中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

肌荒れしている最中は、少しでも肌にやさしいメイクアップ化粧品を使いたいと思う方が多く、特にファンデーションなどのベースメイク化粧品は肌に負担を少ないものを選びたいですよね。

ベースメイク化粧品にはファンデーションの他に、BBクリームやCCクリーム、化粧下地、などがあり、肌荒れ中に使うべきなのはどれなのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ベースメイク化粧品の中でもスキンケア効果が高いとされるCCクリームを肌荒れのときに使っても安全なのか、肌荒れ中でも使えるCCクリームを選ぶポイントとともに紹介します。

CCクリームは肌荒れ中でも使って安心なのか

鏡を見る女性

BBクリームは聞いたことがあるけど、CCクリームは初耳という方や、BBクリームとCCクリームの違いが分からないという方に、まずはCCクリームとは一体どんなものなのか、CCクリームでの肌荒れの危険性があるのかをお伝えします。

肌荒れでも使える?CCクリームって一体何?

クリームファンデーション

肌悩みをケアするスキンケア効果や、肌色をコントロールする効果を持っているのがCCクリーム。

メーカーによってCCクリームの「CC」の定義が異なりますが、“色味をコントロールする”Color Controlや、“色味を調整する” Color Conditioningなど、基本的に肌色を補正することを目的としてつくられたメイクアップ化粧品です。

CCクリームと名がつくメイクアップ化粧品は、基本的にナチュラルに仕上げるため、カバー力重視の人には向きません。

鏡を見て微笑む女性の写真

その一方で、美容液成分が豊富に配合されていたり、紫外線を防ぐ成分が配合されていたりするタイプのものが多く、敏感肌にも対応できる肌にやさしい低刺激処方のCCクリームを選べば、肌荒れ中のメイクアップに最適です。

CCクリームと名前が似ているBBクリームは、もともと傷などを隠すために医療現場で使われていたメイクアップ化粧品なので、カバー力を重視したい人はBBクリームを使うのがおすすめですよ。

BBクリームとCCクリームの違い

BBクリーム

CCクリーム

BB-packの写真

CC-packの写真

【特徴】

  • カバー力が高く肌悩みを隠せる

  • 豊富なうるおいでしっとりとしたツヤ肌の仕上がりに

  • ファンデーション効果のほかにコンシーラーとしての効果も併せ持つものも

【特徴】

  • カバー力は低いがスキンケア効果が高い

  • カラーコントロール効果があり、肌に透明感を与えられる

  • UVカット成分が配合されていたら、肌色補正効果のある日焼け止めとして機能

【こんな人におすすめ!】

  • 肌荒れや毛穴・シミなどの肌悩みをしっかりカバーするメイクアップがしたい人

  • 朝の時間を節約して時短メイクを行いつつ、化粧をしたい人

【こんな人におすすめ!】

  • 肌荒れの部分に負担をかけずに、簡単にメイクアップしたい人

  • 普段からナチュラルメイクが好きな人

CCクリームの最大の特徴はスキンケア効果の高さ

両頬に当てて笑う女性

肌荒れしているときは、できる限り肌への負担を抑えてメイクアップした方が肌荒れの悪化を防ぐことができるため、肌の負担が少ないメイクアップ化粧品を選びたいもの。

CCクリームは、BBクリームやファンデーションに比べて、スキンケア効果が高く、肌荒れしている肌をケアしながら、肌色の補正や肌荒れをナチュラルカバーしてくれるので、肌への負担を抑えてメイクアップができるのです。

スキンケア効果が高く、肌荒れを引き起こしやすい成分を含まないCCクリームを選んで使えば、BBクリームやファンデーションよりも、ナチュラルメイクと肌荒れのケアを両立できますよ。

注意!CCクリームでも肌荒れは起こり得る

女性のなやみ顔

CCクリームはスキンケア効果が高いことが特徴に挙げられますが、スキンケア効果が高いからといって必ずしも肌荒れしないというわけではありません。

CCクリームに配合されている成分で肌に合わないものがあれば、かゆみやヒリつき、赤みなどの肌荒れを引き起こしたり、いまできている大人ニキビや乾燥による肌荒れの悪化を促したりしてしまう可能性もあるのです。

CCクリームなら肌にやさしくてスキンケア効果もあるから肌荒れしなくて安心、ということではないので、肌荒れしているときは本当に自分の肌に合うCCクリームであるかどうかを見極めて使ってくださいね。

肌荒れ中に使いたいCCクリームを選ぶポイント

肌荒れしているときでも、「肌を綺麗に見せたい」「仕事柄、客前にでるのでメイクが欠かせない」という人に最適なCCクリームですが、絶対に肌荒れを起こさなかったり悪化させなかったりといった確実に安全なメイクアップ化粧品ではありません。

肌荒れ中に使用するCCクリームを選ぶ際には、以下の4つのポイントに注意して見極めましょう。

肌荒れ中にCCクリームを選ぶポイント

  • 刺激の強い成分は避ける

  • アレルギー反応を起こしたことがある成分は避ける

  • 高保湿成分配合のものを選ぶ

  • 有効成分配合のものならスキンケア効果高し

刺激の強い成分は避ける

気になって鏡を見る女性

肌荒れしているときのCCクリームの選び方として、肌に刺激を引き起こしやすいとされる添加物は避けて選ぶのがポイント。

肌荒れ中に避けるべき添加物は、以下の通りです。

肌荒れしているときに避けるべき添加物

合成界面活性剤

  • コカミド
  • 水酸化レシチン
  • ステアリン酸グリセリル
  • ラウレス硫酸Na

防腐剤

  • プロピルパラベン
  • ブチルパラベン
  • サリチル酸
  • フェノキシエタノール

シリコン剤・合成ポリマー

  • ~シクロメチコン
  • ジメチコン
  • フェニルトリメチコン
  • コポリマー
  • カルボマー

合成着色料

  • タール色素

紫外線吸収剤

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • オキシベンゾン

アルコール類

  • エタノール
  • セチルアルコール(セタノール)
  • イソステアリルアルコール

上で挙げた合成界面活性剤・防腐剤・シリコンや合成ポリマー・合成着色料・紫外線吸収剤・アルコール類のほかに、香料も紫外線に当たることで変質して肌に刺激を与えることがあるので、香料は不使用のCCクリームが安全です。

CCクリームを実際に選んで使うときは、購入前に商品のパッケージや公式サイトにある成分表示を見て、上で挙げた肌に刺激をもたらしやすい添加物が配合されていない商品を選びましょう。

アレルギー反応を起こしたことがある成分は避ける

マスクをして両頬を抑える女性

花粉や食べ物、動物、金属に対して肌に赤みが出たり、蕁麻疹などの湿疹が出たりといったアレルギー反応を起こしてしまう人がいますが、化粧品に配合される成分でも同様にアレルギー反応が起こることがあります。

以前に使っていたファンデーションなどのメイクアップ化粧品でアレルギーを起こしたことがある人は、CCクリームに同じ成分が配合されていればアレルギー反応が起きてしまうので、成分表示を確認してから購入しましょう。

特に、金属アレルギーがある人は、メイクアップ化粧品によく配合されている「酸化鉄」「酸化亜鉛」は金属アレルギーの原因になりやすい成分なので、金属アレルギーの人は避けるべき成分です。

高保湿成分配合のものを選ぶ

頬に手をあてる女性

肌荒れしてしまっている時の肌は、肌を紫外線やアレルギー物質などの外的刺激から守るための「肌のバリア機能」が低下してしまっています。

肌のバリア機能は肌の水分を保ち、乾燥させない働きも担っているため、バリア機能が低下した肌荒れ中の肌は乾燥しやすく、ゴワついてかゆみや皮剥けなどが起きやすくなってしまうのです。

肌にうるおいを与えて保つためにも、CCクリームに高保湿成分が配合されているタイプのものを選んで使うと、肌のバリア機能が低下した肌荒れ中の肌でも、乾燥を悪化させることなく使えますよ。

有効成分配合なら、よりスキンケア効果あり

成分表示を気にする女性

CCクリームは、BBクリームやファンデーションなどの他のメイクアップ化粧品と比べて、スキンケア効果が高いことが特徴の一つですが、スキンケア効果を高めるために、肌荒れを落ち着かせるのに有効な成分が配合されているタイプのものを選ぶのもおすすめです。

大人ニキビに悩んでいるのであれば抗炎症成分のものを、乾燥による肌荒れに悩んでいるのであれば高い保湿力がある成分が配合されたCCクリームを選びましょう。

抗炎症成分の一例

  • グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)
  • グリチルレチン酸ステアリル
  • アラントイン
高保湿成分の一例

  • セラミド(特に末尾に数字がつくもの)
  • スクワラン
  • ヒアルロン酸Na
  • スフィンゴシシン
  • コラーゲン

しかし、上記以外にエイジングケアの有効成分であるレチノールや、美白有効成分のハイドロキノンやピュアビタミンCなどは、肌荒れしているデリケートな肌には刺激を与えてしまう場合もあります。

肌荒れ中はエイジングケアやシミやそばかすのケアは一旦忘れて、肌の状態を健康に落ち着かせることを一番に考えて、肌にやさしく肌荒れを沈静化させる成分配合のCCクリームを選んで使ってくださいね。

肌荒れ時でも安心のおすすめCCクリーム2商品を厳選

指を指している女性

肌荒れしてしまった時でも安心して使うことができるCCクリームの選び方をお伝えしましたが、成分をひとつひとつ見ていったり、本当に肌荒れしている時でも刺激なく使えるのかどうか、使ってみないと分からないことを調べたりするのは大変ですよね。

そこで、実際に市販されているCCクリーム50商品を1商品ずつ調べて、肌荒れしていても本当に使えるCCクリームを厳選しました。

調べた50商品一覧とCCクリームの選定方法

どちらにするか悩む女性

本記事で紹介する「肌荒れ中でも安心して使えるCCクリーム」は、以下の2つの選定基準によって、現在市販されているCCクリーム50商品から選んだものです。

肌荒れ中でも安心して使えるCCクリームの選定基準

  1. 肌に刺激をもたらしやすい添加物を使用していない

  2. 保湿効果が高い成分を配合している

「肌に刺激をもたらしやすい添加物を使用していない」という条件は、肌荒れしている肌に使うには絶対的な第一条件ですよね。

また、肌のバリア機能が低下した肌は、自分で肌のうるおいを保てず乾燥を引き起こしてしまうので、「保湿効果が高い成分を配合している」ことも、肌荒れの悪化を防ぐために重要なポイントです。

「肌に刺激をもたらしやすい添加物を使用していない」「保湿効果が高い成分を配合している」という2つの条件が当てはまるCCクリームがあるのか、以下の現在市販されているCCクリーム50商品の成分表示を一つ一つ確認してみました。(※2018年9月6日現在)

本実験で調査対象になったCCクリーム50商品一覧
  • パルガントン スキンメイクCCクリームN
  • ラナレイ プリズム CCクリーム
  • マキアージュ ピーチチェンジベースCC
  • シャネル CCクリームN
  • SK-Ⅱ アトモスフィアCCクリーム
  • 雪肌精 ホワイトCCクリーム
  • SUGAO Air Fit CCクリーム
  • べノア CCクリーム
  • エクスボーテ CCクリーム
  • ママバター CCクリーム
  • ヌーディクチュール ミネラルCCクリーム
  • リンメル CCクリーム エアリーフィニッシュ
  • エトヴォス ミネラルCCクリーム
  • トランシーノ 薬用ホワイトニングCCクリーム
  • スキンフラット CCジェル
  • パーフェクトワン CCクリーム
  • 毛穴パテ職人 ミネラルCCクリーム
  • KATE シークレットスキンCCベースゼロ
  • リプロスキン CCクリーム
  • 米肌 澄肌CCクリーム
  • 米肌 澄肌ホワイトCCクリーム
  • つむぎ 薬用CCクリーム
  • RUJE CC&BBジェルクリーム
  • アクア・アクア オーガニックトリートメントCCベースUV
  • インテグレート ミネラルベースCC
  • ヒロインメイク ビューティーチャージCCクリーム
  • ベビーピンク CCクリーム
  • オルビス CCモイストベース
  • ヴィセ リシェCCウォータリーファンデーション
  • エテュセ プレミアムCCアミノクリーム
  • DHC CCパーフェクトカラーベース
  • イヴ・サンローラン トップシークレットCCクリーム
  • ジル・スチュアート エアリーティントウォータリーCCクリーム
  • カバーラボ CCクリーム
  • サエル ホワイトCCクリーム コンセントレート
  • ディオール スノーブライトニングフレッシュ CCクリーム
  • エスプリーク CCベースモイスト
  • ウィッチズポーチ CCクリーム
  • プレディア ディープシースパCCクリーム
  • ドクターシーラボ CCパーフェクトクリーム
  • ライスビューティ モイストCCクリーム
  • ランコム UVエクスペールXL CCC
  • pdc ピディットクリアスムースCCクリーム
  • dプログラム 薬用スキンケアベースCC
  • キスミーフェルム スキンケアCCミルク
  • ジバンシィ DW10 CCクリーム
  • シュウウエムラ UVアンダーベース ムースCC
  • オンリーミネラル ミネラルCCクリームN
  • ヴァントルテ ミネラルCCクリーム
  • パラドゥ UV下地CC

本当におすすめしたいCCクリームはこの2商品!

スポンジを持ってメイクをしている女性

本実験で調査した50商品中、「肌に刺激をもたらしやすい添加物を使用していない」「保湿効果が高い成分を配合している」という2つの条件をクリアした、肌荒れ中でも安心して使いやすいCCクリームが2商品ありました。

さっそく、「肌に刺激をもたらしやすい添加物を使用していない」「保湿効果が高い成分を配合している」という2つの条件をクリアした、肌荒れ中でも安心して使いやすいCCクリーム2商品を紹介していきます。

記事執筆当時、絶賛肌荒れ中だった筆者の肌で実際に試して、仕上がりや使用感なども詳細にお伝えするので、肌荒れ中でも肌にやさしく自分の好みにあったCCクリームを使って、日中の外的刺激から肌を守りましょう。

使用体験した筆者の肌状態

RUJE CC&BBジェルクリームモイスト

RUJE-CCの写真30g 1,500円(税抜)

RUJE CC&BBジェルクリームモイストの特徴

  • 肌に刺激を起こしやすい成分を除いてつくられた肌にやさしいCCクリーム
  • 11種類の保湿成分配合で乾燥から肌を守る
  • ジェルクリームの中にパウダーが配合され、メイク崩れしにくい

RUJEのCC&BBジェルクリームモイストは、肌荒れしている肌に刺激を引き起こしにくい鉱物油や着色料・パラベン・アルコールなどが配合されていない、肌にやさしいCCクリーム。

保湿成分が豊富に配合されていることや、クレンジング料を使わずに石鹸で落とせることなども、肌荒れ中の肌に負担をかけにくい要素のひとつ。

肌をナチュラルにカバーするので、ナチュラルメイクが好きな方にもおすすめで、日焼け止め効果もあるので日常的な紫外線対策もでき、肌荒れしている肌をしっかりと守りながらメイクアップができますよ。

RUJE CC&BBジェルクリームモイストの仕上がり

RUJE-CCビフォーアフターの写真

RUJE CC&BBジェルクリームモイストは、肌荒れを起こしがちな敏感肌に塗ってみても、特に刺激を感じることなく使えたうえに、大人ニキビや肌の赤みなどの肌荒れを隠しながらしっとりとしたうるおいによるツヤ感も与えられています。

CCクリームには基本的にカラーコントロール効果しかなく、カバー力は期待できませんが、RUJE CC&BBジェルクリームは、BBクリームのファンデーション効果も持ち合わせているため肌荒れのカバーもできて、肌荒れ時には理想のベースメイク化粧品だといえますね。

RUJE CC&BBジェルクリームモイストの使用感

頬を抑えて微笑む女性

RUJE CC&BBジェルクリームモイストの使用感としては、みずみずしいテクスチャで肌に伸ばしやすく、薄く伸ばしていくだけでも簡単に肌荒れをカバーできるという印象です。

日焼け止めのようなにおいがするので、独特の油のようなにおいが苦手な人は苦手かもしれませんね。

使用後の写真を見ても分かるように、うるおいのあるツヤ感がしっかり出るので、ツヤのある仕上がりが好きな人におすすめですよ。

アクア・アクア オーガニックトリートメントCCベースUV

aqua-CCの写真23g 2,600円(税抜)

オーガニックトリートメントCCベースUVの特徴

  • 植物由来の保湿成分がたっぷり配合され、乾燥から肌を守る
  • 添加物を配合せず、オーガニック成分を豊富に取り入れて肌の負担を少なく
  • SPF31/PA++で、クレンジング料を使わずにメイクを落とせる

アクア・アクアのオーガニックトリートメントCCベースUVは、オーガニック素材でつくられたCCクリームで、ピンクベージュが素肌を綺麗に見せてくれる肌色補正があります。

添加物をつかっていないので肌に負担をかけにくく、豊富な保湿成分が肌をしっとりとうるおして肌荒れしてしまっている肌を整えてくれますよ。

オーガニックトリートメントCCベースUVの仕上がり

aqua-CCビフォーアフターの写真

アクア・アクアのオーガニックトリートメントCCベースUVは、ピンクベージュが薄く色づくCCクリームで、肌荒れをカバーする効果はさほどありません。

しかし、左側のすっぴんの肌がくすんでいるのに対して、右側の使用後の肌は血色感がプラスされて肌を綺麗に見せてくれていますね。

みずみずしくて肌に伸ばしやすく、うるおって柔らかい肌に仕上がるので、乾燥肌の人や日中のエアコンによる乾燥などの肌荒れを起こしてしまう人におすすめしたいCCクリームです。

オーガニックトリートメントCCベースUVの使用感

女性が微笑む口元の写真

オーガニックトリートメントCCベースUVは、植物由来でできていることからか、果物のような甘いにおいがするのが特徴です。

肌に伸ばしていくと肌色がトーンアップされていき、みずみずしく潤った肌に見せてくれますよ。

手に出す前に必ず容器を上下に振ってから出さないと、中で分離してしまった水分と油分が混ざり合わずに出てきてしまうで、塗る前には必ず数回上下に振って使いましょう。

CCクリームで肌荒れは治せない!最適なスキンケアとは

配合成分が自分の肌に合うものかどうかを見極められれば、スキンケア効果の高さから肌荒れ中のナチュラルメイクにおすすめできるCCクリームですが、肌荒れの状態を落ち着かせるといったような治療の効果はありません。

肌荒れを少しでも早く落ち着かせるために行うべき最適なスキンケアとはなんなのか、お伝えしていきます。

肌荒れのタイプ別にスキンケア化粧品を変える

頬に手を当てる女性のスキンケアイメージ

CCクリームは、日中の肌を紫外線やアレルギー物質などの外的刺激から守りながら、スキンケア効果も高いことが特徴ですが、肌荒れを健康な状態にまで戻すような効果は期待できません。

肌荒れが起きてしまったら、CCクリームを使って日中も肌に負担をかけずにメイクアップを行い、朝晩は肌荒れに効果的な成分が配合されたスキンケア化粧品を使うのが最適な肌荒れケア方法です。

肌荒れのタイプは、大人ニキビだったり乾燥だったり、アレルギー体質だったりと人それぞれ。肌質も含めて肌荒れのタイプを見極めて、肌荒れに有効な成分が配合された肌にやさしいスキンケア化粧品で、毎日肌荒れをケアしましょう。

肌荒れ中におすすめなスキンケア化粧品を紹介している記事はこちら

肌荒れがひどいようなら皮膚科で処置

診察をする医師と女性

大人ニキビの炎症がひどく化膿してしまっていたり、乾燥によって皮むけが起こっていたり、赤みやかゆみ・湿疹がでているなど、肌荒れの状態が悪化してしまっている場合は、スキンケア化粧品でしのごうとせず、皮膚科に相談しにいきましょう。

肌荒れを落ち着かせるために使用するスキンケア化粧品に、肌に合わない成分が配合されていたりすると、肌に刺激による負担がかかり、さらに肌荒れを悪化させてしまうこともあります。

日頃から使っているスキンケア化粧品が肌にしみたり、ヒリヒリと痛んで使えないくらいまでに肌荒れが悪化してしまっていたりする時は、まずは皮膚科で肌荒れの状態を診てもらい、適切な処置を仰ぎましょう。

まとめ

化粧下地を顔に塗る女性

肌荒れしている時の簡単なメイクアップ効果と外的刺激から肌を守る効果、さらにはスキンケアの効果まであるCCクリームですが、自分の肌に合わない成分が配合されているCCクリームを使っては、さらなる肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

肌にやさしい成分でつくられている無添加タイプのCCクリームを選べば、肌荒れを引き起こしにくいとはいえますが、絶対に肌荒れを引き起こさないとは断言できないので、肌荒れの状態が悪化している場合は無理に使用しないようにしましょう。

本記事で紹介した「RUJE CC&BBジェルクリーム」「アクア・アクア オーガニックトリートメントCCベースUV」は肌荒れ中でも、肌荒れの悪化を引き起こしにくい成分でつくられているので、肌荒れ中のベースメイク化粧品選びに悩んでいる人におすすめですよ。

肌荒れ中でも使えるCCクリームで、毎日の肌荒れのストレスを軽減できることを祈っています。