無添加石鹸アイキャッチ

無添加石鹸というと、肌にやさしい印象がありますよね。
しかし実は、肌に刺激を与えてしまう無添加石鹸もあることを知っていますか?

そこで本記事では、本当に肌にやさしい無添加石鹸の見極め方と、おすすめの無添加石鹸を紹介します。

無添加石鹸を正しく選ぶと、「ニキビ」「毛穴の汚れ」「肌の乾燥」…といった肌悩みも改善することができますよ。

 無添加石鹸と界面活性剤の関係

soap111

石鹸をはじめとする洗剤には、界面活性剤という洗浄成分が使用されており、本来混ざり合うことのない油分と水分を融合させるため、皮脂を吸着して水でさっぱり洗い流すことができます。

界面活性剤と聞くと肌に良くないイメージがありますが、実際にはソフトクリームやマヨネーズといった食品にも界面活性剤は使用されていますし、化粧水・クレンジング・バーム・メイク用品・シャンプー・ボディソープなどにも界面活性剤は使用されています。

界面活性剤が本当に悪なら、化粧品や食品に含まれているわけがありませんよね。

界面活性剤は、石油や石炭などを人工的に合成して作られた合成界面活性剤と、牛脂などの動物成分やヤシ油などの植物成分を使用して作られた、天然界面活性剤の2つに分かれます。

食品や化粧品に使用される界面活性剤はそれぞれに決められた法律があり、身体に害のない界面活性剤しか使用することができないと決められています。

界面活性剤が入っている食品や化粧品だから身体に悪いのではないか、という心配は全くありません。

ただ、合成界面活性剤は食器用洗剤や洗濯用洗剤にも含まれる洗浄剤で、合成界面活性剤の洗浄力の強さはフライパンの油汚れがきれいに落ちるのと同様、肌を保湿するために必要な皮脂を奪ってしまうほど強力です。

私たちが普段使用している洗顔料の中には、洗浄力を高めるために合成界面活性剤を配合した洗顔料が多数あります。

例えばドラッグストアやスーパーで見かける洗顔フォームは、ほぼすべての商品に合成界面活性剤が使用されています

無添加石鹸を含む洗顔石鹸の特徴のひとつは、天然の界面活性剤を使用した洗顔料であることです。

合成界面活性剤すべてが悪いということではないのですが、肌に刺激を与えない洗顔料を選びたいと考えている方なら、合成界面活性剤で作られる洗顔フォームよりも、天然の界面活性剤で作られた洗顔石鹸を選ぶのがおすすめです。

無添加石鹸には偽物がある!

soap001

無添加石鹸とは、国によって決められた一定の成分を含まない石鹸のことを指します。

国によって定められている成分は、身体になんらかの害をもたらす可能性がある、旧指定成分という102種類の成分のことで、今から約30年前に定められました。

旧指定成分が定められて約30年が経ち、その間に新たな成分も登場したり、最近になって害が発見された成分もあります。

身体に影響がある恐れを持つ成分が次々登場しているのに、法律で定められていないから、大丈夫だろうという憶測で使用されているのです。

安全性が確認できていない成分が含まれていたとしても、旧指定成分が含まれていない場合は、無添加石鹸とうたって販売しても、法律的に何の問題もないというのが現状なのです。

もちろん、無添加石鹸として販売されている商品の中には身体に害がある成分を一切使用しない安心・安全な無添加石鹸もあるのですが、無添加石鹸だから身体に良いという考えは、おすすめできません

特に、敏感肌や乾燥肌に悩みを持っていたり、洗顔料によっては肌に赤みや痛みなどが表れる方は、やみくもに無添加石鹸を選ぶことは避けましょう

無添加石鹸の本物・偽物の区別の仕方

手を顎に当てて悩んでいる女性の画像

では、本当の意味で無添加石鹸なのはどのようなものなのか。それは石鹸の素材だけで構成されている「純石鹸」と呼ばれるものです。

明確な基準がない無添加とは異なり、純石鹸は脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムが98%以上と定められています。

また、成分を全て表示する義務があるため、パッケージの成分表をきちんと確認できれば本物と偽物の区別がつくのです。

例えば純石鹸の場合、

  • 石鹸素地(石けん素地)100%
  • 石鹸素地(石けん素地)98%以上
  • 純石鹸分98%以上
  • 脂肪酸ナトリウム(or脂肪酸カリウム)98%以上
  • 植物性石けん素地

…などと表記されています。

shabondamasekken

上記にあるシャボン玉石けんやミヨシの白いせっけんといった固形石鹸は、パッケージの表に「石けん素地100%」ときちんと表記されているため、添加物を一切使用していない純石鹸であることがわかりますね。

洗顔石鹸として使用できますし、赤ちゃんに使うソープとしても使用できます。

添加物を含んでいる無添加石鹸は、成分表に「カリ含有石ケン素地、水、ミリスチン酸…」といったたくさんの添加物が表記されているので一目瞭然です。

また合成界面活性剤が入っている洗顔石鹸の場合、成分表示は語尾に以下のような表記がされています。

  • 〜硫酸
  • 〜グルタミン酸
  • 〜グリシン
  • 〜硫酸塩

合成界面活性剤は洗浄力の高さや脱脂力で肌のバリア機能を低下させてしまうため、乾燥肌や敏感肌の人は注意が必要ですね。

ただし、すべての合成界面活性剤が肌に悪影響を与えてしまうわけではありません。

たとえば「ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド(コカミドDEA)」「ラウロイルメチルーB-アラニンナトリウム液」などの合成界面活性剤は、肌への低刺激性から、昔から多くの化粧品に使われている成分です。

肌へ刺激を与えにくい合成界面活性剤の例

  • ラウロイルメチルーΒーアラニンナトリウム液

ラウロイルメチルーΒーアラニンナトリウム液は、洗顔料などの泡立ちを良くするのが主な目的の合成界面活性剤です。

「肌と同じ弱酸性」という低刺激性から、ラウロイルメチルーΒーアラニンナトリウム液は洗顔料の他、ベビー用のシャンプーなどにもよく使用されています。

  • ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド(コカミドDEA)

ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミドも、洗顔料の泡立ちを良くしてくれる合成界面活性剤です。

 発ガン性を疑う人もいますが、お茶やコーヒーと同程度の危険性のため、ほぼ問題はありません。

本物の無添加石鹸(純石鹸)のメリット

合成界面活性剤不使用なのに高い洗浄力

soap002
石鹸の素材だけで構成されている無添加石鹸は純石鹸であることはおわかりいただけたと思いますが、合成界面活性剤が入っていない純石鹸に洗浄力はあるのでしょうか?

純石鹸は水に触れるとアルカリ性に変化します。

アルカリ性にはタンパク質を溶かす性質があり、合成界面活性剤を使用せずとも皮脂や古い角質、角栓を落とすことができるのです。

また、天然由来の洗浄成分で肌に対する刺激も抑えます。

天然由来の保湿成分が含まれる

頬に手をあてて微笑む女性の画像

純石鹸の製法は釜焚き製法(ホットプロセス)とコールドプロセスと呼ばれるものが一般的です。

釜焚き製法は、天然植物油と苛性ソーダを高熱で焚き上げ、幾つもの工程を重ねて作られていきます。

その工程の中で、天然の保湿成分であるグリセリンが残るため、科学的な保湿剤を含まなくても天然成分で肌のうるおいを守る効果が得られます。

またコールドプロセスは加熱を行わないため、釜焚き製法の純石鹸よりもグリセリンが失われることなくたっぷりと含まれています。

肌のバリア機能が正常化

片手でOKポーズをつくる女性の画像

健康な肌状態のpH値は弱酸性に傾いています。

アルカリ性の純石鹸を使うことは肌にとって強い刺激になるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、私たちの体は無意識でpH値を調整する機能を持っています。

そのため、純石鹸を使った後でもしばらくすれば弱酸性の肌に戻るのです。

さらにその過程で、肌に必要な皮脂が分泌され「天然の保湿クリーム」と呼ばれる皮脂膜を作ります。

この皮脂膜によって肌内部のうるおいが蒸発するのを防ぎ、肌のバリア機能が正常化するため、肌ダメージを受けにくい肌を作ることができるのです。

肌に刺激を与えやすい成分が配合されていない

目元に指を乗せて微笑む女性

肌に刺激を与えやすい成分として気をつけてほしいのは、合成界面活性剤だけではありません。

無添加石鹸には、合成界面活性剤の他にも、防腐剤や着色料・香料・酸化防止剤といった、肌に刺激を与える可能性のある添加物が配合されないというメリットがあります。

添加物の種類

働き

防腐剤

化粧品に含まれる成分の品質が悪くなるのを防ぎ、長持ちさせるために配合する。

着色料

化粧品の発色や色味を良くして、商品そのものの見た目やメイクのときの発色を良くするために配合する

香料

主に化粧品を使用するときの香り付けに使用して、使用感を高めるために配合する

酸化防止剤

化粧品に含まれる油性成分が酸化して品質が悪くなるのを防ぐために配合する。

化粧品に含まれる添加物には1つ1つ働きがあり、適切な量の添加物を含めれば、化粧品が使える期間を長くしたり、実際に使用したときの使い心地を良くしたりすることができます。

しかし添加物には数え切れないほどの種類があり、中には化学的につくられた「合成成分」が、肌に赤みやかゆみなど肌の炎症を引き起こす可能性があるのです。

特にアレルギー反応を起こしやすい敏感肌やアトピー肌の人は、香料や着色料といった添加物を含まない純石鹸を選んだほうが肌への刺激が少ないので安心ですよ。

 

特に「防腐剤・着色料・香料・酸化防止剤」などといった成分は、数え切れないほどの種類に分かれているため、肌に悪影響を与えるものもあるので注意してください。

特にアレルギー反応を起こしやすいアトピー肌の人は、純石鹸のように、肌に刺激を与えやすい成分が入っていない洗顔石鹸を選んだ方が良いでしょう。

肌に刺激を与えやすい成分の例

  • 合成香料(アニスアルデヒドなど)
  • 合成着色料(赤色102号、黄色201号など)
  • 保存料(メチルパラベンなど)

環境に優しい

nature001
合成界面活性剤は水生生物への毒性が強いと言われており、洗い流した石鹸成分が海へ流れ出ることによって環境を悪化させることが指摘されています。

その点、合成界面活性剤を使用していない純石鹸は毒性もなく、バクテリアや水生生物が好んで摂取するため、石鹸そのものの分解性が高く、環境負荷が低いのです。

よって他の洗顔料や洗剤に比べ環境に優しいことがわかります。

ニキビや肌荒れを治したい時の石鹸選び

無添加石鹸を求める方の多くが、ニキビや肌荒れなどのトラブルに悩んでいることが多いでしょう。この二つに共通していることといえば、ずばり「皮脂量」ですね。

例えばニキビが気になる場合、通常より皮脂の分泌量が多く毛穴詰まりを起こしやすいため、洗顔石鹸で余分な皮脂を取り除くケアが必要となります。

一方で肌荒れの場合、皮膚表面の皮脂が少ないことから皮脂膜が弱くなっており、肌のバリア機能が低下してうるおいが蒸発していることが考えられます。

そのため、洗顔で皮脂を洗いすぎないよう注意しつつ、同時に水分・油分を補ってあげる必要があります。

以上のことからわかる通り、無添加石鹸が全ての肌質にぴったり合うというわけではありません。

ニキビ肌の場合は無添加石鹸で余分な皮脂や汚れを洗い流すほか、酵素洗顔やピーリング剤といったタイプのアイテムを使って毛穴詰まりを解消し、ニキビをできにくくするとよいでしょう。

また肌荒れの場合、皮脂がない状態で純石鹸を使うとさらに乾燥を招く可能性があるため、オリーブオイルなどの天然由来成分や、保湿成分の含まれた弱酸性の石けんを使って皮脂膜をつくることから始めてみてください。

洗顔方法のポイントとして、泡立てネットで一から泡を作り、皮脂量の多いTゾーンやUゾーンから洗いましょう。

おすすめの無添加石鹸3選を紹介!

【ミヨシ】無添加 白いせっけん

shiroisekkenn

価格:150円(税抜) 容量(サイズ)108g

無添加 白いせっけんの特徴

  • 香料や着色料、防腐剤を含まないので敏感肌の人でも安心
  • 5日かけてつくられる「本格釜炊き製法」で天然のうるおい成分も配合
  • パックの中に品質を保つ「エージレス」を入れて防腐剤なしでも新鮮にお届け

ミヨシ石鹸株式会社が販売している無添加 白いせっけんは、防腐剤や着色料、香料を含まなくても安定した品質と使い心地のよさを保つために原料からこだわってつくられた洗顔石鹸。

食用にも使用されるエディブル油脂というグレードの高い原料から作り出される石鹸素地を使っていることから、くすみのない真っ白な洗顔石鹸に仕上がっています。

また防腐剤を配合しなくても無添加 白いせっけんの品質が持続するように、食品などでよく見られるエージレス(脱酸素剤)をパックに同封しているので、新鮮な状態で使うことができますよ。

肌に刺激の少ない無添加石鹸を使いたいけど、使い心地や商品の品質の劣らない洗顔石鹸を探している人には、ミヨシの無添加 白いせっけんがおすすめです。

【カウブランド】無添加せっけん

価格:税抜150円 容量(サイズ):100g

カウブランド 無添加せっけん

カウブランド 無添加せっけんの特徴

  • 家族みんなで使える高いコスパの洗顔石鹸
  • 昔ながらの「釜焚き」による石鹸製法でグリセリンをたっぷり配合
  • ボディーソープとしても使用可能

カウブランド 無添加せっけんは、創業100周年を迎えるメーカー「牛乳石鹸」が製造販売元の純石鹸です。

カウブランド 無添加せっけんの最も大きな特徴は、保湿成分グリセリンが自然に生まれる「釜焚き製法」によって作られているということ。

そのため、数ある純石鹸の中でも、特に保湿効果を感じやすい洗顔石鹸となっています。

また、カウブランド 無添加せっけんはアレルギーテスト済みの洗顔石鹸です。

アレルギー反応が起こりにくいことが証明された商品なので、外の刺激にすぐ過剰反応してしまう敏感肌の人でも、安心して使いやすいですよ。

ベビー用石鹸として、カウブランド 無添加せっけんを使用している人もいます。

公式サイトからトライアルセットを申し込むと、植物性アミノ酸系洗浄成分が配合されたシャンプーや泡ポンプがついたハンドソープなどもまとめて試すことができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カウブランド 無添加せっけんの口コミ

  • コスパが良いので、洗顔だけじゃなくボディー用にも使えるのがうれしい。
  • さっぱりした洗いごこちが気持ちよくて、もう何度リピートしたか分からない。
  • 赤ちゃんのお風呂タイムに、ボディシャンプーとして使うこともある。

しかし、純石鹸に配合されている美容成分は量が少ないため、肌悩みによってはあまり効果がない場合もあります。

ニキビや乾燥肌、毛穴の汚れといった肌悩みを抱えている人には、構成成分の約60%が美容でできている無添加石鹸「然(しかり)よかせっけん」などの方が良いでしょう。

おすすめの無添加石鹸「然(しかり)よかせっけん」

価格:税抜1,800円 容量(サイズ):88g

yokasekken

然(しかり)よかせっけんの特徴

  • 南九州の火山灰から摂った洗浄成分を使用した、自然派石鹸。
  • 洗浄成分を毛穴より小さく砕いてパウダー配合しているため、肌に負担をかけずに汚れを落とせる。
  • 構成成分の約60%が、コラーゲンやローヤルゼリーエキスをはじめとする美容・保湿成分。

無添加石鹸の中で最もおすすめしたい洗顔石鹸は、長寿の里という株式会社が販売している然(しかり)よかせっけんです。

然(しかり)よかせっけんは、無着色、無香料、防腐剤不使用、鉱物油不使用など、身体に何らかの害を与える成分は一切配合していない完全無添加の洗顔石鹸として、口コミで人気が広まりました。

洗浄成分は超微細シリカパウダーという天然の火山灰シラスを細かい粒子にした成分で、超微細シリカパウダーが毛穴汚れに入り込んで吸着することで汚れを根元から洗い流すことが可能です。

また、然(しかり)よかせっけんをおすすめしたい一番のポイントが、グリチルリチン酸ジカリウムを配合した医薬部外品であるということ

グリチルリチン酸ジカリウムは国に認められている有効成分であり、消炎効果があるのでニキビや肌荒れを防ぐ働きをしたり、男性だとひげを剃ったあとのかみそり負けを防ぐ働きをします。

無添加石鹸で身体に刺激が少ない洗顔石鹸というだけではなく、さらに肌トラブルである炎症を抑えてくれる働きをもつ成分を配合しているので、肌が外部からの刺激に敏感なタイプの人はぜひ一度試していただきたい洗顔石鹸です。

現在、然(しかり)よかせっけんを販売している長寿の里公式HPで購入すると、定価が税抜1,800円のところ税抜1,705円と少しだけお得に購入することができます。

然(しかり)よかせっけんの専用泡立てネットである「泡から水素」も無料でついてくるので、購入をお考えの方は長寿の里公式HPで買うことをおすすめします。

然(しかり)よかせっけんの口コミ

  • 然(しかり)よかせっけんを使っている間はニキビがほとんどできない。
  • 毛穴の汚れがスポッととれて、肌のトーンが明るくなった。
  • しっとりとした使用感のうえ、モコモコした泡タイプだから洗顔後の肌がつっぱりにくい。
  • 皮脂汚れがよく落ちるからか、ニオイ対策にもなっている気がする。

肌質に合う無添加石鹸は選択洗浄性で見極めて

soap_110

石鹸は選択洗浄性という性質をもっていて、ある汚れは落としやすく、ある汚れは落とさないようにするということが元になる成分に応じて決まっています。

石鹸のもとになる成分が牛脂やパーム脂の場合、テカリの原因になる皮脂汚れは良く落とすことができますが、肌の保湿成分のひとつである細胞間脂質は落としにくいという働きがあります。

皮脂汚れは落としやすく、保湿成分は落としにくいため、牛脂・パーム油のみで作られた石鹸なら肌に優しくおすすめなのですが、実は牛脂・パーム油のみで作られる石鹸はほとんどありません。

牛脂やパーム油は水温が低いと溶けにくいため、どうしても他の成分を混ぜないと、生活上使用しやすい石鹸を作ることができないからです。

ただ、皮脂汚れを落としにくい牛脂やパーム油が主体の石鹸は、脂性肌の方にとっては良いでしょう。

ヤシ油やパーム核油は皮脂も細胞間脂質も両方を落とす働きがあります。

牛脂やパーム油のように、保湿成分の細胞間脂質を残す働きはないのですが、牛脂・パーム油と比べて水道水の温度に近い30℃程度の水で溶けてくれるというメリットがあります。

現在の石鹸は、保湿力に効果のある牛脂やパーム油を主にして、水に溶けやすいヤシ油やパーム核油を混ぜて作るのが一般的な製法です。

また、石鹸のもとになる成分がオリーブオイルや米ぬか油だった場合は、皮脂汚れを落とす力が弱いという特徴があります。

乾燥肌の方のようにもともと皮脂が少なくて乾燥しがちな肌の方でしたら、皮脂を落としにくいオリーブオイルや米ぬか油を主とした石鹸を使ってみてください。

まとめ

choosing_soaps

無添加石鹸と表示されていたら肌に優しい、という認識を持っている人は要注意です。

商品に記載されている無添加という表記に踊らされることなく、本当の無添加石鹸を見極めるための知識と情報が、美肌づくりにはとても大切なことなのです。

また無添加石鹸の中にも、天然の美容成分が多く含まれている石鹸や、洗い上がりがしっとりしたり、逆にさっぱりするなど、使い心地もさまざまです。

基本的なことですが、脂性肌の場合は泡立ちが良くて洗浄力の高い石鹸を、乾燥肌の場合は油分や保湿剤が多い石鹸を使用して皮脂や水分のバランスを整えていきましょう。

本記事を参考に、自分の肌に合った洗顔石鹸選びをはじめてみてくださいね。