女性が化粧品を手に持っている
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

混合肌とは、顔の部分によって違う肌質をもっている肌のことで、「普通肌+乾燥肌」「普通肌+脂性肌」「乾燥肌+脂性肌」など様々な組み合わせがあります。

特に口元目元、頬、フェイスラインは乾燥しやすく、額から鼻にかけてのTゾーンは皮脂が過剰に分泌されるため、肌がべたつき、テカリやすいのが特徴です。

そんな複数の肌質をもった混合肌にニキビができた時は、どの肌質に合わせてスキンケアを行ったらいいのか悩んでしまいますよね。

本記事では、混合肌のニキビをケアする、正しいスキンケア化粧品の選び方や正しいスキンケア方法を紹介しています。

間違ったスキンケアをして、ニキビで悩まないように、混合肌の正しいスキンケア方法を知って、実践してみましょう。

混合肌のニキビはどうやってケアしたらいいの?

悩む女性

ニキビは毛穴に「過剰な皮脂」や「肌の古い角質」などが詰まることで発生し、詰まった毛穴にニキビの原因菌「アクネ菌」が繁殖して、赤ニキビや黄ニキビに悪化します。

そのため、混合肌で皮脂の分泌が過剰な脂性肌の部分(額や鼻)には、皮脂の分泌を抑えるスキンケアを行ったり、過剰な皮脂が肌に残らないよう取り除いたりすることが必要です。

また混合肌で乾燥部分(フェイスライン)がある場合は、顔を洗いすぎないようにし、保湿成分が入ったスキンケア化粧品を使って、肌が乾燥しないようにケアする必要があります。

肌が乾燥してしまうと、肌を守る「肌のバリア機能」が低下して、肌表面の角質を厚くしたり、皮脂を過剰に分泌したりしてしまうため、毛穴が詰まってニキビの発生や悪化につながるのです。

混合肌のニキビケアは多少手間がかかりますが、顔の部分に合わせたスキンケアを行うことで、ニキビの悩みを改善できますよ。

混合肌向け!ニキビに効くスキンケア化粧品の選び方

実験する女性

混合肌の方は、複数の肌質をもっているため、ニキビケアに使用するスキンケア化粧品の選び方も、顔部分にあわせて行うことが大切です。

ここでは混合肌のニキビを正しくケアするために使う「スキンケア化粧品の選び方」を解説しますので、ニキビケア化粧品を購入する際の参考にしてみてくださいね。

保湿成分が配合されている

混合肌のニキビをケアする時は、保湿成分が入ったスキンケア化粧品を選びましょう。

肌が乾燥すると、肌を守る「肌のバリア機能」が低下してしまい、皮脂が過剰に分泌されたり、肌表面の角質が厚くなったりして、毛穴が詰まりニキビが発生します。

特に乾燥する部分には、高保湿成分が入ったスキンケア化粧品を使って、肌を保湿してあげましょう。

脂性肌の部分は、皮脂が過剰なため保湿は必要ないと思いがちですが、実は肌内部のうるおいが足りないことで、過剰な皮脂を分泌している可能性もあります。

保湿効果が高い「セラミド」や「ヒアルロン酸」などの成分が入ったスキンケア化粧品を使うと、混合肌のニキビに効果的ですよ。

抗炎症成分が配合されている

木の葉

ニキビの悪化を防ぐために、「抗炎症作用」がある成分を配合したスキンケア化粧品を使うのがおすすめです。

高い抗炎症作用をもった「グリチルリチン酸」や「アラントイン」などが入ったスキンケア化粧品は、ニキビの炎症を抑える効果が期待できますよ。

ノンコメドジェニック化粧品

混合肌のニキビをケアする時は、「ノンコメドジェニック化粧品」を使うのがおすすめです。

ノンコメドジェニック化粧品とは、ニキビができにくい成分で作られた化粧品のことで、「ノンコメドジェニック(処方)」と「ノンコメドジェニックテスト済み」の2種類があります。

「ノンコメドジェニック(処方)」

ニキビを作りやすい成分を使わず作られた化粧品

「ノンコメドジェニックテスト済み」

ニキビを作りやすい成分を使っておらず、人の肌に使ったテストでもニキビができにくいと証明された化粧品

皮脂コントロール成分が配合されている

沢山のフルーツ

混合肌で、特にTゾーンのテカリやべたつきが気になるという方は、皮脂分泌をコントロールする作用がある「ビタミンC誘導体」が入ったスキンケア化粧品を使いましょう。

過剰な皮脂の分泌が抑えられることで、毛穴に皮脂が詰まってニキビができるのを防ぐ効果が期待できます。

ただビタミンC誘導体は、混合肌の乾燥するUゾーン(フェイスライン)や目元口元には刺激が強い場合があり、肌を余計に乾燥させたり、敏感肌になったりする可能性があります。

ビタミンC誘導体を配合したスキンケア化粧品を使う場合は、乾燥する部分は使用を控えましょう。

【種類別】混合肌のニキビに効くスキンケア化粧品6選

ここからは、混合肌のニキビをケアするのにおすすめのスキンケア化粧品を6つ厳選し紹介します。

混合肌にできるニキビの発生や悪化を防ぐ効果が期待でき、保湿効果が高いことを基準に選んだので、参考にしてみてくださいね。

D.U.O. クレンジングバームホワイト

DUO クレンジングバーム ホワイト

120mL 通常価格: 1,836円(税込)

●D.U.O. クレンジングバームホワイト の特徴

  • 肌の汚れや古い角質を吸着し、肌の生まれ変わりのサイクルを正常にしてニキビを予防
  • 血行促進に効果的なマッサージのクリームとしても使える
  • 美容成分をブレンドした「ホワイトセラムオイル」が肌の乾燥を防ぐ

「D.U.O. ザ クレンジングバームホワイト」は、超微粒子の「天然溶岩クレイ」がメイクを落としながら、古い角質や酸化した皮脂などを吸着し、ニキビの原因である「毛穴詰まり」を予防してくれるクレンジング剤です。

ザ クレンジングバームホワイトは、弾力性に優れた特殊なカプセルで構成されているため、肌を擦らずにマッサージできるマッサージクリームとしても使用できます。

マッサージをして血の巡りが良くなると、肌の生まれ変わりのサイクル「肌のターンオーバー」が正常になって、肌の古い角質を垢として排出してくれます。

肌のターンオーバーが遅くなると、古い角質が肌にどんどん溜まって毛穴を詰まらせる可能性があるので、メイク落としをしながら血行を良くするマッサージをしてニキビ予防をしてみてくださいね。

洗顔:ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレン クレイウォッシュ

150g 価格:4,212円 (税込)

ビーグレン クレイウォッシュの特徴

  • 天然クレイが肌の汚れを吸着して、肌に刺激を与えず洗いあげる
  • 抗炎症作用がある「グリチルリチン酸ジカリウム」がニキビの炎症を抑える
  • ヒアルロン酸やカミツレエキスなどの保湿成分が肌のうるおいをキープ

ビーグレンのクレイウォッシュは、天然クレイ「モンモリロナイト」によって肌に刺激を与えず、優しく肌の汚れや余分な皮脂を吸着して洗い落とす洗顔料です。

クレイウォッシュは天然クレイのモンモリロナイトが汚れだけを吸着し、ヒアルロン酸やカミツレエキスなどの保湿成分を肌に与えてくれるため、「肌のうるおい」をキープしてくれますよ。

またグリチルリチン酸は高い抗炎症作用があるため、混合肌にできたニキビの炎症を抑えて、ニキビの悪化を防ぐ効果が期待できます。

クレイウォッシュが入ったトライアルセット「ニキビケアシリーズ トライアルセット」は公式サイトから購入することができます。

万が一肌に合わなかった場合も、365日返金・返品保証なので気軽に試せますね。

化粧水:オルビス クリアローション

オルビス 薬用クリアトライアルセットの画像

180ml 価格:税込1,620円

オルビス クリアローション の特徴

  • ニキビができにくい肌を育む「シコンエキス」が配合
  • グリチルリチン酸ジカリウムがニキビの炎症を抑える
  • 浸透型コラーゲン(保湿成分)が肌の乾燥を防ぐ

オルビスのクリアローションは肌を守る「肌のバリア機能」を高めて、ニキビをケアする化粧水です。

クリアローションに配合された「シコンエキス」が肌のバリア機能を整え、ニキビができにくい肌を育み、グリチルリチン酸ジカリウムがニキビの炎症を抑えてくれます。

また浸透型コラーゲンが肌を保湿して、混合肌の乾燥しやすい部分の肌のうるおいをキープして、乾燥が原因の大人ニキビを防いでくれますよ。

▼混合肌のニキビをケアする化粧水をもっと知りたい方はこちら

美容液:ラ・ミューテ アドバンス保護美容液

ラ・ミューテ アドバンス保護美容液の写真

30g 通常価格:7,884円(税込) 

※定期便価格:7,095円(税込)

ラ・ミューテ アドバンス保護美容液 の特徴

  • 「ダマスクローズの香り」で女性ホルモンのバランスを整えて、内側から大人ニキビを改善。
  • 高い保湿力をもつ「ヒト型セラミド」を配合。
  • ベタつかずサラッとした使い心地

「ラ・ミューテ アドバンス保護美容液」は、体の内側にも働きかけてニキビの悩みを改善してくれる美容液です。

配合された純国産のダマスクローズがもつローズの香りが、ニキビの原因の一つ「ホルモンバランスの乱れ」を体の内側から整えて、ニキビの発生や悪化を予防してくれます。

また人の肌になじみやすい高保湿成分の「ヒト型セラミド」を配合しているため、乾燥しやすい肌のうるおいをキープして、ニキビができにくい肌を育んでくれますよ。

乳液:FANCL アクネケアジェル乳液

ファンケルアクネケアセット

18g 価格:1,620円(税込)

FANCL アクネケアジェル乳液 の特徴

  • ファンケル独自の「漢植物エキス」で大人ニキビにアプローチ
  • プルーン酵素エキスが毛穴のつまりを予防
  • 低刺激な成分で肌にやさしい

「アクネケア ジェル乳液」は配合された「漢植物エキス」が、肌を守る「肌のバリア機能」を高めて、大人ニキビができにくい肌を育む乳液です。

アクネケア ジェル乳液に配合された「プルーン酵素エキス」が古い角質を溶かす作用をもち、毛穴詰まりを予防して大人ニキビの発生を防いでくれます。

また大人ニキビの炎症を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」も配合されているため、ニキビの炎症を抑えて、ニキビの悪化を防ぐのに効果的です。

アクネケア ジェル乳液が入った「アクネケアたっぷりお試しセット」 が通販限定で通常価格3,240円のところ、送料無料1,000円(税込)で購入することができます。

肌に合っているか判断してみたい人は、お試しセットを購入してみましょう。

クリーム:ノブ ACアクティブモイスチュアクリーム

ノブアクティブAC トライアルセット

30g 価格:3,456円(税込)

ノブ ACアクティブモイスチュアクリーム の特徴

  • 「レチノール誘導体」や「ヒアルロン酸」などが肌を保湿する
  • グリチルレチン酸ステアリルがニキビの炎症を抑える
  • ノンコメドジェニックテスト済み化粧品でニキビができにくい

「ノブ ACアクティブモイスチュアクリーム」はニキビで悩む大人のニキビ肌をケアするNOVのACアクティヴシリーズに入っている保湿クリームです。

レチノール誘導体やヒアルロン酸、リピジュア®などの高保湿成分が乾燥する肌にうるおいを与えて、ニキビができにくい肌を作ってくれます。

また抗炎症作用がある「グリチルレチン酸ジカリウム」が配合されているため、ニキビの炎症を抑えて、ニキビの悪化を防ぐことができますよ。

ニキビで悩む混合肌に最適なスキンケア方法

スキンケアアイテム

混合肌にできたニキビをケアするのにおすすめのスキンケア化粧品を紹介しましたが、混合肌にあった正しいスキンケアをしないとニキビを悪化させたり、新しく発生させたりしてしまう可能性があります。

混合肌にできるニキビの悩みを改善するために、混合肌に適したスキンケアの方法も知って実践してみましょう。

クレンジングの手順

乳液と手

①手を洗って、手についている雑菌を落とす。

②乾いた手にクレンジング剤をとる※

③皮脂が多いTゾーンから洗う。

④乾燥しがちなフェイスライン、目元口元を洗う。

⑤ぬるま湯(32~34度くらい)ですすいで、クレンジング剤を落とす。

※商品によっては手を濡らしても使えるものもあるので、商品の指示に従って使用してください。

クレンジングをする際は、肌に摩擦を与えにくいミルクタイプやクリームタイプのクレンジング剤を使ったり、手が肌を抵抗なく滑るくらいの量を使ったりして、手で肌に刺激を与えないようにメイクを落とすのが重要です。

肌を手でゴシゴシ強く擦って、肌にダメージを与えてしまうと、皮脂の分泌が過剰になったり、角質が厚くなったりするため、毛穴を詰まらせてニキビが発生してしまいます。

またクレンジング剤は長時間肌につけていると、肌を守る「肌のバリア機能」に必要な皮脂や水分などまで奪いとってしまいます。

特に混合肌の方は、皮脂のべたつきがあるTゾーンからクレンジングをつけ始めて、乾燥が気になる口元や目元などのメイクを最後に落とし、すばやくぬるま湯ですすぎましょう。

洗顔の手順

①手を洗って、手についている雑菌を落とす。

②32~34度くらいのぬるま湯で顔をすすぐ。

③洗顔料をよく泡立てる。

④皮脂が多いTゾーンから洗う。

⑤乾燥しがちな目元や口元は、洗顔料の泡をのせるだけ。

⑥ぬるま湯(32~34度くらい)ですすいで、洗顔料を落とす。

洗顔の際は、ネットを使って洗顔料をよく泡立ててから、手が直接肌に触れないように、泡で顔を洗うようにしましょう。

混合肌の場合は、はじめに皮脂の分泌が多い部分(Tゾーン)から泡をのせ、泡をくるくる回すように洗います。

次に目元口元、フェイスラインなど(Uゾーン)を洗いますが、乾燥しやすい部分なので泡はくるくる回したりせず、肌に泡をのせるだけで十分です。

洗顔料もクレンジング剤と同様に、長時間肌についていると、肌を守る「肌のバリア機能」に必要な皮脂や水分などまで奪いとってしまうため、すばやくぬるま湯ですすいでくださいね。

化粧水をつける時のポイント

両手で顔を抑える女性

混合肌のニキビケアをする時、化粧水は手を使って肌になじませましょう。

コットンを使うと、手よりも均一に化粧水を肌になじませることができますが、肌を擦って刺激を与えニキビを悪化させる可能性があるので、手で化粧水をつけるのがおすすめです。

脂性肌部分は皮脂が過剰に分泌されてはいますが、肌内部は水分が足りていない可能性があるため、乾燥肌部分にだけ集中的に化粧水をつけるのではなく、脂性肌部分にも十分な量の化粧水を与えてくださいね。

どうしても肌のベタつきが気になる方は、脂性肌部分にだけ皮脂分泌をコントロール成分が入った化粧水を使うのが効果的です。

乳液やクリームをつける時のポイント

混合肌に乳液やクリームをつける時は、乾燥肌部分と脂性肌部分につける乳液やクリームの量を調節してください。

乾燥しやすい目元や口元、フェイスラインは、乳液だけでは保湿が足りない可能性があるため、保湿クリームで油分を与えて肌のうるおいが低下しないようにしましょう。

混合肌の脂性肌部分は元々皮脂が過剰なので、乳液やクリームをつけると油分が多すぎる場合があり、余分な油分が毛穴を詰まらせてニキビを発生させる恐れがあります。

脂性肌部分には乳液かクリームどちらかだけを使って保湿をし、肌のベタつきが気になる場合は、さっぱりしたテクスチャーの化粧品を使ったり、乳液やクリームをつける量を少なめにしたりして調節してくださいね。

混合肌のニキビを悪化させずにメイクでカバーする方法

 

コンパクトを持ちメイク直しをしている女性

スキンケア化粧品で混合肌のニキビをケアすることは大事ですが、炎症を起こしているニキビの悩みを改善するには多少時間がかかります。

しかし、今すぐにニキビをどうにかしたいという方は、ニキビを悪化させず、きれいにニキビをカバーするメイクをしてみましょう。

ここでは、混合肌に合ったニキビを悪化させないメイクの選び方と方法を紹介します。

ノンコメドジェニックの化粧品を使う

混合肌にニキビがある時にメイクをする時は、ニキビを発生、悪化させにくい「ノンコメドジェニック化粧品」を使ってみましょう。

ノンコメドジェニック化粧品とは

ノンコメドジェニック化粧品は、ニキビができにくい成分で作られた化粧品のことです。

ノンコメドジェニック化粧品には2種類の「ノンコメドジェニック(処方)」と「ノンコメドジェニックテスト済み」があります。

●「ノンコメドジェニック(処方)」

ニキビを作りやすい成分を使っていない化粧品

●「ノンコメドジェニックテスト済み」

ニキビを作りやすい成分を使っておらず、人の肌に使ったテストでもニキビができにくいと証明された化粧品

コントロールカラーを使ってニキビをカバー

混合肌のニキビをきれいにカバーする方法の一つとして、ファンデーションを塗る前にコントロールカラーを使ってみましょう。

コントロールカラーとは、ニキビやくすみ、くまなどの色に正反対の色を重ねることできれいにカバーするメイクアップアイテムです。

ニキビが炎症を起こして赤みがある「赤ニキビ」はグリーンのコントロールカラーを使うと、きれいにニキビをカバーすることができます。

またコントロールカラーを付けることによって、ファンデーションの付けすぎを防げるので、メイクが厚塗りになったり、肌を擦ったりして肌に刺激を与えるのを防いでくれますよ。

基本的には化粧下地の後に、コントロールカラーを塗りますが、商品によっては塗る順番が違う場合や、化粧下地にもなるコントロールカラーもあるので、説明をよく読んでから使用してくださいね。

コンシーラーを使ってファンデの厚塗りを防ぐ

コンシーラーをブラシで塗っているイメージ

ニキビで悩む混合肌の方は、ニキビを隠そうとファンデーションを厚塗りしがちなので、コンシーラーも使ってニキビをカバーしてみましょう。

コンシーラーは、ファンデーションではカバーしきれなかった部分にだけ使うため、ファンデーションの厚塗りを防ぐことができるメイクアップアイテムです。

●コンシーラーをニキビに使う時のポイント

・手より「コンシーラーブラシ」を使う方が清潔。

・ファンデーションを付けた後,ニキビよりふた回りほど大きめにコンシーラーを肌になじませ、肌とニキビの境をなだらかにするようにする。

・コンシーラーを使った後は、パウダーで表面を軽く抑える。

ニキビがある肌にはファンデーションの厚塗りはせず、コンシーラーを使ってニキビをカバーしてくださいね。

ファンデーションの厚塗りは、不用意に肌を擦ることや、メイクを落とすのに洗浄力の強いクレンジング剤を使うことにつながり、肌に刺激を与えてニキビが悪化・発生させる可能性があります。