スマートフォンで肌の状態を確認する女性

ビーグレンは最先端のテクノロジーを取り入れたスキンケア化粧品を販売しているブランドのことで、ニキビやシミ、毛穴といった様々な肌トラブルに効果があると口コミで話題になっています。

そんなビーグレンには、ニキビの悩みに特化した「ニキビケアシリーズ」というスキンケア化粧品のラインがあり、特に大人ニキビの悩みに高い効果があると口コミで評判です。

しかし、ニキビの悩みを改善したいと思っている方は、なぜここまでビーグレンのニキビケアシリーズが口コミの評価が高いのか、本当にニキビに効果があるのか気になりますよね。

本記事では、ビーグレンの「ニキビケアシリーズ」(洗顔料のクレイウォッシュ、化粧水のクレイローション、美容液のCセラム、クリームのQuSomeモイスチャーゲルクリーム)はニキビケアに効果的なのかを、口コミや成分から解説していきます。

ビーグレンニキビケアの効果は?口コミ傾向を分析

毛穴ケアに悩む女性

ビーグレンのニキビケアシリーズには、ニキビに高い効果があると口コミで評判なため、使ってみたいと思っている人は多いと思います。

ここではビーグレンニキビケアシリーズがニキビに効果があるのか、実際にニキビケアシリーズを使った方々が@コスメに投稿した口コミを分析しました。

ニキビケアシリーズの良い口コミ

〇25歳女性(混合肌)

額にずっとあった吹き出物がかなり小さくなったので、これは期待出来る!と思いました。

〇29歳女性(混合肌)

じっくり一週間使っていたんですが、3日目くらいに吹き出物が落ち着き、赤みが薄くなりました。

〇34歳女性(乾燥肌)

新しい白ニキビができなくなり、調子がいいです。

ニキビケアシリーズでニキビの炎症や赤みを抑えられたという口コミが多く、ニキビの悪化予防に高い効果があることがわかりました。

また、ニキビができにくくなったという口コミもあり、ニキビケアシリーズを使ってニキビができにくい肌を作ることも期待できます。

ニキビケアシリーズの悪い口コミ

〇27歳女性(乾燥肌)

翌朝白ニキビに赤みが出てしまいました。

3日続けましたが、赤みが出る一方でした。

〇26歳女性(混合肌)

5つぐらいあったニキビ、見事に悪化。

新たに小さな白ニキビまでできました。

〇25歳女性(混合肌)

急に肌全体的に軽いニキビ(赤い大きめニキビの初期症状のようなもの)ができ始めました。

ビーグレンのニキビケアシリーズの使い心地はいいけれど、ニキビが悪化してしまった、ニキビができてしまったという声が多くありました。

またクレイウォッシュは肌に合うけれど、Cセラムが肌に刺激があったというような口コミから、ビーグレンのニキビケアシリーズにも肌に合うものと肌に合わないがあることがわかります。

悪い口コミからビーグレンのニキビケアシリーズは、肌によってはニキビを悪化させたり、新たに作ったりしてしまう可能性もあると分かりました。

成分や特徴からビーグレンのニキビへの効果を解説

ビーグレンのニキビケアシリーズは、「ニキビに効果的」という口コミがありますが、どうしてニキビケアに効果的なのでしょうか。

ビーグレンの「ニキビケアシリーズ」のクレイウォッシュ、クレイローション、Cセラム、QuSomeモイスチャーゲルクリームの成分や特徴から、ニキビの悩みに効果的な理由を解説していきます。

【ニキビに効く成分①】クレイウォッシュの天然クレイ

ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレンのニキビケアシリーズのクレイウォッシュは「モンモリロナイト」という天然のクレイ(泥)を配合した、泡立てずに洗う洗顔料です。

モンモリロナイトは、肌の古い角質や皮脂だけを磁石のように吸着する性質があるため、毛穴が詰まってニキビが発生するのを予防してくれます。

またモンモリロナイトは、肌に必要な皮脂や水分は肌に残しておいてくれるので、肌を乾燥から防いでニキビができにくい肌を作ってくれます。

というのも、肌が保湿されていると、外部の刺激から肌を守る「バリア機能」が正常に働き、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌がコントロールされ、肌を健やかな状態に保ってくれるのです。

つまり、ビーグレンクレイウォッシュは、適度な水分量と皮脂量を肌に保ちながら、汚れを洗い落とし毛穴の詰まりを防いでくれる2つの効果があるため、ニキビケアにおすすめの洗顔料といえます。

【ニキビに効く成分②】クレイローションの抗炎症作用

ビーグレン クレイローション

ビーグレンクレイローションは、「グリチルリチン酸ジカリウム」が入った薬用化粧水です。

グリチルリチン酸ジカリウムが、高い抗炎症作用をもっているため、ニキビの炎症を抑える効果が期待できます。

またビーグレンクレイローションには、保湿成分の「ヒアルロン酸」や肌にうるおいの膜を張ってくれる「モンモリロナイト」が配合されているため、肌の乾燥を防いでニキビの悪化や発生を予防してくれます。

【ニキビに効く成分③】CセラムのピュアビタミンC

ビーグレン Cセラム

ビーグレンCセラムは、ニキビの悩みに即効性がある「ピュアビタミンC」を高濃度に配合した美容液です。

ピュアビタミンCは、皮脂分泌をコントロールしてくれるので、ニキビの原因である過剰な皮脂の分泌を防いで、ニキビができたり、悪化したりするのを予防してくれます。

またピュアビタミンCには抗炎症作用もあるので、赤くなったニキビの炎症を抑える効果があり、ニキビの悪化を防ぎます。

ただビーグレンCセラムに配合されたピュアビタミンCは、酸性で刺激が強い成分なので、ニキビを発生させたり、悪化させたりする可能性があります。

ビーグレンのニキビケアシリーズの悪い口コミでも、ビーグレンCセラムが肌に合わずニキビができてしまったという声があったため、必ずパッチテストを行って肌に刺激を与えないか試してから使用しましょう。

【ニキビに効く成分④】ゲルクリームの高い保湿力

ビーグレン QuSomeモイスチャーゲルクリーム

ビーグレンQuSomeモイスチャーゲルクリームは、肌が本来もっている「水分を生み出す力と蓄える力」にアプローチし、肌の乾燥を防いで、ニキビをケアするクリームです。

肌が乾燥すると、肌表面の角質が固くなったり、皮脂を過剰に分泌したりするため、毛穴を詰まらせて、ニキビを発生・悪化させてしまいます。

そのため、ニキビのケアをする時は肌の乾燥を防ぐことが大切なのです。

ビーグレンQuSomeモイスチャーゲルクリームは、アクアタイドやアリスチンといった4種類の美容成分を含む独自の複合成分「QuSome®ハイドレーションコンプレックス」が肌の角質の奥まで浸透して、肌の乾燥を防いでくれるのでニキビケアにおすすめですよ。

ビーグレンニキビケアの正しい使い方

オペレーター

ビーグレンのニキビケアシリーズはニキビに効果があることをニキビケアシリーズの成分から解説しましたが、できるだけ早くニキビに効果を発揮させるためには、ニキビケアシリーズを正しく使う必要があります。

ニキビケアシリーズを正しく使って、ニキビの悩みを効率的に改善しましょう。

ビーグレンクレイウォッシュ(洗顔料)の正しい使い方

ぬるま湯(32~34度)で顔をすすぐ。

(冷たすぎると皮脂汚れが落ちにくく、熱すぎると肌に必要な皮脂も落ちるため。)

②手のひらに適量(さくらんぼ程度)をとり、軽く両手に伸ばす。

(モンモリロナイトの吸着力で汚れを取り除くため、泡立てずに使う。)

③肌を擦らないように優しく円を描くようにして、ビーグレンクレイウォッシュを汚れと馴染ませる。

④ぬるま湯(32~34度)ですすぎ、ビーグレンクレイウォッシュが顔に残らないように丁寧に洗い流す。

ビーグレンクレイローション(化粧水)

①洗顔後、手のひらに適量(直径3cm程度)とる。

②手のひらで軽く抑えるようにしてビーグレンクレイローションをつけ、肌に馴染ませる。

(手のひらで軽く押さえると、血液の流れが促され、ビーグレンクレイローションに含まれる美容成分が肌によく馴染むため。)

ビーグレンCセラム(美容液)

①ビーグレンCセラムを適量(直径2cm程度)手のひらにとる。

②両手に軽く広げ、優しく顔全体にビーグレンCセラムをつける。

③口元、鼻まわりなどは中指と薬指で押さえる。

④最後に手で顔全体をやさしく押さえて、肌にビーグレンCセラムをなじませる。

ビーグレンQuSomeモイスチャーゲルクリーム(クリーム)

①ビーグレンQuSomeモイスチャーゲルクリームを適量(パール1~2粒分)手のひらにとる。

②ビーグレンQuSomeモイスチャーゲルクリームを額・あご・両頬・鼻の5点に置く。 

③顔の内側から外側に向かってのばす。目のまわりは円を描くように、優しくのばす。

④最後に、手のひらが肌に吸いつくようになるまで、顔全体を優しく押さえる。

ビーグレンを使用する際の注意点

毛穴ケアをしている女性

ビーグレンのニキビケアシリーズはニキビの悩みに効果的ではありますが、ビーグレンの悪い口コミにもあったように、ビーグレンを使ってニキビを発生させたり、悪化させたりする可能性があります。

ビーグレンクレイウォッシュで肌をゴシゴシ洗わない

ビーグレンクレイウォッシュは、肌の汚れや皮脂だけを吸着する性質をもった「モンモリロナイト」という天然のクレイ(泥)を配合した洗顔料のため、泡立てず肌になじませるように洗顔をします。

しかし泡が立たないため、肌の汚れが落ちているのか心配になって、肌をゴシゴシと洗うと、擦れて肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

肌を擦りすぎて、肌に刺激が加わると、肌の角質が硬くなって毛穴を詰まらせやすくしたり、皮脂を過剰に分泌したりして、ニキビを発生・悪化させてしまうため、肌をゴシゴシ洗わないことが大切です。

ビーグレンクレイウォッシュで洗顔をする際は、肌を擦らず、肌をマッサージするように洗顔をしてください。

ビーグレンCセラムで乾燥する場合はクリームを多めにつける

クリームを指に出す女性

美容液のビーグレンCセラムを使って肌が乾燥する場合は、ビーグレンCセラムを顔につけた後、クリームを多めにつけて肌が乾燥しないようにしましょう。

ビーグレンCセラムに配合されたピュアビタミンCは、皮脂の分泌をコントロールする作用があるため、もともと皮脂の分泌が少ない乾燥肌の人や、肌が乾燥しやすい季節に使うと、肌を乾燥させる可能性があります。

もし保湿クリームをつけても肌が乾燥する場合や、肌に赤みや痒みがでる場合は、ビーグレンCセラムは使わないようにしましょう。

ニキビが悪化したら使用を中止しサポートセンターへ

ビーグレンのニキビケアシリーズを使ってニキビが悪化した場合は、使用を一旦中止して「スキンケア相談」か「カスタマーサポート」に連絡しましょう。

ニキビが発生・悪化したからといって、ニキビケアシリーズの使用をやめて他のスキンケア商品を使い始めるのではなく、一度スキンケア相談をするのがおすすめです。

またビーグレンには365日返品・返金保証サービスがあるので、ニキビケアシリーズが肌に合わず、使い続けられないとなった時は「カスタマーサポート」に連絡して返品や返金の対応をしてもらいましょう。

●ビーグレンのスキンケア相談を利用する場合

電話での相談は、月曜日から金曜日の午前9時~午後6時の間にすることができます。

インターネットの場合、ビーグレンの公式ホームページにある「スキンケア相談」のページ(https://www.bglen.net/contact/skincare)から自分が相談したいスキンケアコンサルタントを選んで、相談内容を送ることができます。

●ビーグレンのカスタマーサポートを利用する場合

ビーグレンのカスタマーサポートは、電話での対応を365日24時間受け付けています。

(カスタマーサポート:0120‐329‐414)

メールでの問い合わせは、ビーグレンの公式ホームページのカスタマーサポート(https://www.bglen.net/contact)から行うことができますが、相談内容は48時間以内に順次返信となっているので、急を要する場合は電話で問い合わせをしてください。

ビーグレンの購入は公式サイトが一番お得!

スマホ片手でOKする女性

ニキビの悩みを改善するのに効果的なビーグレンのニキビケアシリーズは、ビーグレンの公式サイトで購入するのがおすすめです。

ビーグレンには「b.ポイント」というポイント制度があり、公式サイトからビーグレンのスキンケア製品を購入すると「b.ポイント」を貯めることができます。

b.ポイントは1ポイント1円として、次の商品を支払う時から使用することができ、商品を購入するごとに商品合計金額(税込)の3%をポイント還元してくれる、お得なポイント制度なのです。

Amazonや楽天などでもビーグレンの製品を購入することはできますが、値段はビーグレンの公式サイトで購入するのとほとんど変わらないため、b.ポイントが貯まるビーグレンの公式サイトからニキビケアシリーズを購入した方がお得といえます。

また「ニキビケアトライアルセット」というビーグレンのニキビケアシリーズを1週間分試せるセットは、Amazonや楽天などでは販売されておらず、ビーグレンの公式サイトでしか購入できません。

ビーグレンの「ニキビケアシリーズ」や「ニキビケアトライアルセット」を購入する時は、ビーグレンの公式サイトからお得に購入しましょう。

生活習慣を見直してニキビケアの効果をあげよう

ビーグレンのニキビケアシリーズを使って、すぐにニキビに効果がでてくる人もいれば、すぐには効果がでてこない人もいるかと思います。

もちろんニキビに効果が出てくるまで「ニキビケアシリーズ」を使い続けることも大事ですが、できるだけ早くニキビの悩みを改善するためには、生活習慣を見直して内側からニキビケアをすることも大切です。

ここからは、内側からできるおすすめのニキビケア方法を紹介します。

睡眠を見直そう

寝起きの女性

ビーグレンのニキビケアシリーズの効果を上げるために、睡眠を見直してみましょう。

睡眠時間に一番多く分泌される成長ホルモンは、肌の生まれ変わりのサイクル「肌のターンオーバー」を正常にしてくれます。

肌のターンオーバーが正常に行われないと、肌の古い角質が剥がれ落ちず、ニキビの原因の毛穴詰まりを起こしてしまうので、肌のターンオーバーを正常に行わせる成長ホルモンが大切なのです。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されますが、眠っている間ずっと分泌されるわけではなく、入眠してから3時間の間に一番多く分泌されるといわれています。

そのため、入眠してから約3時間にどれだけ深く眠れているかが大切なので、深い眠りがとれるようにしましょう。

肌のターンオーバーを正常にする「深い睡眠」をとる方法

【食事は3時間前までに終わらせる】

食べたものを消化しようと胃や腸が活動して、眠りが浅くなるため

【夜22時から2時の間に眠る】

2時以降は深い眠りに必要な睡眠ホルモンの「メラトニン」の分泌が減ってくるため

【寝る前にスマホやPCを見ない】

スマホやPCのブルーライトが、深い眠りに必要な睡眠ホルモンのバランスを乱すため

適度な運動をしよう

ウォーキングしている女性

ビーグレンのニキビケアシリーズの効果を上げるためには、適度な運動をすることがおすすめです。

肌の生まれ変わりである「肌のターンオーバー」を促進してくれる「成長ホルモン」は睡眠中だけでなく、運動をしている時も分泌されます。

また運動をして体の血行が良くなり、細胞に栄養が行き渡るようになることも、正常な肌のターンオーバーにつながります。

肌のターンオーバーによって、肌の奥でできた新しい細胞が古い角質を肌から排出して、毛穴が詰まるのを防いでくれるため、ニキビの悪化や発生を防ぐことができるのです。

●おすすめの適度な運動

・成長ホルモンの分泌を促す「無酸素運動」

筋力トレーニング

・血行促進に効果的な「有酸素運動」

ジョギング、水泳、ヨガなど

普段運動をしていない人は無理な運動はせず、歩く時間を増やしたり、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使ったりするなど、できることから少しずつ始めてみましょう。