化粧道具
中川未菜プロフィール

肌荒れと大人ニキビを解決する専門家

中川 未菜

化粧直しには保湿の一手間を

朝ばっちりフルメイクをしてきても、移動途中にかいた汗や皮脂や、エアコンによる乾燥、肌を触ることによって起きる摩擦などで、メイクがどんどん落ちてきてしまいますよね。

化粧直しをしないと夕方頃には顔色がくすんで見えたり、疲れた感じに見えたりするのを解消するために、お昼を過ぎた頃や夕方頃に化粧直しをするという人がほとんどなのではないでしょうか。

実は化粧直しには、「保湿」の一手間をかけるだけでメイクの状態がより綺麗に長続きするポイントがあり、さらには化粧崩れの原因のひとつである乾燥を抑えることもできるのです。

本記事では、日頃行っている化粧直しの間違えがちなポイントから、保湿を含めた正しい化粧直しの方法まで紹介していきます。

あなたは大丈夫?化粧直しの3大間違いポイント

化粧直しをする時に使用する化粧品や、化粧直しの方法は人それぞれ。

しかし、化粧直しが乾燥をさらに招いたり、より化粧崩れを起こしたりする原因になるのです。

化粧直しをする時にやってしまいがちな3つの間違いポイントを確認していきましょう。

ヨレたまま重ね塗り

少しでも化粧直しのとファンデーションやアイメイクがヨレたり崩れたりしたまま、上からただ化粧を重ねていませんか?

崩れたメイクの上から化粧を重ねると、一時的に化粧直しができているように見えますが、さらなる化粧崩れやメイクアップ化粧品による色ムラ・厚塗りの原因になりかねません。

ファンデーションやアイメイクがヨレた状態は、皮脂の過剰分泌や摩擦によって肌の水分と油分のバランスが崩れているということ。

水分と油分のバランスが崩れ、メイクがはげてしまったところにメイクアップ化粧品を重ね塗りすると、肌がうるおいを保つために皮脂を過剰に分泌させて、また皮脂による化粧崩れを起こしてしまいます。

また、メイクがはげたところにピンポイントでメイクアップ化粧品を重ねるため色ムラになってしまったり、色ムラを抑えるために全体に塗り重ねて厚化粧な印象をつくりだしてしまったりするのです。

ミスト状化粧水だけを使う

顔に化粧品を吹きかける女性

化粧直しの際に保湿やリフレッシュ感を得るために用いられることが多い、ミスト状の化粧水。

ミスト状化粧水はスプレータイプになっているため化粧水の粒子を細かくでき、化粧をした状態でも保湿をしやすいというメリットがありますが、ミスト状化粧水だけを単品で化粧直しの時の保湿に使うと、さらなる肌の乾燥を招いてしまうのです。

ミスト状化粧水を使って肌に与えたミスト状の水分や保湿成分は、肌の上に付着し一時的に潤いが与えられます。

しかし、肌になじまなかったミスト状化粧水の水分が肌内部に元々あった水分を吸着して蒸発するため、保湿したつもりが逆に乾燥の原因になってしまうということも。

乾燥した肌はメイク料の密着性が悪く、乗せても乗せても簡単にメイク料が落ちてしまっていくような状態です。

ミスト状化粧水を使うこと自体は悪ではありませんが、ミスト状化粧水だけで保湿することは控えましょう。

アルコール入りはさらに乾燥の恐れが!

さっぱり感やリフレッシュ感を出すために、アルコールやエタノールが配合されているタイプのミスト状化粧水はさらに要注意。

アルコールは水分よりも揮発しやすい性質を持っているので、アルコールと一緒に肌の水分まで蒸発しやすくなり乾燥を引き起こしやすいのです。

水や指でこする

化粧がヨレたけどクレンジングできるものは持っていないし・・・と、洗面所でヨレた部分を水で流したり指でゴシゴシとこすったりしていませんか?

化粧がヨレた部分を水で流しても、メイク料の主な成分は油分なので取りきることはできません。

さらに水で流した部分の肌内部にもともとあった保湿成分が水に流れだし、乾燥が進む原因にもなってしまいます。肌をこすることで刺激が加わってバリア機能を壊し、肌の根本から乾燥を引き起こしてしまうのです。

また、指でゴシゴシとこすって化粧をとろうとするとヨレた部分が広がってしまい、ヨレた部分を隠そうとさらに厚塗りして色ムラになってしまいます。

化粧直しに水を使ったり、化粧がヨレた部分を指でゴシゴシこすって化粧を直すのはやめて、適切な方法で化粧直しを行いましょう。

朝のメイクが元通り!正しい化粧直しの方法を伝授

時間が経つにつれて崩れてしまったメイクを、朝のメイクしたての状態に戻せる化粧直しの方法を紹介していきます。

どれもいつも行っている化粧直しに少しプラスするだけでできて簡単なので、今日から取り入れてみてくださいね。

メイク直しセット

簡単で綺麗な化粧直しに使うもの

  • 乳液
  • コットン(2枚)
  • ティッシュ
  • 綿棒 
  • (ミスト状化粧水)

【1】乳液を含ませたコットンでヨレた化粧をオフ

10円玉大程度の乳液をなじませたコットンで、乾燥や摩擦で化粧がヨレて落ちやすい部分を滑らせるように優しく拭き取ります。

Tゾーンでコットン1枚、頬などのその他の部分でもう1枚の2枚用意しておくと、各部位で綺麗なコットンを使うことができて衛生的にも安心ですよ。

化粧直し

ミスト状化粧水を使う場合

ミスト状化粧水はメイクの上からでも保湿ができるようにするため、粒子を細かくしています。

リフレッシュもかねてミスト状化粧水を化粧直しに使う場合は、はじめにミスト状化粧水を顔に吹きかけたあと、乳液を含ませたコットンで化粧を拭き取りましょう。

そうすることで、ミスト状化粧水に含まれた保湿成分を乳液の油分で閉じ込めながら、化粧を拭き取ることができますよ。

【2】細かい目元・口元は綿棒を使ってオフ

化粧直し 佐藤さん

綿棒に乳液を少量染みこませ、コットンで拭き取りにくい細かい目元や口元などのヨレた化粧をオフしていきます。

綿棒で上下左右にこするのではなく、化粧がヨレた部分に乳液を含ませた綿棒を当てて2,3秒待つと化粧が綿棒に移り、皮膚の薄い目元や口元をこすることなく化粧を直せますよ。

☆綿棒がない場合は折りたたんだコットンで代用可能!

化粧直し 佐藤さん

ポーチに数本綿棒を忍ばせておくのがおすすめですが、持っていない場合はコットンを折りたたんで角をつくってあげると、細かい目元・口元の化粧がオフできますよ。

【3】余分な水分・油分をティッシュでオフ

化粧直し 佐藤さん

乳液を含ませたコットンが肌になじみきっていないと、次に乗せる化粧が浮いてしまう原因になります。

乳液をなじませた部分をティッシュで軽く抑えてあげると、肌になじみきらなかった乳液を簡単に優しくオフでき、化粧直しの時間を短縮しつつ、仕上がりがより綺麗になりますよ。

【4】リキッド・クリームタイプのファンデーションを薄く伸ばす

化粧直し

ヨレた化粧をオフしつつ保湿ができたら、乾燥が気になる人はリキッド・クリームタイプのファンデーションを使って化粧を直していくのがおすすめです。

リキッド・クリームタイプのファンデーションはパウダータイプに比べて保湿成分や油分の配合量が多いため、乾燥を防いでくれますよ。

また、リキッド・クリームタイプのファンデーションは、水分と油分をバランスよく含んでいるため肌への密着度が高く、毛穴などの肌悩みをカバーする力が高いので、薄く伸ばすだけで厚塗り感なく仕上げることができます。

【5】ポイントメイクを直す

化粧直し 佐藤さん

アイメイクやチークなどのポイントメイクを薄く伸ばして全体のバランスを見ながら化粧を直しましょう。

【6】仕上げのルースパウダーを薄く重ねる

化粧直し 佐藤さん

化粧直しが全て終わったら、仕上げに無色のルースパウダーを軽く重ねてあげると、厚塗りした感じはなくファンデーションが浮いてきたりテカリを抑えたりできるのでおすすめです。

ルースパウダーが過剰に分泌された皮脂を吸着して、皮脂による化粧崩れを起こしにくくしてくれます。

【完成!】所要時間はおよそ3分

化粧直し 佐藤さん

保湿もできる正しい化粧直しの方法を実行してもかかった時間はおよそ3分。

普段の化粧直しにほんの少しの手間をかけてあげると化粧直しがより綺麗に、長持ちするものに仕上げることができますよ。

化粧直しに保湿をプラスすると夕方の顔がこんなに変わる!

化粧直しをしなかった日の夕方17時の顔色と、乳液を使用した化粧直しで保湿も同時に行った日の顔色を比較してみましょう。

化粧直し 比較

左側は化粧直しも保湿もしなかった夕方17時の顔色です。

全体的に肌が乾燥してゴワついた印象に見え、Tゾーンなどの皮脂の分泌量が多いところはテカリがあるようにも見え、均一な肌には見えません。

一方、右側の乳液を使用した化粧直しを昼食後に行い、夕方17時に撮影した顔色ですが、肌がもちもちとしてハリがあり、乾燥を感じさせず、疲れの見えない明るい印象に見えます。

化粧直しをすること自体も大切ですが、乾燥を防ぐために保湿を同時に行うと、さらに肌が美しく見え、夕方のくすみや疲れに負けない美肌を作り出すことができますよ。

朝メイク前の保湿+αで1日綺麗をキープ

保湿もできる化粧直しの方法で化粧崩れは綺麗に直せますが、もともと化粧が落ちやすい・崩れやすい気がすると悩んでいる方におすすめな、忙しい朝でもできるプラスαのメイク方法を紹介します。

洗顔後はセラミド入り化粧品でしっかり保湿

乾燥してメイクが肌に乗りにくい、時間が経つと粉っぽく浮いてしまうという人は、洗顔後の保湿でセラミド入り化粧品を使うことがおすすめです。

セラミドは肌にうるおいを与えるだけでなく、与えた水分をキープするために抱え込む性質を持つ保湿成分なので、1日の始まりである朝の保湿にぴったり。

セラミド配合の化粧水や保湿クリームでたっぷりのうるおいを与えてあげると、肌の内部で水分が持続して乾燥による化粧ノリの悪さや粉浮きを抑えることができますよ。

おすすめのセラミド入り化粧品を紹介している記事はこちら

敏感肌の保湿は「セラミド」で!おすすめスキンケア5選

皮脂分泌量が多い箇所には皮脂くずれ防止下地を

テカリやすく、過剰に分泌された皮脂と化粧が混ざって毛穴に詰まることで起きる毛穴落ちをしやすい脂性肌タイプや混合肌タイプには、皮脂分泌量が多いTゾーンにのみ皮脂くずれ防止機能を持つ化粧下地を使うのがおすすめ。

化粧下地に含まれた皮脂を防ぐ成分が、過剰に分泌された皮脂を抑えてくれるので、テカリや過剰な皮脂による化粧崩れを予防してくれますよ。

おすすめの皮脂くずれ防止下地を紹介している記事はこちら

【検証】プリマヴィスタの下地で本当に毛穴0肌になれるのか

ファンデーションをつけたあとはスポンジで密着

化粧直し 佐藤さん

日中の乾燥が気になる人は、乾燥を防ぐために油分や保湿成分の配合率が高いリキッド・クリームファンデーションを肌に伸ばしたら、スポンジで肌を軽く押さえてあげましょう。

ファンデーションを伸ばした後の肌をスポンジで押さえることで、肌とファンデーションの密着性がより高まり、時間が経つとファンデーションが浮いてしまうという悩みの解決になります。

また、ファンデーションは薄く伸ばしているつもりでも、毛穴やシミなどの肌の悩みを隠すために厚塗りしてしまいがち。

厚塗りしたファンデーションは色ムラになりやすいので、スポンジで押さえることによって付け過ぎてしまったファンデーションをならして、自然な印象に見せることができますよ。