美顔器を頬に当てる女性
小林なつきプロフィール

脂性肌の研究者

小林 なつき

自宅で簡単にエステのようなスキンケアができる「おうちエステ」という言葉で人気を集めている美顔器。

様々な種類の美顔器が販売されており、自分の肌悩みに対応した商品はどれなのかわからなくて悩んでしまいますよね。

本記事では、シミに悩んでいる人に向けて、おすすめの美顔器や選び方を紹介します。

シミ対策にはシミの種類にあわせた美顔器を選ぼう

美顔器と美容液

シミの改善方法をインターネットで検索していると、「美顔器でシミを改善した」という声がちらほらと見られる一方で、「自分のシミには効果がなかった」というような声も見受けられ、「実際のところ、美顔器でのシミ対策効果はどうなのか」という疑問が生じてきます。

結論から言うと、美顔器を使用したスキンケアでは、シミが薄くなったりできにくくなったりする効果を期待することができます。

しかし、正しい方法で自分に合った商品を使用しないと、シミへの効果が見込めないのも事実。

まずはシミについて簡単に知ってから、どういった美顔器を使用するべきかを説明していきます。

美顔器を使う前に!自分のシミの種類を見極めよう!

鏡を見る女性

シミには大きく分けて老人性色素斑・雀卵斑・炎症後色素沈着・肝斑という4つの種類があります。

自分のシミタイプにあった美顔器を選ぶためにも、自分のシミが4つのシミの中のどのタイプに該当しているのかを見極めましょう。

名称

特徴

老人性色素斑

  • 直径数ミリから数十ミリの様々な大きさの丸いシミ
  • 薄い茶色からだんだん濃くなって黒くはっきりする
  • 紫外線や肌の老化でメラニンが蓄積されてしまうことが原因

雀卵斑(そばかす)

  • 幼児期から思春期にかけて目立つことが多い
  • 頬や鼻を中心として散らばる直径2~3mmの点状になった薄茶色のシミ
  • 遺伝的な要因でできることが多く、紫外線やホルモンバランスの乱れによって濃くなることがある

炎症後色素沈着

  • ニキビ跡や傷跡のような肌の炎症が治ったときの赤みを持ったシミ
  • 毛抜きでムダ毛を抜いた後などにできる毛穴周辺の黒ずみも色素沈着の一種

肝斑

  • 女性ホルモンのバランスが崩れた時に頬骨や額、頬、上唇、下あごなどに左右対称にできる淡い茶色や暗い茶色のシミ
  • 妊娠中の女性やピルを服用している人、閉経前後である45~55歳ごろの女性の発症が多い

↓シミの種類とその原因をもっと詳しく知りたい人はこちら↓

美顔器が持つシミ対策に有効な2つの効果

老人性色素斑・そばかす・炎症性色素沈着・肝斑がそれぞれどのようにしてできるのか、どのような予防方法があるのかを説明してきましたが、美顔器には4つのシミに共通した予防・対策効果を持っているものがあります。

ここでは、美顔器が持っているシミ対策への有効性をご紹介します。

肌のターンオーバーを促し整える効果

カレンダー

美顔器には多くの種類がありますが、肌をマッサージして新陳代謝を高めたり、保湿成分を肌にいきわたらせて肌荒れを防いだりと、どの美顔器も種類ごとに異なる方法で肌のターンオーバーを促し、正常に整える効果が期待できます。

肌のターンオーバーを促してサイクルを正常に整えると、表皮はおよそ28日の周期で生まれ変わり、シミの原因となるメラニン色素が沈着してしまった表皮は古い角質となって剥がれ落ちて、メラニン色素が沈着していない表皮と入れ替わります。

メラニン色素が沈着した表皮が多くある場合には、表皮の入れ替わりがすぐには実感できず、効果がないように感じられますが、美顔器を長く使い続ければシミが気にならない肌へ近づくことができるのです。

美容成分を肌の深いところまで届ける効果

保湿をする女性

美顔器はスキンケア化粧品に含まれている美容成分を角質層の隅々までいきわたらせる効果を持っているため、美顔器とセット販売されている美容液や美容ジェル、または市販の美容液などのスキンケア化粧品と一緒に使うことを勧められている場合が多くあります。

シミの原因となるメラニンは肌の奥にあるメラノサイトという細胞で生成されているため、美白成分が配合されたスキンケア化粧品と美顔器を一緒に使うと、角質層のすみずみまで美白成分を行きわたらせ、シミの原因にアプローチしてくれますよ。

美顔器でシミ対策をする時には、美容液や美容ジェルなどのスキンケア化粧品に、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果を持っているビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分が配合されているものを選んで使いましょう。

シミ対策に有効な美顔器の選び方

美顔器には、超音波・高周波・低周波・イオン導入・レーザー・光・エレクトロポレーション・ローラー・スチームなど様々な種類があり、2つ以上の機能を備えた高性能な美顔器などもあります。

しかし、どんなに高性能な美顔器を購入したとしても、シミに悩んでいるときはシミ対策に有効な機能を持っている美顔器でなければ意味がありません。

自分のシミタイプにはどのような効果を持っている美顔器が適しているのか、どのような美顔器を使うべきなのかといった部分をお伝えしていきます。

美顔器の効果とその特徴

女性 説明

シミ対策に特に効果的な美顔器は、イオン導入・エレクトロポレーション・レーザー・光・超音波・高周波の効果を持っているものです。

この6つの効果を持つ美顔器の特徴を表にまとめてみました。

美顔器の効果

特徴

イオン導入

微弱な電気を流すことで角質層にある電気の膜を弱め、自力のスキンケアでは届かないところまで美容成分を浸透させる

エレクトロポレーション

電気の力で肌表面の細胞の間に小さな穴を作り、その穴から美容成分を肌の奥まで送り込む

レーザー

レーザー光線の働きで古い角質を取り除き、肌の内側にある繊維芽細胞に熱エネルギーを送ることで細胞を刺激して、新陳代謝を促す

おもにLEDが使用され、白なら細胞の活性化、黄色ならリンパの流れ、赤はコラーゲン生成、青は殺菌のように肌悩みに効果のある波長の光を利用して肌のバランスを整える

超音波

細かい振動を与えることで高いマッサージ効果と血行を良くする温熱効果を与え、高いクレンジング効果でくすみを除去、明るい肌色に

高周波

肌に音で振動を与え、高い温熱効果とマッサージ効果をもたらし、血流の改善やリンパの流れを良くする効果でターンオーバーを整える

上の表に挙げたのは数多くある美顔器の中でもごく一部分の紹介ですが、ターンオーバーを整える効果や普段のスキンケアでは足りない部分まで補えるケア、細胞に刺激を与えて活性化させるなど、シミの改善に期待が持てそうな効果が多く見られますよね。

しかし、レーザーや光の効果を利用した美顔器は、エステや病院でのレーザー治療ほど高出力ではないものの、肌の内側に直接ダメージを与える機能であることには変わりなく、高い確率で痛みを引き起こす場合があるため、あまりおすすめできません。

シミのタイプごとに選ぶべき美顔器が異なる

シミ対策に効果的な美顔器と一口に言っても、シミができる原因は様々です。

シミができる原因ごとにシミ対策を行う必要があるので、美顔器を選ぶ際にも自分のシミタイプに適した美顔器であるかどうかをよく考えて選ぶようにしてください。

■それぞれのシミタイプに適した美顔器

老人性色素斑

  • イオン導入
  • エレクトロポレーション
  • レーザー

そばかす

  • レーザー
  • 高周波

炎症後色素沈着

  • イオン導入
  • エレクトロポレーション
  • レーザー

肝斑

  • イオン導入
  • エレクトロポレーション
  • LED

シミタイプ別おすすめ美顔器4選

老人性色素斑、そばかす、炎症後色素沈着、肝斑のそれぞれにどのような美顔器が適しているのかをお伝えしましたが、その中でも特におすすめの美顔器をシミのタイプごとに1つずつご紹介します。

【老人性色素斑】エステナードソニックROSE

エステナードソニックROSE

13か月定期コース 初回価格:980円(税別) 2回目以降:2,980円(税別)

本体+薬用ホワイトジェル12本まとめ買い価格:34,952円(税別)

エステナードソニックROSEの特徴

  • 毛穴の奥の汚れまで落とすイオンクレンジング機能搭載
  • 角質層へのマッサージ効果と自動スキンセンサー機能により肌のハリをアップ
  • 専用ジェルには薬用美白成分「プラセンタエキス」を配合

エステナードソニックROSEはサロン用美顔器を製造している健康コーポレーションが開発した、超音波とイオン導入の2種類を兼ね備えた美顔器です。

エステナードソニックROSEの専用ジェルにはメラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ効果を持つプラセンタエキスや、保湿に効果があるヒアルロン酸などの成分が含まれています。

イオン導入の効果としては、美容成分を電気と同じ形に変化させて肌の内部に微弱な電気として送り込み、美容液に含まれている美白成分や保湿成分をすみずみまで届け、シミの原因となるメラニンの生成を防止し、肌のターンオーバーを正常に整えることが可能です。

毛穴の奥まできれいに汚れを取ることができるイオンクレンジング機能を使って日ごろの洗顔では落としきれない汚れを除去し、くすみのない肌を作るのにも一役買ってくれますよ。

実際の使用者の口コミ

  • ビタミンCのイオン導入でシミが薄くなるのを実感できた
  • 肌のキメが細かくなり、シミも少しずつ薄くなってきた
  • 薄いメイクで人前に出ていけるようになった

実際に使用した人の口コミを見ると、使い続けることでシミが薄くなってきたのを実感しているという声が見られました。

肌のキメが細かくなったことが実感できた人や、肌悩みが改善されてメイクが薄くなったという人もおり、エステナードソニックROSEを使用すると肌に自信を持てるようになることがわかります。

【そばかす】ケノン

ケノン

価格:69,800円(税込)

ケノンの特徴

  • これ1つで脱毛と美顔が可能
  • 肌が敏感な日本人のために作られた肌に優しい日本製製品
  • 初心者にもわかりやすい操作性

そばかす対策に効果的な美顔器は、脱毛器としても人気のあるケノンの美顔器です。

ケノンの美顔器は特殊な光を照射してメラニン色素に働きかけたり、細胞を刺激して活性化させたりする効果があるため、そばかすの原因であるメラニンが体の外へ排出されるのを助けてくれます。

レーザーや光を照射するタイプの美顔器はメラニン色素に反応する波長の光を使用しているため、メラニン色素にぶつかると熱を持ち、細胞の生まれ変わりを助ける効果を持っています。

黄色人種である日本人はメラニンを作り出す能力が高く、レーザーや光の照射によってシミ以外の部分でもメラニンが光に反応して痛みを伴う場合があるのですが、ケノンの美顔器は黄色人種である日本人向けに開発された商品なので、あまり強い痛みがありません。

また、光の連射モードを使用することにより照射時間を短くして肌への負担を減らすことができるので、肌が弱い方でも安心ですね。

実際の使用者の口コミ

  • ずっと悩んでいたそばかすや最近増えたシミ・そばかすが薄くなった
  • 肌のトーンが明るくなった
  • あまり痛みを感じなかった

実際に使用した人の口コミを見ると、小さいころから悩んでいたそばかすが薄くなったと実感しているという声が見受けられました。

効果を実感していないという人も、肌が明るくなったので今後そばかすも薄くなっていくのではないかと期待しているとの声が多く、そばかすへの対策効果が期待できます。

【炎症後色素沈着】ツインエレナイザーPRO2

ツインエレナイザーPRO2

通常価格:35,100円(税抜)

ツインエレナイザーPRO2の特徴

  • イオンクレンジングの力で毛穴の奥の汚れまで吸着
  • 超音波とイオンの力で角質層の奥まで美容成分を届ける仕組み
  • うるおい・毛穴・くすみ・乾燥・美白(※)・毛穴透明感・保湿引き締めに効果のある美容液セットが付属(※メラニンを抑制し、シミ・そばかすを防ぐ)

ツインエレナイザーPRO2はうるおい・毛穴・くすみ・乾燥・美白(※)・毛穴透明感・保湿引き締めに効果のある美容液や化粧水、専用ジェルとセット販売されている、イオン導入・超音波・高周波の3機能を備えた美顔器です。

セット販売されている5種類の美容液には美白成分であるトラネキサム酸やビタミンC誘導体が含まれるものがあり、専用ジェルには美白成分のプラセンタエキスをはじめとした29種類の美容成分が配合されているので、シミ対策の効果が期待できます。

また、ツインエレナイザーPRO2にはイオン導入効果を応用したイオンクレンジング機能が搭載されており、セットのローションと一緒に使用すると、ニキビの原因となる毛穴の奥の皮脂汚れまで落として肌の炎症を防ぎ、色素沈着を元から予防してくれますよ。

実際の使用者の口コミ

  • ニキビ跡が薄くなってきた
  • ニキビ跡で肌が凸凹していたけれど、目立たなくなった
  • まだニキビ跡への効果は出ないが、吹き出物が減った

実際に使用した人の口コミを見ると、ニキビ跡への効果を実感している人が多く見られました。

また、「クレーター状になっているニキビ跡も目立たなくなった」という声が複数投稿されていたので、ニキビが治った部分に凹凸ができてクレーター状になってしまった肌の改善にも期待できます。

ニキビ跡への効果が実感できていない人も、吹き出物ができなくなってきたという声がいくつも見られたので、炎症後色素沈着のそもそもの原因となるニキビを予防することもできますよ。

【肝斑】ララルーチュレジーナ

ララルーチュレジーナ

通常価格:31,145円(税込)

美顔器単体価格:28,000円(税込)

ララルーチュレジーナの特徴

  • 美のカリスマである女優の杉本彩さんが開発・プロデュース
  • 独自の電気パルスと低周波振動機能で美容液の浸透とハリ感をアップ
  • およそ卵1個分の軽さと持ちやすい形で普段使いに最適

ララルーチュレジーナはエレクトロポレーション・低周波・高周波・遠赤外線・LEDの5つの機能を兼ね備えた超高性能な美顔器です。

専用の美容ジェルがありますが、専用ジェル以外の美容液でも使用することができるため、美顔器単体で購入して肝斑に効果の高いトラネキサム酸やハイドロキノンを配合した美容液を使用すれば、肝斑に対して内服薬以外の形で働きかけることができます。

シミ対策で効果的に美顔器を使うための3つのポイント

シミが薄くなったりできにくくなったりする効果が期待できる美顔器ですが、正しい方法で使用しないとかえってシミを悪化させてしまったり、新たな肌トラブルを生んでしまったりする可能性があります。

使用するときは以下の3つのポイントに気を付けて、正しく美顔器を使うようにしてください。

美顔器の正しい扱い方を知る

説明書をきちんと読む

カルテをみる看護師女性

美顔器にはいろいろな種類があり、ものによって使い方が異なりますので、初めて美顔器を使うときには必ず説明書を読むようにしましょう。

説明書では、美顔器を作ったメーカーがどうすればその美顔器で最大効果を得られるのかという方法を書いてくれています。

説明書を読まずに効果が出なかった、ということになってしまってはもったいないので、購入した美顔器の使い方をきちんと知ってから使用してくださいね。

使用頻度を確認する

上を指差す女性

美顔器によっては毎日使用できるものと、何日か空けてからでないと使えないものがあります。

効果を早く実感したいからといって、何日か空けて使わなければならないものを毎日使うようなことはやめてください。

使用頻度を守らないと、効果を感じられなくなるだけでなく、新たな肌悩みに見舞われてしまう可能性があります。

美顔器でシミを改善しようとして新たなシミを作ってしまっては元も子もないので、使用頻度には注意しましょう。

使用後には必ず手入れをする

美顔器は一度使用すれば効果があるというものではなく、継続使用で美肌作りへの効果を発揮してくれるアイテムですが、どんなものでも使用すると汚れてしまったり、劣化してしまったりします。

少しでも長く美顔器を使うためにも、使用時は大切に扱い、使い終わったら美顔器指定のメンテナンスをするようにしてください。

メンテナンスを行わず、汚れていたり不調があったりする美顔器を使用していた場合、美顔器本来の力を発揮することができず、あまり効果を感じられなくなる可能性もあります。

美顔器と一緒に使いたい美白成分

スポイトと美容液

美顔器を使うと、素手で行っている保湿ケアだけでは届かない肌の深いところにまで美白成分を届けることができます。

シミの気にならない肌をつくるためにも、シミ対策に効果的な美白成分を知り、美顔器を使って肌の深いところまで美白成分を届けるように心がけましょう。

シミ対策に効果的な美白成分

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • ハイドロキノン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス   など

【注意】美顔器を使うときにしてはいけないこと

美顔器は誰にでも購入することができますが、手軽だからこそ、気を付けて使わなければならない部分も多くあります。

間違った使い方は危険を伴うので、ここに書かれていること以外にも説明書をよく読んで、正しい使い方をするように心がけましょう。

美顔器使用時の注意点

  • 妊娠中・授乳期の使用
    今回紹介した美顔器は電気の力を使っているため、赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があります。
    WHO(世界保健機関)は、電気が流れるときに発生する電磁波という波には胎内にいる赤ちゃんに先天性の障害を与えたり、小児がん・小児白血病などの病気を引き起こしたりする可能性があると指摘しています。
    大切な赤ちゃんを守るため、妊娠中・授乳期は美顔器の使用を避けるようにしましょう。
     
  • ニキビや皮膚炎、傷のある場所などへの使用
    炎症のある部分に美顔器を使ってしまうと、炎症によって肌が弱くなっている部分には刺激が強く、炎症部分にダメージを与えてしまうため、炎症の治りが遅くなったり悪化したりする可能性があります。
    炎症を跡にならないように治すためにも、炎症部分にダメージを与えてしまうようなケアをするのは絶対にやめてください。
     
  • 過度に強い力での使用や使用頻度を超えての使用
    効果を実感したいからといってぐいぐいと押し付けるように使ったり適切な使用頻度を超えて使ったりすることは、シミに対して逆効果になりかねないので控えましょう。
    適切な力加減・適切な頻度での使用を心がけてください。
     
  • 粘膜周辺への使用
    目の周りなど粘膜周辺は特に敏感な部位ですので、肌に強い刺激を与えるような使い方をした場合には傷をつけてしまうなどの可能性が考えられます。
    粘膜周辺に使用できる商品なのかをよく確認し、使用する際には注意して使用してください。

 

日常的なシミ対策ケアを忘れずに!

化粧水を手に取る画像

シミ対策を行う際に美顔器を使うのは確かに効果的なのですが、生活習慣が乱れていたり日常的な紫外線対策をしなかったりすると、美顔器を使って回復したダメージが復活してしまうので、美顔器は本来の力を発揮することができません。

美顔器はあくまでもシミ対策ケアを補助するアイテムであるということを忘れず、自分自身の生活を見直し、シミの予防に努めましょう。