ビーグレンホワイトの集合写真
中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

スキンケアブランドの中でも美容情報サイトの口コミや雑誌での評価が高いビーグレン。
あらゆる肌悩みの中でも、特に「シミ」は女性にとって大敵で、一度できてしまったら元のシミのない肌に戻すのにも時間がかかってしまい、頭を悩ませる原因のひとつになりますよね。

本記事ではビーグレンのスキンケア化粧品で、常に女性の肌悩みの上位にくる「シミ」の悩みを解決するのはどんな商品なのか、使用者の口コミや実際にシミに悩む人に使ってもらってシミの悩みにどれだけ効果があるのか検証をしてみました。

ビーグレンのシミ対策化粧品は、果たしてシミの悩みを解決できるのか、詳しく解説していきます。

シミに有効なビーグレンのスキンケア化粧品とは

ビーグレンホワイトの集合写真

ビーグレンのスキンケア化粧品の中で最もシミや色素沈着・肌のくすみに有効なスキンケア商品は以下の3つ。

シミ・色素沈着・肌のくすみに有効なスキンケア化粧品
・QuSome ホワイトクリーム1.9
・QuSome ホワイトエッセンス
・Cセラム

QuSomeホワイトクリーム1.9にはハイドロキノン、QuSomeホワイトエッセンスにはアルブチンという美白成分が、Cセラムには肌のターンオーバーを促してシミの原因となるメラニンを排出しやすくするピュアビタミンCがそれぞれ配合されています。

ハイドロキノンには、シミの原因のメラニンを無色に戻す漂白作用があり、アルブチンにはメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑える働きがあるため、できてしまったシミのケアやシミの予防に効果的なのです。
Cセラムに含まれるピュアビタミンCは肌のキメを整えて、肌をワントーン明るく見せる効果があるので肌のくすみの悩みにアプローチしてくれますよ。

QuSomeホワイトクリーム1.9とCセラムは、本商品を購入する前に1週間分お試しできるトライアルセットがありますが、QuSomeホワイトエッセンスのみトライアルセットに含まれていません。
ホワイトケアのトライアルセットでは、以下の商品を試すことができるので、肌に合うかどうか気になる人はまず本商品を購入する前にトライアルセットを使ってみてくださいね。

ビーグレン ホワイトケアの商品リスト
洗顔料クレイウォッシュ 15g
化粧水QuSomeローション 20ml
美容液Cセラム 5ml
クリームQuSomeホワイトクリーム1.9
クリームQuSomeモイスチャーリッチクリーム

ビーグレンのシミ対策化粧品の口コミまとめ

ビーグレンのシミ対策化粧品として販売されている「QuSomeホワイトクリーム1.9」「QuSomeホワイトエッセンス」「Cセラム」の3商品を使用した人の口コミを調査し、まとめてみました。

今回の調査で使用した口コミサイト
・ビーグレン 公式サイト
・@cosme

QuSomeホワイトクリーム1.9の良いクチコミ

40代前半
女性
脂性肌
あまり信じてなかったのですが、明らかにシミが薄くなった。肌が全体的に明るくなった。これにはビックリ。
なんで早く使わなかったのか後悔しました。ビーグレンで統一した方が効果が高い気がします。
40代後半
女性
乾燥肌
今まで美白とうたっていた化粧品では全然効果を感じられませんでしたが、コレは違う!!と実感できた化粧品です。とにかくれしい!長年の悩みだった、増え続けるシミを気にしていた時間がもったいなかったです。もっと早く使い始めればよかったです。

QuSomeホワイトクリーム1.9の悪いクチコミ

40代後半
女性
敏感肌
いまだにシミが薄くなった感じはありません。もう1年以上使っています。
効果がある方がうらやましいです。
40代前半
女性
混合肌
1年ほど使用しています。そばかすには時間がかかることをカスタマーセンターからも言われてはいましたが、いまのところそばかすには全く効果がないようです。
使用をやめようか検討中です。そばかす以外の部分にも特にシミが薄くなったとかの効果は見られません。むしろ増えた…
20代後半
女性
普通肌
値段が高く、効きそうと思って買いました。
1年使いましたがトーンアップや美白の効果は実感なく終わりました。
シミの変化も全くなく、使うのがムダに感じやめました。ハイドロキノンで他のメーカーを探します。

QuSomeホワイトクリーム1.9のクチコミまとめ

結論を発表する女性の写真

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、人によって1週間のトライアルセットでも肌のくすみが気にならなくなり、その後も継続して使い続けることによってできてしまったシミにも効果を実感できた人が多くいることが分かります。

その反面で、全体の約2割程度の人が、シミの悩みに特に効果を実感しなかったり、肌に刺激を感じたり、乾燥が進んでしまったりという悪い口コミを挙げていました。

ずっと悩みを抱えていたシミの悩みがだんだん解決に導かれたと答えていた人は、QuSomeホワイトクリーム1.9を長く使用している人が多く、使い続けて数ヶ月後にやっとシミに効果を実感したという人もいるので、根気強く使い続けることが大切な商品であるといえます。

QuSomeホワイトエッセンスの良いクチコミ

良い口コミの女性写真

30代後半
女性
乾燥肌
目の下にシミがあると加齢を感じさせるので、とてもコンプレックスに思っていました。
今ではファンデをつければ目立たないくらいまでになりました!
40代前半
男性
乾燥肌
ずっと使っています。
時間はかかっても薄くなったシミはいくつもあって、実際に消えたシミもあります。
40代後半
女性
乾燥肌
1年半ほど使用していましたが、肌全体が明るくなりました。
ホワイトクリーム1.9と一緒に使うのがいいみたいですが、単品でもいい仕事してくれます。
ビーグレンの中では、ホワイトクリーム1.9やCセラムのような代表選手ではないかもですが、私のお気に入りでした。セールでお得に購入するのがおすすめです!

QuSomeホワイトエッセンスの悪いクチコミ

悪い口コミの女性写真

30代後半
女性
混合肌
新しいシミが出てこないようにお守りとして使っています。
他社製品に比べ量の割には高いので継続してこれからも使っていくかはまだ考え中です。
40代後半
女性
脂性肌
一本使い切ってみたのですが、ホワイトエッセンスの効果が現れたのかよくわかりませんでした。
40代後半
女性
乾燥肌
翌朝の肌全体が明るくトーンアップし、くすみぬけ効果を実感しました。
気になるシミを消したいのですが、逆にシミが目立ってしまう結果に、嬉しいような、悲しいような…。
美白ものにしてはしっとりしていて、保湿効果が優れているのもいいと思いました。

QuSomeホワイトエッセンスのクチコミまとめ

結論を発表する女性の写真

QuSomeホワイトエッセンスは、QuSomeホワイトクリーム1.9のなめらかで濃厚なクリームのテクスチャーではなく、さらっとしたゆるいジェルのようなテクスチャーで使いやすいと答える人が多くいました。

肌へのなじみの良さから、ピンポイントのシミよりも肌全体のくすみが冴えたように感じたり、肌がトーンアップしたりと、年齢を重ねると暗く見えがちな肌色をすっきり明るく見せてくれるという口コミから、QuSomeホワイトエッセンスのホワイトニング効果が伺えます。

しかし、一方でピンポイントにできてしまっているシミに効果を感じられなかったという人や、使い続けてみたけどもシミや肌のくすみに効果を実感できなかった人がいることも事実。
シミのケアをしているはずが、逆にシミが目立ってきてしまったという口コミもあったので、QuSomeホワイトクリーム1.9に比べるとシミの悩みへの満足度は低いといえるでしょう。

Cセラムの良いクチコミ

良い口コミの女性写真

50代前半
女性
混合肌
肌にのせた瞬間から温かい感覚があります。効き目はわかりませんが、使い始めて半年…薄いシミは目立たなくなりました。
40代後半
女性
乾燥肌
シワ、たるみが気になっていたので、これにはかなり助けられています。
お肌が引き締まり、ピンとしてくるのがわかります。
つけた時、すこしばかりあたたかく感じ、毛穴の奥からぎゅーっと引き締まっているようにかんじました。
お肌の透明感が欲しいところだったので、これはしばらく使いたいです。
40代前半
女性
混合肌
美肌・美白効果が高いって効いて、買った美容液。
確かに塗ってすぐは少し暖かく感じて、面白いです。吹き出物をつぶした直後とかでなければ、しみることはないです。
鼻の毛穴が気になる人は、洗顔後すぐに塗ると良いと効いてやっているんですが、確かにいい感じ。目立たなくなってきています。
鼻だけじんわりすると、なんとなく効果が出てるのかなって感じもしますし。
だんだん鼻がボツボツとしなくなってきましたし、吹き出物跡もひどくならなくなってきています。

Cセラムの悪いクチコミ

悪い口コミの女性写真

40代前半
女性
乾燥肌
いままで使っていた他社のビタミンC美容液はさらさらとして使いやすかったけど、これはけっこうベタベタ。流れないから塗りやすいといえばそうなんだけど、このあとクリームも塗ると思うとちょっといやな感じでした。リピートはないかな。
30代前半
女性
普通肌
敏感肌なので少しかゆみが出ました。毛穴には効果あり。
40代後半
女性
乾燥肌
ぜんぜん白くならない。
なんであんなに評判いいのかわからないです。
クレーの洗顔料はいいし、基礎化粧品もまあまあいいですが美白とは関係ないかな。

Cセラムのクチコミまとめ

結論を発表する女性の写真

オイルのようなテクスチャーの美容液「Cセラム」は、肌に塗った瞬間にじんわりと温感を感じることから肌なじみが良く、肌のキメを整えて肌を明るく見せてくれるという口コミが多くあがっています。

毛穴の開きが目立たなくなったという口コミが最も多く、次いで肌に透明感が出たなどの効果を実感している人が多いので、主に毛穴と肌のくすみの悩みに有効な美容液であるといえるでしょう。

一方で、肌に刺激を感じ、毛穴や肌のくすみの悩みに効果を実感する前に使用を中止してしまった人や、数日使ってみても特に効果を感じずに使用をやめてしまった人もいるので、効果の出方に個人差があるといえます。

特に、敏感肌・乾燥肌タイプの人が、肌に刺激を感じて赤みやかゆみが出たと口コミしている人が多かったので、肌が弱くアレルギー反応を起こしやすい肌質の人は使用する前にパッチテストを行うなどの注意が必要です。

1か月で実感?ビーグレンのシミへの効果を検証

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9、QuSomeホワイトエッセンスをそれぞれ1か月間継続して使用して、口コミの多くに挙がっているように本当にシミや肌へのくすみに効果があるのかどうかを、多くのシミや肌のくすみに悩む筆者が検証してみました。

1週間ごとにシミや肌のくすみの状態を写真に撮っているので、どれだけの期間続けて使ったらシミや肌のくすみなどの肌悩みに効果を実感できたのか・実感できなかったのかが分かりますよ。

また、筆者は化粧品による肌荒れを起こしやすい敏感肌タイプなので、成分の中でも刺激が強いとされている美白成分ハイドロキノン配合の化粧品を使って、肌に刺激を感じないか・肌荒れを起こさないかどうかも確認しました。

1か月間のスキンケア手順と使用範囲
洗顔 ⇒ 化粧水 ⇒ Cセラム ⇒ QuSomeホワイトエッセンス ⇒ QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレンはシミやくすみに効果あり

上の比較写真は、左側がビーグレンのQuSomeホワイトエッセンスとQuSomeホワイトクリーム1.9を使用する前の、美白成分が配合されていないスキンケア化粧品でスキンケアを行っていたときの写真で、右側が1か月間使用した後の写真です。

赤丸で囲われた箇所に濃く目立つしみが2つありましたが、1か月間QuSomeホワイトエッセンスとQuSomeホワイトクリーム1.9を、いつも使っている敏感肌用の化粧水とビーグレンの美容液「Cセラム」の後に使うことで、シミの濃さが目立たなくなってきていますね。

また、肌が黄色っぽくくすんで顔色が悪く見えるのが悩みでしたが、QuSomeホワイトエッセンスとQuSomeホワイトクリーム1.9を使用して1か月の肌は透明感が出て肌の黄ぐすみが抑えられています。

以上の結果から、ビーグレンのQuSomeホワイトエッセンスとQuSomeホワイトクリーム1.9は、シミの悩みや肌のくすみの軽減に有効に働きかける美白化粧品であることが分かりました。

体験者
中川
QuSomeホワイトエッセンスとQuSomeホワイトクリーム1.9の刺激性
筆者の中川は敏感肌タイプで、以前に他社の美白化粧品を使った時に肌が赤くなり、かゆみが出るなど肌荒れを起こしてしまいましたが、ビーグレンのQuSomeホワイトエッセンスとQuSomeホワイトクリーム1.9は刺激を感じずに使えました。

しかし 、QuSomeホワイトエッセンスとQuSomeホワイトクリーム1.9の前に、美白成分の肌へのなじみを良くするために使用したCセラムは、生理前などの肌が敏感になっている時にピリッとした刺激を感じたので、肌の状態に合わせて使い分けると良いでしょう。

なぜビーグレンはシミやくすみに有効なのか

QuSomeホワイトエッセンスとQuSomeホワイトクリーム1.9を1か月間使用した結果、肌にできてしまっていたシミや肌のくすみの悩みに有効に働きかけることが分かりましたが、なぜ効果があったのかを配合されている成分の特徴から解説していきます。

QuSomeホワイトエッセンスが有効な理由

QuSomeホワイトエッセンスがシミや肌のくすみの悩みに効果的に働きかけたのは、ビーグレン独自成分の「QuSome化アルブチン」が配合されていることが理由に挙げられます。

QuSome化アルブチンは別名ハイドロキノン誘導体と呼ばれ、肌に刺激をもたらしやすいハイドロキノンを低刺激な物質に変え、安全性を高めた美白成分。

紫外線や加齢が原因でできるシミや、ホルモンバランスの乱れが原因で引き起こされる肝斑に有効で、シミの予防だけでなく、できてしまったシミの悩みにも肌に負担をかけずにアプローチができるのがQuSomeホワイトエッセンスなのです。

体験者
中川
QuSomeホワイトエッセンスはこんな人におすすめ!
QuSomeホワイトエッセンスに配合されているQuSome化アルブチンは、肌への安全性が高い成分なので、今まで美白化粧品を使って肌荒れを起こしてしまったというような敏感肌のシミや肌のくすみに悩む人におすすめです! 

QuSomeホワイトクリーム1.9が有効な理由

シミや肌のくすみの悩みがQuSomeホワイトクリーム1.9を1ヶ月間使用することで目立たなくなったのは、QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されている「QuSome化ハイドロキノン」がシミの根本の原因に有効にアプローチをかけられるから。

肌の漂白剤と呼ばれるほどの美白成分「ハイドロキノン」は、できてしまったシミや色素沈着、くすみの悩みの原因となるメラニンが肌に黒く蓄積していくのを防ぐ働きを持つため、美白成分の中でも効果の高い成分です。

ハイドロキノンは美白効果が高い一方で、肌に刺激をもたらしやすい成分であるため、肌荒れ中や敏感肌の人の使用はおすすめできません。
しかし、QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているQuSome化ハイドロキノンは低刺激性を実現しているので、どんな肌質の人でも使いやすい美白ケアができるクリームであるといえるのです。

体験者
中川
QuSomeホワイトクリーム1.9使用時の注意点
QuSomeホワイトクリーム1.9はハイドロキノンを低刺激化しているため、刺激は少ないといえますが、確実に肌荒れを起こさないわけではないので、使用前にパッチテストをしましょう。
使用する24時間前にフェイスラインの目立たない箇所に少量を塗って、肌に刺激がないか、赤みやかゆみが出ないかを確認してから、使ってくださいね。

ビーグレンのシミ対策化粧品はライン使いで効果アップ

ビーグレンでシミの対策ができるスキンケア化粧品は、QuSomeホワイトクリーム1.9、QuSomeホワイトエッセンス、Cセラムの3種類ですが、この3種類のスキンケア化粧品は、他のビーグレンの洗顔料や化粧水、保湿クリームとライン使いがおすすめ。

ビーグレンが独自の技術である浸透テクノロジー「QuSome」によって、より深いシミの悩みにアプローチをかけ、QuSomeローションとQuSomeモイスチャーリッチクリームの保湿効果によって肌のターンオーバーを促し、シミの原因のメラニンを排出しやすくしてくれますよ。

ビーグレンが公式サイトで推奨しているスキンケアのライン使いは以下の通りです。

ライン使いするのに、まずは自分の肌に合うかどうか確かめたいという人は、ビーグレンの公式オンラインショップから「ホワイトケア トライアルセット」を購入してお試ししてみてください。

QuSomeホワイトエッセンスのみトライアルセットに含まれていませんが、そのほかのクレイウォッシュ・QuSomeローション・Cセラム・QuSomeホワイトクリーム1.9・QuSomeモイスチャーリッチクリームは1週間分使用することができますよ。

ビーグレンを単品使いするならこの2つ

ビーグレンのスキンケア化粧品はライン使いをした方が、よりシミや肌のくすみ・色素沈着に有効に働きかけますが、洗顔料から化粧水、保湿クリームまで全て揃えると約3万円と、手が出しにくい値段ですよね。

ビーグレンのスキンケア化粧品の中で、単品使いでもシミや肌のくすみ・色素沈着の悩みに有効といえるのは、QuSomeホワイトクリーム1.9とQuSomeホワイトエッセンスの2つ。

肌悩みの中でもシミや肌のくすみ・色素沈着は、肌の内部にメラニンが生成され、溜め込まれることが原因で引き起こされるので、メラニンの黒色を無色に変えたり、メラニンの生成を抑えたりする作用がある美白成分が配合されているものがシミのケアに最適です。

すでにできてしまったシミをケアするために単品でも使いたいのは、メラニンの黒色化を無色に戻すハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム1.9。

これからできるシミを予防したい場合は、メラニンの生成を抑えるアルブチンが配合されているQuSomeホワイトエッセンスを使えばシミのケアができますよ。

肌悩みに合わせて選びたい!ビーグレンで単品使いするなら?の記事はこちら

ビーグレンでシミに効果が出ない理由

悩む女性

シミへの効果を実感しやすいビーグレンのシミ対策化粧品「QuSomeホワイトクリーム1.9」「QuSomeホワイトエッセンス」ですが、悪い口コミであがっていたように、シミや肌のくすみといった悩みに効果を実感できなかった人も一定数いたのはなぜでしょうか。

シミや肌のくすみの悩みに有効とされるビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9やQuSomeホワイトエッセンスでも、効果を得られなかった理由4つを詳しく解説していきます。
以下のポイントを読んで、ビーグレンのシミ対策化粧品の効果をしっかりと実感できるように、正しい使い方を確認していきましょう。

ビーグレンの配合成分が無効なシミの種類がある

ビーグレンのシミ対策スキンケア化粧品「QuSomeホワイトクリーム1.9」と「QuSomeホワイトエッセンス」がシミに有効なのは、それぞれに配合されているハイドロキノンやアルブチンがシミの原因となるメラニンに働きかけるから。

すでにできてしまったシミに有効なのは、メラニンを無色に戻す作用を持つハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム1.9ですが、QuSomeホワイトクリーム1.9でも効果が出ないシミがあるのです。

シミの種類別に、QuSomeホワイトクリーム1.9が有効であるかどうかを下の表にまとめてみました。

シミ(老人性色素斑)そばかす(雀卵斑)※先天性肝斑
シミ(老人性色素斑)そばかす(雀卵斑)肝斑
炎症後色素沈着脂漏性角化症太田母斑
炎症後色素沈着脂漏性角化症

QuSomeホワイトクリーム1.9が有効なシミ

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているハイドロキノンは、肌の内部に紫外線や摩擦・炎症などの刺激によって蓄積されたメラニンを無色に戻すので、肌の表面に浮き出てきたシミや炎症後色素沈着に特に効果的に働きかけます。

「最近になってシミがでてきてしまった」という人や「先日つぶれたニキビが跡になってしまった」という人は諦めずにQuSomeホワイトクリーム1.9を使ってみてくださいね。

また、ホルモンバランスの乱れによってメラニンの生成が異常に行われ、女性の頬骨のあたりにぼんやりと左右対称にできる肝斑にもハイドロキノンは有効です。

そばかす(雀卵斑)は紫外線を浴びてできたそばかすには有効ですが、先天性(遺伝)のそばかすは生まれもっての肌にメラニンが蓄積されており、年齢の分の時間が経過してしまっているため、肌の漂白成分と呼ばれるハイドロキノンでも効果を実感できない場合があります。

QuSomeホワイトクリーム1.9が無効なシミ

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されるハイドロキノンが全く効果を発揮しないシミは、シミの部分が黒く盛り上がりイボのようになっている脂漏性角化症と、メラニンの異常な生成によって肌に青黒いシミをもたらす太田母斑の2種類。

脂漏性角化症も太田母斑も市販されている美白化粧品でのケアは難しく、皮膚科や美容皮膚科にて最適な内服薬や、レーザー治療を受けることで改善に導ける特殊なシミのタイプなので、脂漏性角化症と太田母斑に当てはまる人は以下の記事を参考にしてくださいね。

脂漏性角化症や太田母斑にも有効なレーザー治療を紹介している記事はこちら

使用順序を間違えている

ビーグレンのシミ対策化粧品「QuSomeホワイトクリーム1.9」と「QuSomeホワイトエッセンス」は、それぞれシミに有効な美白成分であるハイドロキノンとアルブチンが配合されている保湿クリームと美容液。

ビーグレンの他のスキンケア化粧品とのライン使いや、QuSomeホワイトクリーム1.9・QuSomeホワイトエッセンスの併用も可能ですが、使用する順序を間違ってしまってはシミや肌のくすみの悩みに適切な効果を実感できなくなってしまいます。

QuSomeホワイトクリーム1.9やQuSomeホワイトエッセンスを使って保湿スキンケアをする時の使用順序の例を紹介するので、正しい順序で使って、最大限の効果を実感してくださいね。

ビーグレンのスキンケア化粧品とライン使いする場合

  1.  クレイウォッシュ
  2. QuSomeローション
  3.  Cセラム
  4.  QuSomeホワイトエッセンス
  5.  QuSomeホワイトクリーム1.9
  6.  QuSomeモイスチャーリッチクリーム
ビーグレン以外のスキンケア化粧品と一緒に使用する場合

  1. 洗顔料
  2. 化粧水
  3. (美容液)
  4. QuSomeホワイトエッセンス
  5. QuSomeホワイトクリーム9
  6. (保湿ジェル・乳液・保湿クリーム)
重要|美容液はクリームの前に

ビーグレンのスキンケア化粧品とライン使いする場合も、ビーグレン以外のスキンケア化粧品と一緒に使用する場合も、QuSomeホワイトエッセンスは化粧水・美容液の直後、油分を含む乳液や保湿クリームの直前に使用しましょう。

保湿クリームや乳液に配合された油分が、肌の上で油分の膜を張り、QuSomeホワイトエッセンスに配合されている美白成分が肌になじみにくくなってしまいます。

QuSomeホワイトクリーム1.9は、美白成分が配合された保湿クリームなので、保湿スキンケアの中では美容液の効果を持つスキンケア化粧品の後に使用するのが適切な使用順序です。

日常的な紫外線対策をしていない

毎日朝晩の保湿スキンケアでどれだけ美白成分が配合されているスキンケア化粧品を使用しても、日中の紫外線対策を怠っているようでは、シミの原因を排除することができず、また新しいシミを作り出してしまいます。

朝、外にでかけるときは、保湿スキンケア後に必ず日焼け止めやUVカット効果のあるメイクアップ化粧品を塗り、こまめに塗りなおしたり日傘をさしたりするなどして、できる限りシミの原因となる紫外線を寄せ付けないことが大切です。

効果が出るまで最低3週間は見て

「数日使用してみたが、シミや肌のくすみの悩みに改善が見られなかった」という口コミが、QuSomeホワイトクリーム1.9・QuSomeホワイトエッセンスのどちらでも挙げられていましたが、使用して数日ですぐに効果がでるものではありません。

シミも肌のくすみも、肌の内部に蓄積されたメラニンを、21日周期で行われる肌のターンオーバーによって古い角質とともに排出していくことで、徐々に効果が現れてきます。

したがって、最低でも3週間は継続して使わないと、シミや肌のくすみへの効果を実感しにくいので、数日使ってみて効果が出ないからとすぐに使用を中止するのではなく、まずは3週間以上、根気強く使ってみることをおすすめします。

ビーグレンのシミ対策化粧品使用時の注意点

注意事項

ビーグレンのシミ対策化粧品「QuSomeホワイトクリーム1.9」「QuSomeホワイトエッセンス」「Cセラム」の3種類を使う時に注意するべきポイントを紹介します。
以下で紹介する4つの注意点に注意して、ビーグレンのシミ対策化粧品を使ってくださいね。

ハイドロキノンは直射日光に注意

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノンが配合されているため、夜のみの使用することと決められています。

ハイドロキノンは性質上、紫外線を浴びると成分が変わり、肌に刺激をもたらして肌荒れや更なるシミをつくりだす可能性のある成分。

肌の漂白成分と呼ばれているハイドロキノンを朝晩と使ったほうがよりシミや肌のくすみの悩みに効果を発揮しそうに思いますが、朝使用してしまうと日中浴びる紫外線によってさらにシミが増える恐れがあるため、使用は控えてくださいね。

肌荒れ中は使用を控えて

ニキビの炎症がひどくなってしまったり、一時的なストレスやアレルギー反応などで肌が弱って赤みやかゆみを引き起こしてしまったりしている状態のときは、ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」と「QuSomeホワイトエッセンス」の使用を控えましょう。

肌荒れしてしまっている状態の肌は、肌が敏感状態になっているため、強い刺激を持つハイドロキノンやアルブチンが配合されているビーグレンのシミ対策化粧品を使うと、肌荒れを悪化させてしまう恐れがあります。

肌荒れの状態が落ち着いて、すっぴんの状態の肌にほてりやかゆみがない状態になってから、シミ対策化粧品を使ったシミのケアを始めてくださいね。

敏感肌タイプは使用24時間前に必ずパッチテストを

敏感肌タイプの人は、肌荒れがなく健康な肌状態の普通肌の人よりも肌がデリケートなので、ハイドロキノンやアルブチンなどの肌に刺激をもたらしやすい美白成分を使用すると、肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

敏感肌タイプの人でビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9、QuSomeホワイトエッセンスを使ってシミのケアをする場合は、使いはじめる24時間前に必ずパッチテストを行いましょう。

正しいパッチテストの方法

  1.  絆創膏のガーゼの部分に使用したいスキンケア化粧品を1滴垂らして腕の内側などの目立たないところに貼る
  2.  スキンケア化粧品を1滴垂らした絆創膏を腕に貼り、そのまま24時間待つ
    ※24時間経つまでに絆創膏を貼ったところに赤みやかゆみが出たらすぐに絆創膏を外して患部をぬるま湯で洗い流してください。
  3.  24時間後に絆創膏を外して、絆創膏を貼っていた部分に赤みやかゆみが出ていないか確認

敏感肌にも!体内からシミケアするビーグレンのサプリ

敏感肌タイプの人の中には、ビーグレンのシミ対策化粧品を使ってみたいけど、配合されている美白成分の刺激によって肌荒れを引き起こしてしまう可能性があるのが怖く、使用を躊躇ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな肌がデリケートな人におすすめなのが、ビーグレンから2018年7月に新しく発売されたシミ対策ができるサプリメント「SIMIホワイト」。

SIMIホワイトが持つ特徴と効果、実際に1か月間SIMIホワイトを服用して、肌にできてしまったシミがどのように変化したのか見ていきましょう。

2018年7月発売の「SIMIホワイト」で体内からシミケア

ビーグレンから2018年7月に発売されたシミ対策サプリの「SIMIホワイト」は、できてしまったシミを体内からケアする有効成分が配合された第3類医薬品。

第3類医薬品に認められたサプリメントは、健康食品などの健康補助を行うものではなく、「治療」の効果もありながら、身体への副作用などのリスクが少ない安心のサプリメントです。

SIMIホワイトに配合される栄養素や成分と、それによってもたらされるシミへの効果を紹介します。

SIMIホワイト/ビーグレン ファーマ

ビーグレンSIMIホワイトの写真30日分:7,171円(税込)  定期購入:初回2,886円(税込)

主な成分
メラニンの生成を抑え、メラニン色素の黒色化を緩和させる成分
  • L-システイン
  • アスコルビン酸
ターンオーバーを整え、メラニンを排出する成分
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 
  • リポフラビン(ビタミンB2) 
  • コハク酸-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)

ビーグレンの医薬品SIMIホワイトは、シミの原因となるメラニンに体内から働きかける作用を持つ美白に有効な成分が配合されたシミ対策サプリ。
医薬品にのみ配合することが可能なL-システインがメラニンの生成をブロックしてシミになるのを予防してくれます。

さらに、メラニンの黒色を無色に戻していくアスコルビン酸やメラニンの排出を促すビタミンB群やビタミンEが配合されているので、今すでにできてしまっているシミにもアプローチして、シミの気にならない肌に導いてくれますよ。

ビーグレンのシミ対策スキンケア化粧品は顔のみが使用範囲とされていますが、SIMIホワイトは顔だけでなく、デコルテや腕・背中・脚などの全身にもシミへの効果をもたらすので、全身まとめてケアしたい!という人にもおすすめですよ。

ビーグレンSIMIホワイトで体内からのシミケアを1か月体験

ビーグレンのSIMIホワイトを1ヶ月間、朝晩かかさずに所定の量を服用し、すでにできてしまっているシミや気にある肌のくすみにどのように効果を発揮するのか、検証してみました。

SIMIホワイトはシミや肌のくすみに効果あり

SIMIホワイトを服用した1か月のシミの経過画像

ビーグレンのSIMIホワイトを1か月間、朝晩欠かさずに2粒ずつ服用してもらった結果、SIMIホワイトでシミや肌のくすみの悩みの改善が期待できることが分かりました。

一番左側の写真の、SIMIホワイトを服用する前に頬の上部にあった茶色のシミが、真ん中の服用2週間後、右側の服用4週間後に進むに連れて、どんどんと目立たなくなっていますね。
徐々にシミの輪郭がぼやけて目立たなくなっていったので、1か月で完全にシミを消したりすることはできませんでしたが、使い続けることでさらなるシミへの効果を期待できるでしょう。

同じ照明の下で撮影を行いましたが、くすみがちな肌に透明感が生まれ、自然な血色が出ていました。

使用体験者:池田さんにインタビュー

中川
SIMIホワイトのシミへの効果は実感できましたか? 
体験者
池田さん
SIMIホワイトを服用しはじめてから2週間程度でシミへの効果を実感しはじめました。
服用前のシミの様子を知っていた友人たちからも、「シミが気にならなくなったね」といわれ、自分だけでなく他の人から見てもそのように感じてもらえるのは、すごく嬉しかったです。
SIMIホワイトの服用前は、シミの部分を厚塗りして隠していましたが、いまではコンシーラーを薄く塗り、パウダーで仕上げるだけでかなり目立たなくなりました。
このままずっと頬骨にあるシミと付き合って生きていくのか…と憂鬱だった気持ちに希望が見えた感じです。
中川
SIMIホワイトの肌のくすみへの効果は実感できましたか?
体験者
池田さん
肌のくすみへの効果に関しては使用してから1週間ほどで劇的に変化を感じました。
すっぴんの肌のトーンが明るくなったので、化粧も薄付きになって透明感あるメイクをすることができ、健康的に見えるのでいつもはあまり購入しない、明るめのアイシャドウを思わずかってしまうくらいに、肌のくすみの悩みが改善されました。
中川
SIMIホワイトのシミ・肌のくすみ以外の効果は実感できましたか?
体験者
池田さん
乾燥肌で乾燥による化粧ノリの悪さが気になっていましたが、乾燥状態が落ち着いて化粧のノリの良さを日に日に実感しました。
また、もともとにきびはできにくい体質ではありますが、服用している期間はニキビができることなく、うるおいのある強い肌になったような感覚です。
中川
効果以外のSIMIホワイトの良いところは何ですか?
体験者
池田さん
錠剤の薬によくある「口に含んだときの苦味」がなく、サイズも大きすぎないので飲みやすいと感じました。
箱やボトルがティファニーブルーの可愛い色で文字もおしゃれなフォントなので、持ち歩いても家に置いていても映えるところが女性にも嬉しいポイントだと思いました。
中川
SIMIホワイトの物足りないところはありましたか?
体験者
池田さん
1か月ではシミを完全に消すことができなかったので、数か月間服用が必要であると考えると単品購入で1か月約7,000円、定期購入で1か月約5,300円のコストがかかるところが手を出すのにためらってしまうポイントです。
私は1か月を経たずしてシミへの効果を実感できたので、継続する価値があることがわかりましたが、なかなか効果を実感できない人は、使い続けるのを躊躇してしまうのではないかと思います。

まとめ

まとめを述べる女性

ビーグレンでシミのケアや対策をするには、美白成分配合のQuSomeホワイトエッセンスとQuSomeホワイトクリーム1.9の使用と、サプリのSIMIホワイトを服用するのが効果的。

また、スキンケア化粧品はライン使いするほど、より美白成分の効果を引き出しやすいので、ホワイトケアのスキンケアラインを使って、じっくりとシミや肌のくすみをケアしていきましょう。

ビーグレンのホワイトケアラインにはトライアルセットがあるので、まだ使用したことがない人は2,000円程度でビーグレンのホワイトケアラインを1週間お試しできるので、公式サイトを確認してみてくださいね。

ビーグレンのシミ対策化粧品・サプリで、あなたを悩ませるシミが少しでもなくなることを祈っています。