乾燥肌をツヤ肌に変える!生活習慣・スキンケア・ベースメイクまとめ

乾燥肌 スキンケア - update2018.12.07
女性が鏡を見て微笑んでいる画像
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

多くの女性を悩ませる乾燥肌のトラブル。

メイクのノリが悪く、時間が経つとすぐにカサカサしてしまう…そんな悩みにうんざりしていても、決して諦めないでください!

こちらの記事では毎日のメイクアップはもちろん、乾燥肌を根本的に解消してツヤ肌を目指すテクニックを総合的にご紹介します。

乾燥肌の人が健康的なツヤ肌を目指す方法

ベッドの上に本や毛布が散らばっている様子の写真

乾燥肌の人でも、メイクのテクニック次第でツヤ肌に見せることはできます。

しかし、土台となる肌そのものが乾燥状態にあると、時間が経って肌がカサカサしたり、頰や目元付近が粉を吹くなどのトラブルでメイクのノリも悪くなってしまいます。

乾燥肌を改善し、長時間のツヤ肌をキープさせるためには、生活習慣の改善で肌荒れ・乾燥知らずの健康的なツヤ肌を作らなくてはなりません。

健康的なツヤ肌を目指す方法には、大きく分けて3つあります。

栄養バランスの整った食事を心がける

食事から摂取できる栄養素は、肌を健やかに保ちます。

例えば肌の細胞を合成させて代謝を促すタンパク質。皮膚や粘膜の健康を維持するビタミン類、また毒素を排出させて免疫力を高める食物繊維…挙げればキリがありません。

しかし、好き嫌いや外食の多い生活で栄養が偏ってしまうと、肌のターンオーバーが滞り肌荒れを起こす場合があります。(※肌のターンオーバー…約28日周期で肌が生まれ変わること)

特に、脂質や糖質の多い食生活に要注意。

血中のコレステロールや中性脂肪が増えてしまい、血行が悪くなることで栄養が効率よく行き渡らなくなるため、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥肌を解消してツヤ肌を引き出すためには、栄養バランスの整った食事を心がけることが必要です。

生活習慣によるダメージから肌を守る

また、紫外線やエアコンによる乾いた空気など環境が原因で、肌が乾燥してしまう場合があります。

日焼け止めや日傘で紫外線から肌を守り、加湿器を活用して肌が乾燥しないよう対策をとりましょう。

また入浴後も注意が必要。入浴後は、肌の温度と湿度が一気に下がるため、肌が急激に乾燥を起こしてしまうので、入浴後は速やかな保湿ケアを行いましょう。

こうした環境から身を守ることも、ツヤ肌を目指すために欠かせないことなのです。

質の高い睡眠をとる

最後に、質の高い睡眠もキーポイント

睡眠時は成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが促進されます。肌のターンオーバーとは、簡単に言うと約28日周期で行われる肌の生まれ変わりのこと。

基底層で合成された肌の細胞が形を変えながら表面に押し出され、最終的に垢となってはがれ落ちることで新しい肌をどんどん作ります。

the_stain

しかし、睡眠不足は成長ホルモンの分泌が減るため、肌のターンオーバーが滞り、乾燥しやすくなるのです。

成長ホルモンが最も分泌されるのは、就寝はじめの3時間。

十分な睡眠も必要ですが、ツヤ肌を目指すためにも深く質の高い睡眠を心がけ、肌のターンオーバーを促しましょう。

就寝前の入浴やホットミルクは、副交感神経を刺激してリラックスモードにしてくれるので深い眠りにつきやすくなります。

保湿力の高い成分を配合したスキンケアで乾燥肌からツヤ肌に!

洗面所にスキンケアアイテムが並んでいる画像

乾燥肌を改善してツヤ肌を目指すためには、スキンケア方法の見直しや保湿対策が必要です。

人の肌は、

  • 皮脂膜
  • NMF(天然保湿因子)
  • 細胞間脂質

によって潤いが保たれています。

皮脂膜は、毛穴から分泌された皮脂と汗が混ざり合ってできた天然の保湿クリーム。角層内の水分が蒸発しないよう蓋をしてくれる役割を持っています。

そしてNMF角層内にある成分で、水分を取り入れたり抱え込むことで潤いをキープ。

細胞間脂質は、角層内にある角質細胞の隙間を埋めることで水分の蒸発を防いでいます。

しかし、乾燥肌は皮脂の分泌量が少なく皮脂膜が形成されにくいため、角層内のNMFや細胞間脂質が失われやすい状態になっています。

NMF、皮脂膜、そして細胞間脂質を補うには、似た働きを持つ成分を与えてあげることが大切です。

まずは皮脂膜。皮脂膜に似た働きを持つのは、スクワランという油性成分です。

スクワランは、皮脂膜のように肌に蓋をすることで水分の蒸発を防ぎ、乾燥から肌を守る効果が期待できます。

そしてNMFに似た働きを持つのはヒアルロン酸。ヒアルロン酸は、1gで6Lもの水分保持力を持っていて、NMFのように水分をしっかり抱え込む働きを持っています。

最後に細胞間脂質に似た働きを持つ成分、これはセラミドが該当します。セラミドは、水分を挟み込むことによって潤いをキープする効果が期待できます。

スキンケアアイテムを選ぶ際は、皮脂膜やNMF、細胞間脂質に代わる働きを持つ成分にも注目してみてください。

また、油性成分がバランスよく配合されたアイテムで、スキンケア効果を実感してください。

いますぐ実践!ベースメイクでツヤ肌を引き出すテクニック

メイク用ブラシが3つ並び、後ろにパウダーがある画像
いますぐ乾燥肌をカバーしてツヤ肌を引き出したいという方は、ベースメイクのやり方を工夫しましょう。使用するベースメイクは、パール系の化粧下地、固形の油性ファンデーション、そしてパール系のおしろいです。

まずはパール系の化粧下地を塗布します。

パール系の化粧下地を塗布することで光を反射させる効果を生み出すため、ツヤや立体感を演出することができます。

次に使用するのは固形の油性タイプのファンデーション

顔の中心から外側に向かって塗布していくのがポイントです。

アイテムによってはスポンジではなくブラシでとる場合もありますが、小鼻や目元などのヨレやすい部分は三角スポンジなどで丁寧に仕上げましょう。

エマルジョンタイプのファンデーションは、保湿剤や乳化剤を含む油性タイプ。粉と油が5:5の割合で配合されており、カバー力や水分保持力に優れています。

色むらを防ぎ、しっとりとした仕上がりでツヤ感を残すこともできるのです。

最後に使用するのはパール系のおしろいです。おしろいはつけ過ぎてしまうと粉っぽくなってしまい、ツヤ感や透明感が失われます。

コツとしては、ハイライト代わりのようにフェイスパウダーを使うこと。パフではなく、ブラシを使います。

Tゾーンや頬骨の上など、顔の突出している部分にふんわりのせ、仕上げにブラシをくるくる動かしながら粉を払えば、透明感とツヤ感を引き出すことができます。

パールを含んでいるフェイスパウダーは、ツヤ感を引き出す最適なアイテム。ぜひ活用してみてください。

ツヤ肌を演出してくれるおすすめファンデーションをピックアップ

固形の油性タイプのファンデーションといっても各メーカーそれぞれで特徴が異なります。

ここでは、ツヤ肌が簡単に演出できる人気のファンデーションを厳選してご紹介します。ファンデーション選びの参考にしてください。

クリーミィタップミネラルファンデーション/エトヴォス

ETVOSファンデーションのイメージ画像
専用パフ付きのファンデーション。

しっとりとした付け心地でありながら、ベタつきを感じない仕上がりがポイントです。

アサイーオイルアルガンオイルといった美容オイル、そして美容成分を豊富に含み、乾燥から肌を守ります。専用パフでタップするようにつけるだけで簡単にツヤ肌を演出できるほか、石けんで落とせるなど機能性の高さにも注目です。

リフティング エマルジョン モイスト/アルビオン

アルビオンファンデーションのイメージ画像
軽いタッチでムラなく伸びるファンデーション。毛穴の凹凸を補正しながら肌に溶け込むようにフィットして、ハリある美しい肌に仕上げます。

また、カーヴィングストレッチベースが立体感を生み出すので、ツヤのあるなめらかな肌を演出。保湿力もあり、乾燥肌をカバーしてくれます。

5. まとめ

乾燥肌をツヤ肌に変えるには、肌の水分バランスを保つことが大切。

そのためにも、化粧水や乳液、クリームでしっかり保湿を行うのはもちろん、栄養バランスの整った食生活や質の高い睡眠で代謝を上げることが大切です。

特に、湿度と温度が低下する冬場は肌が乾燥しやすいため注意が必要です。

これまで何を試しても乾燥肌が解消しなかったという方は、この記事の参考になる部分を見つけて実践してみてください。

この記事をシェアする

おすすめ記事