腋を気にする女性
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

脇にシミってできるの?と思うかもしれませんが、実は脇にもシミができるんです。

普段は服で隠れているため、特に気にならないかもしれませんが、薄着になる夏場は脇にシミがあると他人の目が気になってしまいますよね。

脇のシミにお悩みの方に、どうして脇にシミができてしまうのかと脇にできたシミの対処方法を解説します。

脇に茶色いシミができる原因とは?

脇にできるシミには2つの異なる原因があります。

脇のシミはどうしてできてしまうのかを知って、脇にシミができるのを未然に防ぎましょう。

 「色素沈着」が原因のシミ

シミの原因

脇にシミができる原因の1つは「色素沈着」によるシミです。

肌は紫外線や摩擦から肌に刺激が加わると「メラニン」という物質を生成して、体を守ろうとしますが、メラニンが発生して肌の内部に残り、色素沈着することでシミになってしまいます。

普段は服を着ているため、脇が受ける紫外線の量は少ないですが、紫外線が多くなる夏は薄着のうえ、脇への紫外線対策を怠たりがちです。薄着になる夏場は脇にも日焼け止めを塗って紫外線によるダメージで脇にメラニンを発生させないようにしましょう。

また「脇の毛の処理」をする時に肌を傷つけてしまうような間違った方法で処理をしていたり、衣服で肌がこすれてしまったりして、肌に刺激を与えてシミを作っている可能性も高いです。

脇にシミを作らないために、夏場に脇の紫外線対策を行っているか、脇毛の処理は正しく行っているかなど、普段の生活で脇のシミを予防する対策ができているかの確認をしてみましょう。

「癜風(でんぷう)」という病気が原因のシミ

背中がかゆい男性の後姿

脇にシミにできる2つめの原因は、「癜風(でんぷう)」という感染症。

肌に茶色や白色のかさついた斑が現れる癜風は、癜風菌というカビが肌で感染することにより発症する皮膚の感染症です。

癜風菌は、ほぼ全ての成人の肌に存在している常在菌で、汗や皮脂がたくさん出るところを好んで繁殖するため、脇や胸、背中などに多く症状が見られます。

色素沈着してできたシミとは違って、かさつきがあり、シミをこすると白いふけの様な粉が出る場合は、癜風によるシミを疑ってください。

痛みやかゆみはほとんどありませんが、そのままにしておくと広範囲にシミが広がってしまう可能性があるので、脇に癜風と思われるシミができた時はすぐに皮膚科に行って治療してもらうことが大切です。

脇にシミができた時の対処方法

脇にシミができてしまった時は、今あるシミをますます悪化させたり、これ以上シミを増やしたりしないように脇のシミをケアすることが大切です。

脇にシミができた時の対処法を解説します。

美白成分が入った美白化粧品を使う

化粧水やクリームが3つ並んでいる

脇のシミが色素沈着でできた場合は、美白化粧品を使って、脇のシミをケアしましょう。

美白化粧品とは、美白成分という「シミの原因のメラニンの生成を抑えてシミを予防する、または類似した作用をもつ」と厚生労働省に認められた成分を配合した化粧品です。

美白成分は20種類ほどあり、これからシミができるのを予防する成分と、今あるシミに働く成分があるので、シミへの目的に合った成分が配合された顔用の美白化粧品や、ボディ用の美白化粧品を使って脇のシミをケアしましょう。

シミに働く美白成分

シミの予防をする成分

  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • カモミラET など

今あるシミに効く成分

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン

※ハイドロキノンは美白成分として厚生労働省に認められてはいませんが、シミに対して高い効果があります。

【色素沈着の場合】美容皮膚科で治療する

レーザー治療

色素沈着によってできた脇のシミは、美容皮膚科に行くのもおすすめです。

美容皮膚科ではレーザー治療を行ったり、シミを改善する塗り薬を処方してもらったりして、脇のシミを薄くしていきます。

脇のシミは濃くなってしまうと美白化粧品ではケアできないため、濃くなってしまった脇のシミを薄くしたい方は、美容皮膚科に行って治療してもらうのがいいでしょう。

【癜風の場合】皮膚科に行って治療する

ハートを持つ医者

癜風菌(でんぷう菌)というカビによるシミが疑われる場合は、皮膚科に行って医師に診てもらいましょう。

皮膚科で癜風と診断されると保険が適用され、塗り薬や飲み薬を処方してもらえます。

皮膚科での治療をはじめて約2~3週間ほどで癜風菌の繁殖が治まり、かさついたシミもできなくなりますが、治療が遅れるとシミの跡が色素沈着を起こして消えづらくなるので、早期に治療をしてもらうのが大切です。

脇のシミができるのを予防しよう!おすすめ方法3つ

脇にシミができてしまったときの対処法を紹介しましたが、ここからは脇にシミができないように、普段からできるおすすめの予防方法3つを紹介します。

脇のシミを見られるのが恥ずかしいと人目を気にしなくてもいいように、脇にシミができるのを予防しましょう。

脇のムダ毛の処理は注意して行う

脇のムダ毛を処理する時は、肌に刺激を与えないよう丁寧に行いましょう。

毛抜きで無理に抜いてしまったり、カミソリで肌を傷つけたりして肌に刺激が加わると、肌の奥にあるメラノサイトという細胞から、メラニンを生成して体を守ろうとします。

しかし、メラニンはシミの原因となる黒色の色素なので、メラニンが大量に発生して肌内部に残ってしまうとシミになってしまうのです。

脇にシミを作らないためにも、肌に刺激を与えないように正しい方法で脇のムダ毛を処理しましょう。

カミソリでムダ毛を処理する時の手順
  1. 蒸しタオルで脇を温めて、脇の毛を柔らかくする。
  2. シェービングローションを使って、肌への刺激を抑える。
  3. ムダ毛を剃った後は、保湿クリームを使って肌を保湿する
【注意】毛抜きで脇のムダ毛を抜かない

毛抜きでムダ毛処理をするのは手軽ですが、肌へのダメージが強く、毛穴に菌が入り炎症を起こしやすいです。

肌へのダメージがシミの原因のメラニンを作ってしまうので、毛を抜くのはできるだけ控えましょう。

食生活や生活習慣を改善する

朝日を浴びながらのびをする女性

脇のシミを予防するためには食生活や生活習慣を見直して改善することも大切です。

脇にシミができるのを防ぐために改善してほしい3つのポイントをまとめたので、参考にして実践してみてくださいね。

栄養バランスがいい食事をしよう

脇のシミを予防するために、栄養のバランスがとれた食生活を心がけましょう。

忙しいからといって、便利で簡単なインスタント食品や外食で食事を済ませてばかりいると、栄養が偏ってしまい、体調不良や免疫力が低下して、シミを作りやすい体にしてしまうので、インスタント食品や外食はなるべく避けましょう。

一方、食べるとシミに効果がある栄養を含んだ食材もあるので、積極的に食べることがおすすめです。

シミに効果的な栄養と食材

ビタミンC…シミの元のメラニンを還元する。

  • パプリカ
  • キウイ
  • ブロッコリー

エラグ酸…シミの元のメラニンの生成を抑える。

  • いちご
  • ベリー類

ビタミンB2…肌のターンオーバーを正常にして、メラニンの排出を促す。

  • レバー
  • 納豆

質の高い睡眠をとろう

ベッドで眠る女性

脇のシミを予防するためには、質の高い睡眠をとることが大切です。

睡眠中にたくさん分泌される成長ホルモンは「肌のターンオーバー」という肌の生まれ変わりのサイクルを正常にしてくれます。

肌のターンオーバーが正常に行われると、シミの原因のメラニンを垢と一緒に排出して、メラニンが肌内部に残ってシミになるのを防いでくれるので、質の高い睡眠をとることを心がけましょう。

①寝る直前にスマホやPCを使わない

スマホやPCのブルーライトは睡眠を安定させる「メラトニン」の分泌を抑制してしまうため、就寝前のスマホやPCの使用は眠りにつきづらくなります。

②午後8時以降はカフェインが入っ た飲み物は飲まない

コーヒー、紅茶、緑茶に多く含まれるカフェインは脳を覚醒させて、目が覚めてしまうため、喉が乾いた時は水や、ハーブティー、ホットミルクなどを飲みましょう。

③アロマオイルでリラックスしよう

ラベンダーやカモミールなどの香りは精神を安定させて、睡眠の質を高めてくれます。

他にも自分のお気に入りの香りで部屋を満たし、リラックスするのも効果的です。

質の高い睡眠をとるために心がけたいこと

①寝る直前にスマホやPCを使わない

スマホやPCのブルーライトは睡眠を安定させる「メラトニン」の分泌を抑制してしまうため、就寝前のスマホやPCの使用は眠りにつきづらくなる。

②午後8時以降はカフェインが入った飲み物は飲まない

コーヒー、紅茶、緑茶に多く含まれるカフェインは脳を覚醒させて、目が覚めてしまうため、喉が乾いた時は水や、ハーブティー、ホットミルクなどを飲みましょう。

③アロマオイルでリラックスしよう

ラベンダーやカモミールなどの香りは精神を安定させて、睡眠の質を高めてくれます。

他にも自分のお気に入りの香りで部屋を満たし、リラックスするのも効果的です。

適度な運動をしよう

適度な運動は、肌の生まれ変わりのサイクルである「肌のターンオーバー」を正常にする効果があるため、シミの原因となるメラニンを肌の外に排出して、シミを防いでくれます。

運動の中でも「有酸素運動」をすると、体の血行が良くなって栄養が細胞に行き渡るようになり、肌のターンオーバー正常にしてくれるので、有酸素運動のウォーキングや水泳、ヨガをするのがおすすめです。

また、「無酸素運動」は睡眠時と同様に、肌のターンオーバーを正常にしてくれる成長ホルモンを分泌するので、無酸素運動である筋力トレーニングをするのが良いでしょう。

乾燥させないように保湿クリームを使う

クリーム

シミを予防するために、「お風呂の後」や「脇のムダ毛を処理した後」は、顔のスキンケアと同じように、化粧水や美容液で水分を与えてから、保湿クリームを塗って肌を保湿しましょう。

肌がうるおいを失くしていると、肌の生まれ変わりである「肌のターンオーバー」が正常に行われず、シミの原因「メラニン」を肌内部から外に排出することができないため、シミができやすくなってしまいます。

また、肌が乾燥すると、肌を外部刺激から守ってくれる「肌のバリア機能」が低下して、刺激を受けやすい肌になってしまいます。

紫外線や摩擦からの肌への刺激はシミの元であるメラニンを発生させてしまうので、メラニンを作らないために脇も保湿クリームを使って乾燥させないようにしましょう。

まとめ

脇にできたシミは色素沈着によるシミと、癜風という皮膚の感染症によるものがあります。

色素沈着によるシミは、美白成分が入った美白化粧品を使ったり、美容皮膚科に行って治療をしてもらったりするのがおすすめです。

癜風によるシミは感染症であるため、皮膚科に行って治療してもらうことが大切です。

また脇のシミを予防するために、日々の生活を見直して、脇にシミを作るような行動をしていないか見直してみましょう。