中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

肌荒れしている時のメイクには、肌へのやさしさも大事ですが肌荒れの部分をカバーできるカバー力も大事ですよね。

とはいえ、ベースメイクは肌を摩擦したり配合成分が肌に直接触れたりするため、肌荒れの原因にもなりやすく、ベースメイク化粧品を選ぶのに苦労しているという人も多いのではないでしょうか。

そんな肌荒れに悩んでいる時におすすめしたいベースメイク化粧品が、BBクリーム。

BBクリームはカバー力が抜群な上、一本でベースメイクを完成させることができて便利なベースメイク化粧品ですよね。

本記事では、2018年7月現在のドラッグストアや百貨店で購入できるBBクリーム100商品を調査し、どのBBクリームが肌荒れ時でも使いやすいのか、100商品の成分表示を見て徹底的に検証してみました。

実際に肌荒れしているけれど、どんなBBクリームを使えば良いのか分からないという人は、ぜひ本記事の検証を参考にして、肌荒れ中でも使いやすいBBクリームを手にとって試してくださいね。

ファンデーションよりもBBクリームの方が肌荒れしない!

ファンデーションの写真

ベースメイクは、肌の綺麗に見せるために重要なメイクアップのポイント。

しかし、肌荒れしている時はどれだけ肌に負担をかけずに、肌荒れしている部分のカバーもできるかどうかがカギになってきますよね。

ベースメイク化粧品は大きく分けて化粧下地・ファンデーション・BBクリーム・CCクリームがあり、どれを選ぶべきか迷ってしまうこともありますが、実は肌荒れしている時はBBクリームを使用してベースメイクを行うのがおすすめなのです。

肌荒れしている時のベースメイクにBBクリームを使うことをおすすめしたい理由を詳しく解説していきます。

BBクリームが肌荒れしにくい理由

BBクリームは、もともと美容整形や傷跡のカバーのために使用する医療用クリームとしてつくられたメイクアップ化粧品。

手術でできてしまった傷跡などを隠せるように設計されているので、BBクリームのカバー力は抜群。

さらに、傷跡などを修復し、肌の状態を整える機能を持つ有効な成分も配合されているため、BBクリームはひと塗りで肌荒れをカバーしながらスキンケアもできる優れものなのです。

また、BBクリームにはファンデーションが持つ肌を均一に整える効果だけでなく、保湿やUVカット・化粧下地の効果も兼ね備えていることが多いため、メイクアップ化粧品を重ねることなく、BBクリームを一度塗るだけでベースメイクが完成します。

メイクアップ化粧品を重ねずに一塗りでベースメイクが完成するBBクリームは、肌への摩擦回数が減って肌荒れ悪化の予防にもなるのです。

ファンデーション
テクスチャークリーム・リキッド・パウダーなど、さまざまなタイプがある
効果・機能
  • メイクアップによって肌色を均一に整える
  • パウダーファンデーションは皮脂吸収作用があり、テカリを抑える
  • ツヤ肌・マット肌などなりたい肌質に合わせてアイテムを変えられる
 価格帯(相場)1,500円~15,000円
BBクリーム
テクスチャークリームタイプが主
効果・機能
  • 保湿化粧品・化粧下地・日焼け止め・コンシーラーなどのメイクアップ効果をひとつでカバーする
  • クリームタイプのテクスチャーで肌への密着力が高く崩れにくい
  • 種類によっては皮脂吸収作用があり、テカリを抑える
  • クリームに配合された油分によってツヤ感のある肌に仕上がる
 価格帯(相場)600円~7,000円

ファンデーションとBBクリームの大きな違いは、ファンデーションの方がさまざまなテクスチャーがあり、肌質や理想的な仕上がりに応じて好みのテクスチャーを選ぶことができるところ。

また、BBクリームと同様、ファンデーションの中にも保湿成分や抗炎症成分などの有効成分が配合されているものが多くありますが、ファンデーション機能を果たしつつ化粧下地やUVカットを一度で補えるBBクリームの方がお得感がありますね。

肌荒れしているときに避けたいベースメイクの塗り重ねによる肌摩擦を防ぎながら、肌への密着力が高く価格帯も手頃なものが多いBBクリームは、肌荒れしてしまったときのために一つは持っておきたいベースメイクアイテムです。

肌荒れ時にぴったりのBBクリームを選ぶ3つのポイント

ポイントを伝える女性

ファンデーションを使うよりも肌への負担が少なく、肌荒れしているときにこそ使いたいBBクリームは以下の3つのポイントを押さえて選びましょう。

肌荒れしているときに使いたいBBクリームを選ぶ3つのポイント

  • 肌荒れしやすい成分は配合していないか
  • 伸びがよく、肌に負担を与えないか
  • 肌荒れをカバーする力があるか

それでは、肌荒れしている時にこそ使いたいBBクリームの選び方のポイント3つについて詳しく説明していきます。

肌荒れしやすい成分を配合していないかどうか

肌荒れしているときはすでにある肌荒れを悪化させないだけでなく、新たな肌荒れを引き起こしてしまうような成分が配合されていないかどうかが大切です。

日本でつくられているBBクリームは、基本的に肌荒れを起こすと指定されている成分を配合できないようになっていますが、安全性の高い成分でつくられていても、肌のバリア機能が破壊されて肌荒れしている状態の肌には刺激になってしまうことがあります。

肌のバリア機能が衰えて敏感になった肌状態で使用することをすすめられない成分は、以下の6つ。

おすすめできない成分

  • 石油系界面活性剤
  • 防腐剤
  • 香料
  • 合成着色料
  • 合成紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー

BBクリームは名の通りクリーム状になっており、配合されている水や油分、保湿成分などを混ぜ合わせるために「界面活性剤」が用いられます。

界面活性剤の中には、石油などの合成物質からつくられた肌に刺激を与えやすい石油系界面活性剤があり、石油系界面活性剤を含むBBクリームを使用すると肌のバリア機能が低下している状態の肌は、さらなる肌荒れを引き起こしやすくなってしまいます。

また、製品が高温多湿の雑菌が繁殖しやすい環境にあっても、すぐに腐って使えなくなってしまうのを防ぐために配合される防腐剤も、使用する人の肌質によってアレルギー症状を起こしやすくなるので、使用を控えましょう。

他にも、肌荒れを引き起こしやすい合成香料や合成着色料・合成紫外線吸収剤・合成ポリマーがあるので、肌荒れを起こして肌のバリア機能が低下している状態の時は、以下を参考にして「無添加タイプ」のBBクリームを選んで使ってくださいね。

肌荒れしているときに避けたいBBクリームの配合成分
石油系界面活性剤コカミド・ラウレス硫酸Na

防腐剤

  • 保湿化粧品・化粧下地・日焼け止め・コンシーラーなどのメイクアップ効果をひとつでカバーする
  • クリームタイプのテクスチャーで肌への密着力が高く崩れにくい
  • 種類によっては皮脂吸収作用があり、テカリを抑える
  • クリームに配合された油分によってツヤ感のある肌に仕上がる

香料

精油・アニスアルデヒド

合成着色料

タール色素(赤色○号、青色○号など)

合成紫外線吸収剤

オキシベンゾン・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

合成ポリマー

ポリエチレン・シリコーン

伸びがよく、肌に負担を与えないかどうか

BBクリームはクリーム状のテクスチャーですが、クリーム状と一口に言っても商品によってクリームの固さや肌へのなじみの良さが変わってきます。

肌荒れしているときは肌への摩擦による負担を避けるために、クリームのテクスチャーが固すぎず、肌なじみの良いタイプのBBクリームを選んで使いましょう。

ドラッグストアや百貨店では実際に手にとってテクスチャーの固さを確かめられるBBクリームが多くあるので、力をかけずに伸ばすことができるか試してみてくださいね。

肌荒れをカバーする力があるかどうか

肌荒れしているときは極力メイクを控えたいところですが、仕事や招待の席ではどうしてもメイクをしなければいけない…という女性も多いのではないでしょうか。

しかし、「肌荒れが悪化するかも…でも、この憎き肌荒れはしっかりカバーしたい!」というのが本音ですよね。

カバー力が高いベースメイク化粧品ほど油分や着色料が多く含まれ、肌に負担をかけてしまいそうにも感じますが、カバー力が高くても肌にやさしいBBクリームも存在します。

BBクリームのカバー力の高さについては、次の見出しの調査の中で実証実験を行っているので確認してみてくださいね。

肌荒れ時に使いやすいBBクリームを100商品から徹底調査!

bbcreamを吟味する女性の写真

BBクリームはいまや数あるコスメブランドがひとつは発売しているメイクアップ化粧品。

市場に出回っているBBクリームから本当に肌荒れの時でも使えるものを、肌荒れに悩む皆さんにお伝えしたい…。

そんな思いから、実際に大手ドラッグストアや百貨店に出向き、プチプラからデパコス・通販限定商品まで、コスメブランドから発売されているBBクリーム100商品の成分表示を全て確認。

本当に肌荒れを起こしにくい成分のみでつくられたBBクリームを9商品まで厳選し、実際に使用してみて肌に刺激を感じないか、肌荒れをどれだけカバーできるかを実践して、肌荒れしている時こそ使いたいBBクリームの上位3商品を紹介します。

販売されているBBクリーム100商品をガチンコ調査

bbcreamを吟味する女性の写真

「肌荒れしているときのメイクアップにBBクリームを使いたい…でも、種類がたくさん多すぎて何を選べばいいのか分からない…」と悩んでは結局いつも通りのメイクアップ化粧品に戻ってしまう…という経験がある人は少なくないのではないでしょうか。

そんなBBクリーム選びの悩みを解決するため、店舗や通販で購入できるBBクリーム100商品の成分表示を、化粧品の成分を見極め、肌悩みに適切な化粧品を見分けられるコスメコンシェルジュの資格を持つ筆者が徹底的に解析。

肌荒れを引き起こしやすいとして挙げていた石油系界面活性剤やアルコールなどの刺激の強い成分を含まない、肌にやさしい成分でつくられたBBクリームだけを厳選しました。

bbcreamを吟味する女性の写真

100商品の成分分析にかかった時間は、のべ4時間…。

成分分析をしたBBクリーム100商品の一覧はこちら
  • MiMC ミネラルクリーミーファンデーション
  • プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション
  • セザンヌ UVファンデーション EXプラス
  • カバーマーク エッセンスファンデーション リキッド
  • TV&Movie 10minミネラルファンデ
  • ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション
  • インテグレート プロフィニッシュファンデーション
  • オンリーミネラル ファンデーション
  • ベアミネラル ベアプロリキッドファンデーション
  • クリニーク アクネカバーアップリキッド
  • ちふれ UVリキッドファンデーション
  • ヴァーチェ ミネラルリキッドファンデーション
  • ランコム UVエクスペールBB
  • マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール
  • エクスボーテ ビジョンファンデーション
  • マナラ BBリキッドバー
  • リソウ リペアリキッドファンデーション
  • アテニア BBクリーム
  • RMK UVリクイドファンデーション
  • dプログラム メディケイテッドリキッドファンデーション
  • ナチュラグラッセ モイストBBクリーム
  • パラドゥ お直しさんのパウダリィファンデーション
  • アヤナスAS BBクリーム
  • ヴァントルテ ミネラルリキッドファンデーション
  • エスティローダー ダブルウェア ステイインプレイスメークアップ
  • NARS ベルベットマットスキンティント
  • KATE パウダリースキンメイカー
  • MiMC ミネラルリキッドリーファンデーション
  • RMK リクイドファンデーション
  • オルビス パーフェクトUVリキッドファンデーション
  • 桜花媛 ナチュラルBBクリーム
  • マキアージュ ドラマティックリキッドUV
  • レブロン カラーステイ メイクアップ

時間をかけて選び抜いた、肌荒れしているときでも本当に安心して使える成分だけで構成された「肌荒れ時にこそ使って欲しいBBクリーム」9商品がこちらです。

bbcreamを並べる女性の写真

ウィッチズ
ポーチ
BBクリーム
アベンヌ
デイプロテクターBB
ナチュラ
グラッセ
モイストBBクリーム
bbcream

bbcream

bbcream

SPF28/PA++

SPF30/PA+++

SPF43/PA+++

35g/2,000円(参考価格)

40g/3,000円(参考価格)

27g/2,800円

ベビーピンク
BBクリーム
マナラ
BBリキッドバー

フォルミュール
プロテクトBBクリーム
マルチブロック

bbcream

bbcream

bbcream

SPF44/PA+++

SPF35/PA+++

SPF25/PA+++

22g/1,000円

7g/初回限定:2,937円/通常価格:3,672円

30g/2,500円

キュレル
BBクリーム
スキンフード
ビタウォーターティンテッド
モイスチャライザー

MiMC
GRACEリペア
BBクリーム

bbcream

bbcream

bbcream

SPF30/PA++

SPF30/PA++

SPF23/PA++

30ml/680円

40g/2,300円

30g/通常購入:6,000円/定期購入:5,100円

厳選9種のBBクリームの摩擦による刺激性を検証!

bbcreamの集合写真とbbcreamを塗っている女性の写真

市販されているBBクリーム100商品の成分を分析して9商品を厳選しましたが、続いて厳選した9商品のBBクリームを実際に使用して、本当に肌に刺激を感じないのかどうかを確認していきます。

プロフィールと写真

肌が敏感な状態になっており、主に頬の上部に赤みやかゆみが出てしまっている使用体験者の肌ですが、厳選した9商品のBBクリームを塗った時に、摩擦による赤みやかゆみといった刺激を引き起こすことはないのでしょうか。

9つのBBクリームを敏感状態の肌に塗ったときに感じた摩擦による刺激性を一覧にまとめてみました。

商品名

刺激性

ウィッチズ ポーチ BBクリーム

少しあり

アベンヌ デイプロテクターBB

なし

ナチュラグラッセ モイストBBクリーム

なし

ベビーピンク BBクリーム

なし

マナラ BBリキッドバー

なし

フォルミュール

プロテクトBBクリーム マルチブロック

なし

キュレル BBクリーム

なし

スキンフード ビタウォーターティンテッド モイスチャライザー

なし

MiMC GRACEリペアBBクリーム

なし

厳選した9商品とも特に肌につけた瞬間には痛みやかゆみを感じることはありませんでした。

しかし、ウィッチズポーチ BBクリームは、テクスチャーが固く肌に伸ばしにくさがあったため、肌に摩擦による負担がかかり、肌に塗り伸ばした後に肌にピリピリとした痛み・かゆみを感じました。

配合成分によるかゆみや痛みではないものの、敏感肌タイプの人は使用するときにより丁寧にやさしく塗りのばすなど、BBクリームの塗り方の注意が必要です。

100個の中から厳選した9つのBBクリームで、BBクリームを肌につける時の摩擦によって刺激を感じたのは「ウィッチズポーチ BBクリーム」のみという結果になり、他8商品は赤みやかゆみを引き起こすことのない安全性の高いBBクリームであると分かりました。

厳選9種のBBクリームの肌荒れカバー力を検証!

bbcreamの集合写真

100個の中から厳選したBBクリーム9種類の刺激性の有無が検証できましたが、次は肌荒れをカバーする力がどれだけあるのかを検証していきます。

肌荒れしているときは、肌にやさしいBBクリームであることはもちろんのこと、肌荒れしている部分をカバーできるかどうかも大切ですよね。

極度の敏感状態で頬に赤みを帯び、ニキビやニキビの跡が目立つ筆者の肌悩みをどれだけカバーすることができるのか、実際に9商品を試して一覧にまとめてみました。

bbcreamの使用前と使用後の肌の写真
bbcreamの使用前と使用後の肌の写真
bbcreamの使用前と使用後の肌の写真
bbcreamの使用前と使用後の肌の写真bbcreamの使用前と使用後の肌の写真
bbcreamの使用前と使用後の肌の写真bbcreamの使用前と使用後の肌の写真
  
bbcreamの使用前と使用後の肌の写真bbcreamの使用前と使用後の肌の写真

厳選した9種類のBBクリームのカバー力を検証してみたところ、カバー力が高く肌荒れによる肌の赤みやニキビ・ニキビ跡をほとんど分からなくなる程度まで隠すことができたのが、「マナラ BBリキッドバー」「フォルミュール プロテクトBBクリーム マルチブロック」「MiMC GRACE リペアBBクリーム」の3商品でした。

1/100が決定!肌荒れ時こそ使いたいBBクリームとは

bbcreamランキング写真

市販されている100個のBBクリームの中から、肌荒れしているときでも安心して使える配合成分でつくられた9商品を厳選し、さらに塗り伸ばすときの肌摩擦も少なく、カバー力もある三拍子揃ったBBクリームTOP3を決定しました。

コスメコンシェルジュの筆者が実際に肌荒れを起こしてしまった肌に塗ってみて、どんな人にもおすすめできると感じたBBクリーム3商品をランキングで発表します。

 MiMC GRACE リペアBBクリーム(SPF23/PA+++)  
内容量:30g 通常購入:6,000円 定期購入:5,100円(税抜)

bbcreamとそれを塗る前と塗った後の写真

「天然由来で肌に安全であると認められた成分しか使用しない」という信念を掲げているMiMC GRACEのリペアBBクリームは、厳選した9商品の中でも最もカバー力が高くうるおい感に満たされた使い心地でした。

肌荒れが気になっている部分に優しく塗り伸ばすだけで、肌荒れをカバーしつつツヤを生み出して、肌荒れによってくすんだり色ムラができたりしている肌を均一な状態に導きます。

発売されているリペアBBクリームの色は1色のみですが、日本人の肌の色に合わせてどんな人にもなじみやすいイエローベージュなので、自然でナチュラルな印象に仕上がりますよ。

こんな仕上がりになりたい人におすすめ

  • 肌に自然なツヤを与えたい人
  • ナチュラルに仕上げつつ、肌荒れ部分をカバーしたい人
  • 肌荒れによる肌のくすみや色ムラを飛ばしたい人

 フォルミュール プロテクトBBクリーム マルチブロック(SPF25/PA+++)  
内容量:30g 2,500円(税抜)

bbcreamとそれを塗る前と塗った後の写真

皮膚科学に基づいて開発されたスキンケアシリーズ「ドクターフィルコスメティクス」から発売されているフォルミュール プロテクトBBクリーム マルチブロックは、紫外線や大気に含まれている刺激を引き起こす物質から肌を守り、肌荒れの原因をブロック。

一見グレーがかったような色味なので、イエローベースで中間色~色黒な人よりも、ブルーベースで色白な肌の人のほうが似合うテクスチャー。

肌への伸ばしやすさはありながら、肌荒れしている部分をしっかりとカバーできるので、マット感のある使い心地が好きな人におすすめですよ。

こんな仕上がりになりたい人におすすめ

  • 肌をマットに仕上げたい人
  • 肌にしっとり密着させて高いカバー力を期待する人

マナラ BBリキッドバー(SPF35/PA+++)  
 内容量:7g 初回限定:2,937円/通常価格:3,672円

bbcreamとそれを塗る前と塗った後の写真

スティックタイプという新感覚な使い心地のマナラ BBリキッドバーは、肌にのせるとすぐにとろけるBBクリームなので、固いイメージのスティックタイプながら肌への摩擦を感じさせません。

肌に線状に置いたBBクリームを付属のやわらかいスポンジで、トントンとやさしく叩くように肌になじませれば、手を汚さずになめらかでしっとりとした質感の均一な肌に仕上がります。

付属のスポンジを使えば手を汚すことなく使うことができ、今回100種類から厳選したBBクリームのTOP3の中では最も手早く肌に伸ばすことができ、時短メイクを叶えてくれますよ。

こんな仕上がりになりたい人におすすめ

  • 肌に自然なツヤを与えたい人
  • ナチュラルに仕上げつつ肌荒れ部分をカバーしたい人
  • 肌にやさしく時短で化粧を済ませたい人

肌荒れもカバーできる!BBクリームの塗り方を解説

肌荒れをカバーするには、カバー力の高いBBクリームを使うことはもちろんですが、BBクリームの塗り方にもポイントがあります。

メイク初心者でも簡単にできる「肌荒れをカバーできるBBクリームの塗り方」を詳しく解説していくので、ひとつで何役もこなせるBBクリームを使って時短しながら肌荒れの気にならない綺麗な肌に仕上げていきましょう。

BBクリーム前には必ず保湿をする

BBクリームを肌に塗る前には、必ず肌をうるおして整える保湿を行いましょう。

保湿には肌質に応じたスキンケア化粧品を使用して、肌に水分を与える化粧水だけでなく、水分を閉じ込める乳液や保湿クリームまで使うことが大切です。

また、保湿をしたあとは、肌にスキンケア化粧品がなじみきるまで待ってからBBクリームを塗ってください。

肌の表面にスキンケア化粧品の油分や水分が残っている状態でBBクリームを塗ってしまうと、BBクリームとスキンケア化粧品の油分や水分が混じり、塗りムラができてしまいます。

スキンケア化粧品が肌になじんだかどうかは、スキンケア化粧品をなじませた肌にティッシュを1枚押さえつけて2秒以内にはがれ落ちるかどうか確認してみましょう。

2秒以内にティッシュがはがれ落ちれば、スキンケア化粧品が肌になじんでBBクリームを塗るのに最も適した状態。

ティッシュを使ったスキンケア化粧品の肌なじみチェックで、BBクリームを塗るのに最適なタイミングを見極めましょう。

▼関連記事はこちら

BBクリームは指先で優しく伸ばすのが鉄則

クリーム状のテクスチャーでなめらかに伸びるBBクリームは、強く肌をこすって塗りこまない限り、塗り伸ばす時に肌に負担がかかることはありません。

BBクリームを顔に塗り伸ばす時に最も力の加減を調節しやすいのが、指でBBクリームを塗り伸ばす方法なので、BBクリームは指でやさしく力を入れずに塗っていきましょう。

指を使ったBBクリームのやさしい塗り方

  1. 適量のBBクリームを手のひら・手の甲にとり、左右の頬に3箇所、額・顎・鼻の頭頂部に1箇所ずつBBクリームを点置きする
  2.  点置きしたBBクリームを顔の内側から外側に向かって、力の入りにくい中指・薬指を使ってやさしく肌を撫でるように伸ばしていく
  3. 塗りムラが出やすい目元や口元、フェイスラインにも中指・薬指を使ってやさしく伸ばしていく

BBクリームのつけすぎ防止にスポンジをトントン

BBクリームを顔全体に指を使ってやさしく塗り伸ばしたあとは、BBクリームの塗りムラやつけすぎをやさしくオフするために、顔全体をスポンジでトントンと叩く仕上げ作業を行いましょう。

余分についてしまったBBクリームをスポンジで吸い取りながら、トントンとやさしくなじませてあげることで肌への密着効果が増し、化粧崩れの防止になります。

肌荒れしている時は、肌になるべく摩擦を与えないために化粧直しの回数も少なくするのが理想的。
BBクリームでのベースメイクをより美しく仕上げながら、化粧崩れも防止できるおすすめのメイクの裏技です。

肌荒れカバーしたい箇所はBBクリームを重ね塗り

ニキビによる赤みや敏感肌の赤みなどが、BBクリームを一度伸ばしただけでは隠し切れない場合、肌荒れをカバーしたいところにBBクリームを重ね塗りするのがおすすめです。

顔全体に二度塗りしてしまうと、顔全体が厚塗りしているように見えてメイクが浮いているように見えるので、肌荒れ部分の輪郭をぼかすようにBBクリームを塗り重ねましょう。

BBクリームを塗り重ねるときも、肌に強く摩擦をかけないようにゆっくりと優しく、円を描くようにトントンとBBクリームを重ねるのがポイントですよ。

BBクリームでテカる人は仕上げにパウダーをプラス!

BBクリームには保湿効果を得るためにミネラルオイルなどの油分が配合されていますが、油分の配合量が多かったり、BBクリームを使用する人の肌質が脂性肌だったりする場合は、テカリが出てしまうことがあります。

肌のテカリが気になる人は、BBクリームを顔全体に均一に塗り伸ばしたあと、ミネラルタイプのフェイスパウダーを使用してテカリの原因となる油分を抑えましょう。

ミネラルタイプのフェイスパウダーは天然成分のみでつくられており、肌荒れしているときでも安心なので、肌荒れしているときのBBクリームを使ったメイクの仕上げにぴったり。

ミネラルタイプのフェイスパウダーは、柔らかく大きなブラシにとったら、手の甲で一度はたいてから使うとダマになったり塗りムラができたりせず、ナチュラルで均一な仕上がりになります。

乾燥による肌荒れが気になる人は、顔全体にミネラルタイプのフェイスパウダーをのせるのではなく、テカリがでやすい額から鼻筋にかけてのTゾーンにのみつけましょう。

部分的にメイク方法を変えることで、日中乾燥しやすい頬などはBBクリームの油分で保湿されつつ、Tゾーンのテカリを抑えたバランスの良い肌に仕上げてくれますよ。

まとめ

肌荒れしているときでも安心して使用することができ、肌荒れの悪化を防ぎながらカバー力が高いBBクリームを市場に出回っている100種類ほどから、配合成分を見極めて9種類厳選し、100商品の中のTOP3を挙げてみましたが参考になりましたか?

今まで数千の化粧品を見てきたコスメコンシェルジュの筆者でも、なかなか普段目にしない化粧品メーカーから発売されているBBクリームもあり、さまざまな商品に埋もれていた肌荒れの時でも本当に安心のBBクリームを発掘することができました。

肌荒れを起こしにくい成分で、塗るときの肌への摩擦もなく、カバー力も高い、3つのポイントが揃ったBBクリームの上位3商品は、どんな肌荒れに悩む人でも安心して使えると太鼓判を押せるBBクリーム。

自分のなりたい仕上がりに合わせて、本記事でおすすめしたBBクリームを選び分けて使って、肌荒れに悩む方のメイクアップの悩みが少しでも解決できることを願っています。