大人ニキビをケアする豆乳の画像

食品メーカーのキッコーマンが豆乳飲料に力を入れてから「豆乳はおいしくて美容と健康に効果的」という認識が広まり、スキンケア化粧品まで幅広く美容に取り入れられるようになりました。

豆乳には、美肌効果と肌質改善につながる成分がたっぷり配合されているので、大人ニキビに悩む方にもおすすめです。

本記事では、大人ニキビに豆乳が効果的な理由や豆乳の適切な摂り方を紹介していきます。

豆乳が大人ニキビに効果的な理由

 大人ニキビに効果的な豆乳の画像

大豆を凝縮して作られた豆乳に含まれる豊富な栄養素は、大人ニキビの原因となるホルモンバランスの乱れの改善に効果的です。

豆乳に含まれる大人ニキビの改善と予防をサポートする栄養素は、美肌へ導く「ビタミン類」や女性ホルモンと似た働きを持つ「イソフラボン」、身体の主成分となる「タンパク質」などがあります。

具体的にどのような効果があるのか、詳しく見ていきましょう。

美肌効果を持つ豊富なビタミン類配合

 ビタミンが豊富な果物の画像豆乳は美肌効果を持つビタミンB1、B2、B6とビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンB群がもつ肌の新陳代謝を促す働きで、大人ニキビの原因「アクネ菌」のエサとなる古い角質や皮脂を排出するので、大人ニキビを増殖させない清潔な肌を保つことができます。

ビタミンEは、血行を良くする作用で肌荒れを改善。

血流が良くなることで新陳代謝が促進され、皮脂が過剰に分泌される角化異常を防ぐので、毛穴の出入り口がふさがれることでできるニキビの予防効果を期待できます。

ホルモンバランスの乱れを改善

肌をケアする女性の画像豆乳には、大人ニキビをつくる原因の1つである、ホルモンバランスの乱れを整える働きがあります。

皮脂の分泌を抑えて肌のバリア機能を高める「エストロゲン」と、皮脂を分泌させる機能を持つ「プロゲステロン」のバランスが崩れることが原因です。

生理前に大人ニキビができる女性の多くは、生理前はエストロゲンが減りプロゲステロンが増加するので、ホルモンバランスが乱れて大人ニキビができやすくなってしまいます。

崩れたホルモンバランスを整えるために効果的なのが、豆乳に配合されたイソフラボンです。

エストロゲンと似た働きをもつイソフラボンを配合している豆乳を摂取すると、体内の女性ホルモンの働きを活発化させてホルモンバランスを整えられるので、大人ニキビの発生を防ぐことに繋がるのです

豆乳を取り入れる際の注意点

ポイント点を語る女性の画像

豆乳が大人ニキビに効果があるからと言って、たくさん飲めば良いわけではありません。

過剰摂取は大人ニキビを増やす原因になるだけでなく、気づかないうちに大豆アレルギーを発症してしまうリスクもあります。

豆乳の正しい取り入れ方と注意点を抑えておきましょう。

過剰な摂取は控える

豆乳に含まれる大豆イソフラボンの1日当たりの摂取量は70~75㎎と農林水産省で定められています。* 

キッコーマン無調整豆乳は200mlで56㎎のイソフラボンが配合されているので、摂取量は1日1本が目安です。

豆乳の過剰摂取は、女性ホルモンバランスを崩して月経の周期を乱してしまう可能性があるので、定められた量を守って豆乳を摂りましょう。

*農林水産省:http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_daizu_qa/#b14

 大豆アレルギーの可能性を確認

アレルギーは、体内に侵入した異物を排除しきれずに、過剰な免疫反応により自身の器官や組織を破壊することで起こり、豆乳の大豆にもアレルギーの原因となる「アレルゲン」が含まれます。

今は大豆アレルギーと診断されていなくても、体質の変化で大豆アレルギーになってしまう可能性もあります。

家族が大豆アレルギーと診断されていたり、豆乳を飲んで気分が悪くなったりする場合は、一度アレルギー検査を受けましょう。

大人ニキビのケアにおすすめしたい豆乳の飲み方

豆乳はそのまま飲んでも豊富な栄養素が失われることはありませんが、豆乳の飲み方や取り入れる時間や期間を工夫することで、大豆に含まれる栄養素を失わずに良い状態で取り入れることができます。

大人ニキビを早く改善したい方は豆乳の飲み方のポイントは3つを抑えておきましょう。

大人ニキビのケアにおすすめしたい豆乳の飲み方

1.朝に飲む

朝は、栄養素の吸収率が高い状態なので、豆乳の豊富な栄養素をしっかりと取り入れるなら朝の空腹時がおすすめです。

2.温めて飲む

豆乳は温めても栄養が失われることがないので、そのままの栄養素を体内へ取り入れることができます。

温かい豆乳は、身体の代謝が高まり血流がよくなるので大人ニキビを引き起こす肌荒れを改善する効果も期待できます。

3.毎日飲む

豆乳は1日で効果が出るものではないので、毎日飲み続けることが大切。

200mlの無調整豆乳なら1日に1本という目安で、摂取量に注意して飲みましょう。

①成分無調整豆乳がおすすめ

普段コンビニなどで目にする豆乳飲料は「調製豆乳」といって砂糖や塩で飲みやすく調製したものです。

大人ニキビを改善するなら何も味付けをしていない「無調整豆乳」がおすすめ。

無調整豆乳は調製豆乳よりもたんぱく質が多く、大人ニキビを改善する効果を持つビタミン類を消費する糖質の量も低いので、大人ニキビに効果的な成分そのものを身体に取り入れることができます。

種類

タンパク質

イソフラボン

糖質

無調整豆乳

約3.8%以上

56㎎

約2.4g

豆そのものの素材の味と風味なので好みがわかれる。

調製豆乳

約3.0%以上

43㎎

約8.6g

塩・砂糖などで調整しているので比較的飲みやすい。

豆乳飲料

約0.9%以上

24㎎

約8g

果汁などで味付けされているので飲みやすい。

※200mlで測った数値

最近の無調整豆乳も種類が豊富で、飲みやすいものが増えてきました。

無調整豆乳を試してみたいという方は、豆乳が少し濃い濃度であるため、2,3割の水を加えるのがおすすめです。

②豆乳が苦手なら「豆乳ココア」を

豆乳の独特な風味や苦みが苦手という方には、豆乳の独特な風味抑えるココアを加えた「豆乳ココア」で取り入れるのがおすすめ。

使用するココアは、大人ニキビに効果的なビタミン類を消費する砂糖が入っていない「純ココア」がおすすめ。

ココアには、大人ニキビの大敵であるストレスを緩和する「テオブロミン」と、肌の酸化を予防する「ポリフェノール」が含まれているので、豆乳の相乗効果が期待できます。

レンジで簡単!豆乳ココアの作り方

材料:無調整豆乳(150㏄)、お湯(大さじ1)、純ココア(大さじ1.5)

  1. マグカップに純ココアとお湯を加えて純ココアが完全に溶けるまで混ぜる
  2. 純ココアが完全に溶けきったら豆乳加えてかき混ぜる
  3. 電子レンジ(600W)で1分30秒温めて完成

甘味がなくて飲みにくいという方は、はちみつを大さじ1.5入れることで甘さが加わるので、より飲みやすさが増します。

豆乳で外側から大人ニキビ対策

豆乳は飲むことで内側から大人ニキビへアプローチできますが、イソフラボン成分が配合されたスキンケア化粧品は外側から大人ニキビへアプローチも可能です。

なめらか本舗 化粧水シリーズ

豆乳イソフラボンの化粧水シリーズ

商品の特徴

  • 女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンを含む豆乳発酵液を配合
  • 肌の内側へアプローチして弾力とうるおいを与える
  • 豆乳発酵液をはじめ3つの保湿成分で乾燥を予防

 

豆乳を使ったスキンケア化粧品として有名な「なめらか本舗」の保湿化粧水は、通常の化粧水としっとり化粧水、とってもしっとり化粧水の3シリーズ。全品972円というお財布にやさしい価格帯です。

女性ホルモンの働きを活性化させるイソフラボンを含んだ豆乳発酵液が、不安定になったホルモンバランスを整えて肌のターンオーバーの促進や肌荒れ改善の効果が期待できます。

化粧水が肌の角質層まで浸透して、乾燥した肌へうるおいを補給します。乾燥は肌のバリア機能の低下を引き起こし、大人ニキビができやすくなるので、イソフラボンでしっかりと保湿力を行い、大人ニキビを予防しましょう。

■SNSの口コミ

なめらか本舗 化粧水NA

200mL 972円(税込)

他のしっとり化粧水と比べて、比較的さっぱりしてべたつかない化粧水。

なめらか本舗 しっとり化粧水

200mL 972円(税込)

濃厚でしっとりしたテクスチャーなのにべたつかないので使いやすい化粧水。

なめらか本舗 とってもしっとり化粧水

200mL 972円(税込)

豆乳イソフラボンの成分を含んだ保湿成分の豆乳発酵液が従来の化粧水の2.5倍も配合された化粧水。