額に手を添えてシワを気にしている女性
おおくまプロフィール

シワの悩みを解決するプロフェッショナル

おおくま 直

「シワを隠したいのにファンデーションを塗ると余計目立つ」

「夜になるとファンデーションがシワでひび割れる」

そんな悩みを抱えていると、スキンケア直後の肌の方がメイク前よりシワの目立ちがマシなのでは?と思えてきますよね。

ファンデーションでシワが目立ってしまう原因は、ベースメイクの仕方とファンデーションの選び方で解決することができます。

どうすればベースメイクでシワを隠せるのか、そもそもシワを隠せるファンデーションはあるのかを、10代から目元で根強く主張して全く隠れてくれないシワを持つ筆者が50商品以上を徹底的に調査しました。

また、手持ちのファンデーションでもシワが目立ちにくくなるメイクのコツも紹介するので、ぜひ試してみてくださいね。

ファンデーションやメイク方法次第でシワは隠せる

ファンデーションやメイク方法次第でシワは隠せる

「普段のメイクではシワが目立ってしまう」という悩みは、シワをキレイに隠してくれるファンデーションを選んだり、ベースメイクのちょっとしたコツを覚えたりするだけで解消され、長時間シワが目立ちにくい肌になれます。

シワ隠しに最適な条件で選んだファンデーションを使えば、メイクのコツやテクニックがなくても、基本のメイク方法で簡単にシワを目立ちにくくできます。

また、シワが目立ちにくくなるメイク方法を覚えれば、普段使っているファンデーションも継続して使えて、シミや毛穴の開きなどシワ以外の肌悩みもカバーしてくれますよ。

ファンデーションで余計にシワが目立つ理由

ファンデーションで余計にシワが目立つ

目元は特にファンデーションを塗るとシワが目立ちやすくなる部分ですが、そうなってしまう原因は2つあります。

一つ目はファンデーションの厚塗り、二つ目は肌の乾燥です。

厚塗りでファンデーションが溜まる

目元のシワが目立つ女性

肌に付けるファンデーションの量が多かったり、テクスチャーが肌の上で伸ばしにくかったりすると厚塗りになりやすいので、シワにファンデーションが溜まってシワの溝がくっきり浮き出てしまいます。

さらに目元は皮膚が薄く動きの多い部分なので、時間が経つとファンデーションが細かいシワに沿ってボコボコと浮いてしまい、より一層シワが目立ちやすくなります。

肌の乾燥でファンデーションが乾く

割れたファンデーション

ファンデーションでシワが目立つと悩みを抱えている人の共通点は、肌の水分量が不足していることです。

パウダーの多いタイプのファンデーションを乾燥肌が使用すると、ファンデーションに肌の皮脂や水分を奪われて肌が乾燥し、時間が経つとファンデーションが肌の上で固まって、地割れした土のようにパリパリとしたヒビが入る乾燥崩れが起こるのです。

また、肌が乾燥した状態はバリア機能が低下しているため、肌の弾力やハリが減って目の下の皮がたるんでいたり、くぼんで影ができたりしてシワが寄りやすくなります。

特に目元は皮膚が薄くて乾燥しやすいので、乾燥崩れが起きやすい部分でもあります。

長時間シワを隠せるファンデーションの特徴

ブラシでファンデーションをとる

ファンデーションがシワをより目立たせてしまう原因は、厚塗り感と乾燥です。

本記事では筆者のシワで実際にあらゆる種類のファンデーションを試してみて導き出した、シワ隠しに最適なファンデーションの特徴を解説します。

保湿力が高く肌が乾燥しにくい

頬に手を添えて悩む女性

シワは肌の乾燥でより目立ちやすくなるため、ファンデーションは油分や水分が多く含まれていて保湿力が持続するリキッドファンデーションやジェルクリームファンデーションがおすすめです。

パウダーファンデーションでも保湿効果が高いものはありますが、パウダーは肌の水分や皮脂を吸収してしまう性質があるので、肌が乾燥しやすい人にはおすすめできません。

乾燥崩れやシワの目立ちを減らすには、保湿成分や美容成分が配合されていて、水分量の多いリキッドタイプやクリームタイプを選びましょう。

また、化粧下地効果のあるBBクリームもファンデーションとして使えて、保湿効果や美肌効果が期待できますよ。

ツヤ感の出るもの

笑顔の女性

ツヤ肌に仕上げるタイプのファンデーションは、シワを光で飛ばして目立ちにくくする効果があります。

パウダーファンデーションや肌をマットに仕上げるタイプのリキッドファンデーションだと、時間が経って乾燥すると粉っぽさがシワに沿って目立ちやすくなるので、肌がうるおって透明感とツヤ感が出るファンデーションを選びましょう。

塗りムラになりにくい

スポンジを持ってメイクをしている女性

塗りムラができにくい伸びが良いテクスチャーのファンデーションは、薄付きでナチュラルな仕上がりになるものが多く、厚塗りを防ぐことができます。

また、自分の肌色とファンデーションの色が違うと塗りムラが目立ったりシワが目立ちやすくなったりするので、首と顔の境目で肌に合ったカラーを確認してファンデーションを選びましょう。

簡単にシワが隠せるおすすめファンデーション6選

頬に手を当てて微笑む女性

 筆者がさまざまなファンデーションを実験して分かった「シワがキレイに隠せるファンデーションの特徴」をもとに、特にシワをキレイにカバーできた選りすぐりのファンデーションを紹介します。

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションの中で下記3つのポイントをクリアしたファンデーションなので、シワに悩む肌でも扱いやすくておすすめです。

  • 塗り伸ばしやすくシワで溜まらない
  • 保湿力が持続して時間が経っても乾燥崩れしない
  • 美容成分を含んで肌負担が少ない

また、実際にファンデーションを使用した比較画像もあるのでファンデーション選びの参考にしてみてくださいね。

リソウリペアリキッドファンデーション

リキッドファンデーションの写真

内容量:30g
価格:5,966円(税込)

〈リソウリペアリキッドファンデーションの特徴〉

  • 100%天然由来の成分でできており、美容パック効果もある
  • 素肌感のある仕上がりで自然にシワをカバー
  • SPF28PA++

リソウのリペアリキッドファンデーションは、素肌のことを考えた天然由来のファンデーションで、小さな凹凸に密着して小ジワや毛穴、シミを自然にカバーしてくれます。

カラーはイエローオークルとピンクオークルの2色展開ですが、2色を混ぜ合わせて自分の肌色に合う色を作ることもできます。

リソウのリペアリキッドファンデーション

おおくま
ゆるめのテクスチャーで伸びが良く、ムラなくきれいに肌に塗り広げられます。

シワだけでなく、シミや肌の赤みなどのカバー力も抜群で、ややマットな仕上がりが好きな人におすすめです。

マキアレイベル薬用クリアエステヴェール

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

内容量:25ml
価格:4,216円(税込)

〈マキアレイベル薬用クリアエステヴェールの特徴〉

  • 美容液成分62%の言わずと知れた大人気の「神ファンデ」
  • 3種のパウダーが光を乱反射させてシワをキレイにカバー
  • SPF35PA+++

マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールは、肌本来の力を引き出すスキンケア機能搭載の美容液ファンデーションです。

カラーはナチュラル・ライトナチュラル・ピンクナチュラル・オークル・タンオークルの5色あり、初回購入時にはカラーサンプルで自分に合う色を実際に試すことができます。

マキアレイベルの薬用クリアエステヴェール レビュー

おおくま
厚塗り感なく自然な仕上がりでシワやシミ、毛穴をカバーして透明感のある肌になります。

時間が経っても乾燥崩れせず、光の反射でシワが全く気になりません。

エクスボーテビジョンファンデーションリキッドモイストタイプ

内容量:30g
価格:6,480円(税込)

〈エクスボーテビジョンファンデーションリキッドモイストタイプの特徴〉

  • 美容成分52%配合でスキンケア効果があり、メイク持ちを長時間キープ
  • 1/30微粒子パウダーがシワや毛穴の凹凸にフィットしてフラットにカバーする
  • SPF24PA++

エクスボーテビジョンファンデーションリキッドモイストタイプは、しっとりと保湿してくれるシワ専用ファンデーションで、シワを目立ちにくくしながら透明感のある肌に見せてくれます。

カラーは5色展開で、ナチュラルオークル3段階・ピンクオークル・ベージュオークルです。

エクスボーテビジョンファンデーションリキッドモイストタイプ レビュー

おおくま
しっとりと肌に馴染んで、薄付きに感じるのにシワは目立ちにくくなります。

特に1本で5か月持つコスパの良さが魅力的です。

ヴァントルテ美容液ミネラルリキッドファンデーション

VINTORTE ミネラルリキッドファンデーションの商品画像

内容量:35g
価格:3,780円(税込)

〈ヴァントルテ美容液ミネラルリキッドファンデーションの特徴〉

  • 石鹸で落ちるミネラルリキッドファンデーション
  • 美容液成分80%以上配合で肌にツヤとハリを与えてシワを目立たせない
  • SPF25PA++

ヴァントルテの美容液ミネラルリキッドファンデーションは、クレンジング不要で落とせる肌にやさしいミネラルファンデーションで、微粒子パウダーがシワに密着してナチュラルなツヤ肌にしてくれます。

カラーはハイライトベージュ・ライトベージュ・ライトイエローベージュ・ナチュラルの4色で全体的に自然で明るい肌に仕上がります。

ヴァントルテの美容液ミネラルリキッドファンデーション レビュー

おおくま
付け心地が良いです。全く乾燥せず、汗をかいても崩れません。

夜までメイク直し無く透明感のある肌をキープしてくれます。

MiMCミネラルクリーミーファンデーション

内容量:10g
価格:7,020円(税込)

〈MiMCミネラルクリーミーファンデーションの特徴〉

  • 下地無しで使える美容液配合ファンデーション
  • 天然成分が凝縮した美容クリームが乾燥から肌を守って皮脂バランスを整える
  • SPF20PA++

MiMCミネラルクリーミーファンデーションは、MiMCの美容クリーム「エッセンスハーブバームクリーム」に天然ミネラルを溶かしてクリーム状にした美容液ファンデーションで、素肌のように軽い「疑似皮脂膜」が自然でみずみずしいツヤ肌に仕上げてシワを隠してくれます。

ミネラルファンデーションなのでクレンジングは不要、せっけんでメイクオフでき、肌への負担が少ないのもシワが目立ちやすい肌に最適です。

カラーは4色展開で、ピンクブライト・アイボリー・ニュートラル・ベージュがあります。

MiMCミネラルクリーミーファンデーション レビュー

おおくま
肌のうるおい持続力が高いです。

目元に重ねて付けてもファンデーションがシワに溜まらず、乾燥でひび割れることもなく、一日中若々しい肌をキープしてくれます

アテニアBBクリーム

アテニアBBクリーム

内容量:30g
価格:2,160円(税込)

〈アテニアBBクリームの特徴〉

  • 明るさと血色感を兼ね備えた高保湿美容液BBクリーム
  • 隠しピンク設計でシワの溝やたるみの影を目立ちにくく光で飛ばす
  • SPF30PA+++

アテニアのBBクリームは、美容液・化粧下地・UVケア・コンシーラー・ファンデーションの役割を兼ね備えたカバー力の高いBBクリームで、これ1本でなめらかなツヤ肌に仕上げてくれます。

カラーはナチュラル・ライトの2色展開で、肌色に馴染みやすく自然な血色感と明るさが出ます。

アテニアのBBクリーム レビュー

おおくま
するすると肌に伸びて、明るく自然な仕上がりでシワや毛穴をカバーできます。

時間が経っても乾燥崩れせず、シワが全く気になりません。

ファンデーションでシワを目立たせないコツ

シワが目立ちやすくなってしまうのは、ファンデーションの厚塗りや肌の乾燥が原因です。

ファンデーションを塗る前の事前準備とファンデーションの塗り方の工夫でシワの目立たないベースメイクをキープしましょう。

【必須】事前のスキンケアで肌を保湿

鏡を見る女性

肌が乾燥していると、ファンデーションが肌に馴染まず浮いてしまったり乾燥崩れを起こしやすくなったりするので、ベースメイクを始める前には洗顔で肌の余分な皮脂や汚れを落としてからスキンケア化粧品で肌の保湿状態を整えましょう。

特に乾燥しやすい目元の保湿は念入りに行い、アイクリームを追加するなどして乾燥を予防します。

肌の状態が整ってしっかり保湿されていると、ファンデーションのうるおいも持続して崩れにくくなり、乾燥によるシワが目立ちにくくなりますよ。

正しい保湿方法リンク

化粧下地はファンデーション前に必ず使う

白いクリーム

スキンケアが馴染んで肌が保湿されたら、ファンデーションに入る前に必ず化粧下地を使いましょう。

化粧下地は肌を滑らかに整えたり、くすみや色ムラを補正したりする効果があるので、それだけでシワの目立ちを減らしてくれます。

また、ファンデーションとの密着力を高めてメイク崩れを防いでくれるので、化粧下地の有無でベースメイクの持続力が大きく変わるほど大切なアイテムです。

化粧下地には「プライマー」や「コントロールカラー」といった名称のものもあるので、自分の肌に合った化粧下地を選びましょう。

肌が乾燥しやすい人は、高保湿タイプの化粧下地がおすすめです。

シワにはほぼ塗らないくらい薄く

2色のファンデーション

化粧下地が肌に馴染んだら、厚塗りにならないように少量ずつファンデーションを塗っていきます。

頬・顎・額・鼻と少なめの量でファンデーションを塗り広げたら、目元は最後に残った、付いているか付いてないかくらいの量のファンデーションを馴染ませるだけに留めましょう。

肌のシミや赤みなどカバーしたい部分があれば、追加で少しずつファンデーションを重ねます。

BBクリームの場合は、スキンケア後に化粧下地無しで塗り始め、シワの気になる部分には付けすぎないようにごく少量を馴染ませましょう。

マットなファンデーションを使う場合やファンデーションが肌の上で乾燥しやすい人は、ファンデーションブラシがおすすめです。

指やスポンジと違ってファンデーションの油分や水分が吸収されないので、うるおいを残して肌に塗ることができます。

「ファンデーションを付けないだけでは不安」という場合は、ハイライトやコンシーラーを使う方法もおすすめです。

目元のシワにフェイスパウダーを乗せない

フェイスパウダーとパフの写真2

ファンデーションを塗った後は、鼻など皮脂の出やすい部分のみにフェイスパウダーを付けて完了です。

特に目元のシワに悩む人の肌は乾燥しやすいため、いくら保湿力の高いフェイスパウダーでも粉に肌の貴重な皮脂や水分を奪われてファンデーションごと肌の表面が乾いてしまいます。

【メイク直し】乳液と綿棒でならす

乳液と手

もし時間が経ってから、目元やほうれい線などシワの溝にファンデーションが溜まってしまっていたら、乳液やクリームを馴染ませた綿棒で軽くならしてあげると、シワの目立ちが気にならなくなりますよ。

ファンデーションよりスキンケアが近道

バラの花に囲まれる美しい女性

 ファンデーションやメイクの仕方でシワを目立ちにくくすることはできますが、最も満足できる仕上がりにするためには、スキンケアで肌自体の弾力を高めて、乾燥しにくいハリのある肌を手に入れることが大切です

肌自体の保湿力が高まれば、バリア機能が上がって乾燥しにくい肌になれるので、ファンデーションのノリも良くなり、シワでファンデーションがひび割れたり乾燥崩れでシワが目立ったりしにくくなりますよ。

特にシワ対策でスキンケア化粧品を選ぶなら、角質層の水分量を高めるヒト型セラミド配合化粧品がおすすめです。

関連リンク

まとめ

顔に両手を添える女性

ファンデーションを塗ることでシワが目立ちやすくなる原因は、乾燥しやすい肌とファンデーションの厚塗りです。

シワ部分にファンデーションをほとんど塗らないメイク方法を活用したり、厚塗りや肌の乾燥を防げるファンデーションを使ったりして、肌にかかる負担を減らし、メイクによるシワの悪化を抑えましょう。

また、同時に肌のハリや弾力を高めるスキンケアを実践して、シワが目立ちにくい肌に近づくことがおすすめです。

自分の肌に合うファンデーションを見つけて、少しでもシワの悩みが減るように願っています。