ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

他の人と比べると、私って大人ニキビができやすい気がする…と考える人はいるかもしれませんが、体質改善で内側から肌環境を整えれば、大人ニキビができにくい肌を目指すことができます。

繰り返す大人ニキビで悩まないためにも、今すぐにできる体質改善の方法を知り、大人ニキビが気にならない素肌を作りましょう。

大人ニキビができやすい体質とは

大人ニキビができやすい人とできにくい人の違いに、大きく関係しているのが「体質の差」です。

大人ニキビは、肌表面の古い角質や皮脂が混ざり合ってできる「角栓」が詰まった毛穴の中に、大人ニキビの原因菌である「アクネ菌」が繁殖することで発生します。

そのため大人ニキビができやすい人は、できにくい人に比べて「皮脂の分泌が多い」、「角質が毛穴に詰まりやすい」といった肌の体質があることが考えられるのです。

つまり、大人ニキビができやすくなる「皮脂の過剰分泌」や「毛穴の詰まりやすさ」といった体質を改善することによって、大人ニキビができにくい肌環境へと整えられるといえるでしょう。

大人ニキビができやすい体質は改善できる!

指を指している笑顔の女性お

大人ニキビができやすい体質は遺伝によるところもありますが、日々の生活習慣が大きく関係しているため、生活習慣を見直していけば大人ニキビを作りにくい体質を目指すことができます。

大人ニキビができやすい体質の特徴は、皮脂の分泌量が多いことと、毛穴に皮脂汚れや角栓が詰まりやすいことの2つ。

皮脂の分泌量が多い体質に関しては、ストレスや生理周期によりホルモンバランスが乱れてしまい、皮脂を多く分泌する男性ホルモンの量が多くなることが原因のひとつとして考えられます。

また、ホルモンバランスの乱れだけではなく、油分の多い食生活を続けたりするのも皮脂の過剰分泌の原因になるため、食生活を正して栄養バランスの良い食事をすることも大人ニキビができやすい体質を改善するきっかけになるでしょう。

また、大人ニキビを作りやすくする毛穴詰まりを引き起こしやすくする体質の大きな原因は「肌のターンオーバーの乱れ」。

肌のターンオーバーとは、肌内部にある新しい角質が肌表面の古い角質を押し上げ、新しい肌に生まれ変わることで、健康的な20代の肌だと約28日周期、年齢や肌質によっては約28日~約56日で肌の表面が生まれ変わっています。

肌のターンオーバーの周期が乱れてしまうと古い角質がいつまでも肌の表面に残って毛穴を塞いでしまうため、毛穴の内部に大人ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖し、大人ニキビをできやすくしてしまうのです。

毛穴の詰まりを引き起こす肌のターンオーバーの乱れや、皮脂の過剰分泌を引き起こすホルモンバランスの乱れは、日々の生活習慣が大きく関係しているため、自分自身の生活スタイルを見直せば大人ニキビができやすい体質を改善に近づけることができます。

大人ニキビができやすいから・・・とスキンケアを諦めるのではなく、日々の生活を見直すことで身体の内側から大人ニキビを予防する体質改善を始めましょう。

大人ニキビができにくくなる体質改善の方法4つ

大人ニキビができやすい体質は、皮脂を過剰に分泌するホルモンバランスの乱れや食生活、また毛穴詰まりを引き起こしやすくする肌のターンオーバーの乱れが原因。

ホルモンバランスや肌のターンオーバーの乱れは、生活習慣を見直すことで改善が可能なので、今からでも大人ニキビができにくい体質へと改善できるといえますよ。

大人ニキビができにくい体質を目指せる4つの方法を紹介するので、毎日の生活習慣を見直して、大人ニキビができにくい体質を目指しましょう 

【その1】良質な睡眠

寝る女性

大人ニキビができやすい体質を改善する1つめの方法は、良質な睡眠をとること。

睡眠中に多く分泌される「成長ホルモン」は、肌表面の古い角質を垢として押し出して、新しい細胞に入れ替える「肌のターンオーバー」を促進させるホルモンです。

しかし成長ホルモンが減少して肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が肌の表面に残って毛穴を詰まりやすくさせてしまいます。

また寝不足自体のストレスで、心身のコントロールをしてくれる「自律神経」が乱れると、男性ホルモンが多く分泌されるため、皮脂が過剰に分泌され、毛穴に詰まって大人ニキビを発生させてしまいます。

良質な睡眠をとるには長さではなく、いかにリラックスして深く眠れるかという「質」が大事なので、以下に紹介する3つのコツを実践して良質な睡眠を心がけ、大人ニキビができにくい体質へと改善を目指しましょう。

大人ニキビを作らない良質な睡眠をとる3つのコツ

  • 夜22時から2時の間に眠る
    ターンオーバーを促進させる成長ホルモンが多く分泌される時間帯である夜22時から2時の間に睡眠をとることで、良質な睡眠が得られます。

 

  • 食事は3時間前までに終わらせる
    睡眠の直前に食事をすると、食べ物を消化しようと胃や腸が活発に活動して、眠りが浅くなってしまうため、睡眠の3時間前までに食事を済ませるようにしてください。

 

  • 寝る前にスマートフォンやPCの画面を見ない
    スマートフォンやPCの画面から発するブルーライトの光は睡眠中のホルモンのバランスを乱し、良質な睡眠を妨げるため、寝る直前に見るのは控えるのがおすすめです。

【その2】栄養バランスの良い食事

大人ニキビができやすい体質を改善する2つめの方法は、栄養バランスがいい食事をとることです。

忙しいからといって、簡単に作れるインスタント食品やファストフードばかりたべていると、栄養バランスが偏ってしまい大人ニキビを作りやすい体質に陥る原因にもなりかねません。

大人ニキビを作りやすくする食べ物や栄養素はなるべく避けて、大人ニキビをできにくくする食べ物を積極的に取り入れることで、身体の内側から大人ニキビをつくらない体質の改善を目指しましょう。

体質改善のために避けたい食べ物や栄養素

皮脂の過剰分泌につながる食べ物

カップラーメンや動物性の脂質など油っぽい食べ物は、体内で皮脂の主な成分になるため、大人ニキビができる要因の一つ「皮脂の過剰分泌」につながってしまいます。

他にも香辛料などの刺激物やアルコールは皮脂を分泌する体の皮脂腺を刺激して、大人ニキビができやすい体質につながるので、過剰な摂取は控えましょう。

皮脂の過剰分泌につながる食べ物

  • 肉などの動物性脂質
  • 揚げ物
  • インスタント食品
  • 辛い食べ物
  • お酒
糖分が多い食べ物

体は糖分を消化する時に大量の「ビタミンB2」を使いますが、ビタミンB2は皮脂の分泌を適切にコントロールする働きを持っています。糖分が多い食べ物

糖分を摂りすぎると、ビタミンB2が不足して皮脂が過剰に分泌されるため、大人ニキビができやすくなってしまうのです。

大人ニキビができやすい体質の方は、糖分を多く含む甘いデザートや炭水化物を摂りすぎていないか日頃の食事を見直してみてください。

急に甘いものを全てやめるのはストレスになって、大人ニキビを発生させる原因になります。

少しずつお菓子や炭水化物の量を減らしたり、お菓子の代わりに糖分が少ないフルーツを食べたりするなどして糖分の摂取を控えてみましょう。

積極的に取り入れたい食べ物や栄養素

ビタミンB群

ビタミンの中でも大人ニキビができやすい体質の方に摂ってもらいたい栄養素が「ビタミンB群」です。

ビタミンB群の中でも「ビタミンB2」は皮脂の分泌を調整する役割があるため、大人ニキビの原因になる過剰な皮脂の分泌を防いでくれます。

また「ビタミンB6」は肌のターンオーバーを正常にさせて、古い角質が毛穴に詰まるのを防ぐ効果があります。

大人ニキビができにくい体質を目指すためにも、ビタミンB群が豊富な食材を意識的に取り入れてみましょう。

ビタミンB2、B6を多く含む食品

  • ビタミンB2
    レバー、卵、納豆、うなぎ、チーズ
  • ビタミンB6
    鶏肉、レバー、マグロ、カツオ、バナナ、じゃがいも
食物繊維

食物繊維が豊富な野菜などは、便秘によってできる大人ニキビを防ぐのに効果的な食べ物です。

便秘になると、食べ物など老廃物から発生した有害なガスが血流にのって細胞に溜まり、肌のターンオーバーを乱すため、毛穴を詰まらせやすくする可能性があります。

また便秘自体のストレスがホルモンバランスを乱して、皮脂の過剰分泌を引き起こして大人ニキビを作る可能性もあります。

つまり、便秘になりやすい人は大人ニキビもできやすい体質につながるのです。

大人ニキビができやすい体質の改善を目指すためにも、便秘を予防・解消する食物繊維が豊富な食材を取り入れましょう。

食物繊維を多く含む食品

  • サツマイモ
  • こんにゃく
  • 野菜
  • 豆類
  • 海藻類
  • きのこ
  • 果物

【その3】適度な運動

大人ニキビができやすい体質を改善する3つめの方法は、適度な運動をすることです。

肌のターンオーバーを促進してくれる「成長ホルモン」は寝ている時だけでなく、運動をしている時も分泌されるため、肌のターンオーバーによって新しい細胞が古い角質と入れ替わり、毛穴が詰まるのを防いでくれます。

また運動をして体の血行が良くなることで細胞に栄養が行き渡り、正常な肌のターンオーバーにつながります。

おすすめの運動

  • 血行を促進させるのに効果的な有酸素運動
    ジョギング、水泳、ヨガ
  • 成長ホルモンの分泌を促す無酸素運動
    筋力トレーニング

運動をする時間がない人や運動が苦手な人は、階段を使ったり家の掃除をしたりと、普段の生活の中でできる運動から少しずつ始めてみるのもおすすめですよ。

【その4】ストレスを溜めない

大人ニキビができやすい体質を改善する4つめの方法は、ストレスを溜めないことです。

人はストレスを感じると、男性ホルモンの分泌を促す「交感神経」が優位に働き、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうため、大人ニキビを作りやすくする体質へと繋がります。

男性ホルモンが増えると皮脂を過剰に分泌するだけではなく、肌表面を固くして毛穴を詰まらせることでも大人ニキビを作るので、交感神経を働かせる原因になるストレスを溜め込まないように、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

おすすめのストレス解消法

  • ゆっくりお風呂に入る
  • 大声を出す
  • 適度な運動をする
  • 笑顔になる
  • 思いっきり泣く
  • 深い呼吸をする
  • 音楽を聴く

大人ニキビの体質改善を外からサポートするには

大人ニキビを作りにくくする体質を目指すために、生活習慣を変えることはできても効果を実感するまでには時間がかかるもの。

そんな時には大人ニキビをできにくくする体質改善の手助けをしてくれる外からのアプローチを取り入れてみましょう。

 美容鍼|自律神経やホルモンバランスを整える

美容鍼を受けている女性

美容鍼(美容鍼灸)とは、顔や頭部に鍼(ハリ)を刺して刺激を与え、血流の改善や肌の新陳代謝を促進するなど、内部からのアプローチで体質を改善する方法です。

肌内部の血行が良くなったり、新陳代謝が活発になると、肌のターンオーバーが正常に行われるため大人ニキビができにくくなります。

また自律神経のバランスを整える効果も期待されるため、ストレスからできる大人ニキビも予防してくれますね。

美容鍼で体質改善にアプローチするメリット

  • しみ、しわ、大人ニキビなど様々な肌トラブルに効果的
  • アレルギーや副作用がない
  • 即効性がある

美容鍼で体質改善にアプローチするデメリット

  • 施術を継続しないと効果が持たない
  • 内出血する場合もある

漢方治療|大人ニキビの原因にアプローチ

漢方の画像

漢方治療とは病気の根本的な原因や体質を改善していく目的で使われる、自然界にある生薬を複数組み合わせて作られた漢方薬を使った治療法です。

病院に行って医師に処方してもらう場合、大人ニキビで悩む方でも、便秘もある場合は胃腸の働きを整える漢方を処方されたり、血の巡りが悪い冷え性などの場合は血行を良くする漢方を処方されたりします。

漢方は長期的に服用することが必要になりますが、副作用が少なく、大人ニキビの根本的な原因や体質の改善に効果的なので、ぜひ取り入れてみてください。

体質を改善して大人ニキビに悩まない肌作りを

大人ニキビができやすいという方はまず日々の生活習慣を見直してみて、良くない習慣を治していきましょう。

すぐに体質を改善することは難しいかもしれませんが、大人ニキビに悩まない肌を手に入れるためには続けることが大切です。

体質改善をして、大人ニキビに負けないきれいな肌を作りましょう。