笑顔で手鏡を見る女性の画像
おおくまプロフィール

シワの悩みを解決するプロフェッショナル

おおくま 直

大人ニキビができるとそれだけで憂鬱な気分になってしまいますが、思い返すといつも生理前に大人ニキビが現れている、という方もいるのではないでしょうか。

生理前にできる大人ニキビは、生理周期によるホルモンバランスの変動と深い関係があるのです。

本記事では、大人ニキビが生理前の約14日間にあたる黄体期にできる理由に基づいて、スキンケア化粧品の選び方やスキンケア以外の大人ニキビ対策を紹介します。

自分の生理周期を把握して大人ニキビを予防しましょう。

生理前に大人ニキビができやすい理由

肌を気にする女性の写真

生理前になると毎回大人ニキビができてしまうという人は、生理周期のホルモンバランスの変化が原因の可能性があります。

女性ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)と美肌ホルモンと呼ばれる卵胞ホルモン(エストロゲン)があり、生理周期は7日ごとに生理中である「月経期」、生理後の「卵胞期」、排卵日後の「排卵期」、生理前の「黄体期」に分けられます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は生理が始まる月経期の14日前である排卵期から徐々に分泌が増え、生理7日前の黄体期には卵胞ホルモン(エストロゲン)よりも黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が優位になって肌の皮脂分泌を活発にさせるのです。

生理前の大人ニキビは、排卵期と黄体期に黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増加して肌の皮脂分泌が活発になることで、毛穴に皮脂を詰まりやすくし炎症を起こしてしまうのが原因です。

また黄体期は肌のバリア機能も低下して肌の水分量も少ないため乾燥しやすく、肌が刺激を受けやすい時期でもあります。

普段はすわりのよいスキンケア方法やメイクでも、敏感になった肌はスキンケア化粧品やメイクに含まれる油分などの刺激成分の影響を受けて肌荒れを起こしてしまいます。

さらに、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)などによるストレスが体内の活性酸素や男性ホルモンを増加させて肌の角質層を硬くしたり、皮脂分泌を過剰にしたりすることも原因のひとつです。

大人ニキビ予防にはスキンケア化粧品の使い分けを

生理前は女性ホルモンの変動によって肌の皮脂や水分バランスが変化します。

生理周期による肌の状態に合わせてスキンケア化粧品を使い分け、肌を保湿してバリア機能を守ってあげましょう。

大人ニキビは黄体期に注意!

ポイント点を語る女性の画像

女性は生理周期のホルモンバランスの変化によって肌状態が変わりやすくなります。

生理直後の卵胞期は美肌ホルモンと呼ばれる卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が増えて肌状態が最も良い時期ですが、排卵期と黄体期は高温期とも呼ばれ、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増加して肌の皮脂分泌が過剰になります。

大人ニキビは黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増える生理開始14日前の排卵期から徐々にできやすくなり、特に生理7日前の黄体期には肌のバリア機能も低下していて刺激に弱く、肌も乾燥しがちです。

そのため、メイクや紫外線などが与える肌ストレスにも注意が必要です。

ファンデーションなどのメイク用品やスキンケア化粧品は低刺激なものにするなど、肌になるべく負担がかからないようにしましょう。

また、黄体ホルモン(プロゲステロン)は腸の収縮運動を抑えるので便秘になりやすく、体に不必要な老廃物を体内に溜め込みやすくします。

黄体期は代謝が下がって水分も溜め込むためむくみが出たり、血行が悪くなったりするのでリンパマッサージや入浴、適度な運動などを行って体内を循環させましょう。

生理周期にあわせたスキンケア化粧品の選び方

内容成分を読んでいる女性

生理前7日間の黄体期は黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で肌の皮脂分泌が増え、肌のバリア機能も低下しています。

そのため黄体期に使用するスキンケア化粧品は、肌にやさしい成分を配合した低刺激のものや炎症を抑える作用のある有効成分が配合されているものなどを選ぶと、大人ニキビを予防することができます。

また、油分が少なめの乳液や保湿ジェルを使うなど、ノンコメドジェニック処方やオイルフリーのスキンケア化粧品も効果的です。

洗顔はたっぷりの泡で肌を刺激せずやさしく洗うなどして肌をいたわり、水分と油分のバランスをスキンケア化粧品でしっかり補って肌を保湿してあげましょう。

生理前の黄体期におすすめのスキンケアライン

ファンケル 無添加FDRアクネケアライン

ファンケルFDRシリーズ

 

ファンケル 無添加FDRアクネケアラインの商品一覧

  • アクネケア洗顔クリーム 90g 1,512円
  • アクネケア化粧液 30ml 1,620円
  • アクネケアジェル乳液 18g 1,620円
  • アクネケアエッセンス 8g 1,944円

ファンケルのアクネケアラインは、防腐剤・安定剤・香料を使用しない無添加化粧品で肌ストレスを軽減しているので、バリア機能が低下している生理前の肌にも低刺激で安心です。

古くなった角質や角栓詰まりを溶かす作用のあるプルーン酵素エキスが洗顔クリーム・化粧液・ジェル乳液・エッセンス全てに配合されており、肌の角質層を柔らかくして毛穴に大人ニキビの元となる角栓汚れや皮脂が詰まりにくい状態にしてくれます。

また、肌のバリア機能を高める3つの生薬を配合しているので敏感な生理前の肌状態を改善する効果があります。

スキンケア以外も!生理前の大人ニキビ対策はできる

生理前の大人ニキビはスキンケア以外でも予防することができます。

体内から大人ニキビ予防に効果的な成分を摂って、生理前のストレスを減らしましょう。

自分の生理周期を把握する

カレンダーにしるしをつけているところ

生理周期を把握すると、次の生理日や排卵日などが分かるようになり、時期による不調も対策しやすく、健康管理にも繋がります。

生理周期を計算して生理前の大人ニキビ対策をしましょう。

生理周期の計算方法

生理開始日を1日目とし、次の生理開始日の前日までが一つの周期で、その間の日数を生理周期といいます。

直近3か月分の生理開始日が分かれば生理周期の平均値が計算できます。

生理周期の計算例

1月1日が生理の1日目だとして、次の生理開始日が2月1日ならば生理周期は31日。

さらにその次の生理開始日が3月1日ならば、生理周期は28日。

平均すると29.5日。

3か月以上のデータがあれば、もっと正確な生理周期を割り出すことができます。

思春期以降では一般的に生理周期は安定しており、生理周期の目安は25日~38日です。

生理周期ごとの誤差は6日以内が正常といえるので、短すぎたり長すぎたりした場合は婦人科を受診して相談しましょう。

また生理周期が安定していても、生理前の大人ニキビや不調、生理痛が酷いなどの症状がある場合はホルモンバランスの乱れに影響を受けている可能性が高いので、低用量ピルの服用といったホルモン治療は大人ニキビをはじめ体調の改善に効果的です。

低用量ピルは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)のバランスを整えて過剰な皮脂分泌を抑えるので、大人ニキビの治療にも使用されています。

保険適用が国から認められておらず自己負担になりますが、皮膚科や美容皮膚科でも処方されるので専門医に相談してみましょう。

サプリやビタミンで有効成分を摂取する

サプリメントのイメージ画像

ビタミンB群やビタミンCなどのビタミン類は肌が新しく生まれ変わるターンオーバーを促進したり皮脂の分泌を調整したりするなど大人ニキビの発症を予防してくれる働きがあります。

食事で体に必要な栄養素を摂取することはもちろん理想的ですが、毎日の食事だけでは難しい場合はサプリメントでの栄養補助も効果的です。

大人ニキビや肌荒れの改善を補助するサプリメント、またビタミンなどの栄養素に特化したサプリメントを利用して肌に不足しがちな有効成分を摂取しましょう。

漢方の力で身体の内側からニキビケア

漢方は数種類の生薬を組み合わせたもので、漢方でのニキビ治療は今ある大人ニキビの炎症だけでなく体の内側から体質改善することで大人ニキビの発生原因を根本から治療します。

大人ニキビの色や炎症の度合い、体質などから選ぶ漢方は変わりますが、炎症を抑えたり血行を促進したりストレスを緩和したり、ひとつの漢方から複数の効果を得られるので大人ニキビの原因への的確なアプローチが可能です。

大人ニキビに効く漢方は塗り薬などの外用薬と違って効果が現れるのは遅めですが、外用薬に含まれる抗生物質が漢方には入っていないので体への負担が少なく、大人ニキビができやすい体質自体を改善できて大人ニキビの発症を繰り返さなくなります。

また、漢方は体質改善が見込まれることから大人ニキビ以外に抱えていた体の不調も改善されることがあるのでおすすめです。

漢方は市販で販売されているほか、皮膚科でも処方できるので医師に相談して、自分の体質やニキビの状態に合った漢方を処方してもらいましょう。

大人ニキビに効果のある漢方薬の例

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
     体力があまりなく、足腰が冷えやすい、むくみやすい人のニキビに効果がある
  • 温経湯(うんけいとう)
     体力があまりなく、貧血気味や生理不順、肌が乾燥しやすい人のニキビに効果がある
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん) 
    体力があまりなく、生理前にイライラやストレスを感じやすい人のニキビに効果がある
  • 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう) 
    体力があり、脂性肌で肌の色が浅黒い人のニキビに効果がある
  • 桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)
     比較的体力があり、フェイスラインやおでこにニキビができやすい人に効果がある

バランスの良い食事と睡眠で身体を整える

生理前の時期はホルモンバランスの変動で免疫力が低下しやすく、体調変化が現れやすい時期でもあります。

免疫力を高めて大人ニキビを予防できるように、バランスのいい食事や質のいい睡眠など、規則正しい生活を心がけましょう。

大人ニキビ予防に積極的に摂ると良い栄養素はビタミンCやビタミンB群、ビタミンEなどのビタミン類をはじめ、亜鉛などのミネラルやタンパク質、食物繊維などがあります。

また、納豆や豆乳などの大豆製品はイソフラボンを多く含み、卵胞ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするので卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少する生理前にはおすすめです。

質のいい睡眠は、自律神経を整えて免疫力を高めてくれるほか、入眠後3時間は成長ホルモンが分泌されて肌の修復などを行ってくれるので、しっかり熟睡して体を休息させましょう。