鏡で眉間のシワを指さす女性
熊谷優子プロフィール

オーガニック化粧品のプロフェッショナル

熊谷 優子

普段の生活で無意識のうちに行ってしまう眉間にシワをよせる癖ですが、周囲の人に威圧感や怖い印象を与えてしまうので、「直したい!」と考えている方も多いですよね。

眉間にシワをよせる癖が直らないと、シワがどんどん深く刻まれて顔の印象も悪くなってしまうので、そのような癖がある方は、眉間のシワを解消するためのケアをしていきましょう。

本記事では、眉間のシワをよせる癖がどのような時に出てしまうのかと、眉間のシワを解消する3つの方法について説明します。

眉間のシワが深くならないうちに、眉間にシワをよせる癖をなおし、スキンケアやエクササイズを行って眉間のシワを予防・改善していきましょう!

一体なぜ?眉間にシワをよせる癖の原因

額に手を添えてシワを気にしている女性

顔にシワがあると老けて見えるなどマイナス面が大きいため、少しでもシワができないように気をつけたいものですが、シワの中でも眉間のシワは人に与える印象を悪くしてしまいます。

眉間のシワは笑いジワなどと違い、他人に威圧的な雰囲気を与えたり、怖くて近寄りがたい印象を与えたりしてしまうのです。

普段、無意識に眉間にシワを寄せてしまっている方は、眉間のシワがどんどん深くなって顔の印象が悪くなってしまうので、まずは、どんな時に眉間にシワをよせる癖が出てしまうのかを確認していきましょう。

目の疲れや視力の低下で目を細める

眉間にシワを寄せて正面を見つめる女性

パソコンで仕事を長時間していたりスマホをずっと見続けていると、目が疲れたり乾燥したりして、パソコンやスマホの画面が見にくくなり、ついつい目を細めてしまっていませんか。

視力が低下している方も、パソコンの文字が読みにくいため、気がつくと前かがみになって目を細めていることが多く、眉間にシワを寄せる癖がついてしまっています。

目の疲れや乾燥から目を細めて眉間にシワを作っている方は、パソコンやスマホを長時間見ないように意識したり、目薬をこまめにつけたりして、目が疲れたり乾燥しないように対策をしてみてくださいね。

また、視力の低下でパソコンの文字が読みにくくて眉間にシワを作っている方は、自分の視力に合うメガネやコンタクトをつけることで、眉間にシワを寄せるクセが出ないように予防しましょう。

緊張やイライラなどで眉間の筋肉がこわばる

心の緊張やイライラなどが眉間のシワになって現れることがあるので、感情が揺らいだときに眉間にシワを寄せていないか、自分で自分の癖を意識してみてくださいね。

物事に真剣に取り組んでいる時も、真剣だからこそついつい体に力が入ってしまい、無意識に眉間にシワをよせていることがあります。

気がつかないうちに眉間にシワをよせてしまっていることも多いと思いますが、まずは自分がどんな感情になった時に眉間にシワをよせているかを確認してみてください。

緊張やイライラ、真剣な時に眉間にシワをよせる癖がある方は、眉間にシワをよせる癖が出てしまいそうになったら、体の余計な力を抜いて深呼吸をするなどリラックスできるよう工夫してみましょう。

日差しやスマホのライトが眩しくて目を細める

日差しが眩しい時やスマホのライトが眩しい時に目を細めて、眉間にシワをよせる癖がついてしまっている方は、日差しやスマホのライト対策を行うようにしましょう。

夏など日差しが強い季節は、毎日日差しに目を細めて眉間にシワをよせていることもあるので、帽子をかぶったりサングラスをつけたり、眩しい日差しを避ける工夫をしてみてください。

スマホやパソコンのライトが眩しくて目を細め、眉間にシワをよせながら作業をしている方は、ライトを暗くする設定をしたりブルーライトをカットするメガネをかけたりしてみましょう。

眉間にシワをよせる癖の原因について説明しましたが、大切なのはどんな時に眉間にシワをよせてしまっているのかを、自分で意識することです。

自分が眉間にシワをよせる原因を特定し、眉間にシワをよせないように意識して日々過ごすようにしましょう。

癖による眉間のシワを解消する3つの方法

3ポイント

眉間にシワを寄せる癖がある限り、スキンケアなどを頑張ってもシワは深くなっていってしまうため、まずは、自分の眉間のシワをよせる癖を意識し、改善していくことが大切です。

すでに眉間にシワができてしまっているという方は、眉間にシワをよせる癖を改善しながら、今ある眉間のシワを解消するエクササイズやスキンケアを行なっていきましょう!

癖による眉間のシワを解消する3つの方法について説明します。

マッサージ・エクササイズを行う

マッサージで眉間のシワをほぐし、エクササイズで凝った筋肉を緩ませて、少しずつ眉間のシワを解消していきましょう!

お風呂上がりの眉間のマッサージ

鏡を見て眉間のシワを気にしている女性

お風呂上がりに行うスキンケアの時、ついでに眉間のシワ予防・解消につながるマッサージを行うようにしましょう。やり方は簡単です。

眉間のシワのマッサージ方法

  1. 乳液やクリームを眉間のシワにたっぷりと塗る
  2. シワと逆方向に肌を伸ばす(縦ジワは横方向に、横ジワは縦方向に)

ゆっくりと優しくマッサージしてあげることでリラックス効果も期待でき、眉間にシワをよせる癖で固くなっている筋肉がほぐれて、顔周りの血行もよくなります。

毎日行うことで、眉間のシワ予防・解消に効果があるので、いつものスキンケアのついでに行ってみてくださいね。

眉間のシワに効く表情筋エクササイズ

顔の筋肉のイラスト

眉間にシワをよせる癖がついている方は、眉間周辺の筋肉がキュッと凝り固まっているため、表情筋エクササイズして血行をよくし、筋肉を緩めてあげましょう。

表情筋エクササイズの手順

  1. 目を思い切り開く
  2. 顔の筋肉は動かさず、目だけ上を見る
  3. 舌をした方向に出してキープする

表情筋エクササイズで眉間周辺の筋肉が緩み、顔全体の筋肉を動かすので血行が良くなり、眉間のシワ解消とともに顔のたるみも改善することが期待できます。

人前で行うのはちょっと恥ずかしいエクササイズなので、トイレの中や自宅の鏡の前で行い、1日10回を目標に実践してみてくださいね。

シワに効くエイジングケア化粧品を使用

スキンケアをする女性

眉間にシワをよせる癖があると、シワはどんどん深くなってしまいますが、肌が乾燥することでも眉間のシワが目立ってしまうので、スキンケアで保湿をしっかり行うようにしましょう。

顔全体の保湿が足りずにハリや弾力が低下すれば、顔の他の箇所と同様に、眉間も乾燥してキメが荒くなり、シワが目立ちやすくなってしまいます。

眉間のシワを目立ちにくくするために、シワに効くエイジング化粧品を使用して、しっかり保湿していきましょう。

癖による眉間のシワに効く成分を簡単に紹介するので、化粧品選びの時に参考にしてくださいね。

眉間のシワに効く成分①レチノール

レチノールはビタミンAの一種で、肌のハリや潤いをキープする役割を担うコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成をサポートし、眉間に刻まれた深いシワを目立ちにくくする効果が期待できます。

化粧品の成分表示はレチノールもしくは、ビタミンA誘導体と表記されていることもあります。

眉間のシワに効く成分②シンエイク

シンエイクは、インドネシアの毒蛇の毒が持つ、筋弛緩作用に注目して、人工的に作られた成分で、塗るボトックスなどとも呼ばれています。

シンエイクは、シワの周りの筋肉を弛緩させる効果があるため、表情を作ることで刻まれる眉間のシワを目立ちにくくしてくれる効果が期待できます。

眉間のシワに効く成分③アルジリン

アルジリンは、植物由来のアミノ酸ペプチドで、表情筋の皮膚のストレスを和らげるため、眉間のシワなど表情を作ることで刻まれる顔のシワに効果的といわれています。

眉間のシワにおすすめ化粧品2選

癖による眉間のシワに効く成分(レチノール、シンエイク、アルジリン)が配合された化粧品を紹介します。

アルジル タイトニングローション

アルジル タイトニングローション

価格:3,780円(税込) 内容量:100ml 
価格:4,860円(税込) 内容量:200ml

アルジル タイトニングローションの特徴

  • 癖による眉間のシワに効果的なアルジルリンとシンエイク配合で、肌にハリを与えて眉間のシワの悩みを解消
  • ヒアルロン酸やビタミンC誘導体など肌に潤いを与える成分配合で、眉間のシワが目立ちにくいもっちり肌を作る

アルジル タイトニングローションは、癖による眉間のシワに効果的な成分のアルジリンとシンエイク両方を配合した、肌にハリを与えてくれる化粧水です。

アルジリンとシンエイクに加えて、ヒアルロン酸やビタミンC誘導体など肌に潤いを与える成分を含み、もっちりとした肌に整え、眉間のシワが目立ちにくい肌を作り上げます。

エイジングラボルテ エステティックローション plus

ラボルテ エステティックローション

価格:4,536円(税込) 内容量:150ml

エイジングラボルテ エステティックローション plusの特徴

  • 配合成分のシンエイクに表情筋を弛緩させてシワを伸ばす効果があるため、癖による眉間のシワを目立ちにくくする
  • 配合成分のプロテオグリカンが、肌のターンオーバーを助けて、肌のハリやツヤをアップさせ、眉間のシワが目立ちにくい肌を作る
  • ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリピジュアやコラーゲン、アミノ酸など潤い成分をたっぷり配合し、肌にハリと弾力を与える

エイジングラボルテ エステティックローション plusは、癖による眉間のシワに効果的なシンエイクやうるおい成分をたっぷり配合した、肌にハリと弾力を与える化粧水です。

肌のターンオーバーを助けるプロテオグリカンや、うるおい成分であるリピジュアやコラーゲン、アミノ酸を配合し、眉間のシワが目立ちにくいハリのある肌を作りあげます。

美容皮膚科のボトックス注射でシワ治療

長年の眉間にシワをよせる癖が原因で、表情を作らなくても深いシワがくっきりと目立ってしまっている方は、マッサージやスキンケアだけではなかなかシワ改善効果が現れないかもしれません。

日々眉間にシワをよせないように意識して過ごし、エクササイズやスキンケアも頑張っているのに一向にシワが改善しないのであれば、即効性のあるボトックス注射を行うという方法もあります。

ボトックス注射は、眉間のシワの原因となる筋肉の動きを抑制して筋肉をやわらげる効果があるため、癖による眉間のシワを軽減してくれるのです。

ボトックス注射の1回あたりの料金は、美容外科によってまちまちですが3万円前後で、効果は3ヶ月から半年間なので定期的に注射を行う必要があります。

副作用などもあるため、美容外科や美容クリニックでカウンセリングを受けて、信頼できるクリニックであることを確認してから、ボトックス注射を行うようにしましょう。

眉間のシワを悪化させるケア方法

眉間のシワを改善したり隠したりするために行っていたケアが、実は眉間のシワを悪化させていた、なんてこともあります。

知らないうちに眉間のシワが深くなっていることがないよう、眉間のシワを悪化させるケア方法についても確認しておきましょう。

シワテープやサージカルテープの使用

眉間のシワを改善させるために、シワテープやサージカルテープを使っている方もいるかもしれませんが、あまりおすすめできません。

一時的にはテープを貼った箇所のシワは伸びるかもしれませんが、テープを貼った周辺にシワがよってしまったり、テープを貼った箇所が乾燥してシワが目立ちやすくなってしまったり、シワが改善するどころか悪化する可能性が高いです。

テープを貼って数時間だけ眉間のシワが改善しても仕方がないので、眉間のシワを根本的に改善したい場合には、シワテープやサージカルテープは使用しないようにしましょう。

眉間のシワを根本的に改善したい場合には、眉間にシワをよせる癖を意識して直すことや、スキンケアやエクササイズを日々コツコツと行っていくしかないのです。

ファンデーションの厚塗り

ファンデーション

眉間のシワが気になると、ついついファンデーションを厚く塗って「どうにかしてシワを隠したい」と思ってしまいますよね。ただ、ファンデーションの厚塗りは眉間のシワに対しては逆効果になってしまいます。

眉間のシワにファンデーションを厚く塗ると、時間が経ってファンデーションがヨレてしまった時に、刻まれた眉間のシワにファンデーションが溜まって、余計にシワを強調してしまうのです。

また、ファンデーションの厚塗りは、肌に負担がかかって肌を乾燥させるので、眉間のシワが目立ちやすい肌を作ってしまうことにもつながります。

「眉間のシワを隠したい!」という気持ちは分かりますが、ファンデーションを厚塗りすることは、眉間のシワを逆に悪化させてしまうので、なるべく薄いメイクをするように心がけましょう。

まとめ

本記事では、眉間にシワをよせる癖の原因と、眉間のシワを解消する3つの方法について説明しました。

「眉間にシワができているかも・・・。」と悩んでいる方は、本記事を参考に、普段の生活の中で眉間にシワをよせてしまう原因を特定し、意識して改善していくことが大切です。

また、眉間のシワを予防・解消するスキンケアやエクササイズを毎日コツコツ続けていけば、眉間のシワを解消でき、眉間のシワができにくい肌を作ることもできますよ。