ビーグレン アクネケア トライアルセット

「ビーグレン」は日本人の肌向けに作られたスキンケア化粧品ブランドの1つで、シミやたるみなど様々な肌悩みに合わせたスキンケア化粧品を販売しています。

そんなビーグレンが販売するスキンケア化粧品の中でも「ニキビケアシリーズ」は、大人になってからできる「大人ニキビ」に効果的だと口コミで話題ですが、思春期にできる「思春期ニキビ」にも効果があるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

実はビーグレンのニキビケアシリーズは、適切な使い方さえ守れば大人ニキビだけでなく思春期ニキビの悩みにも効果をもたらすことができます。

本記事ではビーグレンの販売するニキビケアシリーズが、思春期ニキビに効果をもたらす理由と、思春期ニキビにビーグレンを使用する時の注意点を解説していきます。

ビーグレンの思春期ニキビへの効果を成分から解説

ーグレンのニキビケアシリーズとは、ビーグレンが販売する主に大人ニキビをケアするためのスキンケア化粧品ラインのことで、以下の4つのスキンケア化粧品が含まれています。

ビーグレン ニキビケアシリーズの内容

  • 洗顔料・・・クレイウォッシュ
  • 化粧水・・・クレイローション
  • 美容液・・・Cセラム
  • クリーム・・・QuSomeモイスチャーゲルクリーム

本来なら肌の乾燥やストレスなど、さまざまな原因によって発生する「大人ニキビ」のケアに使用するビーグレンのニキビケアシリーズですが、皮脂の過剰分泌が主な原因の「思春期」ニキビのケアにも使用できるのです。

ビーグレンのニキビケアシリーズが思春期ニキビに効果的な理由について、思春期ニキビへの効果が期待される洗顔料のクレイウォッシュ、化粧水のクレイローション、美容液のCセラムに配合されている成分から解説していきます。

【洗顔料】クレイウォッシュの吸着力

ビーグレンニキビケアシリーズの「クレイウォッシュ」は天然のクレイ(泥)である「モンモリロナイト」を配合した洗顔料です。

モンモリロナイトは古い角質、余分な皮脂などの「肌の汚れ」だけを磁石のように吸着して洗い落としてくれるため、必要な皮脂や水分を肌に保ち、思春期ニキビができにくいきれいな肌を作ってくれます。

思春期ニキビは皮脂が過剰に分泌されて、皮脂が毛穴に詰まることで発生するので、肌の汚れを落とせば毛穴が詰まりにくくなり、思春期ニキビの予防につながるのです。

また肌が乾燥して肌のうるおいが減ることも思春期ニキビの発生につながる可能性があります。

その理由は肌のうるおいが減ると肌を守る「肌のバリア機能」が低下してしまい、皮脂を過剰に分泌して肌を守ろうとするためです。

洗浄力の強い洗顔料は、肌の保湿に必要な水分や皮脂も洗い流してしまいますが、モンモリロナイトが入ったクレイウォッシュは適度な水分量と皮脂量を保ってくれるので肌が乾燥して思春期ニキビができてしまうのを防いでくれますよ。

【化粧水】クレイローションの抗炎症作用

ビーグレンニキビケアシリーズに入っている保湿化粧水「クレイローション」は、思春期ニキビの炎症を抑えてくれる「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。

グリチルリチン酸ジカリウムは漢方にも使われている「甘草(かんぞう)」という植物の根からとれる成分で、高い抗炎症作用をもっているため、炎症を起こしている思春期ニキビへの効果が期待できます。

またクレイローションに配合されている保湿成分「ヒアルロン酸」と天然クレイの「モンモリロナイト」は、思春期ニキビの悪化や発生につながる可能性がある「肌の乾燥」も防いでくれますよ

【美容液】Cセラムの抗炎症作用と皮脂抑制効果

ビーグレンのニキビケアシリーズに入っている美容液Cセラムは、「ピュアビタミンC」という美容成分の作用によって、思春期ニキビに働きかけることができます。

ピュアビタミンCとは、ビタミンCを安定した状態でそのまま配合した成分のことで抗炎症作用があるため、思春期ニキビの炎症を抑えてくれます。

またピュアビタミンCには皮脂の分泌を抑える働きもあるので、成長ホルモンのバランスが崩れて過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってできる思春期ニキビの予防も期待できます。

さらにピュアビタミンCはシミの原因である「メラニン」に働きかける美白成分なので、色素沈着してシミのようになってしまったニキビ跡を薄くする働きもあるのです。

ただピュアビタミンCは刺激が強い成分なので、Cセラムを使用する時は肌に刺激を与えないかパッチテストを行ってから使用しましょう。

思春期ニキビのための効果的なビーグレンの使い方

ビーグレンニキビケアシリーズは「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」どちらにも効果がありますが、思春期ニキビケアに使用する場合は、必ずしもビーグレンニキビケアシリーズの化粧品を全て使う必要はありません。

ここでは思春期ニキビにビーグレンの「ニキビケアシリーズ」を使用するときの使い方を紹介します。

18歳未満は洗顔料と化粧水だけの思春期ニキビケアを

肌に悩みが絶えない女性

ビーグレンの公式Q&Aでは、18歳未満の方の肌は発育段階にあるため、クレイウォッシュ(洗顔)とクレイローション(化粧水)で肌を整える程度のケアをすすめています。

肌が発達段階で未熟であるなら、洗顔や化粧水だけではなく美容液や保湿クリームも併用して使ったほうが思春期ニキビをケアできるように思えますよね。

一般的に18歳未満の肌は、皮膚の構造的・機能的に再生能力が高くなっています。

そのため、18歳未満の方がビーグレンのような高機能化粧品で大人と同じようなニキビケアをしてしまうと、過度な手入れとなり、肌本来が持つ成長・再生能力を衰えさせてしまうことがあるのです。

ですので、ビーグレンニキビケアシリーズで思春期ニキビをケアする場合は基本的にクレイウォッシュ(洗顔)とクレイローション(化粧水)のみでかまいません。

ただ、男性や皮脂の分泌量が多く肌がテカりやすい方、皮脂の分泌量がより多くなる夏場は皮脂の分泌量をコントロールしてくれる「Cセラム」を使用するといいですよ。

クレイウォッシュとクレイローションの後に皮脂抑制効果のある「Cセラム」を使用することで肌の水分量と油分量のバランスが整えられ、思春期ニキビができるのを防いでくれますよ。

ビーグレンを思春期ニキビに使用するときの注意点

ポイントを伝える女性

ビーグレンニキビケアシリーズは、年齢・肌質を問わず様々な人が使える肌に優しい作りになっていますが、使い方を間違えると思春期ニキビを悪化させる可能性もあります。

思春期ニキビの悩みを改善するためにビーグレン「ニキビケアシリーズ」に入ったスキンケア化粧品を使用するときの注意点を紹介します。

ビーグレンクレイウォッシュでの洗顔は優しく丁寧に

洗顔中の女性

クレイウォッシュを使って洗顔する時は肌を擦りすぎないよう優しく洗いましょう。

クレイウォッシュに入っている「モンモリロナイト」という天然のクレイ(泥)が、毛穴の汚れを吸着して肌から落としてくれるため、泡立てる必要がありません。

肌を手で擦りすぎてしまい、肌に刺激を与えると、思春期ニキビが発生したり悪化してしまったりする可能性があるので、やさしく肌をマッサージするように洗って下さいね。

日中にビーグレンCセラムを使う時は「日焼け止め」を

UVケアで紫外線をブロックしている女性

Cセラムを日中に使用する時は、必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

Cセラムに配合されたビタミンCは紫外線を受けると成分が壊れてしまうため、思春期ニキビへの効果が減ってしまう可能性があります。

Cセラムは外出の30分前に使い、肌に成分を馴染ませてから、必ず日焼け止めを塗って外出するようにしましょう。

ビーグレンで思春期ニキビケアはトライアルセットがおすすめ

ビーグレンのニキビケアシリーズにはトライアルセットがあり、送料無料、税込み1,944円で公式サイトから購入することができます。

365日間返品・全額返金保証となっているので、肌に合わないかもしれないと不安な方も気軽に試すことができますよ。

また、肌悩みにあった化粧品の選び方や使用にあたっての疑問などに応えてくれる「スキンケア相談ダイアル」もあるので、ビーグレンニキビケアシリーズを使用するのを不安に感じている方は相談してみるのもいいでしょう。

まとめ

ビーグレンのニキビケアシリーズは、それぞれのスキンケアアイテムに配合された成分から、大人ニキビだけではなく思春期ニキビにも効果があることがわかります。

ただ思春期の肌は成長途中にあるため、初めて使用する場合は美容液やクリームは使わず、まずは洗顔料と化粧水で肌を整えることから始めてみてください。