虫メガネを持った女性
熊谷優子プロフィール

オーガニック化粧品のプロフェッショナル

熊谷 優子

ビーグレンはニキビ、シミ、しわなど女性の肌悩みに合わせたスキンケアシリーズを販売していて、口コミサイトでは「美肌になった」「潤いがアップして肌がモチモチしてきた」など好評な口コミが多く、女性誌でも何度も紹介されている人気のスキンケア化粧品ブランドです。

ただ、口コミによっては「肌トラブルが起きてしまった」と書かれていることもあり、「ビーグレンのスキンケア化粧品を使用してみたいけど自分の肌に合うか不安で迷っている」「ビーグレンのスキンケア化粧品を使って肌トラブルが起こってしまって困っている」という人もいますよね。

本記事では、ビーグレンのスキンケア化粧品の口コミをまとめた上で、肌トラブルが起こりやすいスキンケア化粧品の配合成分を徹底的に調査しています。

また、ビーグレンのスキンケア化粧品が肌に合わなかった時の対処法や、ビーグレン以外の肌に刺激の少ないおすすめスキンケア化粧品も紹介しているので、ビーグレンを購入する前にぜひ一読してみてくださいね!

口コミを調査!ビーグレンで肌トラブルは起こる

シミを気にする女性

ビーグレンはアメリカ医療界の浸透テクノロジーの第一人者が開発した、美容成分を奥まで届け肌に留める技術「QuSome®(キューソーム)」を使用しており、美白ケア保湿ケアなど肌悩みに合わせたスキンケア化粧品を販売しています。

ビーグレンのスキンケア化粧品の口コミはおおむね好評ではありますが、一方で、肌トラブルが起きてしまったなどの悪い口コミも@コスメやビーグレン公式サイトの商品レビューによせられています。

ビーグレンのスキンケア化粧品の中でも、美容液の「ビーグレンCセラム」とナイトクリームの「QuSomeホワイトクリーム1.9」を使用した人の口コミに、肌荒れなどの投稿が見られましたので、「ビーグレンCセラム」と「QuSomeホワイトクリーム1.9」の悪い口コミを@コスメとビーグレン公式サイトの商品レビューから調査し、下記の通りまとめてみました。

ビーグレンCセラムの悪い口コミ

  • 乾燥して皮むけするようになってしまった。
  • 使用していたらポツポツと吹き出物がでてしまった。
  • ニキビが治るどころか悪化してしまった。

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9の悪い口コミ

  • 肌荒れしてかぶれたようになってしまった。
  • 肌がピリピリして赤くなってしまった。

特に乾燥肌や敏感肌の人からの投稿で、「ビーグレンCセラム」は肌荒れや乾燥の悪い口コミが、「QuSomeホワイトクリーム1.9」は肌荒れや赤みの悪い口コミが見られました。

乾燥肌や敏感肌は、外部からの刺激から肌を守る「肌のバリア機能」が低下している状態ですので、ビーグレンCセラムやビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9に配合されている成分に過剰に反応してしまった可能性があります。

肌トラブルが多いビーグレンの化粧品と配合成分を調査

ビーグレンのスキンケア化粧品の中でも、なぜ「ビーグレンCセラム」と「QuSomeホワイトクリーム1.9」で肌トラブルがあったという口コミが多かったのでしょうか?

ここでは「ビーグレンCセラム」と「QuSomeホワイトクリーム1.9」の配合成分から肌トラブルの原因を解説していきます。

ビーグレンCセラムで肌トラブルが起こる原因

Cセラム

ビーグレンCセラムで肌トラブルが起きてしまったのは、ビーグレンCセラムにピュアビタミンCが高濃度に配合されているからです。

ビーグレンCセラムは、高濃度のピュアビタミンCをビーグレン独自の浸透技術「QuSome®(キューソーム)」で包み込み、角質層のすみずみまで届け、皮脂バランスを整えながらキメの細かい肌へと導いてくれる美容液。

ビーグレンCセラムに配合されているピュアビタミンCは、コラーゲンの生成を促し肌に弾力をもたらす、皮脂の分泌をコントロールして肌を整えてくれるなどの効果が期待できます。

しかし、ピュアビタミンCの「皮脂の分泌をコントロールする」効果が、乾燥肌の人の皮脂分泌を抑えてしまい、乾燥をさらに進めてしまうことがあります。

そして、乾燥することで肌を潤わせるために皮脂分泌が過剰になり、ニキビや吹き出物ができてしまったり、乾燥により肌が痒くなってしまったりなどの症状がでてきてしまうのです。

ビーグレンCセラムに寄せられた悪い口コミの「肌が乾燥してしまった」「吹き出物やニキビができてしまった」といった感想は、配合成分であるピュアビタミンCの「皮脂分泌をコントロールする」効果が肌の乾燥をもたらしてしまった結果でしょう。

ビーグレンCセラムを使用して肌トラブルを起こさないためにも、乾燥肌の人や肌が乾燥する季節には使用量を減らす、ビーグレンCセラムを使用した後には保湿クリームを多めにつけるなどの対策をしっかりと行ってくださいね。

ビーグレン QuSomeホワイトクリームで肌トラブルが起こる原因

ビーグレンQuSome ホワイトクリーム

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9で肌トラブルが起きてしまったのは、ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9にハイドロキノンが配合されているからです。

ハイドロキノンは、シミの原因である色素沈着したメラニンを元に戻す「メラニン還元」効果があり、シミを薄くする美白効果が期待できる成分。

しかし、ハイドロキノンは美白効果が高い成分ではあるのですが、酸化しやすく、「メラニン還元」をする時に赤みや痒みが現れる副作用があるのも事実です。

そのため、ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9に「肌荒れしてしまった」「肌に赤みがでた」といった口コミが見られるのは、ハイドロキノンの副作用が出てしまったことが原因でしょう。

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9を使用して肌トラブルを起こさないためにも、敏感肌の人は使用を控える、ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9を使用する前にパッチテストを行い肌に合うか確認するなどの対策を行ってくださいね。

ビーグレンが肌に合わなかった時の対処法

@コスメやビーグレン公式サイトの商品レビューの口コミではビーグレンCセラムとビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9を使用した際の肌トラブルの投稿が多いですが、他のビーグレンのスキンケア化粧品でも肌トラブルを起こす可能性はあります。

どれだけ安全性が高い化粧品でも、人の肌質や肌状態はそれぞれ異なっているため、万人の肌に100%合うとは言い切れないからです。

そのため、ビーグレンのスキンケア化粧品を使用してみて、肌に合わなかった時にはそのまま放置せず、使用量を減らす、ビーグレンのカスタマーサポートに相談する、皮膚科に相談するなどして対処しましょう。

ビーグレンのスキンケア化粧品の使用量を減らす

ビーグレンのスキンケア化粧品の使用量を減らすことで、肌トラブルが収まることがあります。

特に、ビーグレンCセラムとビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9には肌への刺激が強い成分が配合されてるので、肌トラブルが起きないか様子をみながら使用量を調節してくださいね。

ビーグレンCセラムとビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9の使用量を減らす際の目安

ビーグレンのCセラムが公式サイトで記載している使用目安量は

直径2cm程度(さくらんぼ1個分)ですので、それよりも少ない直径1cm程度(パール大)に減らす。

Cセラム 使用量 減量目安(見やすくするために赤いペンで書いています)

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9が公式サイトで記載している使用目安量は
直径1cm程度(パール大)ですので、直径0,7mm程度(小豆粒大)に減らす

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム 減量目安量

また、使用量だけではなく、肌が荒れていて「敏感になっているときは使用しない」、「週1回のスペシャルケアにのみに使用する」など、肌に負担をかけないように使用頻度を減らすことでも肌トラブルを防げる可能性があるので、実践してみてくださいね。

カスタマーサポート「スキンケア相談」に連絡

コールセンター

ビーグレンのスキンケア化粧品を使用してみて、「肌が荒れてしまったけど使い続けたい」「肌が少し荒れたけどビーグレンのスキンケア化粧品が原因か分からない」などと感じる場合には、ビーグレンのカスタマーサポートのひとつである「スキンケア相談」へ電話してみることをおすすめします。

ビーグレンのカスタマーサポートのひとつである「スキンケア相談」は、ビーグレンのスキンケア化粧品の成分や使い方を熟知している「スキンケアコンサルタント」が、肌トラブルの対処法などの相談に乗ってくれる無料サービスです。

「スキンケアコンサルタント」は、公式HPに顔写真付きで掲載されていて自分で選べるので、自分の担当者を決め、継続的に「スキンケア相談」をすることができるのが魅力。

「スキンケア相談」はビーグレン公式サイトのお問い合わせボタンからできます。(下記画像を参照)

スキンケア相談の図

ビーグレンの公式HPから会員登録を済ませている人は、「スキンケア相談フォーム」からメールでスキンケア相談をすることもできますよ。

使用を中止し、肌荒れがひどい場合には皮膚科へ

診察をする医師と女性

ビーグレンのスキンケア化粧品を使用してみて、肌荒れが顔全体に広がり肌状態がひどく悪化してしまったら、すぐに使用を中止し皮膚科に相談に行きましょう。

肌状態も肌の性質も人それぞれなので、口コミが良く評価が高いビーグレンのスキンケア化粧品でも肌に合わないことは考えられるので、「使い続ければ肌に合ってくるかも」などと思わず、使用をすぐに中止して皮膚科で治療してもらいましょう。

【タイプ別】肌に刺激の少ない化粧品おすすめ3選

敏感肌や乾燥肌でビーグレンのスキンケア化粧品を購入するのをやめたという人やビーグレンのスキンケア化粧品で肌が荒れてしまって別のスキンケア商品を使用したいという人に肌に刺激の少ないスキンケア化粧品を紹介していきます!

【ニキビ・ニキビ跡に】ノブAC トライアルセット

価格 1,620円(税込み)

NOV AC トライアルセット

【ノブACのトライアル内容】

  • ノブ AC クレンジングジェル(15g)
  • ノブ AC ウォッシングフォーム(15g)
  • ノブ AC フェイスローション(20mL)
  • ノブ AC モイスチュアジェル(6g)
  • ノブ AC モイスチュアクリーム(4g)

【ノブAC トライアルセットの特徴】

  • 高い保湿効果を発揮するシリーズなので、ニキビの原因となる肌乾燥を防ぎ、ニキビを予防してくれる
  • 肌を清潔に保ち、ニキビの原因となるアクネ菌の栄養源になりにくい成分のみを使用しているから、ニキビ予防に効果的
  • 原料にこだわり安全性試験を繰り返し行い、低刺激な品質を保っているから敏感肌にもおすすめ

ノブAC トライアルセットは、敏感なニキビのために作られ、メイク落としから保湿クリームまでのラインを1週間分試せるトライアルセットです。

乾燥して角質が厚くなり、毛穴が詰まってニキビができやすくなっている肌に潤いを与え、ニキビと肌荒れを予防してくれます。

無香料・無着色・オイルフリー処方で原料にこだわり、敏感肌の人も安心して使用できるよう提供されている化粧品です。

【シミ・美白ケアに】ディセンシア サエル トライアルセット

価格:1,480円(税込み)

サエル トライアル

【サエルのトライアル内容】

  • サエル ホワイトニング ローション コンセントレート(20mL)
  • サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート (10mL)
  • サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート (9g)
  • [プレゼント]サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート (1包)

【ディセンシア サエル トライアルセットの特徴】

  • ストレスにより低下した皮膚温を上昇させ血行促進を図る「ジンセンX」とバリア機能を整える「パルマリン」配合で、シミのできにくい肌に導く
  • 保湿成分を角質深くまで浸透させ、肌に潤いをもたらし外部刺激をブロックするので、敏感肌を刺激から守ってくれる
  • アドバンスメラノキャッチ処方でメラニンの活性化を抑制し、シミの原因であるメラニンを作らせないのでシミの予防に効果的

ディセンシア サエル トライアルセットは、敏感肌にも安心して使用できる、化粧水からクリームまで10日間試せるシミ・くすみケアのためのトライアルセットです。

バリア機能が低下してシミができやすい肌状態を改善するための配合成分「ジンセンX」と「パルマリン」、「ムラサキシキブエキス」がメラニンを抑制し、バリア機能を整え、シミができにくい肌に導きます。

保湿成分をヒト型セラミドで囲み、カプセル化することにより、角質深くまで潤いが届いてみずみずしい肌を作るため、敏感肌を外部刺激からしっかりブロックしてくれるので、肌が弱い人にもおすすめです。

【しわ・たるみに】ディセンシア アヤナス トライアルキット

価格:1,480円(税込み)

ディセンシア トライアル

【アヤナスのトライアル内容】

  • アヤナス ローション コンセントレート (20mL)
  • アヤナス エッセンス コンセントレート (10g)
  • アヤナス クリーム コンセントレート (9g)
  • [プレゼント]アヤナス アイクリーム コンセントレート (1包)

【ディセンシア アヤナス トライアルキットの特徴】

  • 保湿成分を角質深くまで浸透させ、肌に潤いをもたらし外部刺激をブロックするので、敏感肌を刺激から守ってくれる
  • ストレスにより低下した皮膚温を上昇させ血行促進を図る「ジンセンX」とバリア機能を整える「パルマリン」配合で、敏感肌の肌荒れを整える
  • 「コウエキス」「CVアルギネート」配合で、肌が自らハリ・弾力を生み出す力をサポートするから、しわ・たるみに効果的

ディセンシア アヤナス トライアルキットは、敏感肌にも安心して使用できる、化粧水からクリームまで10日間試せるしわ・たるみケアのためのトライアルキットです。

保湿成分を角質深くまで浸透させ、肌に潤いをもたらし刺激から守ってくれるので、敏感肌の人も安心して使えます。

また、「コウエキス」「CVアルギネート」配合で、肌が自らハリ・弾力を生み出す力をサポートするから、しわ・たるみが気になる肌におすすめです。

スキンケア化粧品を購入・使用する際の注意点

ビーグレンのスキンケア化粧品の肌トラブルの対処法や敏感肌の人へのおすすめ化粧品を紹介しましたが、化粧品は口コミや配合成分を事前にどれだけ調べても、実際使用してみて肌に合わなかったということはあります。

1人1人の肌状態や肌の性質は異なるので、一概に「この化粧品であれば誰が使っても肌荒れしない」とは言えないのです。

そのため、化粧品を購入・使用する際には、トライアルセットを購入するかパッチテストを行い、自分の肌に合うことを確認してから購入・使用するようにしましょう。

【パッチテストのやり方】

  1. 化粧品を二の腕の内側に塗る
  2. 24時間経過した際に、化粧品を塗った個所に赤みや痒みが出ていないかチェックする