚塗り感が出てしまうことです。

コンシーラーの量を調整しながら、少量ずつ何回かに分けて塗るようにすると厚塗り感がなく自然にシミをカバーすることができますよ。

シミを隠すコンシーラーにプラスしたい化粧品

化粧道具

上手くシミを隠すためのコンシーラーの使い方は上で紹介しましたが、コンシーラーを使用する時に一緒に使用すると、シミをよりきれいに隠せたりメイクが長持ちしたりする便利な化粧品があります。

以下でコンシーラーにプラスしたい化粧品について紹介するのでぜひ使ってみてくださいね。

フェイスパウダーでメイク崩れを防止

パウダーファンデ3個画像

メイクの最後にフェイスパウダーをつけることでコンシーラーが落ちにくくなります。

フェイスパウダーとは、化粧下地やファンデーションなどで作ったベースメイクの仕上げに使用するメイクアップ化粧品のことで、肌の油分を抑えてメイク崩れを防げるのが特徴です。

肌の油分を抑えてメイク崩れを防ぐことに加え、ツヤ感をプラスしたり、マット感を演出したりといった肌質コントロール効果や、UVカット効果のあるフェイスパウダーも販売されているで、自分の好みに合ったフェイスパウダーでメイクを仕上げてくださいね。

しかし、せっかくコンシーラーでシミを綺麗にカバーしても、フェイスパウダーをつけた時にムラになっていたり、厚塗りになっていたりしたら意味がないので、パフについたパウダーを馴染ませてから顔につけるようにし、余分なパウダーはブラシで落とすなど工夫をして使いましょう。

乾燥肌の人はコンシーラーに乳液をプラス

白いクリーム

乾燥肌で保湿力が物足りないと感じる場合や、秋・冬の乾燥する季節にコンシーラーが粉浮きしてしまったりする場合は、コンシーラーに乳液をプラスしましょう。

コンシーラーにほんの少し乳液(目安は1滴)を混ぜることで、のびが良くなり保湿力がアップしますよ。

注意点として、乳液が多いとコンシーラーが薄まりすぎてシミのカバー力がなくなってしまうことがあります。

また、乳液が多いと油分の量も増えてしまってメイクがくずれやすくなるので、乳液は入れすぎないようにしましょう。