こんにちは。ハリツヤ研究所ライターのクルーク宮本です。

ハリツヤ研究所で「エイジングケアの専門家」として記事を執筆しています。

ライター名に「クルーク」と入っているので、

ハーフ?旦那が外国人?と思われたかもしれないですね。

クルークは、ライター業をする時の私の屋号で、

16年klug(クルーク)の名前で活動しています。

ちなみにクルークという名前は、私の愛犬トイプードル♀の名前。

ドイツ語で「おりこうさん」という意味なんですよ。

本当に人の言葉が理解できるのか、時々「ワンワン」と社長のような威厳を示す(笑)ので、犬社長に任命し、屋号としても使っています。

 

今は都内でライター業をしている私ですが、出身はのどかな田園風景が広がる新潟県。

高校卒業まで米どころ新潟で育ちました。

子どもの頃から田んぼ道を駆け回り、陸上、新体操、ダンスとスポーツが大好き。

身体をよく動かし、おいしい米と水で育ったためか、ポツポツとニキビができる程度で肌トラブルを感じたことはほとんどありませんでした。

 

そんな健康な肌の持ち主だった私が、初めて肌の悩みを抱えたのは大学生の頃。

新潟から東京の大学へと進学し、寮生活を始めてからでした。

この頃から、肌荒れと吹き出物との闘いが始まります。

東京での生活をスタートして一週間ほど経った頃から、おでこを中心にポツポツとニキビが・・・。今までのようにこまめに洗顔すれば治ると思っていたのに、おでこ全体にどんどん広がっていく一方。

困り果てて寮母さんに相談したら「まあ、大変。皮膚科にお行きなさいな」とお母さんのように言われ、皮膚科に駆け込みました。

診察を終え、医師から告げられたのは

「んー、水が合わないんだね」

という言葉。

そう、原因は東京の水道水だったのです。

田舎のミネラル豊富な水で生活していた私が、東京の水道水を使うようになって、身体が拒否反応を起こしたというのが肌荒れの原因。

それから、肌荒れが治まるまでに半年近くかかりました。

この時、使い始めたのがアルビオンの化粧水「スキンコンディショナー」。

近くの薬局で声をかけられてサンプルをもらったのがきっかけだったのですが、もともと乳液やクリームなど油分の多いスキンケアが苦手な混合肌だったので、アルビオンの「乳液→化粧水→美容液」というお手入れ方法が肌に合ったのかもしれません。

それ以来、化粧水はスキンコンディショナーがメインで今でも手放せません。

 

思えば、これが20代の運命の出会い。

その後、30代、40代と節目を迎えるたびに運命の出会いが続きます。

 

30代の運命の出会いは尊敬する女性の上司の言葉でした。

「30代は女を磨け!でないと、40代になって後悔するわよ」

化粧品メーカーの仕事をすることになり、同じプロジェクトに関わっていた上司に言われた言葉が印象的で、今も心に残っています。

実際に30代って女性が一番忙しい年代ですよね。

結婚、出産、子育てと一人で何役もこなし、一日24時間じゃ足りない!分身が欲しい!と私も何度思ったことか。

自分の食事、入浴ですらままならない状態で育児に追われ、寝不足が続き、時々メイクを落とさないで寝落ちしたこともありました。

こんな忙しい毎日の中、スキンケアなんてできない!と多くのママたちが思ってしまうかもしれません。

でも、30代は女性の肌のエイジングがはじまる年代。

今、思えば、ここで手抜きをしないでよかった。30代できちんと肌のお手入れをしてあげないと、40代になってさまざまなエイジング悩みが始まり、きっと後悔していたことでしょう。

「30代は女を磨け!」という言葉がいつも心の片隅にあって、スキンケアだけはきちんとしなくちゃと、私を導いてくれた気がします。

 

そして迎えた40代。

また、原因不明の肌荒れに悩まされる事件が起こります。

年末年始を迎えた頃、クリスマス、お正月と高カロリーな食事が続き、顔全体に広がっていく無数の吹き出物に悩まされたことがありました。

それなのに新年の仕事始めに撮影があり、メイクもできない状態で泣く泣く撮影現場へ。

その時、つるつるのモデルさんの肌を見て、

「いつもお肌がキレイでうらやましいです。私、最近肌荒れがひどくって」

つい心の叫びが言葉となり、飛び出してしまったのです。

その時、私の顔をじーっと見つめていたモデルさんから

「グルテンじゃない?クリスマス、年末年始と小麦粉ばっかり食べてたでしょ?」

と言われたのです。

グルテン?小麦粉?と思ったのですが、思い当たることがいっぱい。

クリスマスケーキ、フライドチキン、ピザ、揚げ物、ビールなどなど、小麦グルテン祭りの食生活だったことに気づきました。

「3日だけ、騙されたと思って小麦抜きしてみて。きっと治るから」

やさしいモデルさんの言葉に励まされ、3日間のグルテンフリーを決行したところ…。

嘘のようにニキビと肌荒れが治まっていったのです。

赤みがなくなり、ニキビがすーっと引いていくのが自分でもわかりました。

40代の運命の出会いは「グルテンフリー」。

グルテンフリーとは、小麦に含まれるグルテンを除去した食事療法のこと。

小麦アレルギーでなくても、小麦が身体に合わない「グルテン不耐症」という体質の人は、グルテンを摂取すると消化不良や代謝不良を起こしたり、身体の不調や慢性的な疲労を感じたりするため、グルテンフリーをすると体調が回復したり肌荒れが治ったりするのです。

私の肌荒れも、このグルテンが悪さをしていたよう。

それ以来、暴飲暴食を避けグルテンフリーの食事を心がけるようにしたところ、肌の調子も体調もよく、現在に至っています。

 

私にとっての美容とは、スキンケアと食生活を整え、丁寧な暮らしを心がけること。

美容に大切なのは、この意識を整えることだと思っています。

ハリツヤ研究所の記事を通じて、おすすめの美容法やスキンケアはもちろん、日々の暮らしやライフスタイルの意識を整え、内面から輝く女性になるための応援ができれば嬉しいです。

持っている資格

日本化粧品検定3級

宮本化粧品検定3級

美容の基礎知識から化粧品の成分理解といった、美容や化粧品の専門知識を身に付ける資格です。

コスメマイスター・ライト

化粧品の表記や正しい使い方、化粧品成分の効果、効能、皮膚、アレルギーや、関連法規など、化粧品の総合的な知識習得する資格です。

現在はエイジングケアの知識を深めるため「日本化粧品検定2級」「日本化粧品検定1級」「コスメコンシェルジュ」取得に向けて勉強中。

フォトスタイリング準1級

静物を中心に被写体を美しく魅せる写真のためのスタイリング技術。

ライターとしての幅を広げるために取得し、日々のライター業に活きています。愛用のカメラはCanon EOS D7。仕事の他、趣味の料理やDIY、育児・育犬の成長記録などを綴っています。SNSにアップする写真をキレイに撮りたい方にもおすすめです。