生理前に肌荒れをおこさない!予防・対処方法を詳しく紹介

肌荒れ - update2018.12.20
肌荒れに悩む女性の写真
熊谷優子プロフィール

オーガニック化粧品のプロフェッショナル

熊谷 優子

生理前になると、PMSと呼ばれる体に不調がでたり、肌が荒れたりなどの症状に悩まされている女性は多いですよね。

「毎月のことだから・・・。」と諦めている方もいるかもしれませんが、生理前の肌荒れ予防策をしっかり行い、肌荒れに適切に対処すれば、毎月の不快な肌荒れを改善させることも可能です。

本記事では、生理前に肌が荒れる理由と、肌荒れの予防や対処について紹介します。

原因はなに?生理と肌荒れの深い関係

女性の体は、排卵してから約2週間後に生理が来ますが、生理開始から排卵前の約2週間と、排卵後から生理前の約2週間では、女性ホルモンの分泌バランスが異なるため、肌状態にも違いがでてくるのです。

女性ホルモンと呼ばれるものには、エストロゲンと黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、生理開始から排卵前に分泌量が増加するエストロゲンは、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、肌の弾力やツヤをアップさせる効果が期待できて、女性の肌や体を美しくします。

しかし、排卵後から生理前には、黄体ホルモンの分泌量が多くなり、黄体ホルモンは皮脂分泌を促して毛穴に皮脂を詰まりやすくするだけでなく、角質層を厚くしたりメラニンの生成を促したりなど、肌が荒れる原因を作り出してしまうのです。

さらに、排卵後から生理前には、体が水分を溜め込みやすくなっているため、血流が悪くなって体が冷えやすくなり、肌に栄養が上手く供給されずに肌荒れにつながってしまうこともあります。

エストロゲンも黄体ホルモンも女性が妊娠・出産するための準備を行う大切なホルモンではありますが、肌に対しては異なる作用を発揮し、エストロゲンは肌を美しくし、黄体ホルモンは肌荒れを引き起こしてしまうのです。

生理前に肌荒れが起きたときの対処法

顎のニキビに悩む女性

生理前は、皮脂分泌を促したり、角質層を厚くしたりする黄体ホルモンの分泌が増えるため、毛穴に皮脂が詰まってニキビの原因となる、角質層が厚くなることで肌の乾燥の原因となるなど、肌荒れをしやすい時期です。

生理前に肌が荒れてしまうのは、黄体ホルモンが増えるため仕方のないことですが、肌が荒れてしまった時にスキンケア化粧品やスキンケア方法を変えるだけで、肌荒れはだいぶ落ち着いてくるので、諦めずにケアをおこなってくださいね。

以下では生理前に肌荒れが起きてしまった時の対処法を紹介します。

スキンケア化粧品や方法を変える

ポイントを伝える女性

生理前の肌荒れには、いつものスキンケア化粧品ではなく、肌荒れに効く有効成分配合の化粧品や肌を守るバリア機能を整える高保湿成分が配合された化粧品を使用するようにし、スキンケア方法も見直しましょう。

肌荒れに効く有効成分配合の化粧品を使用

肌荒れに効く有効成分は、具体的にはグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)やアラントインがあげられ、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)は、抗炎症作用があるため、赤ニキビの炎症やかゆみをしずめるなど、荒れた肌を整えてくれる効果が期待できます。

アラントインは、肌荒れをしずめる抗炎症作用に加えて、細胞活性化の効果があるため、黄体ホルモンの分泌増加で角質が厚くなった肌を自然にピーリングしてくれ、荒れた肌を新しい細胞に生まれ変わらせてくれるのです。

また、高保湿成分が配合された化粧品を使用すれば、肌をしっかり保湿してくれるので、肌を守るバリア機能を高め、肌荒れ悪化を予防することができます。

生理前の肌はホルモンバランスの変化により敏感になっているので、敏感肌用の化粧品でかつ、肌荒れに効く有効成分や高保湿成分配合の化粧品を使用するようにすると、生理前の肌荒れを落ち着かせることができますよ。

洗顔やクレンジングを優しく行う

生理前の肌は、黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が促され、角質が厚くなり肌荒れにつながりやすい敏感な状態であるため、洗顔やクレンジングをいつも以上に優しく行うようにしましょう。

洗顔を何度もしてしまったり強くゴシゴシ洗ったりすると、敏感な生理前の肌に刺激を与えて肌荒れが悪化してしまったり、肌を保護しようと余計に皮脂分泌が過剰になって、ニキビができやすい肌状態を作ってしまうのです。

肌に必要のない余分な皮脂は落としながらも、洗顔後も肌に潤いがとどまるクレイ洗顔などの洗顔料を使用し、洗顔は1日2回まで、ゴシゴシ洗わず優しく肌を洗うようにしましょう。

洗顔の手順

  1. 洗顔フォームをよく泡立てる
  2. 手が顔に当たらないよう泡で洗う
  3. 30度前後のぬるま湯で汚れをしっかり洗い流す
  4. 清潔なタオルでやさしく水をふき取る

炎症ニキビには治療薬を使う

鏡で額の肌トラブルを確認している女性

生理前は、皮脂分泌を促す黄体ホルモンの分泌が増えるため、皮脂を分泌するために毛穴がぱっくりと開き、開いた毛穴に皮脂や角質が詰まってニキビができやすい時期です。

肌にニキビができていない状態やニキビの炎症が進行する前の白ニキビの状態であれば、スキンケアで肌状態を整えることも可能ですが、1度ニキビの炎症が進んでしまうと、スキンケアだけでニキビを治すのは難しいため、皮膚科の受診をおすすめします。

皮膚科に相談に行く時間がない方やニキビができたばかりの方は、ドラックストアや薬局で購入できる市販のニキビ用医薬品クリームを塗布して様子を見るのもひとつの方法です。

ドラックストアや薬局で購入できる市販のおすすめニキビ用医薬品クリームを紹介します!

生理前のニキビに!市販の医薬品クリーム2選

ペアアクネクリームW

価格:14g・950円 / 24g・1,450円(小売希望価格)

炎症を抑える効果のある「イブプロフェンピコノール」とニキビの症状を悪化させるアクネ菌を殺菌する「イソプロピルメチルフェノール」の有効成分をダブル配合していて、アクネ菌が発生し始めるニキビの初期段階にも効果が期待できます。

肌に優しい弱酸性なので、生理前の敏感な肌に刺激を与えず、塗ると透明になるクリームなので、クリームを塗布した後にメイクもできるニキビ治療薬です。

イハダ アクネキュアクリーム

価格:16g・840円 / 26g・1,188円(小売希望価格)

炎症を抑える効果のある「イブプロフェンピコノール」とニキビの症状を悪化させるアクネ菌を殺菌する「イソプロピルメチルフェノール」の有効成分をダブル配合しているため、生理前にできてしまった大人ニキビに効果的です。

生理前は皮脂分泌が盛んになってニキビができやすくなりますが、イハダクリームは油分を最小限にしているので、ニキビに負担をかけずに治療することができます。

生理前の肌荒れを事前に予防する方法

笑顔の女性のイメージ画像

生理前に肌が荒れてしまうのは、皮脂分泌を過剰にしたり角質を厚くしたりする黄体ホルモンの分泌が増えるので仕方ないのですが、事前にスキンケアや生活習慣を改善することで、肌荒れの予防ができますよ。

「生理前だから肌が荒れても仕方ない」と何も対策をしないと、黄体ホルモンの影響を大きく受けてしまうので、肌荒れが手につけられないほど酷くなってしまうかもしれません。

生理前の肌荒れを事前に予防する方法をまとめたので、改善できることから少しずつでも行動に移してみてくださいね!

肌荒れしにくい肌にスキンケアで整える

鏡を見て嬉しそうな女性

生理前の肌荒れしやすい時期にスキンケア化粧品やスキンケア方法を見直して、肌荒れを落ち着かせることも大切ですが、生理前に肌荒れを起こさないような肌に事前に整えておくのも大切です。

生理前の肌は、黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が促され、角質が厚くなり肌荒れにつながりやすい敏感な状態になるため、セラミドなどの高保湿成分配合の化粧品を使って肌を守るバリア機能を高めておき、肌荒れを起こしにくい肌を事前に作っておきましょう。

また、生理前は皮脂分泌が多くなってニキビなどができやすくなるため、皮脂量を整えるビタミンC誘導帯やライスパワーNo.6が入った化粧水で肌のバランスを整えておくのもおすすめです。

肌に負担を抑えたベースメイクをする

生理前の肌は、黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が促され、角質が厚くなり肌荒れにつながりやすい敏感な状態であるため、生理前は肌への負担が少ないベースメイクに変えて、肌荒れ悪化を事前に予防するようにしましょう。

生理前は、皮脂分泌が多くなって肌がベタベタしてしまうため、油分の多いリキッドやクリームファンデーションよりも、皮脂を吸収してくれる軽い質感のパウダーファンデーションがおすすめです。

下地やパウダーファンデーションは、化粧品を塗布してニキビができやすいかをチェックしている「ノンコメドジェニックテスト済み」のベースメイクを選ぶようにすると、生理前のニキビ予防につながりますよ。

生理前の肌が敏感な時期だけ、パウダーファンデーションより肌に優しく、軽い質感のフェイスパウダーのみでふんわり仕上げるようにすると、さらに肌への負担は軽くなります。

食生活を見直して改善する

食事をする女性のイメージ画像

生理前は、お菓子やジャンクフードを食べたくなるなど食欲が増す時期ですが、生理前の肌は、黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が促されているので、脂肪分の多い食事を摂りすぎると、肌の皮脂分泌をさらに促し、ニキビが余計にできやすくなってしまいます。

生理前の肌荒れを予防するために、ジャンクフードや加工品を避けてバランスの良い食事を心がけるようにし、ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6の3つの栄養素を意識して摂るようにしましょう。

キウイやピーマン、ブロッコリーなどに多く含まれるビタミンCには、皮脂量をコントロールする役割があるので、皮脂分泌が過剰でニキビができやすい生理前には、ビタミンCを食事の中で積極的に取り入れてみてくださいね。

ビタミンB2とビタミンB6についても、生理前の皮脂分泌が過剰になりがちな肌の皮脂量をコントロールし、生理前の敏感な肌を健やかに保ってくれるため、積極的に食事の中で取り入れるようにしましょう。

ビタミンの種類

多く含まれる食べ物

ビタミンB2

なぎ・納豆・卵・海藻・レバー

ビタミンB6

かつお・まぐろなどの魚類、レバー・大豆

ビタミンC

キウイやピーマン、ブロッコリー

食事で取り入れるのが難しければ、サプリメントを上手く活用するのもおすすめです。

さらに、生理前は黄体ホルモンの影響で肌荒れが起こりやすくなるため、豆乳や豆腐など女性ホルモンのバランスを整える大豆イソフラボンが含まれた食事を意識することで、肌荒れを予防しましょう。

大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをしてくれるため、ホルモンバランスを整えて、生理前の肌荒れを予防する効果が期待できます。

質の良い睡眠をとる

寝ている女性

生理前は、黄体ホルモンの影響で肌荒れしやすい時期であるため、睡眠不足が続くと、ホルモンバランスを崩して肌荒れが悪化してしまいます。
質の良い睡眠を取って、肌を健やかに保ち、肌荒れを予防しましょう。

特に、肌の再生を促す「肌のターンオーバー」は、夜眠りに落ちてから数時間の間の深い眠りのときに分泌される「成長ホルモン」の働きで行われているので、ぐっすりと眠る事が肌を健やかに保つうえで大切です。

アロマを焚いたりお風呂にゆっくり入ったりなど、リラックスしてスムーズに入眠できるよう工夫してみてくださいね。

産婦人科で低用量ピルを処方してもらう

生理前の予防策や、肌荒れ対策をしっかり行っても肌荒れが改善せず、肌荒れがストレスにつながってしまうという場合には、産婦人科で低用量ピルを処方してもらう方法もあります。

避妊薬として処方されている低用量ピルは、女性の排卵を抑制するだけでなく、エストロゲンと黄体ホルモンが含まれていて、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果も期待できるのです。

そのため、生理前に黄体ホルモンが増えるなどのホルモンバランスが変化することが原因の肌荒れやPMSと呼ばれる症状の治療薬として、ピルが処方されます。

生理前の肌荒れがひどい場合には、ピルを飲むことで改善する可能性が高いですが、排卵が抑制される作用や副作用があるので、医療機関で医師とよく相談してから処方してもらうようにしてくださいね。

まとめ

まとめを述べる女性

生理前に肌が荒れる理由と、肌荒れの予防や対処についてお伝えしました。

「生理前に肌が荒れるのは仕方ない」と毎月のことだからと諦めず、本記事を参考に肌荒れ対策や肌荒れ予防対策を実践してみてくださいね。

肌荒れ対策や肌荒れ予防対策を行えば、少しずつ毎月の肌荒れが改善され、いつでも健やかで美しい肌を保てるようになりますよ!

この記事をシェアする

おすすめ記事