「ビーグレン+蒸しタオルで毛穴汚れは落ちるのか?」アイキャッチ
中山侑花プロフィール

乾燥肌と敏感肌の悩みに特化した美容家

名嘉山 侑花

ビーグレンの洗顔料「クレイウォッシュ」の毛穴ケア効果をさらに高めるとして、ビーグレンの公式サイトでも伝えられているのが、蒸しタオルを使った洗顔法。

洗顔前にホットタオルを30秒~1分ほどお顔に乗せると、硬くなっていた角質が軟らかくなり、毛穴が開きます。その後に、クレイウォッシュで優しく円を描くようにして30秒ほどマッサージをしてから、ぬるま湯で洗い流します。

引用:ビーグレン公式ウェブマガジン「b.glenish!」

本記事ではビーグレンの洗顔料「クレイウォッシュ」と、蒸しタオルを使った毛穴ケア方法の効果について、コスメコンシェルジュの資格をもつ筆者が試してみた結果を紹介していきます。

ニキビケアや毛穴ケアの効果が期待できるクレイウォッシュについて詳しく知りたいという方は、「ニキビも毛穴もこれ1本!ビーグレンのクレイウォッシュを徹底調査」を先に読んでください。

ビーグレンのクレイウォッシュで蒸しタオル洗顔を実践!

ビーグレンの公式サイトでも毛穴汚れが効果的に落ちるとして紹介されている蒸しタオルを使った洗顔方法。

化粧水やクリームといった基礎化粧品を使った毎日のスキンケアだけではなかなか改善が感じられない毛穴汚れが、ビーグレンのクレイウォッシュと蒸しタオルだけですっきりと洗い流せたら嬉しいですよね。

ビーグレンのクレイウォッシュと蒸しタオルが本当に毛穴汚れに効果的か、マイクロスコープを使って毛穴汚れの落ち具合を確認しながら、徹底的に検証していきましょう。

ビーグレンの洗顔料である、クレイウォッシュを使った蒸しタオル洗顔を行うときに用意するものは以下の3つです。

ビーグレンの蒸しタオル洗顔で用意するもの

・洗顔料 ビーグレン クレイウォッシュ
・タオル1枚
・サランラップ

実際に蒸しタオル洗顔を行う前に、どのくらい毛穴に汚れが詰まっているのかどうか、マイクロスコープを使って確認してみます。

最近は毛穴汚れを洗い流す効果があるといわれているクレンジング料や洗顔料を使っているので、そんなに汚れはたまっていないのでは…?と思っていましたが、頑固な毛穴汚れはしっかり詰まっていました。

頑固な毛穴汚れ

目で見ても分かるほど毛穴に詰まってしまった角栓が、本当にビーグレンの蒸しタオル洗顔だけで改善されるのでしょうか。

早速ビーグレンのクレイウォッシュを使った蒸しタオル洗顔の効果について、手順を説明しながら検証していきます。

STEP1|蒸しタオルをつくる

 ビーグレンのクレイウォッシュを使った蒸しタオル洗顔は、蒸しタオルを準備することからはじめましょう。

乾いたタオルを使った、蒸しタオルの簡単な作り方は以下のとおりです。

乾いたタオルを水で濡らす。

乾いたタオルを水で濡らす

水分を少し含んでいる程度に絞る。

水分を少し含んでいる程度に絞る

絞ったタオルの表面を指で押したときに、水分が浮いてくる程度が理想です。

水で濡らして絞ったタオルをサランラップに包む。

水で濡らして絞ったタオルをサランラップに包む

500Wの電子レンジで30秒~1分程度、加熱する。

500Wの電子レンジで30秒~1分程度、加熱する

各家庭に置いている電子レンジの製品や使用年数ごとに温まり方は違うため、まずは500Wの電子レンジで30秒温めてみてから、手で触って温まり具合を確認し、ぬるいと感じたら10秒ずつ加熱を行ってください。

加熱具合については、実際に指でタオルに2秒程度ふれたときに、ぬるさよりもじんわりとした熱さが感じられる程度だと良いです。

蒸しタオルは、絞った表面が熱すぎると、ひらいたときのタオルの表面がより高温になってしまい、火傷の危険があるため、温めすぎないように注意してください。

注意

製品によっては温まりすぎてしまう可能性もあるので、タオルの様子は目視するようにして、気になる場合には途中で確認しながら温めましょう。

蒸しタオル完成!

蒸しタオル完成

STEP2|蒸しタオルを30秒~1分間顔に当てる

蒸しタオルを顔にのせて、30秒~1分ほど時間をおきます

蒸しタオルを顔にのせて、30秒~1分ほど時間をおきます。

顔にのせたときに、じんわりとした熱さを感じ、頬や目元の疲れが取れたようなリラックスした気持ちになれました。

STEP3|クレイウォッシュで洗顔する

蒸しタオルで顔の表面を温めたら、ビーグレンのクレイウォッシュを使って洗顔をおこなっていきます。

顔を水で軽く濡らす。

顔を水で軽く濡らす

さくらんぼ大の大きさのビーグレン クレイウォッシュを手のひらにとり、両手になじませる。

さくらんぼ大の大きさのビーグレン クレイウォッシュを手のひらにとり、両手になじませる

毛穴汚れの気になる箇所を中心に、やさしく顔全体をマッサージするように撫でる。

毛穴汚れの気になる箇所を中心に、やさしく顔全体をマッサージするように撫でる

※クレイウォッシュは泡立てないで行う洗顔のため、無理にゴシゴシと泡立てないようにしてくださいね。

ぬるま湯でビーグレン クレイウォッシュを洗い流す。

ぬるま湯でビーグレン クレイウォッシュを洗い流す

乾いたタオルで水気を拭き取ったら洗顔終了。

乾いたタオルで水気を拭き取ったら洗顔終了

【結果】ビーグレンの蒸しタオル洗顔は1回では効果なし

ビーグレンの洗顔料、クレイウォッシュと蒸しタオルを使った蒸しタオル洗顔を終えたあとの毛穴汚れを、マイクロスコープで撮影し、蒸しタオル洗顔前と比較した結果がこちら。

蒸しタオル洗顔前後

毛穴汚れがなくなった!といえるほど汚れすっきり落ちたとはいえませんが、多少は毛穴汚れを洗い流すことができました。

クレイウォッシュと蒸しタオルを使った毛穴ケアが、クレイウォッシュだけを使った毛穴ケアをよりもどのくらい効果的かを調べるため、クレイウォッシュだけを使用したときの毛穴の汚れ落ちも検証してみました。

クレイウォッシュのみで洗顔

蒸しタオル+クレイウォッシュで洗顔したときの毛穴汚れ

クレイウォッシュだけを使用した洗顔と、クレイウォッシュを使った蒸しタオル洗顔をしたときの毛穴の汚れ落ちを比較すると、蒸しタオルを使ったときの方が毛穴汚れを落とせていることがよくわかりますね。

ただ、毛穴汚れがきれいになくなっているわけではなく、毛穴からポツポツとした角栓がまだ見える状態なので、1度きりではなく、日々継続してクレイウォッシュを使った蒸しタオル洗顔をおこなうのがおすすめですよ。

ビーグレンの蒸しタオル洗顔よりも効果があった毛穴ケア

本記事で行ったビーグレン クレイウォッシュでの蒸しタオル洗顔は、毛穴汚れを多少落とせたものの、毛穴汚れへの即効性が期待できないという結果となりました。

今すぐに毛穴汚れをすっきりさせたい!という方は、これまでハリツヤ研究所で行った毛穴ケア検証の中で、毛穴汚れへの即効性が期待できることが分かった以下の2つの方法がおすすめです。

毛穴に詰まった汚れをどうにかしてきれいさっぱり洗い流したい!という方は、ぜひ上の2記事を読んでみてくださいね。