熊谷優子プロフィール

オーガニック化粧品のプロフェッショナル

熊谷 優子

明るい透明感のある肌は、女性を健康的に美しく見せてくれるので「透明感のある肌になったら、鏡を見るのが楽しくなりそうだなぁ。」と憧れを抱く女性は多いでしょう。

しかし、透明感のある肌に憧れてスキンケアを頑張っていても、「肌がくすんでいる気がする」「朝は綺麗なのにお昼を過ぎると疲れて見える」など、透明感のある肌へ近づくのはそう簡単ではありません。

本記事では、「透明感のある肌になりたい!」と悩む女性に向けて、透明感のある肌を叶える美白化粧水(※)の選び方と編集部おすすめの美白化粧水を紹介します。

「私は元々色白じゃないから」と諦めている人も、美白化粧水で肌のくすみを解消し、本来の明るい肌を取り戻して肌にうるおいを与えれば、透明感のある肌に導くことはできます。

肌のくすみの悩みを解消する成分配合の美白化粧水をうまく活用して、人気女優のような透明感のある肌を目指しましょう!

(※)本記事内における「美白」は、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐという意味で使っています。

透明感をアップさせる美白化粧水の選び方

潤いを実感する女性の画像

美白化粧水は、日々浴びる紫外線で日焼けした肌を本来の肌色に戻し、シミやくすみを予防してくれるため、透明感のある肌を作りあげるのに適したスキンケアアイテムです。

ここからは、肌の透明感をアップさせる美白化粧水の選び方について説明します。

美白有効成分が配合されているか確認する

透明感のある肌を作るために美白化粧水を選ぶのであれば、まずは、美白有効成分が配合されているかどうかを確認しましょう。

美白有効成分とは、厚生労働省が「シミやそばかすを防ぐ」など、美白効果を認めた成分のことで、代表的な成分としてはビタミンC誘導体やアルブチンなどが挙げられます。

美白化粧水といった「美白」という表記を商品に使用できるのは、厚生労働省が認めた美白有効成分が配合されていて、さらに医薬部外品(薬用化粧品)の承認を受けているものだけです。

そのため、「美白化粧水」と表記があれば、厚生労働省が認めた美白有効成分が配合されていると判断できますが、美白有効成分もいくつか種類があり、成分によってもたらされる効果が違うので、自分の肌に合った成分を選ぶようにしましょう。

代表的な美白有効成分と特徴

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • エラグ酸
  • カモミラET
  • コウジ酸

ビタミンC誘導体

シミ・そばかすを予防してくれるのはもちろんのこと、毛穴を引き締めたりコラーゲン生成をサポートしたりして、潤いのある肌に導いてくれる成分です。

アルブチン

メラニンの過剰な生成を抑えて、シミ・そばかすを予防して、明るい肌色に導いてくれます。肌に優しい成分なので敏感肌の人にもおすすめです。

トラネキサム酸

メラニン生成を抑えてシミを作る働きをブロックしてくれるため、シミ・そばかすの目立たない透明感のある肌に導きます。

エラグ酸

ポリフェノールの一種でメラニンに働きかけてシミ・そばかすを予防してくれます。抗酸化作用も期待できるため、エイジングケアにも効果的です。

カモミラET

メラニン生成をストップさせて、シミ・ソバカスを予防して透明感のある肌に導いてくれます。

予防だけでなくすでにできたシミ・そばかすを目立たなくする効果が期待できるのも特徴のひとつです。

ニキビの炎症を抑える効果もあるため、ニキビケア化粧品に配合されていることもあります。

コウジ酸

お酒や発酵食品に使われている麹から生み出された成分で、シミ・そばかすを予防して、明るく透明感のある肌に導いてくれます。

シミ・そばかすを防ぐだけでなく、透明感のある肌に導くためにも、上記に挙げた美白有効成分が、自分が選ぼうとしている化粧水に配合されているかどうかをチェックしてから化粧水を購入しましょう。

高保湿成分が配合されている

透明感のある肌を作るための美白化粧水は、肌のくすみを解消してくれる高保湿成分が配合されている商品を選ぶようにしましょう。

透明感のある肌になるためには、肌のくすみを解消する必要がありますが、肌の乾燥によって肌の生まれ変わりを行うターンオーバーの機能が低下し、肌表面の角質が積み重なって厚くなるため、ゴワつきが出てツヤ感がなくなり肌のくすみにつながります。

高保湿成分配合の化粧水で肌に潤いを与えて、肌の乾燥を予防することが肌のくすみ解消には大切なので、美白化粧水に高保湿成分が配合されているかをチェックしましょう。

透明感のある肌を作るには、シミやそばかすの原因となるメラニンを美白有効成分で予防しながら、以下の表で紹介する高保湿成分で、肌のくすみを解消することが効果的であるため、「美白」と「保湿」のどちらも備わった美白化粧水を選んでくださいね。

代表的な高保湿成分と特徴

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • レチノール

セラミド

セラミドは元々人の肌の1番表面にある表皮に存在している成分で、スポンジのように水分や油分をかかえこみ、肌の潤いをキープしてくれる大切な役割を果たしています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、元々肌の表皮の下にある真皮層で作られ、肌にハリをもたらしてくれる成分のひとつです。

高い水分保持力で、肌に潤いをキープしふっくらもちもちの肌を作ってくれます。

コラーゲン

コラーゲンは元々肌の表皮の下の真皮層で作られ、細胞と細胞をつなげて肌にハリをもたらしてくれる大切な役割を果たしています。

肌の表面から水分が逃げないように潤いを抱え込み、肌にふっくらとしたハリ感を与えます。

レチノール

レチノールはビタミンAの一種で、肌のハリや潤いをキープする役割を担うコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成をサポートし、ハリのある潤った肌に導いてくれる成分です。

化粧品の成分表示はレチノールもしくは、ビタミンA誘導体と表記されることもあります。

低刺激成分で作られている

女性が化粧品を手に持っている

透明感のある肌を作るための美白化粧水を選ぶ際には、低刺激成分で作られていることを確認するのも大切なポイントです。

肌に刺激をもたらしやすい成分が美白化粧水に配合されていると、肌を刺激から守るバリア機能が低下し、バリア機能の代わりに肌を守ろうとする力が働くため、古くなった角質が肌表面に溜まって肌がくすみ、透明感のない肌になってしまいます。

そのため、美白化粧水を選ぶ際には、防腐剤・香料・着色料などの肌に刺激を与えて肌のバリア機能を低下させる添加物などの成分が配合されていないかどうか、チェックしてくださいね。

使い続けられる値段

透明感のある肌を作るために美白化粧水を選ぶポイントとしては、使い続けられる値段の商品を選びましょう。

肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルが約28日であるため、どんなに高級な美白化粧水を使い始めても、数日で透明感のある肌に変わることはなく、少なくとも約1ヶ月は使い続けることが大切です。

美白化粧水は無理なく購入できる値段で、香りやテクスチャーが好みのものを選ぶなど、継続して使える商品を選んで、透明感のある肌を目指していきましょう。

【実力派】透明感を与える美白化粧水3選

ここからは、透明感をアップさせるおすすめ美白化粧水を紹介します。

美白有効成分と高保湿成分が配合されていて、アットコスメの口コミ評価が高い実力派の美白化粧水を3つ厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サエル ホワイトニングローション コンセントレート

通常価格 : 5,400円(税込) 
定期会員価格:4,860円(税込) 125ml
 ディセンシア サエル ホワイトニングローション

サエル ホワイトニングローション コンセントレートの特徴

  • 美白有効成分のアルブチン配合で、シミ・そばかすを予防して透明感のある肌に導く
  • たっぷりの保湿成分をヒト型セラミドで囲み、肌に保湿成分をしっかり浸透させて乾燥を防いで、くすみのない透明感のある肌を作る
  • 肌の血行促進を促すオリジナルの複合成分を配合しているため、血色間のある透明美肌に導く

サエル ホワイトニングローション コンセントレートは、肌ストレスがシミのできやすい肌を作ることを突き止め、肌ストレスを解消して美白有効成分が効きやすい肌状態に整えてくれる美白化粧水です。

美白有効成分のアルブチンや、セラミドなどの保湿成分がたっぷり配合されているので、シミやくすみを予防して透明感のある肌を作ってくれます。

米肌(MAIHADA) 澄肌美白化粧水

価格:5,940円(税込) 120ml米肌 澄肌美白化粧水

米肌(MAIHADA) 澄肌美白化粧水の特徴

  • 美白有効成分のビタミンC誘導体を配合して、シミ・そばかすを防いで透明感のある肌に導く
  • お米由来成分と発酵エキス配合で、肌に潤いを与えて肌をなめらかに整え、肌にツヤと透明感をもたらす

米肌(MAIHADA) 澄肌美白化粧水は、お米由来成分と発酵エキス配合で角質をなめらかに整えて、透明感のある潤った肌を作り上げてくれるのが特徴です。

美白有効成分のビタミンC誘導体も配合されているため、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを予防し、透明感のある肌に導いてくれます。

オルビスユー ホワイト ローション

価格:3,240円(税込) 180ml

オルビスユー ホワイト ローション

オルビスユー ホワイト ローションの特徴

  • 美白有効成分アルブチン配合で、メラニン生成をブロックしてシミ・ソバカスを防ぐため、透明感のある肌の印象に導く
  • 配合成分のベニバナエキスとW.Hアミノシールドが肌に潤いを与えるため、肌が乾燥して肌がくすむのを予防し、透明感のある肌を作る
  • 無油分・無香料・無着色・アルコールフリーの低刺激美白化粧水なので、肌に刺激を与えず肌がくすむのを防ぐ

オルビスユー ホワイト ローションは、美白有効成分と保湿成分が配合されていて、「美白」と「保湿」で透明感のある肌を叶える美白化粧水です。

無油分・無香料・無着色・アルコールフリーで低刺激処方の美白化粧水でもあるため、肌に刺激を与えにくく、成分の刺激によって肌表面に角質が溜まろ、肌がくすむことを防ぎます。

また、配合成分のベニバナエキスとW.Hアミノシールドが肌に潤いを与え、バリア機能を整えてハリと透明感のある肌を作ってくれるのです。

【プチプラ】透明感を与える美白化粧水3選

透明感をアップさせるおすすめ美白化粧水の中でもプチプラの商品を紹介します。

美白有効成分と高保湿成分が配合されていて、アットコスメの口コミ評価が高いプチプラの美白化粧水を3つ厳選しました。

アクアレーベル ホワイトアップローション

価格:1,512円(税込) 200ml

アクアレーベル ホワイトアップローションの特徴

  • 美白有効成分m-トラネキサム酸配合で、シミ・ソバカスを防いで透明感のある肌に導く
  • 保水バリア機能のあるベビーアミノ酸配合で、肌に水分を溜め込み潤い肌をキープしてくれるので、ふっくらとした明るい肌を作る

アクアレーベル ホワイトアップローションは、美白有効成分が配合されているため、シミ・そばかすを防いで透明感のある明るい肌に導いてくれる美白化粧水です。

保湿成分であるベビーアミノ酸やエーデルワイスGLが配合され、乾燥による肌のくすみを予防し、明るくツヤのある肌を作ってくれます。

キュレル 美白化粧水Ⅱ しっとり

価格:2,484円(税込) 140ml

キュレル 美白化粧水Ⅱ しっとり

キュレル 美白化粧水Ⅱ しっとりの特徴

  • 美白有効成分のビタミンC誘導体配合で、メラニン生成を抑えてシミ・そばかすのない透明感のある肌を作る
  • 保湿成分であるユーカリエキスが角質層まで浸透し、肌に潤いとツヤを与える
  • 無香料・無着色・アルコールフリーで、肌に刺激を与えにくく、肌のバリア機能の低下を防いで肌にくすみをもたらしにくい

キュレル 美白化粧水Ⅱ しっとりは、美白有効成分ビタミンC誘導体が配合された低刺激処方の美白化粧水です。

保湿成分であるユーカリエキスが角質層に染み渡り、肌の乾燥が原因のくすみを解消し、ツヤとハリのある肌に導いてくれます。

また、「しっとり」「ややしっとり」「とてもしっとり」の3種類の化粧水が用意されているため、自分の肌質や使用感の好みに合わせて使えるのも嬉しいポイントですよね。

なめらか本舗 薬用美白しっとり化粧水

価格:1,080円(税込)200ml

なめらか本舗 薬用美白しっとり化粧水

なめらか本舗 薬用美白しっとり化粧水の特徴

  • 美白有効成分のアルブチンを高純度に配合し、シミ・そばかすを予防して透明肌に導く
  • 保湿成分の豆乳発酵液が肌に潤いをもたらし、肌が乾燥してくすんだ顔色になることを防ぐ
  • 独自製法により美容成分を超微細にすることで、肌へ浸透しやすくなり美白有効成分と保湿成分が肌にアプローチ

なめらか本舗 薬用美白しっとり化粧水は、美白有効成分アルブチンが高純度に配合され、シミ・ソバカスを予防して透明肌を作りあげる美白化粧水です。

独自製法によって美容成分を超微細にし、美白有効成分と保湿成分が角質層になじみやすく、透明感のある肌に導いてくれます。

透明素肌を目指す!美白化粧水の使い方

鏡を見て微笑む女性の写真

美白化粧水を正しく使って、透明感のある肌を作りましょう。美白化粧水の効果的な使用手順について説明します。

美白化粧水の効果的な使用手順

  1. 洗顔・クレンジングをしてメイク汚れなどを落とした後、清潔な手に美白化粧水を取ります。
     ※美白化粧水の量は、500円玉2個分くらいを目安に数回に分けて塗布しましょう。
  2. 美白化粧水を手に取ったら、両手を合わせて温めます。
  3. 手で温めた美白化粧水を、顔に塗布し叩いたりこすったりせず、やさしくハンドプレスでなじませます。
  4. 顔の乾燥具合などを手で確認しながら、肌がもっちり水分を含むまで手順1から手順3を繰り返します。
     ※指先で鼻の際やまぶたなどの細かい部位にも忘れず塗布しましょう。

美白化粧水は、メイク汚れなどを洗顔料で落とした後に、手で温めてから塗布するのが効果的な使用方法です。

美白化粧水をコットンで塗布すると肌に刺激を与えてしまったり、目もとや口もと、鼻の際などの細部に化粧水が行き渡らなかったりするため、手を使って鏡で確認しながら美白化粧水を塗布してくださいね。

まとめ

透明感のある肌に導く美白化粧水の選び方と、おすすめの美白化粧水を紹介しました。

本記事を参考に自分の肌に合った美白化粧水を選び、継続的に使用していけば、人気女優のような明るく透明感のある肌を作ることも夢ではありません。

「肌のくすみが気になる」「肌のツヤが足りない」などの悩みを解消して、鏡を見るたびにウキウキするような、透明美肌を目指していきましょう。