ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9を試す女性
中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、配合されている美白成分ハイドロキノンのメラニン色素の漂白作用からシミへの効果が期待され、MAQUIAや美的などの美容雑誌や、数多くの美容メディアに登場する美白クリーム。

「美容雑誌や美容メディアに取り上げられているということは、期待度は高いと思うけど、本当にシミに効果あるの?すぐに効果が出るものなの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

本記事では、ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9をシミに悩む人が実際に使ってみて、シミの悩みにどれだけの効果を得られたのかを調査し、使用感についてインタビューをしてみました。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9がシミに有効であるといわれる理由を、3週間使用してのレビュー結果や配合成分の特徴から分析していきます。

ビーグレン ホワイトクリームでシミへの効果があったか?

虫メガネを持った女性

シミに悩んでいる人がビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9を使った結果、シミの悩みに対する効果や使い心地について、ビーグレン公式サイト内「QuSomeホワイトクリーム1.9のお客様レビュー」にある2,000件以上の口コミを参考に、効果の傾向をまとめました。

さらに、実際にハリツヤ研究所内でシミに悩んでいる30代女性ハリツヤ研究員Sに、3週間QuSomeホワイトクリーム1.9を使用してもらい、シミに本当に効果があるのかどうかを検証。

QuSomeホワイトクリーム1.9の本当の効果を使用前後の写真を使ってお伝えしていきます。

QuSomeホワイトクリーム1.9の口コミの傾向や実際に3週間使用しての効果を見ていく前に、QuSomeホワイトクリーム1.9の商品特徴を紹介します。

【ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9の商品特徴】

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

QuSomeホワイトクリーム1.9の特徴

  • ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSomeを利用して美白成分を角質層のすみずみまで届ける
  • シミの漂白成分ハイドロキノンのほか、3つの美容成分で肌の透明感も高める
  • 保湿クリームながら軽やかでみずみずしい使用感

QuSomeホワイトクリーム1.9は、シミの原因であるメラニンの色素を黒から無色に変える作用を持つ美白成分ハイドロキノンが配合された美白クリーム。

ハイドロキノンの有効性を高めるために、ビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome」がハイドロキノンをマイクロカプセルに包み込んで、角質層のすみずみまで届けます。

QuSomeホワイトクリーム1.9は保湿クリームの役割も果たす保湿力の高い美白化粧品なので、乾燥肌の人でも乾燥を気にせずにシミの対策が可能です。

ビーグレン ホワイトクリームの口コミ傾向

調査する女性

シミに悩んでビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9を実際に購入し、使用した人から寄せられた公式サイトに寄せられた口コミは、2018年5月30日現在で2,368件。

2,368件の中から良い口コミも悪い口コミも合わせてお伝えしていきます。

ビーグレン ホワイトクリームのシミへの良い口コミ例

何度もリピートして使っているが、シミが薄くなったように感じ、肌のトーンアップも叶っているように感じる。
使用前よりもシミやそばかすが目立たなくなり、ファンデーションの厚塗りが減った。
以前は別メーカーの美白化粧品を使っていたが、QuSomeホワイトクリーム1.9を使い始めて比較的すぐにシミへの効果を実感したので、効果を感じるスピードが速いように思います。
肝斑にも効果があると聞いて使い始めて3か月。気になっていた肝斑が少しずつ気にならなくなってきました。
自分が自分の顔を見て効果を感じるだけでなく、周りからも「肌が明るくなった」「シミが気にならなくなってきた」といわれるようになってきた。

ビーグレン ホワイトクリームのシミへの悪い口コミ例

2本目ですが、シミが消えたり薄くなったりといった効果はまだ感じられませんが、新しいシミはできていません。
気になっているシミ2箇所に使っていますが、使用1か月目の今のところ、効果を感じることができていません。口コミでは「シミの悩みが改善した」と答えている人が多いので、私はこのまま使い続けるべきなのか悩んでいます。
1か月使用してみましたが、シミやそばかすが薄くなったという気配は特になし。即効性を期待するならほかの商品やレーザーの方がいいのかもしれません。
きてしまったシミを消すために使い始めたが、私の敏感な肌に合っていないのかシミは消えず、肌に赤みがでてしまって使用を中止しました。肌の弱い人は要注意です。

ビーグレン ホワイトクリームのシミへの効果口コミまとめ

まとめを述べる女性

シミに悩む人がビーグレン ホワイトクリーム1.9を使ってみて、購入してからすぐにシミへの効果を感じた人や、時間はかかるがシミへの効果を着実に感じている人などが多く見受けられました。

しかし、肌が弱い敏感肌タイプの人はQuSomeホワイトクリーム1.9を使用して肌荒れを起こしてしまい継続使用ができなかったり、しばらく使ってみてもシミへの効果がでなかったという人もいたりと、シミへの効果に個人差があることは事実です。

ビーグレン公式サイトに寄せられた口コミレビューを読み解いていくと、QuSomeホワイトクリーム1.9でのシミ対策がおすすめできる人と、おすすめできない人を、以下のようにまとめることができました。

QuSomeホワイトクリーム1.9を購入しようかどうか悩んでいる人は、QuSomeホワイトクリーム1.9でのシミ対策が自分に合っているのかどうかを簡単に診断してみてくださいね。

ホワイトクリームでのシミ対策がおすすめできる人

【1】シミが目立たない程度になるのに最低1か月以上の長い時間がかかることを理解し、QuSomeホワイトクリーム1.9を使い続けることができる人

 シミは長い時間をかけてできたもので肌のターンオーバー周期の約28日間に合わせてメラニンが肌の外に排出されるため

【2】美白化粧品で肌荒れをしたことがない人

 強力な漂白作用を持つ美白成分のハイドロキノンが配合されているため

【3】毎日欠かさずにQuSomeホワイトクリーム1.9をスキンケアに取り入れられる人

 シミの原因となるメラニンは日常的に浴びる紫外線によって生成されるため

ホワイトクリームでのシミ対策がおすすめできない人

【1】シミの悩みに即効性が期待できるスキンケアをしたい人

 肌のターンオーバーが約28日周期なので、ホワイトクリームの効果を感じ始めるのに最低でも1か月は時間がかかるため。

【2】美白化粧品で肌荒れを起こしやすい人

 配合されたハイドロキノンが敏感肌タイプやアトピー肌の肌質に刺激をもたらすため。

【3】シミを完全に消したいと思っている人

 シミを完全に消すには、美白化粧品でのスキンケアを届けることができない角質層の奥の「真皮層」に働きかけるケアをする必要があるため。

QuSomeホワイトクリームを実際に3週間使ってみた

ホワイトクリームの使用量

ビーグレンの公式サイトに寄せられたQuSomeホワイトクリーム1.9への口コミから、自分の肌やシミの状態に合っているかどうかが重要であることがわかりましたが、

「実際のところ公式サイトに寄せられた効果があった口コミって本当なの…?」

と疑ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで、1年ほど前に急に目元にできてしまったシミに悩むハリツヤ研究員Sに、実際にQuSomeホワイトクリーム1.9を使ってもらい、シミの悩みにどれだけ効果を実感したのかを使用前後のシミの写真を基にまとめてみました。

シミのビフォーアフター写真

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9を使用する前の目元のシミの状態は左側の写真で、顔の中でも特に目に付きやすい目元のすぐ下にあるシミなので、小さくても目立ちやすいのが悩みのハリツヤ研究員S。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9を毎日の保湿スキンケアに夜のみプラスし、3週間使い続けた結果が右側の写真です。

使用前と同じ照明環境下で撮影を行いましたが、目元のシミの輪郭が少しずつぼやけ、小さくなっているように見てとれます。

また、シミの部分だけでなく肌全体に塗り伸ばすように使用してもらいましたが、毛穴の黒ずみによって肌がくすんで見えていた部分が全体的にワントーン明るくなったように見えます。

3週間のQuSomeホワイトクリーム1.9の使用して、シミの悩みだけでなく肌のトーンアップまでできたことが今回の実験で実感できました。

ホワイトクリームの使用感を直撃インタビュー

アンケートに答える女性

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9をハリツヤ研究員Sに使用してもらい、使い心地についてどう感じたかを本音でレビューしてもらいました。

ビーグレン公式サイトの口コミは、シミへの効果に関するレビューがほとんどで使用感に関する詳しい口コミがあまり見受けられないので、使い心地はどのような感じなのか参考にしてみてくださいね。

※ハリツヤ研究員Sの一個人としての使用感レビューのため、実際の感じ方には個人差があります。

QuSomeホワイトクリーム1.9の使い心地

筆者
QuSomeホワイトクリーム1.9の使い心地はいかがでしたか?
ハリツヤ研究員S
すごくなめらかに伸びるテクスチャーで、塗っていて心地が良かったです。

クリーム自体が柔らかく、説明書に記載されている使用量を出すと顔全体に伸ばすのも足りすぎてしまうほど伸びが良く、シミにピンポイントで使いたい人は1本でも長い期間もちそうなので、6000円という高めの価格設定もあまり気にならないように思います。

筆者
保湿クリームはコクがあってこってりとしたイメージだったので、なめらかで伸ばしやすいテクスチャーと聞いて私も試してみましたが、とても塗り心地がよい美白クリームですね。ハリツヤ研究員Sは混合肌、筆者の私は乾燥肌タイプですが、どちらの肌質の人でも使いやすいクリームであるといえますね。

QuSomeホワイトクリーム1.9使用後の肌の保湿力

筆者
QuSomeホワイトクリーム1.9の肌の保湿力はいかがでしたか?
ハリツヤ研究員S
ビーグレンのQuSomeローションの後にQuSomeホワイトクリーム1.9を使用したのですが、いつも使っている高保湿化粧品に比べても申し分ないほどの保湿力を実感しました。

今まで使用してきた美白化粧品は、保湿力が物足りないと感じるものばかりだったので、このうるおい感は満足です。

筆者
今まで使用してきた美白化粧品で乾燥してしまったことがあるハリツヤ研究員SがQuSomeホワイトクリーム1.9を使っても、しっかりとうるおいを感じたという声も寄せられたので、乾燥肌の人のシミ対策にも有効であるといえますね。

QuSomeホワイトクリーム1.9の匂いについて

筆者
QuSomeホワイトクリーム1.9匂いが気になるというこち込みが多く寄せられていましたが、匂いに関してはどのように感じましたか?
ハリツヤ研究員S
確かに柑橘系の匂いが強く、初めて肌に塗った時はびっくりしましたが、柑橘系の香りが好きなのでそこまで抵抗なく使うことができました。
筆者
ビーグレンの公式サイトにも多数寄せられている「柑橘系の匂いがきつい」という口コミ同様、無香料タイプのスキンケア化粧品を使用している人や柑橘系の香りが苦手な人には、QuSomeホワイトクリーム1.9の香りがストレスに感じることもあるかもしれませんね。

QuSomeホワイトクリーム1.9の刺激性について

筆者
QuSomeホワイトクリーム1.9を使用して、肌に刺激を感じましたか?
ハリツヤ研究員S
化粧品かぶれを起こしたりしたことがない肌質なので、QuSomeホワイトクリーム1.9の使用でも特に肌に刺激を感じることはありませんでした。
筆者
混合肌のハリツヤ研究員Sさんは刺激を感じずに使えたということで、乾燥肌で肌荒れしやすい筆者の私もQuSomeホワイトクリーム1.9を使用してみましたが、刺激を感じることも赤みが出ることもなく使用できましたよ。
敏感肌・化粧品かぶれしやすい肌質の人は要注意!

公式サイトに寄せられている「肌に刺激を感じた」という口コミは、敏感肌タイプの人や肌荒れを起こしている人、化粧品でかぶれを起こしやすい肌質の人が多かったので、肌がデリケートになっている時は使用しないほうが良いといえますね。

QuSomeホワイトクリーム1.9を本品購入する前に一度自分の肌でも試してみたい!という人は、ビーグレンの公式サイトから購入できる7日間のホワイトケア トライアルセットがおすすめです。

ビーグレン ホワイトクリームがシミに効果的な理由

目を鏡で確認する女性

目元にできたシミに悩むハリツヤ研究員Sが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9を1か月間使用して徐々にシミの部分が目立たなくなるという結果が出たのには、QuSomeホワイトクリーム1.9に配合される成分に理由があります。

QuSomeホワイトクリーム1.9がシミに効果的な理由を詳しく分析していきます。

シミの漂白成分「ハイドロキノン」配合

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9には、できてしまったシミの悩みに改善の効果をもたらす美白成分「ハイドロキノン」が配合されています。

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニンの黒い色素を無色に戻す作用があり、肌の漂白剤と呼ばれるほど強力な漂白効果を持っている成分なので、シミを増やさないだけでなく、できてしまったシミにも有効に働きかけるのです。

ハイドロキノン以外にも|配合された3つの美容成分

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9で最もシミに有効な成分は、美白成分のハイドロキノンですが、ハイドロキノン以外にも肌のトーンアップなどに効果をもたらす3つの美容成分が配合されています。

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されている3つの美容成分と、成分の特徴は以下の通りです。

成分名特徴
βホワイトもともと人間の体の中に存在して肌本来の明るさを保つ効果がある
TGP2メラニンの生成を抑えて肌にくすみやシミを近寄らせず、透明感をあげる
ヘキシル3-
グリセリルアスコルビン酸
肌になじみやすいビタミンC誘導体のこと。
保湿成分であるグリセリンと結合させてつくられた成分なので、保湿をしながらメラニンの生成を防いで、くもり知らずの肌に導く

βホワイト、TGP2、ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸は、ハイドロキノンのように直接メラニンに働きかける美白成分ではありませんが、メラニンの生成を抑えたり肌の明るさを保ったりする役割を持つため、肌色のトーンアップに期待が持てます。

ビーグレンのホワイトクリームは肝斑・ニキビ跡にも効果的?

考える女性

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9は、ビーグレン公式サイトでは「シミ・そばかす・肝斑・色素沈着」に有効であると記載されており、「日焼けによるシミやそばかす」のみに効果があるわけではないことが分かります。

QuSomeホワイトクリーム1.9の使用で肝斑や色素沈着の悩みにも効果的である理由を、それぞれの原因から詳しく解説していきます。

ホワイトクリームが肝斑に効果的な理由

肝斑はホルモンバランスの乱れによって出現する女性特有のシミで、頬骨に沿って左右対称に茶褐色にぼんやりと広がっているように見える特徴を持ちます。

ホルモンバランスの乱れによってメラニンが過剰に生成されてできる肝斑には、生成されたメラニンが角質層内に色素沈着してしまうのを防いで、メラニンを無色に戻すハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム1.9の使用が効果的であるといえるのです。

ホワイトクリームがニキビ跡などの色素沈着に効果的な理由

ニキビ跡は、ニキビが痛みや腫れを伴って赤く炎症を起こした後にできる紫や灰褐色のシミのことで、「炎症後色素沈着」(※2)というシミの名称がついています。

ニキビ跡は、ニキビの炎症によって刺激されたメラノサイトがメラニンを生成して、炎症が治まった後の肌にメラニン色素が沈着してしまうことでシミとして残ります。

そのため、メラニンの色素を目立たない色に変えるハイドロキノンは、ニキビ跡などの色素沈着の改善に期待ができるのです。

(※2)炎症後色素沈着はニキビ跡だけでなく、傷跡ややけど跡も含まれます。

ホワイトクリームは肝斑やニキビ跡にも効果アリ

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9は、メラニンの過剰生成と色素沈着によってできるシミの「肝斑」と「ニキビ跡(炎症後色素沈着)」にも美白成分のハイドロキノンが働きかけて、シミを目立たなくさせる効果が期待できます。

紫外線によるシミやそばかす、年齢を重ねることで生まれる肌のくすみだけでなく、メラニンの生成によって引き起こされるシミを改善するために使用したい美白クリームです。

ホワイトクリームの効果を高める正しい使用方法

QuSomeホワイトクリーム1.9を単品で使用するときや、普段使用しているスキンケア化粧品と併用して美白ケアをするには、どのような順番で使用するのが良いのか、どうしたらよりQuSomeホワイトクリーム1.9の効果を引き出せるのか、不安に思いますよね。

QuSomeホワイトクリーム1.9をスキンケアに取り入れる時は、化粧水・(美容液)・(乳液)・QuSomeホワイトクリーム1.9・保湿クリームの順に使用するのがおすすめ。

QuSomeホワイトクリーム1.9は、美白成分が配合された「保湿クリーム」の役目を持つスキンケア化粧品なので、肌のうるおいを閉じ込める油分を含んでいます。

肌になじんでキメを整える効果を持つ化粧水や、角質層まで有効成分が届きやすい美容液を、QuSomeホワイトクリーム1.9を顔に塗る前に使用してしまうと、QuSomeホワイトクリーム1.9に配合された油分が膜になり、化粧水や美容液の角質層への浸透を妨げてしまうのです。

QuSomeホワイトクリーム1.9は、保湿クリームの役割も果たしていることを踏まえて、必ず化粧水や美容液の後に使用してくださいね。

【オールインワンゲル使用時のQuSomeホワイトクリーム1.9の使い方】

オールインワンゲルを使用する際に、手持ちのオールインワンゲルに化粧水の役割があれば、オールインワンゲルの後にQuSomeホワイトクリーム1.9を使用するのが適切。

手持ちのオールインワンゲルに化粧水の役割がない場合は、QuSomeホワイトクリーム1.9を顔に塗ってからオールインワンゲルを塗って保湿を行いましょう。

しかし、化粧水で肌に水分を行き渡らせて柔らかくし、キメを整えてからQuSomeホワイトクリーム1.9を使用したほうが、有効成分がより肌になじみやすくなります。

オールインワンゲルを使っている人は、保湿スキンケアの最初に化粧水を付けてからQuSomeホワイトクリーム1.9を塗り、最後にオールインワンゲルをつけるのがおすすめのスキンケア方法です。

ホワイトクリームを使用するときの注意点

注意事項

メラニン色素の漂白作用を持つハイドロキノンが配合されたQuSomeホワイトクリーム1.9は、その強力な美白効果の反面で、肌の弱い敏感肌タイプの人が使用すると肌荒れを引き起こしたり、間違った使い方をすると新たなシミを作り出したりする原因になります。

QuSomeホワイトクリーム1.9を使う時に気をつけたい、以下の2つのポイントに注意しましょう。

ナイトクリームなので朝は使用しない

美白ケアをするなら、夜だけでなく朝化粧をする前の保湿でもQuSomeホワイトクリーム1.9を使用したほうが良いのでは、と思ってしまいますが、朝はQuSomeホワイトクリーム1.9の使用を控えるようにと、公式で推奨されています。

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているハイドロキノンは、シミの原因であるメラニンの色素を無色にする強い漂白作用を持った美白成分ですが、ハイドロキノンの性質上、紫外線に当たると毒性に変わって、肌に刺激をもたらします。

QuSomeホワイトクリーム1.9が紫外線に当たって肌にもたらされた刺激は、メラニンを生成するメラノサイトを活性化させて、メラニンを過剰に分泌して新たなシミを作りかねないのです。

どんなに美白効果を高めたくても、QuSomeホワイトクリーム1.9は配合されている成分上、紫外線の少ない夜のみ使用して、朝のスキンケアでは使わないようにしましょう。

敏感肌やアトピー肌は事前にパッチテストや確認を

肌のバリア機能が破壊されて化粧品に配合された成分などの刺激に弱くなっている敏感肌や、肌が極度の乾燥状態で炎症を起こしているアトピー肌の人QuSomeホワイトクリーム1.9を使用する前に、自分の肌にも使えるのかどうかを確認する必要があります。

パッチテストのやり方

  1. QuSomeホワイトクリーム1.9を顔に使う24時間前に、二の腕の内側などの目立たないところにQuSomeホワイトクリーム1.9を少量塗る。
  2. そのうえから絆創膏を貼って24時間待つ。
  3. 24時間後、絆創膏をはがしてみてQuSomeホワイトクリーム1.9を塗布したところに赤みや腫れがないかを確認する

QuSomeホワイトクリーム1.9を塗った箇所に、かゆみや赤み・腫れなどがなかった場合は、顔に使用しても肌荒れを起こしにくいといえるので、肌の状態を見ながら使用してみてください。

QuSomeホワイトクリーム1.9を塗った箇所にかゆみや赤みが出た場合は、その時点ですぐに洗い流し、顔への使用を中止して、肌荒れが引かない場合はかかりつけの皮膚科に相談して医師の指示を仰ぎましょう。

変色したホワイトクリームは使用禁止!

QuSomeホワイトクリーム1.9は長期間常温で保管していたり、日光の当たる場所や洗面所などの湿度が高い場所に置いておいたりすると、もともと白色のクリームが薄いベージュや茶色に変色してしまいます。

QuSomeホワイトクリーム1.9の変色は、配合されている美白成分のハイドロキノンの性質が変わってしまうことで起こります。

変色したQuSomeホワイトクリーム1.9は使い続けても美白効果を得られないだけでなく、紫外線や温度変化によって毒性を持ったハイドロキノンが肌に刺激をもたらして、肌荒れの原因になってしまうので使用を控えましょう。

QuSomeホワイトクリーム1.9を変色させないためには、直射日光に当たらず、湿度が低く、一定の温度を保てる場所に保管するのがポイント。

冷蔵庫は以上の3つのポイントを全て押さえているので、変色が起きやすい夏場のQuSomeホワイトクリーム1.9の使用の際には冷蔵保存を心がけましょう。

ビーグレン ホワイトクリームの購入方法

QuSomeホワイトクリーム1.9の販売元ブランドであるビーグレンは、実店舗でのスキンケア化粧品の販売を行っておらず、ビーグレンの公式サイトを含む通販サイトでのみQuSomeホワイトクリーム1.9を購入することができます。

ここからは、ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9がどの通販サイトで購入できるのかどうかと、最もお得な購入方法を紹介します。

楽天やAmazonで購入できる?

QuSomeホワイトクリーム1.9を含むビーグレンのスキンケア化粧品は、ビーグレンの公式サイトで注文・購入できますが、公式サイト以外にも注文することができたら便利ですよね。

公式サイト以外の購入方法として、大手通販サイトの楽天やAmazonでのQuSomeホワイトクリーム1.9の購入も可能です。

しかし、楽天やAmazonで販売されているQuSomeホワイトクリーム1.9は、公式価格よりも高い金額で販売されていたり、楽天やAmazonでは在庫切れを起こしてしまっている場合があるので、購入時に表示価格や発送時期の確認を行いましょう。

公式サイトが安心・お得

QuSomeホワイトクリーム1.9は、楽天やAmazonなどの通販サイトでの購入ではなく、公式サイトで注文するのが最もお得、かつ安心して購入することができますよ。

楽天やAmazonでは取り扱いしていない定期コースでの商品購入で、1商品につき5%オフ、4商品以上のまとめ買いで最大25%オフになる大幅な割引も、ビーグレン公式サイトでのみ受けられる嬉しいサービス。

商品の割引がある他にも、おすすめ商品のサンプルや化粧ポーチ、マッサージに使用する美容アイテムがついてきたりすることがあるなど、さまざまな特典を受けることができるのです。

ビーグレンの公式サイトからの商品購入は、会員登録を行うと注文が可能になるため、初回注文時に会員登録の手間がかかりますが、会員登録することで商品購入ごとに、次回商品購入時の割引に使用できるポイントが貯まっていきます。

Qusomeホワイトクリーム1.9を含むビーグレンのスキンケア化粧品は、ビーグレンの公式サイトから会員登録の上でお得に注文・購入してくださいね。

単品使いよりもライン使いでさらに効果アップ

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9には美白成分のハイドロキノンが配合されているので、化粧水や美容液がビーグレンのものでなく、QuSomeホワイトクリーム1.9の単品での使用でも美白効果を得ることができます。

しかし、QuSomeホワイトクリーム1.9は普段使用しているスキンケア化粧品と併用するよりも、ビーグレンのスキンケア化粧品と併用した方が、さらにQuSomeホワイトクリーム1.9に効果を引き出すことができるのです。

QuSomeホワイトクリーム1.9を、単品使いするよりもビーグレンのスキンケア化粧品とライン使いした方が良い理由を詳しく解説していきます。

QuSomeホワイトクリーム1.9はライン使いで効果アップ

QuSomeホワイトクリーム1.9は、単品での使用でも美白効果を得ることができる有効成分が配合された美白クリームですが、ビーグレンから販売されている化粧水や保湿クリームを併用し、スキンケアラインを揃えるとさらに効果を引き出しやすくなります。

ビーグレンの製品をライン使いすることで、ビーグレン独自の技術である浸透テクノロジーの「QuSome」によってスキンケア化粧品の肌へのなじみがさらに良くなり、配合されている有効成分が肌の悩みにアプローチをかけやすくなるのです。

QuSomeホワイトクリーム1.9をビーグレンのその他スキンケア化粧品と併用するときは、ホワイトケアプログラムのトライアルセットに含まれている、以下の4つのスキンケア化粧品を選ぶのがおすすめですよ。

QuSomeホワイトクリーム1.9と併用したいビーグレンのスキンケア化粧品

洗顔料クレイウォッシュ
化粧水QuSomeローション
美容液Cセラム
保湿クリームQuSomeモイスチャーリッチクリーム

本品購入の前にトライアルでライン使いのお試し可能

QuSomeホワイトクリーム1.9は、強力な美白成分のハイドロキノンが配合されているため、肌質や肌の状態によっては肌荒れを起こす恐れがある美白クリームなので、一度試してから本商品を購入したいですよね。

本商品を購入する前に自分の肌に合うかどうかのパッチテストも兼ねて、QuSomeホワイトクリーム1.9を含めたスキンケアラインをお試しできる「ビーグレン ホワイトケアトライアルセット」の使用がおすすめです。

ビーグレンのホワイトケア トライアルセットは、シミやそばかす・肝斑・色素沈着といった肌の悩みに効果をもたらすスキンケアラインが揃ったお試しセットで、7日間使用することができるので、肌に合うかどうかを確認するのにぴったり。

ただし、当ハリツヤ研究所がビーグレンのホワイトケア トライアルセットの使用者に独自にアンケート調査を行った結果、7日間の使用では「シミやそばかすの悩みが劇的に改善された」という回答が少なく、すぐにシミやそばかすの悩みが改善できるわけではないことが分かっています。

あくまでも、自分の肌に合うかどうかや、使用感の確認としてトライアルセットをライン使いして、シミやそばかす・肝斑・色素沈着といった肌の悩みを改善できるかどうか、ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9の単品購入前に試して確かめてみてくださいね。

この記事を書いた専門家

中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

スキンケアやコスメが大好きで2017年に日本化粧品検定1級と2級を、2018年2月にはコスメコンシェルジュの資格を取得。
美のプロフェッショナルである美容家や美容部員からもスキンケアやメイクの悩みを相談されることが多く、適切な化粧品を勧めることで何人もの肌悩みを救ってきた“ハリツヤ研究所のスーパーアドバイザー”

肌質乾燥肌、敏感肌