白いクリーム
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

大人の女性を悩ませる「大人ニキビ」は、生活習慣やストレスなど様々な原因が絡み合ってできてしまうので、改善するのが大変です。
「突然大人ニキビができてしまいどう対処すればいいかわからない」、「メイクをしても隠し切れず自信をもって人前に出られない」と困っている方も多いはず。

そんな「大人ニキビ」で困っている方に注目してもらいたいものが「乳液」です。
乳液には保湿だけではない、大人ニキビの改善に効果的な役割もあるのです。
本記事では大人ニキビの改善に、乳液は「どんな効果があるのか」、「なぜ使うのか」を解説し、「乳液の選び方」と「大人ニキビに効果がある商品4つ」を紹介します。

 大人ニキビに「乳液」は必要?乳液を使う理由とは

鏡を見て肌を気にする女性

大人ニキビが気にならない肌を目指す人に乳液の使用をすすめるのには、乳液が肌の保湿を守る「皮脂膜」の代わりをするから、という理由があります。

スキンケアの際にクレンジングや洗顔をすると、肌内部の水分蒸発や、紫外線や摩擦などの外部刺激から肌を守る「皮脂膜」という油分の膜が洗い流されてしまいます。

スキンケア後に皮脂膜が洗い流されて肌が乾燥してしまうと、肌はいつも以上に皮脂を過剰に分泌するため、毛穴に皮脂が詰まりやすくなって大人ニキビができやすい肌になってしまうのです。

大人ニキビが繰り返しできて悩んでいるという人は、普段のスキンケアに大人ニキビに効果的な乳液をぜひ取り入れてください。

保湿クリームと乳液って何が違うの?

乾燥を防ぐなら乳液ではなく保湿クリームでもいいの?と思う人もいるかもしれませんが、乳液と保湿クリームでは役割が少し違います。

乳液と保湿クリームを比較すると違いはないようにも見えますが、保湿クリームの方が乳液よりも油性成分が多く含まれているのが大きな違い。

保湿クリームには油分量が多いことから、「水分を閉じ込めて乾燥を防ぐ働き」があり、油性成分を抑えて水溶性成分が多い乳液には「水分や栄養成分を与えて潤す働き」があります。

大人ニキビは乾燥による皮脂(油分)の過剰分泌が主な原因のため、油分量の多い保湿クリームを使用すると大人ニキビができる原因の1つになりかねません。

人それぞれの肌状態にもよりますが、大人ニキビに効果的な保湿クリームを使っても、良くなる気配がなかった…という人は、乳液を使用するのがいいでしょう。

乳液をつけると大人ニキビができる噂は本当?

疑問に思う女性

twitterなどのSNS上では、スキンケアに乳液を使うと大人ニキビができやすくなるから乳液は使用しないほうがいい、という口コミが時々見られます。

乳液が大人ニキビの原因になる、というこの情報は全員に当てはまる正しい情報とはいえないので、そのまま信じて乳液を使わない、と間違ったスキンケアにならないように注意してください。

乳液によって大人ニキビができてしまったときには、乳液の選び方や使い方が原因の可能性があるため、乳液そのものが原因とは言い切れません。

乳液を使って大人ニキビができた場合に見直したい、間違った乳液選びや乳液の使用方法について説明していきます。

油分量の多い乳液で大人ニキビができる「脂性肌」

肌のテカリやべたつきが気になる脂性肌(オイリー肌)タイプは、油分量の多いこってりしたテクスチャーの乳液をつけると大人ニキビができやすい人が多いです。

乳液には油分があり、肌の乾燥を防ぐ働きをしますが、脂性肌の方は元から「皮脂」が多いため、乳液をつけると油分が多すぎる状態になり、毛穴に油分が詰まって大人ニキビが発生してしまいます。

脂性肌の人は、油分の量がなるべく少なめの乳液を選ぶようにしてください。

乳液に含まれる成分で大人ニキビができる「敏感肌」

肌が外部からの刺激に弱い敏感肌や乾燥肌の人は、肌への負担が大きい成分を配合している乳液を選ぶと大人ニキビなどの肌トラブルに繋がる可能性があります。

敏感肌や乾燥肌の人が乳液を選ぶときには、アルコールフリーや合成香料フリーなど、肌に刺激を与えやすい添加物を含まない、肌にやさしい乳液を選んでくださいね。

乳液だけで油分が足りず乾燥する「乾燥肌」

乳液は保湿クリームと比べると油分の量が少ないため、肌を保湿する皮脂膜が極端に足りない乾燥肌の人だと、乳液だけでは水分を閉じ込める役割が十分にできていない可能性があります。

肌が乾燥すると皮脂を過剰に出そうとして毛穴に皮脂を詰まらせ、大人ニキビを作りかねないため、乾燥肌の人が乳液を選ぶときには油分が多めの乳液を選ぶか、もしくは乳液のあとに保湿クリームを重ね付けするようにしましょう。

自分にあった乳液の選び方をわかりやすく解説

棚に並べられたスキンケア化粧品たち

スキンケア化粧品を買うときに、インターネットの口コミなどで人気が高いものを「とりあえず」買っていませんか?

口コミの人気が高いからといって大人ニキビに効果的な成分が入っているとは限りませんし、肌の状態によっては逆に大人ニキビを悪化させる成分が入っている可能性もあります。

ここからは大人ニキビの改善に有効的な成分や、刺激を与えてしまう成分などを紹介して、自分の肌にあった乳液を選ぶポイントを解説します。

大人ニキビに効果的な成分が入った乳液を選ぶ

乳液と手

さまざまなメーカーから似たような乳液が販売されているので、どの商品が自分自身の肌に合うのか分からなくて選べない…という人もいるのではないでしょうか。
大人ニキビの悩みに効果的な成分を知っておけば、自分の肌に使いやすい乳液を選ぶきっかけになります。

抗炎症作用のある成分

抗炎症作用をもった成分は、できてしまった大人ニキビの炎症を抑え、赤みやかゆみ、痛みを抑えてくれます。

【主な抗炎症成分】

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)、トコフェノール、トラネキサム酸など

大人ニキビの赤みやかゆみを「早く炎症を治したい」、「これ以上悪化させたくない」という方はグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)、トコフェノール、トラネキサム酸の成分が乳液に入っているかを確認してみてください。

皮脂分泌の抑制や調整をする成分

皮脂分泌を抑制・調整する成分は、多く分泌された皮脂が毛穴に詰まり大人ニキビの原因になることを防ぎます。

【主な皮脂分泌抑制・調整成分】

ビタミンC誘導体、パンテノールなど

ビタミンC誘導体とは、壊れやすく肌に浸透しづらい成分である「ビタミンC」を肌にしっかり届けることができるように人工的に改良した成分です。

ビタミンC誘導体やパンテノールが配合された乳液は皮脂の過剰分泌を抑えて、毛穴の詰まりを防ぐ効果が期待されるため、肌のテカリやべたつきがある脂性肌(オイリー肌)の人に注目してもらいたい成分です。

殺菌作用をもつ成分

殺菌作用をもつ成分は、大人ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖を防ぎます。

【主な殺菌作用成分】

サリチル酸、オウバクエキスなど

大人ニキビが形成されてしまうのは、肌の毛穴が詰まり、内部で「アクネ菌」と呼ばれる原因菌が増殖するためです。サリチル酸やオウバクエキスなどの抗菌作用は「アクネ菌」が増えるのを防ぐため、大人ニキビを予防したい場合におすすめの成分ですが、肌に刺激を与える可能性もあるため敏感肌の方はサンプルを試してみてください。

細胞の新陳代謝を促す成分

細胞の新陳代謝を促す成分は、大人ニキビの跡や色素沈着の改善や予防をします。

【主な新陳代謝促進成分】

ビタミンC誘導体、アラントインなど

ビタミンCの「コラーゲンの生成を促す作用」と「強い抗酸化作用」や、アラントインの「細胞の修復を助ける作用」は肌にできた大人ニキビの傷跡を改善させることが期待されます。

できてしまった大人ニキビの跡を消したいという方はビタミンC誘導体、アラントインの成分に注目して乳液を選んでみてください。

大人ニキビに刺激を与える成分が入った乳液は避ける

STOP標識と青空の画像

大人ニキビの悩みが気にならない素肌を目指すなら、大人ニキビに効果的な成分が配合されたスキンケア化粧品を選ぶだけでなく、悪影響がある成分が配合されたスキンケア化粧品を避けるのも重要。

大人ニキビにとって良くない成分を与え続けることにより、炎症が治まるのが遅くなると、ニキビ跡が残ってしまう可能性もあります。

大人ニキビに悪い影響を与えかねない成分を紹介していくので、乳液を選ぶときの参考にしてくださいね。

エタノール(アルコール)

化粧品によく使われているアルコール成分の「エタノール」は、殺菌作用や防腐効果からニキビの原因菌「アクネ菌」の繁殖を防いだり、商品を長持ちさせたりするために使用されます。

他にも毛穴を引き締めたり、すっきりとした使い心地を与えたりと多くのメリットがある一方で、殺菌力が肌にダメージとなる可能性も。

大人ニキビができている場合には、エタノールが入っていない乳液や、成分表の上位にエタノールと記載されていない乳液を選ぶようにしましょう。

合成界面活性剤

合成界面活性剤はスキンケア商品や化粧品、シャンプー、台所用洗剤などさまざまな商品に使われる洗浄成分。

乳液などのスキンケア商品に使われる主な理由は、「水と油を混ぜあわせて分離しないようにする働き」と「成分を肌になじませやすくする働き」があるためです。

しかし合成界面活性剤は必要以上に肌の油分を落としてしまい、肌の乾燥を引き起こしたり、肌のバリア機能が低下したりする可能性があります。

肌のバリア機能が低下すると敏感肌になってしまったり、大人ニキビなどの肌トラブルを引き起こしたりする原因になるため、大人ニキビに悩んでいるなら合成界面活性剤の入った乳液はなるべく避けましょう。

保湿効果が高い乳液を選ぶ

クリームと女性の手

大人ニキビを悪化させたり、発生させたりしないために重要なのは「肌の乾燥を防ぐこと」です。

乾燥することで肌のバリア機能が低下し、肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まり、大人ニキビができてしまいます。

バリア機能の低下は刺激に弱い敏感肌にもなりやすくなるので、保湿が重要になってきます。

大人ニキビに効果的な乳液を選ぶときにおすすめしたい保湿成分

  • セラミド(特にヒト型セラミドと呼ばれる「セラミド1」などと後ろに数字がついたもの)
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • グリセリン

特にセラミド(ヒト型セラミド)とヒアルロン酸は、高い保湿効果が期待されるため、乾燥が気になる大人ニキビの方におすすめの成分です。

ノンコメドジェニック化粧品を選ぶ

指をさす女性

「ノンコメドジェニック」とはニキビができやすくなる成分を含まない商品につけられる表記なので、大人ニキビ対策に効果的な乳液を選ぶときに知っておくと便利です。

「ノンコメドジェニック処方」という表記はニキビができやすい成分を含んでいないという意味で、「ノンコメドジェニックテスト済み」という表記はニキビができやすい成分を含んでいないだけでなく、人の肌に使ってニキビの元であるコメドができるかどうかの試験もクリアした商品に付けられます。

大人ニキビが繰り返しできやすい人が乳液を選ぶときには「ノンコメドジェニック処方」よりも「ノンコメドジェニックテスト済み」の表記がある乳液を選ぶのがおすすめです。

大人ニキビを改善するのにおすすめの乳液4選

大人ニキビを改善するために「乳液」を使ってみたいという方に、おすすめの商品4つをご紹介します。

【敏感肌向け】刺激が少ない乳液

資生堂 dプログラム アクネケア エマルジョンR
100ml 通常価格:4,104円(税込)

dプログラム アクネケア エマルジョンR

【dプログラム アクネケア エマルジョンRの特徴】

  • 「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸ジカリウム」が大人ニキビの炎症を抑制
  • 大人ニキビの傷跡ケアに効果的な「アラントイン」を配合
  • 低刺激設定で肌への刺激が少ない

敏感肌のことを考えた肌に負担をかけないケア商品を提供するdプログラムの「アクネケア エマルジョンR」は優しく大人ニキビを改善し、荒れにくい肌をはぐくむ乳液です。

アクネケア エマルジョンRには大人ニキビに効果がある成分として「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されており、大人ニキビの炎症を抑えてくれる効果があります。

また「ノンコメドジェニックテスト済み」の商品で、ニキビの元である「コメド」ができやすい成分が入っていません。

dプログラム独自のなめらかエアリーミルク処方が乾燥を防ぎ、肌のうるおいを長時間持続させます。

今ならアクネケア エマルジョンRが入った「dプログラム アクネケアセットWR」が送料無料1,512円(税込)で試せます。

敏感肌の方は自分の肌にあっているかどうか、ぜひトライアルセットでチェックしてみてください。

dプログラム アクネケア エマルジョンRの口コミ

  • 敏感肌の私でもピリピリせずに使えます。
  • 夏でもべたべたせず、乳液が苦手の私でも使えます。
  • 乾燥しやすい時期はクリームを塗らないと乾燥する。

【乾燥肌向け】保湿もしっかりできる乳液

ファンケル アクネケア ジェル乳液
18g ジェル乳液本体の通常価格:1,620円(税込)

ファンケルアクネケアセットのイメージ画像

【アクネケア ジェル乳液 の特徴】

  • ファンケル独自の「漢植物エキス」で大人ニキビにアプローチ
  • プルーン酵素エキスが毛穴のつまりを予防
  • 低刺激な成分で肌にやさしい

「アクネケア ジェル乳液」は皮膚科医との共同開発で作られたファンケルのアクネケアラインの乳液です。

アクネケア ジェル乳液は、大人ニキビを改善するだけでなく、大人ニキビをできにくい肌にするために肌のバリア機能を高める「漢植物エキス」を使用しているのが特徴です。

配合された「プルーン酵素エキス」が毛穴のつまりにつながる古い角質を溶かして大人ニキビを予防し、「アケビアエキス」がメラニンに働きかけて大人ニキビ跡の色素沈着を改善していきます。

また、大人ニキビの炎症を抑えるために、甘草成分誘導体(グリチルリチン酸ジカリウム)が使用されています。

さらに肌へのダメージを減らすため、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤が使用されていないのと、ノンコメドジェニックテスト済みであるため肌への刺激が少なく試しやすい商品です。

通販限定で「ファンケルドクターシリーズのアクネケアたっぷりお試しセット」通常価格3,240円が、送料無料1,000円(税込)となっています。

約一か月分の量が入っているので、肌に合っているか判断するのにうれしいですね。

アクネケア ジェル乳液の口コミ

  • ニキビができにくくなりました。乾燥もせずちょうどいいです。
  • 量は少ないですが、少しでも保湿はできるのでいいと思います。
  • 年齢のせいなのか少し保湿が足りない気がします。

【脂性肌向け】皮脂の抑制に効果がある乳液

ノブ ACアクティブ モイスチュアミルク
50ml 通常価格:3,240円(税込)

ノブアクティブAC トライアルセット

【ノブ ACアクティブ モイスチュアミルクの特徴】

  • ビタミンC誘導体が皮脂の分泌を抑制し、大人ニキビの跡もケアしてくれる
  • 大人ニキビの原因菌「アクネ菌」を殺菌するサリチル酸が配合
  • ヒト型セラミドを配合して、保湿もしっかりできる

「ノブ ACアクティブ モイスチュアミルク」は臨床皮膚医学に基づいて考えられた大人ニキビを集中的にケアできるノブ ACアクティブシリーズの乳液です。

大人ニキビのケア商品に広く使用されている「サリチル酸」は、殺菌作用と古い角質を溶かして皮膚を柔らかくする作用で大人ニキビの発生や悪化を防いでくれます。

また配合されたビタミンC誘導体が皮脂の分泌を抑えて毛穴のつまりを防ぐため、肌のべたつきやテカリを感じる方にピッタリです。

さらに、ビタミンC誘導体の強い抗酸化作用やコラーゲン生成の促進作用が、大人ニキビの傷跡はもちろんシミやしわの悩みも改善してくれます。

保湿にはヒアルロン酸とヒト型セラミドのセラミド3を配合していて、保湿効果も期待できます。

テクスチャーはちゃんと肌がうるおうのに、べたつかずさらさらしていると評判です。

現在ノブ ACアクティブシリーズのトライアルセットが初回限定1,000円(税抜)で手に入ります。

メイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液の4点すべてノンコメドジェニックテスト済みなので、大人ニキビ対策にぜひ試してみてください。

ノブ ACアクティブ モイスチュアミルクの口コミ

  • ニキビのケアと同時に美白もできるのはうれしい。
  • 敏感肌でも安心して使えた。
  • うるおい感があるのにべたつきがなく、今までの乳液と違う使用感です。

【プチプラ商品】まずは試しに!低価格なおすすめ乳液

小林製薬 オードムーゲ 薬用スキンミルク
100g 通常価格: 1,296円(税込)

オードムーゲ薬用スキンミルク

【オードムーゲ 薬用スキンミルク】

  • 大人ニキビの炎症に「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合
  • ヒアルロン酸ナトリウムによる保湿効果
  • さっぱりした使用感

小林製薬のオードムーゲ 薬用スキンミルクは、低価格だけれど大人ニキビの改善と予防に効果的な乳液です。

一番のポイントはお手頃価格で近くのドラッグストアに売っているため、気楽に購入して試せるところです。

大人ニキビに効果がある成分は「グリチルリチン酸ジカリウム」と「酢酸DL-α-トコフェロール」で、どちらも大人ニキビの炎症を抑えてくれます。

プチプラで試しやすい商品ですが、肌に刺激を与える成分としてパラベンや香料などが入っていますので、敏感肌の方は肌に刺激を与える可能性があります。

オードムーゲ 薬用スキンミルクの口コミ

  • 顔に付けた時にベタっとせずに、肌に馴染みやすかったです。
  • このお値段で、この使用感はかなり満足です。
  • ほとんど毎日継続して続けていましたが、目立った変化はありませんでした。

自分の肌にあった乳液をうまく活用して大人ニキビを治そう

いかがでしたか?
大人ニキビは不規則な生活やストレスによる影響も大きいため、生活を見直して本来の「肌が持つバリア機能」を戻してあげることが大切ですが、時間がかかってしまう可能性が高いです。

乳液には大人ニキビを改善に導くためのいい効果がたくさんあるので、大人ニキビをすばやく改善したい方は、大人ニキビに効果的で自分の肌にあった「乳液」をしっかりと選んで使ってみてください。