ビーグレン ホワイトケア トライアル
中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

ビーグレン独自の浸透テクノロジーを活用した美白ケアで、シミの対策ができると話題の ホワイトケアシリーズ。

本記事では、ビーグレン ホワイトケアシリーズを使用してシミの対策を行っている10人からアンケート収集ツールで口コミを集め、ホワイトケアシリーズの実際のシミへの有効性を独自に調査。

本当にシミに悩んでいる人が使ってみた結果なので、ビーグレンのホワイトケアシリーズを使ってシミ対策スキンケアをしようか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ビーグレンでシミのケアをするならホワイトケアシリーズ

ビーグレントライアルセットまとめ

全部で8つのシリーズがあり、人それぞれ違う肌の悩みにアプローチしているビーグレンのスキンケアライン。

ビーグレンで気になるシミやそばかすのケアをするなら、美白に有効な成分が配合された美容液やクリームが含まれているビーグレン ホワイトケアシリーズを使用しましょう。

ビーグレン ホワイトケアシリーズには、洗顔料のクレイウォッシュ、化粧水のQuSomeローション、美容液のCセラム、美白クリームのQuSomeホワイトクリーム1.9、保湿クリームのQuSomeモイスチャーリッチクリームの5つの商品が含まれています。

中でも美白成分が配合されていてシミへの効果が期待できるのが、QuSomeローションとCセラム、QuSomeホワイトクリーム1.9の3つ。

特に、美白成分のハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム1.9は、ビーグレンの全8シリーズの中でホワイトケアシリーズにしか含まれていない商品。

ハイドロキノンはシミの原因であるメラニンの色素を黒から無色に変える効果を持つ美白成分なので、ビーグレンでシミのケアをするならホワイトケアシリーズがおすすめであるといえます。

ホワイトケアシリーズの商品特徴

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット

ビーグレンのホワイトケアシリーズでシミの悩みを改善する効果が期待できる理由は、ホワイトケアシリーズが持つ4つの特徴にあります。

ここでは、ビーグレン ホワイトケアシリーズが持つ4つの特徴から、シミの対策に効果が見込める理由を解説していきます。

スキンケアラインの全てに浸透テクノロジー

保湿をする女性

ビーグレンは独自の技術によって開発した浸透テクノロジー「QuSome」をスキンケアラインの全てに適用し、角質層のすみずみまで有効成分を届きやすくなるように設計。

QuSomeによってシミが生み出される原因である、角質層の下に存在するメラノサイトに有効成分が行き渡り、メラニンの生成を抑えて新たなシミができにくくなったり、メラニンの色素を無色に変えて目立たなくさせたりする効果があります。

また、QuSomeは角質層への浸透力が高いだけでなく、有効成分を包み込んで安定して角質層に届けて肌に留まりやすい性質を持つため、時間が経ってもシミに有効な成分が肌の内側で働き続けてくれますよ。

CセラムのビタミンCでシミができにくい肌へ

笑顔で頬に手を当てる女性

ビーグレン ホワイトケアシリーズに含まれる美容液のCセラムには、浸透テクノロジーのQuSomeに包まれたピュアビタミンCが配合されており、ピュアビタミンCが持つメラニンの生成を抑える作用によって、新しいシミができるのを防ぐ効果があります。

ピュアビタミンCは、ビタミンC誘導体よりもさらにビタミンCが本来持っている効果に近い作用がありますが、デリケートなため角質層のすみずみに届く前に成分が壊れてしまい、本来の効果を発揮しにくい成分。

しかし、ビーグレンはデリケートなピュアビタミンCをQuSomeの技術でカプセルのように包み込む設計なので、角質層のすみずみまでピュアビタミンCの効果を届けることができるのです。

ホワイトクリームにハイドロキノン配合

試験管

ビーグレン ホワイトケアシリーズがシミ対策に効果的であるといえる要の役割を果たしているのが、美白クリームの「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

QuSomeホワイトクリーム1.9には、シミが黒や茶色に見える原因であるメラニンの色素を、黒や茶色から無色に変える、漂白作用のような効果を持った美白成分「ハイドロキノン」が配合されています。

ハイドロキノンの効果によって、新しいシミの生成を防ぐのではなく、すでにできてしまっているシミの対策にも有効なので、QuSomeホワイトクリーム1.9はシミに悩む人には必須のアイテムです。

保湿力を高めてターンオーバーを整える

カレンダー

ビーグレン ホワイトケアシリーズの保湿力を担っているのが、化粧水のQuSomeローションと保湿クリームのQuSomeモイスチャーリッチクリームです。

保湿は、シミの悩みの改善において、肌の保湿力を高めてターンオーバーを整え、メラニンの排出を促すサイクルを作り出すために重要なポイント。

QuSomeローションは、肌内部の水分量を長時間持続させるために、4つの美容成分を複合させたビーグレン独自の「QuSomeアクティベートコンプレックス」が配合され、浸透テクノロジーのQuSomeによって角質層のすみずみにしっとりとなじみます。

QuSomeモイスチャーリッチクリームにも独自の複合型保湿成分「QuSomeエイジリカバーコンプレックス」が配合され、CセラムやQuSomeホワイトクリーム1.9で与えた美容成分を閉じ込めて、保湿をしながら美容成分の効果を持続させる役割も果たしてくれますよ。

高い保湿効果も期待できるビーグレン ホワイトケアシリーズは、美白成分がシミの根本に働きかけるだけでなく、保湿による肌のターンオーバーのサイクルを整える作用によっても、シミができにくい肌に導くことができるスキンケアラインなのです。

ホワイトケアでシミの悩みは改善した?使用者の口コミまとめ

ビーグレン ホワイトケアシリーズが本当にシミの悩みに効果があるのかどうかを確かめるために、ビーグレン ホワイトケアシリーズの商品を使用したことがある10人にアンケート調査を行いました。

ビーグレン ホワイトケアシリーズの商品説明だけでは分からない、シミへの効果についての口コミを紹介していきます。

アンケート回答者の条件

  • ビーグレン ホワイトケアシリーズの商品(クレイウォッシュ・QuSomeローション・Cセラム・QuSomeホワイトクリーム1.9・QuSomeモイスチャーリッチクリーム・トライアルセット)を使ったことがある人
  • 最低1週間以上、ホワイトケアシリーズの商品を使ったことがある人

調査①ホワイトケアシリーズでシミの悩みは改善した?

ビーグレン ホワイトケアシリーズのreview

ビーグレン ホワイトケアシリーズを最低1週間以上使用して、「シミの悩みが改善された」と答えた人が7人、「シミの悩みが改善されなかった」と答えた人が3人という結果に。

シミの悩みが改善されなかった3人は、いずれも1週間お試しできるトライアルセットのみの使用だったため、短期間でのシミへの効果は感じられなかったという口コミがあがっていました。

シミの悩みが改善されたと答えた7人は、全員1か月以上使用を続けており、中にはシミの悩みがどんどん改善されていくので1年以上継続して使っているという愛用者もいました。

シミの原因であるメラニンが定着してしまった肌は、肌のターンオーバーによって約28日間かけて肌表面に古い角質として排出されるので、シミの悩みに効果を感じるには即効性は期待せず、約1か月以上は根気強く使い続ける必要があるということが分かりますね。

調査②ホワイトケアシリーズの口コミ

口コミ

ビーグレン ホワイトケアシリーズの使用によって、シミの悩みが改善された人・改善されなかった人、それぞれの口コミを紹介します。

どんなシミの悩みに効果があったのか、どれくらいで効果を実感したのか、また効果が出なかったのは何故なのかなど、使用者にしか話せない具体的な体験談ばかりなので、シミに悩みを抱える人は良い参考になりますよ。

シミの悩みが改善された人の口コミ

満足した女性

  • QuSomeローションとQuSomeホワイトクリーム1.9を使い始めて3週間ぐらいでシミの悩みが改善できていることが確認できました。
    半年のあいだ、毎日ホワイトケアシリーズを使って、ほぼ目立たないところまでシミの悩みが改善し、現在はコンシーラーを使わなくてもシミの存在がわからない状態になっています。
     
  • シミの悩みに対する効果に関しては、まだ目に見える変化は現れておりません。しかしながら、肌の状態は非常に良くなっていますし、新たなシミ発症も抑えることができています。心なしか、肌全体が白くなった(クリアになった)感じもあります。
     
  • ファンデーションではカバーできない小さなシミが頬にいくつかあったのですが、ホワイトケアシリーズを使うようになってから薄くなってきたんです。使用して2か月過ぎた頃から、シミの悩みに効果が出てきました。目の近くに一つだけ大きくて濃いシミがあるのですが、半年ぐらいで薄くなったなと実感できました。小さなシミは半年でファンデーションを塗ればわからないぐらいに薄くなり満足です。
     
  • ダイレクトにシミに効いてなくなっていく、ということではないのかもしれませんが、間違いなく肌はワントーン明るくなっています。くすみはなくなったと言えますが、頬にある大きなシミがなくなるまでにはまだ時間がかかると思います。
     
  • 3ヶ月くらい経過した頃から、なんとなくシミが薄くなってきたことがわかりました。
    そして、半年が経過した頃には、シミの輪郭がぼやけてかなり薄くなり、吹き出物もできにくくなりました。
    使い始める前に写真を撮っておいたのですが、あきらかにシミが薄くなっていると実感できています。
     
  • 価格も安く、サービスが充実していることから、ホワイトケアトライアルセットを購入し、約4か月間使用しています。肝心なシミについては、わずかに薄くなったように感じており、今後も継続して使用する予定です。
     
  • 肌に合わなかったCセラムだけは使うのを止めましたが、QuSomeローションとQuSomeホワイトクリーム1.9を使い続けることで顔のシミが薄くなり悩んでいた乾燥肌も以前ほどカサカサしなくなり嬉しかったです。根気良くビーグレンのホワイトケアシリーズを使い続けた甲斐がありました。
ホワイトケアシリーズへの良い口コミまとめ

ビーグレン ホワイトケアシリーズでシミの悩みが改善したと答えた7人から寄せられた口コミは、どれも1か月以上継続して使ったことでシミへの効果が感じられるようになってきたということ。

ビーグレン ホワイトケアシリーズの中でもQuSomeローションとQuSomeホワイトクリーム1.9は愛用者が多く、ファンデーションやコンシーラーで隠し切れなかったシミに根気強く使い続けて、だんだんと効果が見え始めた人が多くいました。

シミの悩みが改善されなかった人の口コミ

微妙な顔をする女性

  • 口コミで「トライアルセットでも十分な効果を実感できた」とあったため、短期間での効果を期待して購入しました。しかし、私の肌質に合わなかったのか残念ながらトライアルセットだけではシミが薄くなる等の効果を感じることはできませんでした。
     
  • 1週間だけの使用でしたので、シミが薄くなった効果は感じられませんでした。
    それでも肌の色は明るくなったように感じられましたし、同じラインで洗顔から最後のクリームまでを同じブランドで使用することで、今後使い続ければ効果が出るのでは、という期待は感じられました。
ホワイトケアシリーズへの悪い口コミまとめ

ビーグレン ホワイトケアシリーズの悪い口コミとしてあがっていたのは、「トライアルセットを1週間使用するだけではシミへの効果を実感しにくかった」というものがほとんど。

ただ、1週間のみのトライアルセットの使用でも肌のトーンが明るくなったように感じられたという口コミや、まだ目に見えた効果がでていないだけで継続して使用すればシミの悩みの改善に効果があるのでは、と感じた口コミがあったので、実際にトライアルセットを使用した人からのシミへの効果の期待値は高いといえます。

ただ、肌に合わなかったという人がいたことも事実で、ホワイトケアシリーズに配合された成分が人によっては肌荒れを起こしてしまうこともあるので、肌が弱い敏感肌タイプの人などは使用する際にパッチテストをしてから使うなど、注意が必要です。

ホワイトケアシリーズで効果がでるのは特定のシミ!

ポイント

ビーグレンのホワイトケアシリーズは、すぐに効果が現れた人や効果が出るまでに時間がかかった人など効果の出方がさまざま。

ビーグレン ホワイトケアシリーズのシミへの効果は、なぜ人によって感じ方が変わってくるのか、詳しく解説していきます。

シミの種類によって効果の有無が

見た目が同じように見えてもシミにはさまざまな種類があり、シミの種類によってビーグレン ホワイトケアシリーズに含まれた美白成分が効果的に働かない場合もあります。

ホワイトケアシリーズに配合されている美白成分は、ハイドロキノンとビタミンC。

ハイドロキノンやビタミンCが効果的に働くシミ、効果が出にくいシミを一覧にまとめてみました。

シミの名称

ホワイトケアシリーズの効果と特徴

老人性色素斑

【効果】○

【特徴】・紫外線や加齢によりできる茶色いシミ

雀卵斑(そばかす)

【効果】○

【特徴】・遺伝性で先天的に頬のあたりに点在するシミ

炎症後色素沈着

【効果】○

【特徴】・ニキビや傷の炎症後にできる赤褐色や灰色のシミ

肝斑

【効果】△

【特徴】・ホルモンバランスの乱れによってできるモヤっとした左右対称に広がるシミ

脂漏性角化症

【効果】×

【特徴】・老人性色素斑が盛り上がってイボやほくろのようになっているシミ

太田母斑

【効果】×

【特徴】・青や褐色に肌に広がったり、左右対称にできたりするあざ

ホワイトケアシリーズで効果が見込めるシミ

  • 老人性色素斑
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 炎症後色素沈着

ビーグレン ホワイトケアシリーズに配合されているハイドロキノンやビタミンCが効果的に働きかけるシミの種類は、「老人性色素斑」「雀卵斑(そばかす)」「炎症後色素沈着」「肝斑」の4つ。

4種類のシミそれぞれができる原因から、なぜビーグレン ホワイトケアシリーズが改善に効果的であるのかを解説します。

▼老人性色素斑・炎症後色素沈着

シミ

老人性色素斑は紫外線を浴びて生成されたメラニンが、加齢によって肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまうことで肌に留まってできる、茶色っぽいシミを指します。

炎症後色素沈着はニキビ跡や傷跡のことで、炎症によって刺激されたメラノサイトがメラニンを分泌させ、炎症を起こしていた部分にメラニンが定着してできるシミです。

老人性色素斑も炎症後色素沈着も、元々シミがなかった部分にメラニンが定着してできる後天性のシミ。

ビーグレン ホワイトケアシリーズに配合されているハイドロキノンやビタミンCは、精製されたメラニンを排出したりメラニンの黒い色素を肌色に戻したりする作用を持つため、老人性色素斑や炎症後色素沈着のシミに有効であるといえます。

▼雀卵斑(そばかす)

そばかす

雀卵斑(そばかす)は遺伝で先天的にメラニンの色素が肌に存在している状態で、雀卵斑(そばかす)のない人の肌に比べるとメラニンの生成量が多くなかなか消えにくいシミです。

しかし、メラニンの生成がシミの原因であることには変わりはないので、ハイドロキノンのメラニンの色素がさらに濃くなっていくのを防ぐ効果から、雀卵斑(そばかす)の悪化を最小限で止めてくれますよ。

▼肝斑

目の下が気になる女性

肝斑はホルモンバランスの乱れが原因とされ、くわしい発生原因はまだ解明されていない気難しいシミです。

メラニンの過剰生成によってできてしまう肝斑にも、ハイドロキノンが持つメラニンの色素の黒色化を抑える効果によって、さらに悪化するのを防ぎます。

太田母斑・脂漏性角化症にはなぜ効かない?

太田母斑は肝斑のように、輪郭がわかりにくく顔の片側にぼんやり広がったり、顔の両側に広がったりする青っぽい褐色の見た目をしていますが、実はシミではなく「あざ」の一種。

あざは、角質層内にメラニンが留まってできるシミとは違って、角質層のさらに奥の真皮層にメラニンが定着することでできてしまうので、角質層までしか届かない美白成分を使っても、あざの悩みは改善できないのです。

太田母斑の治療には皮膚科でのレーザー治療が用いられているので、シミだと思っていたけど太田母斑の可能性もあるかも・・・という人は、一度皮膚科・美容皮膚科にて専門医に相談してみるのがおすすめです。

脂漏性角化症は老人性色素斑の仲間ではありますが、年齢を重ねるごとにサイクルが乱れて肌のターンオーバーが正常に働かず、メラニンが蓄積した古い角質が積み重なって盛り上がったシミで、美白化粧品を使っても盛り上がったシミが改善されることはありません。

脂漏性角化症は、レーザー治療や液体窒素を使った治療が改善への近道になるので、皮膚科や美容皮膚科での相談が最適です。

QuSomeホワイトクリーム1.9を使うときの注意点

ビーグレンQuSome ホワイトクリーム

ビーグレンのホワイトケアシリーズの美白クリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9」には、ハイドロキノンという「肌の漂白剤」と呼ばれるほどの刺激が強く強力な美白成分が配合されているので、使用時には注意が必要です。

使用しているタイミングや肌の状態の見極めを誤ると、さらにシミを引き起こす原因にもなってしまうので、正しい使用方法を確認してから使ってくださいね。

QuSomeホワイトクリーム1.9は夜のみ使用

夜の窓

ビーグレン ホワイトケアシリーズで最も美白効果を発揮する「QuSomeホワイトクリーム1.9」にはハイドロキノンが配合されており、ハイドロキノンの性質上「夜のみ使用すること」が公式サイトでも注意喚起されています。

ハイドロキノンは紫外線に当たると毒性に変わって、肌に刺激を与えてシミや肌荒れを引き起こす原因となる可能性があるので、朝のスキンケアでの使用は控えましょう。

どうしてもシミをケアするためにQuSomeホワイトクリーム1.9を朝使用する場合は、ハイドロキノンを塗布した後に日焼け止めを塗るなど、紫外線対策を徹底する必要があるのです。

ハイドロキノンが配合されたQuSomeホワイトクリーム1.9を使用する際は、必ず夜のみの使用を心がけ、朝使用した場合は、新しいシミを増やさないために紫外線対策を日頃から怠らないようにしましょう。

Qusomeホワイトクリーム1.9は肌荒れ時には使用しない

手でバツをつくる女性

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているハイドロキノンは、メラニンが蓄積した細胞まで届いて、メラニン色素の黒色を無色の状態に戻す作用を持つ強力な美白成分なので、肌荒れを起こしている時や、敏感肌でもともと肌が弱い人の使用は向きません。

まずは丁寧に保湿をして、肌のバリア機能を正常化させ肌荒れを落ち着かせてから、QuSomeホワイトクリーム1.9を含むホワイトケアシリーズを使用してくださいね。

ビーグレンでのシミ対策にはホワイトケアの継続使用を

今回のビーグレン ホワイトケアシリーズ使用者10人へのアンケート調査で分かった事実は、「シミの悩みに効果があった」と答えた人は、ビーグレン ホワイトケアシリーズの商品を1か月以上継続して使用しているということ。

シミができるメカニズム上、シミの原因であるメラニンが生成されてから肌のターンオーバーによって肌の外に古い角質と一緒に排出されるまで約28日間かかることから、1か月以上の使用でやっとシミの悩みに効果が出てきたと感じられるのです。

トライアルセットを1週間使ってみて、自分のシミは改善できなったと思うのは、約28日周期で訪れる肌のターンオーバーの仕組み上、仕方のないこと。

ビーグレン ホワイトケアシリーズを1週間使用してみて、肌のトーンアップなどの効果が出た人は、継続してホワイトケアシリーズを使用することをおすすめします。