女性のなやみ顔
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

大人になった後も、しつこく肌にあらわれる大人ニキビ。

ニキビが頻繁にできていた10代は卒業したにも関わらず、肌にできてしまう「大人ニキビ」とは一体何なのか、気になりますよね。

本記事では、大人ニキビの原因をくわしく解説し、適切なケア方法と日々の予防策を紹介していきます。

大人ニキビとはどんなニキビなのか?

女性の肌の写真

大人ニキビとは、10代の思春期を過ぎた20代以降も続くニキビのこと。

10代にできるニキビは一般的に余分な皮脂分泌により毛穴がつまり、アクネ菌が繁殖することで、ニキビができるといわれています。

大人ニキビの場合は、単純に皮脂だけが原因ではないため、皮脂量が多く大人ニキビができやすいオイリー肌でなくても悩まされることがあります。

大人ニキビの多くは、ホルモンバランスの乱れ、免疫力の低下、さらに肌の乾燥によって引き起こされると考えられています。

大人ニキビができるしくみ

指をさす女性

大人ニキビができる仕組みには、ホルモンバランスの乱れや乾燥が大きく関わっています。

不規則な生活や生理周期によってホルモンバランスが乱れたり、肌が乾燥したりしてしまうと、紫外線や外気から肌を守る「肌のバリア機能」がうまく働かなくなってしまいます。

肌のバリア機能が低下すると、肌の細胞は毛穴周辺の角質を分厚くする「角化異常」を引き起こして、肌を守ろうと働きかけるのですが、この「角化異常」が大人ニキビを生み出すことに。

角化異常によって厚くなった肌表面の角質が毛穴をふさいでしまうと、毛穴の内部に皮脂が詰まるので、大人ニキビの原因となるアクネ菌が毛穴の中に過剰に繁殖し、大人ニキビが発生してしまうのです。

思春期ニキビ・吹き出物との違い

疑問に思う女性

ニキビとは、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2つに分けられます。

思春期ニキビは、10代から20歳手前まで続くニキビのこと。

ホルモンの働きが高まる思春期は、皮脂の過剰分泌により毛穴がつまり、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を招くことで、思春期ニキビができやすくなるのです。

大人ニキビがストレスやホルモンバランスの乱れなど原因が複雑なのに対し、思春期ニキビは成長期の過剰な皮脂分泌という思春期特有のもの。

思春期を過ぎれば思春期ニキビは次第に落ち着きます。

次に、大人ニキビと吹き出物の違いを疑問に感じる人もいますが、基本的には同じです。

ニキビも吹き出物も、医学的に「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれる皮膚疾患で、一般的には10代の思春期にできるものを「ニキビ」、それ以降にできる大人ニキビは「吹き出物」と呼ばれています。

大人ニキビの種類

ニキビ 種類

大人ニキビは、見た目の色味によって種類が分類されています。それぞれ進行状態によって見た目の色味が変化していくので、今できている大人ニキビの悪化状態を知る目印にもなります。

白ニキビ

大人ニキビの初期段階で、毛穴につまった皮脂や老廃物が毛穴の内側から盛り上がった状態.

白ニキビはまだ炎症を起こす前の状態なので、痛みなどはほとんどありません。

この段階で適切なケアをして白ニキビを解消すれば、大人ニキビの進行や炎症を防ぐことができます。

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビが悪化して次の段階に進んだ大人ニキビです。

白ニキビから更に皮脂分泌が進むと、皮脂や角質などの角栓が毛穴に詰まって肌表面からにょきっと顔を出すようになります。皮脂や角質などの角栓が詰まった白ニキビが外気にさらされることで酸化して黒ずみ「黒ニキビ」へ変化します。

角栓は、気になって指で押し出したくなりますが、その刺激が肌に負担をかけ大人ニキビの悪化につながるため、無理に角栓を取り出すことはやめましょう。

赤ニキビ

白ニキビに細菌が感染して炎症が起き、赤くはれた状態をさします。

毛穴内部にたまった皮脂をエサにアクネ菌が大量に繁殖し、アクネ菌が皮膚組織を刺激することで炎症を起こし、赤ニキビとなります。

疲労やストレスがたまって肌の免疫力が低下すると、肌は大人ニキビの原因となるアクネ菌と戦う力が低下し、大人ニキビの悪化につながります。

赤ニキビを作らないためには、しっかり睡眠をとり、規則正しい生活を心掛けましょう。

黄ニキビ

赤ニキビの炎症が悪化して化膿し、黄色い膿が出た状態。膿を出そうと自分でつぶしてしまうと、凹凸のクレーター状のニキビ跡が残ってしまうので、絶対潰さないようにしましょう。

黄ニキビができている肌には低刺激の肌にやさしい洗顔料が選ぶのがベスト。

また保湿アイテムについても、オイル成分の多いものは油分がアクネ菌の栄養素となり大人ニキビの悪化の原因になるため、オイルフリーの化粧品を使うのがおすすめ。

大人ニキビができる場所

鏡を見る女性

大人ニキビは、一般的にあごや口の周りなどのUゾーンにできやすいのが特徴。

Uゾーンは、乾燥しやすい一方、皮脂を分泌する皮脂腺が多くあるので、毛穴に皮脂がつまりやすく、一般的に大人ニキビができやすい場所なのです。

さらにUゾーンは、ホルモンバランスの乱れによって過剰に分泌される皮脂の影響を受けやすく、大人になってからトラブルが起きやすいパーツとも言えます。

しかし、その時の肌の状態によってさまざまな場所に大人ニキビはあらわれるため、ここでは場所別に大人ニキビの原因やケア方法を解説していきます。

鼻ニキビ

鼻は顔の中で最も毛穴が多く、大量に皮脂が分泌される箇所のため、毛穴がつまりやすく大人ニキビができやすい場所。

さらに一旦大人ニキビができてしまうと、アクネ菌が住みつき大人ニキビの炎症を起こしやすくなります。

炎症を起こした大人ニキビは陥没、毛穴拡大などの跡が残りやすく、いわゆる凸凹したイチゴ鼻になる恐れがあるのです。

Uゾーン

Uゾーンの大人ニキビの原因は大きく分けて2つ。

1つは肌の角質層が水分を失って肌本来のバリア機能が弱っていること。角質の水分量が低下すると肌のバリア機能がうまく働かなくなり、大人ニキビができてしまうのです。

もう1つは、ホルモンバランスの乱れによって、男性ホルモンの量が過剰になってしまうこと。

男性ホルモンは毛穴を収縮させて角栓をつまらせる作用があるため、大人ニキビが発生しやすくなります。

Uゾーンの大人ニキビを発生させないためには、角質層まで浸透する化粧水でしっかり保湿して角質層の水分を保ちましょう。

男性ホルモンの量が過剰になることでできる大人ニキビには、ホルモンバランスを改善するために、不規則な生活を見直すことでUゾーンの大人ニキビの改善につながります。

おでこニキビ

おでこにあらわれる大人ニキビは、ストレスやホルモンバランスの乱れに加え、シャンプーなどの洗髪料・整髪料の洗い残しが原因として考えられます。

生活習慣の改善、ストレスの軽減を心がけるとともに、シャンプー後にしっかり洗顔をして、おでこについている洗髪料を洗い流しましょう。

さらに、髪をピンで留めるなどして、おでこと髪の接触を減らし、皮膚への刺激を軽減するとよいでしょう。

頬ニキビ

右頬、左頬どちらか一方にのみ大人ニキビが発生する場合は、主な原因は寝具の衛生状態であることが考えられます。

眠る際にいつも枕につけている頬に大人ニキビができてしまうなら、枕に雑菌が繁殖している可能性が高いため、定期的に洗濯をして、常に清潔に保つように心がけましょう。

両頬に出る場合は、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れが原因として考えられます.

セラミドやヒアルロン酸配合の化粧水で肌を保湿し、規則正しい生活を心がけましょう。

大人ニキビの6つの原因とケア方法

お花を持つ 女性

大人ニキビは、生活習慣に関わるさまざまな要因が引き金となり、ある日突然ポツポツと肌にあらわれ出します。

皮脂分泌だけのせいではない、大人ニキビの原因と適切なケア方法を解説します。

【原因1】ホルモンバランスの乱れ

目をつむっている外国人女性の白黒写真

男性ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあり、逆に女性ホルモンには、皮脂を抑える働き、そして肌本来のバリア機能を正常にする働きがあります。

ホルモンが適切なバランスを保っていれば、バリア機能も高まり肌も好調な状態を維持できるのです。

しかし、ホルモンバランスが崩れると、皮脂分泌が過剰に腹だくので皮脂がつまりやすくなり、大人ニキビを引き起こす原因にもなります。

【原因2】睡眠不足

肌のダメージは睡眠中に修復されているため、睡眠リズムが乱れることで肌の修復力も低下してしまいます。

さらに、睡眠不足そのものが大きなストレスとなり、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールする自律神経も乱れることになります。

そもそも自律神経は、身体を緊張させて活動的にする興奮モードを司る交感神経と、身体を休息に導くリラックスモードを司る副交感神経からなります。

昼間に交感神経が優位になることで、私たちの身体は活動的になり、夜になると副交感神経が優位になることでリラックスして、休息をとることができるのです。

しかし、睡眠不足になると夜になっても交感神経が優位なままとなり、身体は緊張状態が続きます。

交感神経が優位になると睡眠中に行われる肌のターンオーバーが乱れ、肌に古い角質が蓄積されて毛穴が詰まりやすくなり大人ニキビの原因になってしまうのです。

また、交感神経が優位な生活が続くと、男性ホルモンの分泌が増える傾向にあります。

男性ホルモンは皮脂の分泌を促進し、角質を厚くする働きがあるため、厚くなった角質が毛穴をふさぐことで皮脂がつまり、アクネ菌が繁殖して大人ニキビを引き起こしてしまいます。

【原因3】乾燥

乾燥した肌に虫眼鏡を当てている女性

肌の角質層が乾燥すると、肌のバリア機能が正常に働かなくなり、毛穴周辺の角質が厚くなり毛穴をふさいで大人ニキビを発生させる「角化異常」を起こしやすくなるのです。

さらに、肌表面を保護するために皮脂膜を張ろうとし、皮脂の分泌量も増加してしまいます。

毛穴が詰まって、そこに皮脂がたまることで大人ニキビができるため、乾燥による肌のバリア機能の低下は、大人ニキビの大きな原因の一つになるのです。

【原因4】腸内環境

おなかの不調

肌の新陳代謝とも大きく関わっているのが腸内環境です。

腸内に生息している細菌の中でも、健康維持に貢献し、さまざまなビタミンを作っている善玉菌が減少するとビタミンの供給量も減少してしまいます。

ビタミンは身体の新陳代謝を促す働きをしているため、ビタミンの供給量が減少することで、肌の新陳代謝がうまく働かず、大人ニキビなどの肌荒れが発生しやすくなります。

【原因5】ビタミン不足

大人ニキビの大敵はビタミン不足。

ビタミンが不足することで、肌のターンオーバーの乱れや乾燥を引き起こしてしまいます。

ビタミンの中でも特にビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEを積極的に摂ることで肌の再生力を高め、肌トラブルを改善することにつながります。

▼ビタミンA(レバー、うなぎ、チーズ、卵、緑黄色野菜など)

肌の生まれ変わりを促進する効果があるため、大人ニキビの治りを早めてくれます。また肌のターンオーバーを正常に働かせ、毛穴詰まりが起こりにくくするため、大人ニキビの予防にもつながります。

▼ビタミンB2(レバー、納豆など)

ビタミンB2は、大人ニキビの要因でもある皮脂の分泌を調整する働きがあります。ビタミンB2を摂ることで、皮脂のバランスが正常に整い、大人ニキビができにくい肌環境になります。

▼ビタミンB6(魚類、レバー、赤身肉など)

ビタミンB6 は、肌のターンオーバーの周期を正常に整えて肌の生まれ変わりをサポートする役割を担っています。ビタミンB6を積極的に摂り入れることで、古い角質が正常にはがれ落ち、大人ニキビの原因となる毛穴のつまりを解消します。

▼ビタミンC(トマト、ほうれん草、レモンなど)

大人ニキビのトラブルの原因にもなる皮脂を抑制。さらに強い抗酸化作用により、大人ニキビの炎症から肌を守ります。

▼ビタミンE(アーモンド、マーガリン、いくらなど)

毛細血管を広げる働きにより、全身に血流が供給され、肌のターンオーバーを整え、皮膚を健康に保ちます。さらに大人ニキビの炎症を改善します。

大人ニキビを早く治すための美容習慣4つ

女性が微笑む口元の写真

肌にポツポツとあらわれる大人ニキビは、鏡を見るのも憂鬱になりますよね。

そんなテンションが下がる大人ニキビをいち早く治すためにも、日頃の美容習慣を見直してみましょう。

【習慣1】過剰なクレンジングと洗顔を控える

大人ニキビを清潔に保つために1日に何度も洗顔をして、多量の洗顔フォームでゴシゴシ顔を洗ってしまう人がいるかもしれませんが、顔を洗いすぎると乾燥を引き起こし、肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌のバリア機能が低下すると毛穴周辺の角質が厚くなり、毛穴をふさいで大人ニキビが余計に悪化してしまいます。

大人ニキビを悪化させないためにはクレンジング後の洗顔は刺激が強すぎず、皮脂や角質を必要以上に落としすぎない「固形石けん」がおすすめ。

クレンジング剤は、肌へのあたりがやわらかい「クリームタイプ」なら肌への刺激を軽減してくれます。

【習慣2】油分を控えて保湿成分を補給

ウォータークラウン

化粧品の油分はアクネ菌のエサとなってしまうので、大人ニキビができてしまった時は「オイルフリーの化粧品」を選びましょう。

一方、肌が乾燥すると過剰な皮脂分泌や、毛穴周辺の角質が厚くなり毛穴の詰まりを引き起こしてしまうため、肌への保湿も重要です。

大人ニキビができてしまった時は、皮脂分泌をコントロールして大人ニキビをおさえる作用を持つ「ビタミンC誘導体」や、肌のバリア機能を高める「セラミド」が配合された化粧品がおすすめです。

【習慣3】ファンデーションはパウダータイプ

パウダーファンデ3個画像

大人ニキビができた肌にメイクをする際は、油分を多く含み毛穴をふさぐ、クリームやリキッドタイプのファンデーションは使わないようにしましょう。

代わりにおすすめなのが、油分が少なくサラッとした使い心地のパウダーファンデーションや粉おしろい。

リキッドファンデーションに比べ、肌への密着度が低いため、肌の負担をおさえることができます。

また、パウダーファンデーションや粉おしろいはつけ心地が軽い分、大人ニキビの赤みを消すカバー力が気になるところですが、部分的にコンシーラーを使って、目立たなくすれば肌もきれいに仕上がります。

この時に使用するコンシーラーは、大人ニキビケアを視野に入れた薬用コンシーラーがおすすめです。

薬用コンシーラーは、油分が少なく作られており、さらに大人ニキビを防ぐ薬用成分も配合されているので、大人ニキビケアとカバーを同時に行うことができます。

【習慣4】生理時期にはピーリングでケア

首をかしげる女性の画像

ホルモンバランスが乱れ大人ニキビができやすい生理前には皮膚の余分な角質を取り、毛穴詰まりを予防する「ピーリング」でケアがおすすめです。

ピーリングとは、古い角質を取り除き、肌の再生力をサポートすること。

角質を溶かす効果のあるAHA(α-ヒドロキシ酸)と呼ばれる水溶性の酸を含む市販の化粧品を使うことで、自宅でも手軽にピーリングができます。

ピーリングを行うことで大人ニキビを防ぐだけでなく、肌のターンオーバーを高められるのでニキビ跡の予防にも効果的です。