頬に手を添える女性

日本人女性の肌に合わせたスキンケア化粧品を販売しているビーグレンは、ニキビやシミ、たるみといった様々な肌の悩みをケアすることができます。

ビーグレンのスキンケア化粧品の中でも「ニキビケアシリーズ」と「ニキビ跡ケアシリーズ」は、どちらもニキビの悩みに効果があると口コミで人気です。

しかし、「すぐにでもニキビの悩みを改善したい」という方には、ニキビケアシリーズとニキビ跡ケアシリーズはどれくらいの期間でニキビやニキビ跡に効果が出るのか気になりますよね。

本記事では、ビーグレンのニキビケアシリーズとニキビ跡ケアシリーズはどれくらいでニキビに効果が出るのかを合計26人の方にアンケートをとって調査した結果を紹介します。

ビーグレンの「ニキビケアシリーズ」や「ニキビ跡ケアシリーズ」を使ってみたいと悩んでいる方は、どれくらいの期間でニキビに効果がでるのかを参考にしてみるのもおすすめですよ。

ビーグレン使用者26人を調査|ニキビに効くのはいつから?

ソファに寝ころびPCをいじる女性

今回ビーグレンの「ニキビケアシリーズ」と「ニキビ跡ケアシリーズ」のニキビへの効果や、ニキビに効果が出るまでにかかった期間などを調査するために、合計26人(ニキビケア:13人、ニキビ跡ケア13人)からWEBでアンケートを取りました。

※アンケート実施期間:2018年5月10日~17日

「ニキビの悩みに効果が出るのはいつから」といった情報はビーグレンの公式サイトにもないため、本記事で紹介する実際に「ニキビケアシリーズ」と「ニキビ跡ケアシリーズ」を使ったことがある方のアンケート回答を参考にしてみてくださいね。

ビーグレン ニキビケアシリーズとは

ビーグレン ニキビケアプログラム

ビーグレンニキビケアシリーズは、繰り返すニキビの悩みにアプローチしたスキンケア化粧品のライン。

クレイウォッシュ(洗顔料)、クレイローション(化粧水)、Cセラム(美容液)、QuSomeモイスチャーゲルクリーム(クリーム)の4つのスキンケア化粧品があり、出来てしまったニキビとニキビ予防の両方に働きかけてくれるシリーズです。

ビーグレン ニキビ跡ケアシリーズとは

ビーグレン ニキビ跡ケアプログラム

ビーグレンニキビ跡ケアシリーズは、残ってしまったニキビ跡の悩みを改善に導くスキンケア化粧品のラインで、クレイウォッシュ(洗顔料)、QuSomeローション(化粧水)、Cセラム(美容液)、QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)があります。

ニキビケアシリーズとは化粧水とクリームが違うだけで洗顔料、美容液は一緒のもので、赤みや肌の凹凸といったニキビ跡特有の悩みにアプローチしてくれすシリーズです。

ニキビケアシリーズはニキビの悩みに効いた?

ビーグレン ニキビケアシリーズの効果

ビーグレン「ニキビケアシリーズ」のニキビへの悩みの効果について、13人の方にアンケートをとりました。

「ニキビケアシリーズ」の効果については、13人中2人の方が「劇的に変わった!(ニキビがすぐに落ち着いた・使用中は新しいニキビができなかった)」と回答し、残り11人の方が「少し変わった(ニキビができにくくなったように感じる)」と回答しました。

「あまり変化を感じなかった」という回答はなく、ニキビケアシリーズは実際にニキビに効果があることがわかりました。

 ビーグレンでニキビへの効果を感じるまでの期間は?

ビーグレン ニキビケアシリーズ 効果実感までの期間

ビーグレン「ニキビケアシリーズ」がニキビに効果があったと感じるまでの期間を13人に回答してもらいました。

「ニキビケアシリーズ」がニキビに効くまで、1週間かかったと回答した人は1人、1週間~1か月かかったと回答したのは6人、1か月~3か月かかったと回答した人も6人でした。

アンケート結果から、ニキビケアシリーズは1週間でニキビへの効果を感じることは難しく、ニキビに効果が出るのは1か月ほど使ってからといえるでしょう。

「ニキビケアシリーズ」の良かった点・悪かった点

ビーグレン「ニキビケアシリーズ」を使用した13人の方は、全員ニキビの悩みに効果があったと回答しました。

ではニキビケアシリーズはどんな点がニキビに良かったのでしょうか。

「ニキビケアシリーズ」の良かった点と悪かった点を、ニキビケアシリーズを使ったことがある13人の方から聞いて、まとめてみました。

「ニキビケアシリーズ」の良かった点

  • 保湿成分が豊富で、使用後には肌にしっとり感を与える事が出来るので、乾燥肌でニキビに悩んでいる人には高い効果が期待可能です。(40代前半男性 乾燥肌)
  • アゴに出来た大きな吹き出物にビーグレンを塗ると炎症が引くのが早く実感でき、赤みも残りませんでした。(40代後半女性 混合肌)
  • Cセラムをつかうと、ニキビができにくくなり、肌がぷるぷるになりました。(30代前半女性 混合肌)
  • 即効性はあるように思えます。またおでこのニキビができにくくなったように感じました。(30代前半女性 脂性肌)
  • 低刺激で使用後にも肌荒れが無く、2カ月弱で肌のブツブツがましになりました。(20代前半男性 脂性肌)
  • ニキビケアトライアルセットで使用を始め、2週間程で良くなってきたような気がします。
    生理周期はたまに出来てしまいますが、それ以外で新しいニキビが出来ることはなくなりました。(20代後半女性 脂性肌)
  • 私が一番気に入って使ったのはクレイウォッシュです。
    実際に使った時は今まで使ってきた洗顔料とは違い泡立たないので大丈夫かなと不安でしたが、洗った後に毛穴の汚れがすごくとれていることがわかったんですよね。
    その後、クレイローションがグイグイと肌に馴染んでスベスベ肌になりびっくりです。
    一ヶ月ぐらいでニキビの数が減り、できにくくなってきているなと感じました。(30代後半女性 敏感肌)
  • クレイウォッシュは泥の吸着力で汚れを落とすタイプの洗顔料ですが、顔の汚れも綺麗に落ちて今まで使った洗顔液より良かったです。
    その後に使う化粧水や美容液やクリームの使い心地も良く、以前より顔のニキビができにくくなりました。(40代前半男性 敏感肌)
  • ニキビの炎症がすぐにおさまった。(30代前半女性 普通肌)

ニキビケアシリーズを使った方々からのニキビへの良い評価によると、ニキビの炎症や赤みなどの悪化を抑えるだけでなく、ニキビができにくくなる肌を作ることが期待できます。

特にクレイ洗顔料の「クレイウォッシュ」が、毛穴の汚れを取り除いているのを実感している方が多く、毛穴が詰まることでできてしまうニキビを予防する効果があるとわかりますね。

ニキビケアシリーズは、ニキビの悪化や発生の予防に期待ができますよ。

ビーグレンニキビケアシリーズの悪かった点

  • 市販のニキビケアと比べると価格が割高な上に、やや独特な匂いがあり使い始めは特に気になります。(40代前半男性 乾燥肌)
  • クレイウォッシュの量が多いので定期で購入していると使いきれずクレイウォッシュばかりが溜まってしまった。(20代後半男性 乾燥肌)
  • トライアルセットは安いのですがライン使いを継続したくても、一つ一つの製品のお値段が高いのでなかなか購入に踏み切れないところです。(20代後半女性 混合肌)
  • ビーグレンQuSomeモイスチャーリッチクリームは伸びがよく塗り心地はよいのですが、時間が経ってもベタベタ感が肌に残った感じがした。(40代後半女性 混合肌)
  • ビーグレンCセラムのお値段が少し高いので、もう少し安くしてほしいです。(30代前半女性 混合肌)
  • もう少しつけた時の心地が改善されればな、と思います。(20代後半女性 脂性肌)
  • やはりニキビケアシリーズをラインでそろえるとなると結構なお値段なので、その点が躊躇する理由です。(30代前半女性 脂性肌)
  • 完全にニキビができない肌にはならないところが悪かった点です。
    あとは使用後はスベスベの肌になりますが、時間が経つと口や目の周りなどがカサカサしたので残念でした。(30代後半女性 敏感肌)
  • 効果がでるまで少し時間がかかり、毎日ケアをする必要があります。
    私の場合は短期間では効果が実感できなかったです。(40代前半男性 敏感肌)
  • すこし保湿力が足りない感じがした。冬は使いにくい。(30代前半女性 普通肌)

ニキビケアシリーズの悪かった点で一番多かったのが、「値段が高い」ということでした。

●ビーグレン ニキビケアシリーズの値段

  • クレイウォッシュ(洗顔料)……4,212円 (税込)
  • クレイローション(化粧水)……3,996円 (税込)
  • Cセラム(美容液)……5,076円 (税込)
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム(クリーム)……6,480円 (税込)

ドラッグストアや薬局で販売されているニキビケア化粧品はだいたい1000~2500円で購入できるため、ビーグレンのニキビケアシリーズは、他のニキビケア専用化粧品に比べると値段が高いため、長く続けづらいようです。

ビーグレンはニキビ跡の悩みに効いた?

ビーグレン ニキビ跡ケアシリーズの効果

ビーグレン「ニキビ跡ケアシリーズ」がニキビ跡の悩みに効果があったのか、13人の方にアンケートをとりました。

「ニキビ跡ケアシリーズ」の効果については、13人中2人の方が「劇的に変わった!(ニキビ跡がキレイになった)」と回答し、9人の方が「少し変わった(ニキビ跡が薄く目立たなくなった)」、2人の方が「あまり変化を感じなかった」と回答しました。

ニキビ跡ケアシリーズを使って13人中2人の方が「あまり変化がなかった」と答えましたが、残り11人にはニキビ跡に効果があったとのことで、ニキビ跡の悩み改善に期待ができそうです。

 ビーグレンでニキビ跡への効果を感じるまでの期間は?

ビーグレン ニキビ跡ケアシリーズの効果実感までの期間

「ニキビ跡ケアシリーズ」を使って、1週間でニキビ跡に効果が出たと実感した人は13人中4人いました。

しかし1週間~1か月、1か月~3か月でニキビ跡に効果が出たという人もそれぞれ4人いたため、全ての人がニキビ跡への効果をすぐに実感できるかは難しいでしょう。

また3か月~6か月使って、ニキビ跡への効果を実感したという人も1人いたため、半年ほどニキビ跡ケアシリーズを使い続けないと効果が実感できない可能性もあります。

「ニキビ跡ケアシリーズ」の良かった点・悪かった点

○と×を持つ女性

ビーグレン「ニキビ跡ケアシリーズ」を使用した13人の方から、ほとんどの方がニキビ跡に効果があり、早くて1週間でニキビ跡に効いたという声がありました。

ではニキビ跡ケアシリーズを使って、ニキビ跡にどんな効果を実感できたのか、また使ってみて良くなかった点は何なのかを聞いてみました。

ビーグレンニキビ跡ケアシリーズの良かった点

  • アゴのニキビ跡がずっと消えず諦めていたのですが、使い始めてすぐニキビ跡が薄くなり、ビーグレンニキビ跡ケアのトライアルセットを使い切る頃には綺麗に消えました。(30代後半女性 乾燥肌)
  • ニキビ跡が他の化粧品ではどれほど使用しても薄くならなかったのが、ビーグレンニキビ跡ケアシリーズでは薄くなったので使用して損はないと思った。(20代前半男性 乾燥肌)
  • ニキビ跡や、シミの色が少し薄くなってきた。(30代前半女性 普通肌)
  • 化粧水も乾燥し過ぎないのでしっかりと保湿されていますし、何よりビーグレンCセラムがニキビ跡にしっかりと効いている気がします。
    軽めのニキビ跡ですと段々と薄くなっていっているのが分かります。(30代前半男性 脂性肌)
  • ビーグレンニキビ跡ケアのトライアルセットを使用しましたが、たっぷり1週間分という感じでした。ハリが出てきたお陰か、ニキビ跡も少し目立たなくなったような気がします。(20代後半女性 混合肌)
  • 肌の色が明るくなったように感じ、結果的にニキビ跡が目立たなくなったと思います。(30代前半女性 混合肌)
  • 少しずつなので実感出来るまでは時間がかかりますが、確実に改善されていると感じられます。特にビーグレン ビーグレンQuSomeモイスチャーリッチクリームは、保湿効果が高く、肌の調子が良いです。(20代後半女性 混合肌)

ニキビ跡ケアシリーズの良かった口コミから、他の化粧品を使っても改善されなかったニキビ跡の悩みが改善されてきたという声が多く、ニキビ跡に高い効果が実感できることがわかります。

また保湿効果を実感している人も多く、保湿を行って肌の生まれ変わりのサイクルである「肌のターンオーバー」が整ったためニキビ跡の悩みを改善したのではないかと考えられます。

ニキビ跡ケアシリーズの悪かった点

  • 乾燥肌の私には、特に乾燥が気になる目元と口元部分には、少し保湿力が物足りないと感じました。(30代後半女性 乾燥肌)
  • つけるものが多くて大変で、時間もかかってしまう。(30代前半女性 普通肌)
  • ビーグレンCセラムを塗り始め一週間程度は肌に刺激を覚えむず痒く、ニキビ跡が薄くなるのも使用してから4か月経過したあたりでしたので効果が出るまでが長いと思いました。(20代前半男性乾燥肌)
  • すぐに効果が出ないので、数か月はケアしていくことを念頭におかなければいけません。今すぐにニキビ跡をどうにかしたいという人には向いていないと思います。(30代前半女性
    敏感肌)
  • ビーグレンQuSomeローションという洗顔の後に使う化粧水が私にはあまり合いませんでした。
    しっとりとした化粧水ですので乾燥肌の方にはいいかもしれませんが敏感肌の私には以前に使っていた化粧水の方が良かったです。(40代前半男性 敏感肌)
  • もう少しお値段が手頃になればな、と思うのと、オールインワンのようなアイテムが出れば良いなと思います。(20代後半女性 混合肌)
  • ビーグレンニキビ跡ケアシリーズをラインでそろえるとなると私にとっては、結構なお値段なので、継続することが難しいです。(30代前半女性 混合肌)
  • ビーグレンC セラムは気になるところに塗り込むくらいならそう気になりませんが、顔全体に塗るとベタつきが気になりました。夜はナイトパウダーをはたけばなんとかなりましたが、日中はテカりになってしまいそこが嫌で使用をやめてしまいました。(20代後半女性 混合肌)
  • 当然の事ですが、続けないと効果が期待できないです。
    ニキビ跡がひどかったので、全て揃えて継続していくのには、金銭的に少し悩む部分がありました。あとは、私が敏感肌のせいか塗った時にヒリヒリする時がありました。(20代後半女性 混合肌)

ニキビ跡ケアシリーズの悪かった点では、値段が高いことやニキビ跡に効くまでの期間が長いことなどがありました。

以下でニキビ跡ケアシリーズのそれぞれの値段を記しましたが、すべてを揃えて使うとなると、約23,000円になってしまい、長期的に使いづらいようです。

●ビーグレン ニキビ跡ケアシリーズの値段

  • クレイウォッシュ(洗顔料)……4,212円 (税込)
  • QuSomeローション(化粧水)……5,400円 (税込)
  • Cセラム(美容液)……5,076円 (税込)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)……7,560円 (税込)

他にも、敏感肌の方は肌に合わず刺激を感じたという声や、乾燥肌の方は目元・口元が乾燥して、保湿力が足りなかったという声もあるため、注意が必要です。

ビーグレンニキビ跡ケアを使用する際はパッチテストで肌に合うかどうか確認してからニキビ跡ケアシリーズを使うようにしましょう。

ニキビの悩みに効く!ビーグレン製品をご紹介

女性 説明

合計26人へのアンケートから、ビーグレンの「ニキビケアシリーズ」と「ニキビ跡ケアシリーズ」はニキビとニキビ跡に効果が高いことがわかりました。

ではどうしてニキビとニキビ跡に効果があるのかを「ニキビケアシリーズ」と「ニキビ跡ケアシリーズ」の特徴から解説していきます。

「ニキビケアシリーズ」と「ニキビ跡ケアシリーズ」

どちらにするか悩む女性

ニキビケアシリーズとニキビ跡ケアシリーズは入っているスキンケア化粧品は、洗顔料と美容液は同じアイテムで、化粧水とクリームはそれぞれ違うアイテムが入っています。

●ビーグレン ニキビケアシリーズのスキンケア化粧品

  • クレイウォッシュ:洗顔料
  • クレイローション:化粧水
  • Cセラム:美容液
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム:クリーム

●ビーグレン ニキビ跡ケアシリーズのスキンケア化粧品

  • クレイウォッシュ:洗顔料
  • QuSomeローション:化粧水
  • Cセラム:美容液
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム:クリーム

それぞれニキビとニキビ跡にどのように働きかけてくれるのか、ビーグレンニキビケアシリーズとビーグレンニキビ跡ケアシリーズのスキンケア化粧品を成分から分析してみました。

【洗顔料】ビーグレンクレイウォッシュ(共通)

ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレンクレイウォッシュは天然のクレイ(泥)である「モンモリロナイト」を配合した洗顔料で、ビーグレンのニキビケアシリーズとニキビ跡ケアシリーズどちらにも入っています。

モンモリロナイトは古い角質や余分な皮脂など「肌の汚れ」だけを磁石のように吸着する性質があり、肌のうるおいを保つのに必要な水分や皮脂は肌に残したまま、汚れを洗い落としてくれるため、肌が乾燥してしまうのを防いでくれます。

肌が乾燥すると、肌を守る「肌のバリア機能」が低下してしまうため、皮脂を過剰に分泌したり、肌の角質層を厚くしたりして肌を守ろうとしますが、毛穴を詰まらせてしまいニキビが発生します。

また肌の乾燥は「肌のターンオーバー」を乱してしまい、肌の生まれ変わりのサイクルが遅れ、ニキビ跡が残りやすくなってしまうため、肌を乾燥させないことがニキビ跡予防には大切なのです。

注意点として、ビーグレンクレイウォッシュはモンモリロナイトの汚れを吸着する性質により、泡立てずに使う洗顔料なので、肌を手で擦りすぎて刺激を与える可能性があります。

ビーグレンクレイウォッシュで洗顔する時は、マッサージをするように丁寧に優しく洗顔して、ニキビやニキビ跡の発生を防いでくださいね。

【化粧水】ビーグレンクレイローション(ニキビケア)

ビーグレン クレイローション

ビーグレンクレイローションは、ニキビの炎症を抑えてくれる「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されていて、ニキビケアシリーズに入っている化粧水です。

グリチルリチン酸ジカリウムには、高い抗炎症作用があるためニキビの炎症を抑えて、ニキビが悪化するのを防いでくれます。

またビーグレンクレイローションには保湿成分のヒアルロン酸と天然クレイのモンモリロナイトが入っているため、ニキビの悪化や発生の原因である「肌の乾燥」を防いでくれます。

ニキビが炎症を起こしている時は、ビーグレンクレイローションでニキビの炎症を抑えて、ニキビが悪化するのを防ぎましょう。

【化粧水】ビーグレンQuSomeローション(ニキビ跡ケア)

ビーグレン QuSomeローション

ビーグレンQuSomeローションは美容成分が角層の奥深くまで浸透し、肌に長時間うるおいを与えてくれる、ニキビ跡ケアシリーズの化粧水です。

ビーグレンQuSomeローションに配合されているビタミンC誘導体の「VCエチル」は、色素沈着してできるニキビ跡に効果的です。

ニキビが炎症を起こし、炎症のダメージが肌内部でシミの原因である「メラニン」を生成させ、肌内部にメラニンが留まることで、色素沈着は起こってしまいます。

VCエチルはメラニンを還元し、メラニンの生成を抑える働きがあるため、色素沈着によるニキビに効果が期待できるのです。

またビーグレンQuSomeローションに配合された「ホメオシールド」という海藻からとった高保湿成分が、肌をうるおわせて「肌のターンオーバー」を正常にします。

肌のターンオーバーとは肌の生まれ変わりのサイクルのことで、正常に行われると、メラニンが垢と一緒に肌の外に排出されるので、色素沈着してできるニキビ跡の予防につながりますよ。

【美容液】ビーグレンCセラム(共通)

ビーグレン Cセラム

ビーグレンCセラムは「ピュアビタミンC」が高濃度に配合された美容液で、ニキビケアシリーズとニキビ跡ケアシリーズの両方に入っています。

ピュアビタミンCには皮脂の分泌をコントロールする働きがあるため、皮脂が過剰に分泌されてニキビが発生したり、悪化したりするのを防ぐことができます。

またピュアビタミンCは抗酸化力が高い成分で、シミの原因「メラニン」の発生を抑えてシミを予防すると厚生労働省に認められた「美白成分」。

さらにピュアビタミンCには、メラニンの生成を抑えたり、メラニンを還元する作用があるため、色素沈着してできるニキビ跡を予防し、今あるニキビ跡も薄くする効果が期待できます。

しかし、ピュアビタミンCは抗酸化力が高い分、肌に刺激を与える可能性があるため、ビーグレンCセラムを使用する時は肌に刺激を与えないかパッチテストを行ってからにしましょう。

【クリーム】ビーグレンQuSomeモイスチャーゲルクリーム(ニキビケア)

ビーグレン QuSomeモイスチャーゲルクリーム

QuSomeモイスチャーゲルクリームは、アクアタイドやアリスチンなど4種類の美容成分が、肌のもつ「水分を生み出す力と蓄える力」の根本にアプローチして、肌の乾燥を防ぐ保湿ゲルクリームで、ニキビケアシリーズに入っています。

肌が乾燥すると、肌を守る「肌のバリア機能」が低下するため、肌の角質層を厚くしたり、皮脂を過剰に分泌したりして肌を守ろうとしますが、毛穴が詰まって、ニキビが発生してしまいます。

ですので、QuSomeモイスチャーゲルクリームで肌を保湿して乾燥でニキビができるのを防ぎましょう。

【クリーム】ビーグレンQuSomeモイスチャーリッチクリーム(ニキビ跡ケア)

ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム

QuSomeモイスチャーリッチクリームは、ビーグレン独自の複合成分が角質層の深層部まで浸透し、高い保湿効果を発揮する保湿クリームで、ニキビ跡ケアシリーズに入っています。

「QuSome®エイジリカバーコンプレックス」というビーグレン独自の複合成分が、肌を保湿して、肌の生まれ変わりのサイクル「肌のターンオーバー」を正常にすることで、色素沈着によってできるニキビ跡を予防する効果が期待できますよ。

ビーグレンの初回購入はトライアルセットがおすすめ!

ビーグレントライアルセットまとめ

ビーグレンのニキビケアシリーズとニキビ跡ケアシリーズにはトライアルセットがあり、送料無料、税込1,944円で公式サイトから購入することができます。

365日間返品・全額返金保証となっているので、肌に合わないかもしれないと不安な方も気軽に試すことができますよ。

また、肌悩みにあった化粧品の選び方や使用にあたっての疑問などに応えてくれる「スキンケア相談ダイアル」もあるので、ビーグレンニキビケアシリーズや、ニキビ跡ケアシリーズを使用するのに不安を感じている方は相談してみるのもいいでしょう。(スキンケア相談はビーグレン公式サイトからできます。)