鏡を見る女性
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

ニキビといえばクレアラシル、というほど有名なアメリカ発のニキビ対策ブランド「クレアラシル」。

1960年から日本で販売が開始され、CM展開やお手頃価格で手に入ることから10代の思春期ニキビのイメージが強いクレアラシルですが、大人ニキビに効果があるのか気になりますよね。

本記事では、クレアラシルの成分が大人ニキビ対策に不向きな理由と「オトナ肌対策薬用アクネジェル」の効果を説明します。

また、おすすめの大人ニキビ用スキンケア化粧品も紹介するので是非参考にしてみてくださいね。

クレアラシルは大人ニキビ対策には不向き

10代の思春期ニキビの頃にはクレアラシルがニキビ対策に効果的だった人も、肌のバリア機能が乱れて乾燥しがちな肌にできやすい大人ニキビにはクレアラシルは刺激が強く、より肌を乾燥させて大人ニキビを悪化させる恐れがあります。

大人ニキビを悪化させないためには、大人ニキビに効果的で、自分の肌に合ったスキンケア化粧品を使って大人ニキビの対策をしましょう。

クレアラシルは思春期ニキビ・脂性肌向き

おでこの吹き出物に悩まされている女性

現在クレアラシルから販売されている洗顔料は4商品あり、すべてに「サリチル酸」という殺菌成分が配合されています。

「サリチル酸」は角質層に溜まった古い角質や毛穴の角栓詰まりを溶かして肌を柔軟にし、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖を防ぐ効果があるので、皮脂の過剰分泌によってできる思春期ニキビや脂性肌の大人ニキビケアに効果があります。

ただ、「サリチル酸」は肌への刺激が非常に強く、皮脂を強力に取り除くため乾燥を招き、さらなる皮脂の過剰分泌につながる可能性があるので注意が必要です。

また、クレアラシルから販売されているニキビ治療薬クリームも「イオウ」という皮脂分泌を抑える成分や角質を柔らかくする「レゾルシン」といった殺菌成分が配合されています。

イオウもレゾルシンもどちらも肌に強い刺激を与える成分で、肌を乾燥させてしまうので、乾燥が原因で引き起こされる大人ニキビには向かない商品なのです。

思春期ニキビと大人ニキビは別物

頬に手をあてる女性のアップ画像

思春期ニキビは性ホルモンによる皮脂の過剰分泌が原因で、主に額や鼻、頬などTゾーンと呼ばれる皮脂分泌が多い部分にできやすいのが特徴です。

一方、大人ニキビはフェイスラインや口周りなどの乾燥しやすいUゾーンにできやすく、主な原因は肌の乾燥やストレス、生理前のホルモンバランスの変動などが挙げられます。

また、大人ニキビは食生活の乱れや不規則な生活習慣などによっても発生しやすく、自律神経が乱れることで肌のバリア機能が低下して大人ニキビなどの肌荒れを起こします。

乾燥やストレスなどで肌のバリア機能が低下すると肌は刺激に弱くなり、雑菌が繁殖しやすくなって大人ニキビができるので、低刺激で保湿力のあるスキンケア化粧品でやさしくケアして肌のバリア機能を正常に戻すことが重要です。

思春期ニキビと大人ニキビとではケア方法を変えてあげましょう。

▼大人ニキビと思春期ニキビの違いが詳しくわかる記事はこちら

クレアラシルでの大人ニキビケアは薬用アクネジェルを

クレアラシル オトナ肌アクネジェル

クレアラシルの製品は皮脂分泌を抑える成分が配合されているため思春期ニキビや脂性肌にできる大人ニキビに効果的ですが、「オトナ肌対策薬用アクネジェル」は大人ニキビ肌にも効果的な成分が配合されています。

「オトナ肌対策薬用アクネジェル」の配合成分からわかる大人ニキビへの効果を説明します。

オトナ肌対策薬用アクネジェルの成分

オトナ肌対策薬用アクネジェルには、抗炎症成分の「アラントイン」や殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール」という肌刺激の少ない成分が配合されており、大人ニキビの炎症を抑えて悪化を防ぐ効果があります。

大人ニキビが悪化したり、肌に異変を感じたりした場合は使用を控えて皮膚科などの専門医に相談しましょう。

オトナ肌対策薬用アクネジェルの使い方

オトナ肌対策薬用アクネジェルはさらっとしたゆるめのテクスチャーで、べたつきを気にすることなく使用できます。

使い方は適量を指に取り、大人ニキビのできている患部に塗布します。

クレアラシルの公式ホームページでは、メイクの前後にも使えると書かれていますが、ファンデーションなどのメイク用品の上から塗布するとメイク成分や雑菌が混ざって大人ニキビの悪化につながる可能性があるので、洗顔後の清潔な肌に使ってくださいね。

また、オトナ肌対策薬用アクネジェルは保湿成分があまり配合されていないので、オトナ肌対策薬用アクネジェルを大人ニキビに塗り込んだ後には、肌の乾燥を防ぐために保湿力の高い化粧水や乳液などでしっかり保湿してあげましょう。

大人ニキビには大人ニキビ用化粧品でスキンケアを

スキンケア化粧品ボトルがならんでいる様子

クレアラシルは思春期ニキビや脂性肌にできる大人ニキビに効果的なので、乾燥しがちな大人ニキビ肌には大人ニキビ用のスキンケア化粧品をおすすめします。

大人ニキビ用スキンケア化粧品の選び方を知って、自分の肌質に合った商品を選びましょう。

大人ニキビ用スキンケアはこう選ぶ!

大人ニキビの改善・予防に効果的なスキンケア化粧品のポイントは以下の4つです。

毛穴汚れをしっかり落とせる

女性が微笑む口元の写真

毛穴の皮脂汚れや角栓詰まりをしっかり洗い流すことで、大人ニキビの元である皮脂の詰まりを取り除きます。

肌に低刺激なやさしい成分で、皮脂を必要以上に取りすぎないクレンジング料や洗顔料は肌の乾燥を防いでくれるのでおすすめです。

高い保湿力

ウォータークラウン

大人ニキビは、皮脂腺が少なく比較的乾燥しやすいフェイスラインなどのUゾーンに発生します。

乾燥は肌のバリア機能が低下して大人ニキビの原因になるので、洗顔後は保湿力の高い化粧水で肌にたっぷりとうるおいを与えて、油分の少ない乳液や保湿ジェルなどでフタをして肌を乾燥から守りましょう。

保湿をすることで肌のバリア機能を回復させ、大人ニキビができにくい肌をつくります。

抗炎症成分配合

オーガニック画像

グリチルリチン酸ジカリウムなどの炎症を抑える成分は、今できている大人ニキビの悪化を防いで炎症を鎮める効果があります。

繰り返しできてしまう大人ニキビをケアしながら肌のバリア機能を整えましょう。

肌にやさしく低刺激

大人ニキビのできやすい肌はバリア機能が低下して刺激に弱くなっています。

アレルギーテスト済みのものや低刺激で肌にやさしい成分のスキンケア化粧品を使って肌をいたわりながら大人ニキビのケアを行いましょう。

おすすめ1.ルナメアAC

ルナメアACトライアルセット

ルナメアACの特徴

  • 毛穴の皮脂詰まりをやさしく除去してくれる「ファイバースクラブ」配合
  • 独自のナノ化技術「アクネシューター」が毛穴の油分になじんで集中的にケア
  • 植物由来の保湿成分が肌をやさしく保湿

洗顔料の「ファイバーフォーム」は、毛穴より細い糸状の繊維「ファイバースクラブ」が肌を傷付けずに毛穴の皮脂や角栓詰まりを絡め取って大人ニキビを防ぎます。

フジフィルムのルナメアACは、毛穴に入り込んだメイクも強くこすらずにすっきり洗えるクレンジングオイルから、肌にみずみずしいうるおいを与えるジェルクリームまでライン使いをすることで、肌のバリア機能を高めて大人ニキビをケアしてくれます。

また「ファイバーフォーム」はフランス産のクレイ配合で、肌に余分な皮脂や汚れだけを吸着して洗えるのでうるおいが残り、保湿成分も配合されているため大人ニキビができやすい肌の乾燥防止に効果的です。

グリチルレチン酸ステアリルやトコフェロール酢酸エステルといった低刺激な有効成分が肌の炎症を抑えながら修復を促し、うるおい成分が肌を乾燥から守ってくれるおすすめの大人ニキビ用スキンケア化粧品です。

おすすめ2.添加FDRアクネケア

ファンケル アクネケアたっぷりトライアルセット

無添加FDRアクネケアの特徴

  • 肌にダメージを与える成分を一切使わない無添加処方
  • ファンケル独自の「漢植物エキス」が肌のバリア機能を整える
  • 大人ニキビ跡の色素沈着をケアする成分配合

無添加FDRアクネケアラインは、肌のバリア機能が低下している大人ニキビ肌にダメージがないよう配慮して、殺菌剤や防腐剤などの添加物を一切配合せず、低刺激で肌にやさしい成分のみで作られています。

ファンケルの無添加FDRアクネケアラインは、洗顔クリーム・化粧液・ジェル乳液・エッセンスの4ステップで繰り返しできてしまう大人ニキビを断ち切ってくれます。

プルーン酵素エキスが古くなった角質層や角栓汚れを溶かして大人ニキビの元となる毛穴の詰まりを予防し、炎症を抑える甘草成分誘導体が今できている大人ニキビに働きかけるなど、無添加FDRアクネケアライン全体で大人ニキビができにくい肌状態に導くスキンケア化粧品です。

自分の肌質・体質にあった大人ニキビ対策を!

思春期ニキビと大人ニキビで発生原因が変わるように、肌質や体質によっても大人ニキビの対策は変わります。

大人ニキビをケアするためのはずが逆効果に、なんてことにならないように今一度スキンケア方法や生活習慣などを見直して、自分の肌質・体質に合った大人ニキビ対策を行いましょう。