肌潤石鹸アイキャッチ
中山侑花プロフィール

大人ニキビの悩みに特化した美容家

名嘉山 侑花

KOSEの人気スキンケア化粧品!米肌の肌潤石鹸

固形石鹸なのに泡立てネットいらずで簡単にきめ細かいフワフワの泡が立つ、肌の汚れをごっそり落としてくれるのにしっとりするなど、良い口コミばかりがあっても自分の肌に合うのかどうか気になりますよね。

毛穴の詰まりをキレイに取って、肌がしっとりスベスベになる洗顔石鹸を使いたい方のために、肌潤石鹸を試用してみました。

肌潤石鹸で洗顔したあと、肌がつっぱらないかなど本音でレビューしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ライスパワーNo11で肌がしっとり。
肌潤石鹸の特徴

★★★★☆
泡立ち      :4.5
保湿       :4.5
毛穴汚れ     :4.0
透明感      :5.0
ブースター効果  :4.5

(米肌)肌潤石鹸は”こんな悩みの方”におすすめ

  • 毛穴を引き締めて、目立たないようにしたい
  • 透明感のある美肌になりたい
  • 鼻の黒ずみや毛穴の汚れをとりたい
  • 同世代に若く見られたい
  • 肌をしっとり潤わせたい
価格内容量内容
3,500円
(税抜)
80g送料無料
 

枡にお米

米肌(MAIHADA)シリーズの肌潤石鹸は、私たち日本伝統の技術である発酵に着目して開発された洗顔石鹸です。

日本の主食であるお米を発酵させた米麹は、お酒や調味料のもととなるものですが、肌の保湿効果のある麹セラミドが発見されており、肌の乾燥を防ぎ潤いを保つ役割があります。

その麹セラミドと同様の働きをもつのが、肌潤石鹸に配合されているお米から抽出して発酵・熟成してつくられた成分「ライスパワー®No.11」です。

肌潤石鹸は、ライスパワー®No.11の他にビフィズス菌発酵エキスと大豆発酵エキスの3つの美容成分が贅沢に配合されており、洗顔によって奪われがちな肌の潤いを防ぎ、肌表面の保水力を高める効果を発揮してくれます。

肌潤石鹸のメリット

1.肌潤石鹸は泡立てネットが無くても、手で簡単にきめ細かいクリーミーな泡が立てられるため、肌に刺激を与えず毛穴に詰まった古い角質や汚れを取り除き、潤いある肌に仕上げてくれます。

2.ブースター(導入)効果もあるので、洗顔後の化粧水や美容液などが肌の角質層へ素早く浸透していくので保湿力アップ。

3.肌潤石鹸は、肌の刺激に敏感な方にも使用できる無香料・無着色・鉱物油フリー・石油系界面活性剤フリーなので、肌に優しい成分でつくられているので安心です。

【米肌】肌潤石鹸の良い口コミ・悪い口コミをご紹介

パソコンをする女性

洗顔石鹸に限らず、化粧水や乳液などスキンケア化粧品を購入するときには、商品の広告だけでなく実際に商品を使った人の口コミも確認する人が多いのではないでしょうか。

肌に合わないスキンケア化粧品を使用すると、肌に赤みや痛みを伴う可能性があるので、実際に商品を使用した人からの口コミを見て、自分の肌に使用しても問題ないのか確認することは重要です。

米肌の肌潤石鹸は、米肌公式HPに515件の口コミが寄せられていた(※2017年12月15日現在)ので、多く見られたので良い口コミと悪い口コミを紹介していきます。

【良い口コミ】泡立ちの良さ・洗い上がりのしっとり感

手でOKサインを出す女性

米肌の公式HPにあった肌潤石鹸の口コミを確認していた中で、多く寄せられていた良い口コミが「泡立ちの良さ」と「洗い上がりのしっとり感」でした。

米肌の肌潤石鹸は、ホイップクリームのように濃密な泡が作れることを特徴の1つとしているので、「ひとつひとつの泡がきめ細やかで気持ちよく洗顔できる」という口コミが多かったです。

また洗顔して顔をすすいだ後に、さっぱりするのにも関わらず、つっぱり感もなくしっとりするという口コミも多く寄せられていました。

米肌の肌潤石鹸には、ライスパワー®No.11やビフィズス菌発酵エキス、大豆発酵エキスなど全部で6種類の保湿成分を配合しています。

米肌の肌潤石鹸でできる濃密な泡と豊富な保湿成分が、洗い上がりのさっぱり感としっとり感を実現していると推測できるのではないでしょうか。

その他の良い口コミをご紹介

  • 肌がワントーン明るくなったように感じる
  • 毛穴汚れがスッキリしてきたように見える

【悪い口コミ】値段の高さ・ネットがないと泡立たない

手で小さくバツを作る女性

米肌の肌潤石鹸にみられた悪い口コミの中で最も多く感じられたのは、値段が高いということ。

肌潤石鹸の定価は3,500円(税抜)なので、スーパーやドラッグストアで市販されている500円前後の洗顔料と比較して高く感じる人が多いのは納得ですね。

商品の効果を実感したからとはいえ、自分にとって使い続けやすい価格でないと2個目、3個目と購入することが難しいため、悪い口コミに繋がっていると考えられます。

また米肌の肌潤石鹸は、公式HPに「泡立てネットなしでも泡立つ」と記載があるのですが、人によっては泡立てネットなしでは泡立たないとの口コミがありました。

普段から洗顔石鹸や洗顔フォームを泡立てていない人や、泡立てネットでしが泡立てたことがない人にとっては、濃密な泡を作るのが難しいようでした。

また普段から泡立てネットを使用して洗顔料を泡立てている人にとっては、「濃密な泡」が作れないとの悪い口コミも見られました。

その他の悪い口コミをご紹介

・洗顔後にさっぱりしすぎるので肌に合わないと感じた

・お風呂で使用していると溶け崩れてしまう

【米肌】肌潤石鹸を公式HPから購入してみました!

肌潤梱包

今回は、米肌の公式HPから肌潤石鹸を購入したところ、開封してみると肌潤石鹸以外にも、お礼状や新商品のキャンペーンリーフレット、使用の注意書きが入っています。

「美味しいと、美しいは、近かった。」キャッチーな言葉にうれしい気分が高まりますね。

口コミは本当?米肌の肌潤石鹸で洗顔してみた

米肌の肌潤石鹸

米肌の公式HPに見られる口コミは、泡立ちの良さや洗顔後のしっとり感に良い評価が集まっている一方で、肌が乾燥したり、うまく泡立てられなかったりしたという悪い口コミ評価も少なからず見受けられました。

そこで、ハリツヤ編集部で実際に米肌の肌潤石鹸を使用してみて、泡立ちや洗い上がりについて検証していきました。

【検証1】見た目や香りの分かる特徴について

肌潤石鹸を手に置く

石鹸表面に粉吹きが見られた

米肌の肌潤石鹸を開けたときに、洗顔石鹸の表面に白く粉が吹いている様子が見られました。

不良品なのかと気になりましたが、米肌の公式HPには、植物性100%の高純度の洗浄成分が配合されているため、場合によっては粉吹きが見られるとのこと。

また1度使用すると粉吹きが改善されると書かれていたので使用後に様子をみたところ、確かに粉ができることはなかったので安心しました。

ほとんど匂わない無臭石鹸

肌潤石鹸は、無香料でも発酵エキス配合で作られているため、強いニオイがするかと気になりましたが、無臭でほんの少し甘い香りがします。

洗顔料などのスキンケア化粧品には、肌に刺激を与える元となる合成香料が含まれていることがありますが、米肌の肌潤石鹸は香料不使用なので、肌が刺激に弱い人にとっては安心できる1つのポイントになるのではないでしょうか。

ただ、スキンケアのときにはリラックスできる香りを楽しみたいなど、匂いに対してこだわりがある人にとっては物足りないと感じました。

【検証2】泡立てネット不使用でも泡立てられるのか

米肌の肌潤石鹸にあった悪い口コミの中には、泡立てネットを使わないと泡立てられなかったという声が少なからず見られます。

そこでハリツヤ編集部では、米肌の肌潤石鹸を手のひらで泡立てられるかどうか試していきました。

手のひらと肌潤石鹸をぬるま湯に濡らし両手でよく馴染ませてから、水分も足して空気を含ませながら泡立てていきます。

キメ細かい泡

その結果、泡立てネットを使わなくても簡単にフワフワでキメ細かい泡を作ることができました。

泡のキメ細かさや手触りは、手で泡立てたとは思えない程ふわふわで弾力があるため、手を逆さにしても垂れることなく落ちません。

「泡の吸着力がすごい」「びっくりするぐらい弾力のあるモチモチ泡」といった口コミの通り、実際に泡立てると濃厚で細かいフワフワの泡でした。

一方、泡立てネットを使い米肌の肌潤石鹸を泡立ててみたところ、手のひらで泡立てたときよりも、よりキメ細かいメレンゲのような軽い泡が立ちました。

泡立ち比較

今回の実験では手のひらでもフワフワとした泡を作ることができましたが、普段から泡立てるのが苦手な人や、濃密で豊富な泡がつくりたい人は、泡立てネットを使用するのがおすすめです。

【検証3】洗顔時の洗い心地

実際に米肌の肌潤石鹸を使用して洗顔をすると、綿菓子のようにフワフワした泡なのに、肌の上に乗せるとすべりがよく、泡の弾力も感じられました。

泡に弾力があると、ゴシゴシ顔をこすらなくても泡で顔をなでるように洗顔ができるので、肌と手のひらの摩擦がおきにくく、肌の刺激に弱い方も安心できるのではないでしょうか。

また米肌の肌潤石鹸は無香料ということもあり、洗顔時には特に香りを感じなかったため、ニオイが苦手な方におすすめです。

【検証4】洗い上がりのしっとり感

米肌の肌潤石鹸で洗顔が終わった後の洗い上がりは、肌がしっとりとして、肌のトーンが上がり透明感が出たように感じました。

また洗顔後には肌のつっぱりを感じることもなく、しっとりサラサラに仕上がったのも嬉しいポイント。

きめ細かい豊かな泡が、肌表面の古い角層や毛穴の汚れをしっかり取ってくれたことに繋がっていると推測できます。

ただ洗顔直後のつっぱり感がないものの、時間が経つと肌がだんだんと乾燥したため、米肌の肌潤石鹸で洗顔をしたあとにはすぐ保湿スキンケアをしてくださいね。

【米肌】肌潤石鹸を使用してみた感想

❤肌潤石鹸の気にいったところ

固形石けんは、泡立てネットやスポンジなしで簡単に泡立たないと思っていましたが、時間もかからず角が立つほどフワフワに泡立てることができました。

とても軽い泡なのに、肌につけるとクリーミーですべりが良く、洗顔中は泡が潰れることなく肌に摩擦を与えない細かい泡で心地よいです。

肌潤石鹸は、肌表面の古い角層を泡の洗浄力で取り除いてくれるのでブースター効果があるため、洗顔後に浸透しにくいオールインワンゲルを使ってみたところ、いつもより浸透しやすく早く肌になじみました。

私は乾燥肌に近いので石鹸で洗顔した後、肌がピリピリしたりつっぱりを感じやすいのですが、肌潤石鹸で洗顔したときは肌の刺激を感じず、しっとりとスベスベになり時間が経ってからようやくつっぱり感がでたくらいですよ。

肌の刺激やピリピリ感じて肌トラブルになりやすい敏感な方でも安心で、保湿効果を得られる魅力的な石鹸だと思います。

▲肌潤石鹸の気になるところ

肌潤石鹸を使用して気になったところは、石鹸なのでお風呂場で使用するときに専用のケースや置き場を考える必要があります。

肌潤石鹸は、溶けにくいですがお風呂場でシャワーなどの水がかかり減ってしまうことがあるため、チューブタイプの洗顔料のように気軽に置けないですよね。

毎日よい状態で使うためには、水はけのよい石けんトレイか、使用後は乾燥させるなど濡れたまま放置しないようにしましょう。

口コミでは「泡切れがよい」とコメントがありましたが、今回は撮影のため泡立てネット使用し、洗面ボールのお湯で顔を洗い流したので泡切れがよいとは感じられませんでした。

しかし、肌潤石鹸は手だけできめ細かく泡立てることができ、少量で肌の汚れを落とせるためメーカー推奨の使用方法で洗い流すと泡切れがよくなるでしょう。

泡立てネットを使用すると石鹸の分量が多くなり、かえって洗い流しにくくなる可能性もありますので、手だけで泡立るほうがよいといえます。

泡が肌の汚れを抱え込み毛穴の汚れを取り除いてくれるため、肌に泡が残らないようにぬるま湯でしっかり洗い流すことをおすすめします。

肌潤石鹸は、保湿成分が入っていますが、洗顔後に肌に何もつけないまま放置するとつっぱりを感じる可能性がありますので、化粧水や美容液、乳液などで保湿して潤いを高めましょう。

【米肌】肌潤石鹸を試すお得な方法

肌潤石鹸を含む基礎化粧品は「トライアルセット」で試すのがおすすめ!

肌潤石鹸公式リンク

【米肌】肌潤石鹸を含む基礎化粧品は公式サイトや楽天市場などで販売されています。

肌潤石鹸だけでなく、基礎化粧品も気になる方は、トライアルセットを試してみてはいかがでしょうか。

14日間たっぷり使えるので、肌潤石鹸だけでなく化粧水、エッセンス、クリーム、パックまで肌の潤い感を確かめることができます。

トライアルセットがどこで購入できるのか、価格や条件を各販売サイトごとに比較してみました。

価格を比較すると、送料無料の公式サイトでの購入が断然お得です。

トライアルセットには、非売品の肌潤化粧水パックがついてきますので、しっかり肌の汚れを肌潤石鹸の泡で落とした後に試してみてくださいね。

販売サイトお得なトライアルセット送料
公式サイト
米肌オンラインショップ

14日間トライアルセット:1,500円(税込)
初回限定(お一人様1点限り)
非売品シートパックつき
送料無料
Amazon
なし
楽天市場
14日間トライアルセット:1,500円(税込)
初回限定(お一人様1点限り)
非売品シートパックつき
送料別

肌潤石鹸を気にいったら定期便にするとお得!

公式サイトで肌潤石鹸は、定期的に自動で届けてくれるシステムがあり、毎月・2ヶ月ごと・3ヶ月ごとを選択できます。

【安心の変更システム】

定期便の解約は、3回目のお届け完了後から停止することができます。

お届け日の変更・スキップ、および解約については、公式ホームページに記載しているコールセンターまで問い合わせてくださいね。

肌潤石鹸定期便で購入するとお得な5つのポイント

・初回限定でもう1個プレゼント。

・使い続けると3回に1度、同じ商品をプレゼント。

・続けるとマイルが溜まってプレミアム品と交換できる。

・いつでも送料無料