筋肉をほぐしてほうれい線を消す!ほうれい線と筋肉の関係とは

ほうれい線 - update2019.05.10
ほうれい線と 筋肉の関係 とは? アイキャッチ
ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

鏡に写った自分の顔にくっきりとほうれい線が刻まれていたら、かなりショックを受けますよね。

「このほうれい線をどうにかしたい」。

今すぐに、ほうれい線を消してしまいたいと願い、慌てて美容に詳しい知人や美容サイトなどの口コミに頼る方も少なくないと思います。

ネット上には、ほうれい線を引き上げる方法として、筋トレ、顔ヨガなど、顔の筋肉を鍛えるさまざまな方法が紹介されていて、どれを選んだらいいのか、どの方法が効果的なのか迷ってしまいますよね。

「ほうれい線と筋肉って、どんな関係があるの?」

私もずっと、ほうれい線と筋肉の関係を不思議に思っていました。

筋トレといわれると、どうしても腹筋や背筋、ジムでのマシントレーニングのようなハードなメニューを思い浮かべてしまうからです。

しかし、ほうれい線ができる原因が、顔や身体の筋肉と深く関わっていると知って「なるほど」と納得できました。

宮本
30代に入ると筋力や体力の衰えを感じますよね。

認めたくないですが、加齢によって身体の筋肉が衰えてしまうからです。

身体は筋肉を鍛えなければ、重力に引っ張られてたるみボディラインが崩れていきます。

ほうれい線も同じです。

顔の筋肉を鍛えないとたるんでしまうんですよ。

ほうれい線ができる原因がわかると、ほうれい線に効果的な対策や予防ができるようになります。

まずは、ほうれい線と筋肉の関係を知ることから始めましょう。

筋トレの効果がアップして、ほうれい線の目立たないハリとツヤのある肌を保つことができますよ。

ほうれい線はなぜできるのか

30代に入ると「ほうれい線が目立つようになった」と感じる人が増えますよね。

肌トラブルに悩む女性

ほうれい線ができるのは、次の3つが主な原因です。

ほうれい線ができる主な原因

  • 顔の筋肉の衰えによる頬のたるみ
  • 加齢による肌のハリや弾力不足
  • 乾燥や紫外線などの外的ダメージ

3つの中で、とくにほうれい線に関わるのが「顔の筋肉の衰えによる頬のたるみ」です。

顔の筋肉はどうして衰えるのか、頬のたるみにアプローチする方法はないのか、詳しく紹介していきますね。

ほうれい線の原因は顔の筋肉のたるみ

まず、下のイラストを見てください。

顔の筋肉は「表情筋」と呼ばれる60以上もの筋肉が集まってできています。

この表情筋を組み合わせて動かし、顔はさまざまな表情を作っていますが、日常生活で使うのは全体の30パーセント程度です。

全ての表情筋を使うわけではないので、使わない筋肉は加齢とともにどんどん衰えていきます。

赤ちゃんや子どもでも笑うとほうれい線ができますが、すぐに元に戻りますよね。

20代までは口周りの筋肉が柔らかく、肌のハリや弾力があるので、ほうれい線が現れても戻りやすいのです。

ところが、30代になると肌も筋肉も加齢による影響を受けやすくなります。

30代になるとほうれい線ができやすいのは、加齢によって筋肉が衰えてたるみ、ハリや弾力を失った肌が頬を支えられなくなるからなのです。

ほうれい線を引き上げるためには「顔の筋肉を鍛える」「肌のハリや弾力を高める」アプローチで筋肉を鍛える必要があります。

乾燥や外的ダメージはスキンケアで対策

乾燥や紫外線による外的ダメージは、スキンケアによる対策がおすすめです。

鏡でスキンケアをしている女性

スキンケア化粧品を選ぶときは、保湿効果が高く、ほうれい線やたるみを予防する美容成分入りのものを選びましょう。

ほうれい線に効くスキンケアについて詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしてくださいね。

ほうれい線対策には筋トレがおすすめ

筋トレの目的は、筋肉を鍛えて筋肉量や筋力をアップすることですが、美容や健康にも嬉しい効果が期待できます。

街中をジョギングする外国人女性

筋トレをすると身体の基礎代謝がアップして、血流やリンパの流れが整います。

血流が整うと、筋肉はもちろん身体の隅々まで酸素が行き渡り、肌細胞が活性化するからです。

筋トレによってほうれい線にどんな期待ができるのか、詳しく見ていきましょう。

顔の筋トレがほうれい線に効く理由

ほうれい線ができる主な原因は、顔の筋肉の衰えによる頬のたるみです。

口周りの筋肉が衰えると、頬の重みを支えきれなくなってたるみ、重力によって引き下げられていきます。

ほうれい線の原因となる頬のたるみを解消するためには、顔の筋肉の衰えを防いで鍛える「筋トレ」が効果的です。

ほうれい線に効果的なのは「大頬骨筋(だいきょうこつきん)」「小頬骨筋(しょうきょうこつきん)」「口輪筋(こうりんきん)」など、口周りの筋肉を鍛える筋トレです。

とくに大頬骨筋は、筋トレで鍛えたい筋肉の1つ。

口角を上げ、頬や筋肉を外側に引っ張る働きがあり、口輪筋とも繋がっているので筋トレによるほうれい線の引き上げ効果が高まります。

頬に手を当てて微笑む女性

筋トレには、肌の代謝をアップする効果も期待できます。

筋トレをすると基礎代謝が上がり、血流やリンパの流れが整って老廃物が流れやすくなるため、むくみが取れてフェイスラインがすっきり。

血流がよくなると肌のターンオーバー(※)も整い、肌細胞に栄養が行き渡るようになるので、肌のハリや弾力がアップしてほうれい線ができにくい肌になりますよ。
※古くなった角質が剥がれて新しい肌に生まれ変わるサイクル

ただし顔の筋トレをする時は、乾燥を防ぐスキンケアで肌の保湿をしっかりと行ってから始めてくださいね。

顔の筋トレは、顔の筋肉を大きく動かして行うため、肌が乾燥した状態だと皮膚が引っ張られ、乾燥肌や肌荒れ、シワなどの原因になる場合があります。

おすすめの表情筋トレーニング

ここからは、おすすめの顔の筋トレ「表情筋トレーニング」を紹介します。

顔の筋肉は、普段使わない筋肉を鍛えるので、少しの負荷でほうれい線の引き上げ効果が期待できます。

おすすめは、「顔ヨガ」やペットボトルを使った「ペットボトルエクササイズ」、プロのインストラクター直伝の「顔の筋トレ」です。

実際にハリツヤ研究員が試して、効果を実証できるものばかりをセレクトしました。

自宅ですぐに始められるよう動画で紹介しています。

ぜひ試してみてくださいね。

顔ヨガ

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック

ペットボトルエクササイズ

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック

PAOによる表情筋エクササイズ

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック

筋トレ「舌回し体操」

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック

ほうれい線には身体の筋トレも有効

身体の筋肉はほうれい線と関係がないように思えますよね。

しかし、顔の筋肉は身体の筋肉と皮膚で繋がっているので、ほうれい線を引き上げるには、顔の筋トレだけでなく身体の筋トレも効果的です。

身体の筋トレがほうれい線に有効な理由を整理すると下記です。

身体の筋トレがほうれい線に有効な理由

  • 筋トレで基礎代謝がアップすると、血流やリンパの流れが改善するから

  • 筋トレで血流が整うと、肌細胞が活性化して肌のハリや弾力が高まるから

  • 筋膜の癒着がはがれやすくなり、顔や首、肩のこりがほぐれるから

また、ほうれい線にも有効な身体の筋トレには、下記の効果が期待できます。

ほうれい線にも有効な身体の筋トレに期待できる効果

  • 首や肩のこりをほぐして血流を整える
  • 太ももの筋肉を柔らかくしなやかに整え
  • 基礎代謝をアップして脂肪を燃焼する
  • 成長ホルモンを促し疲労回復や病気を予防する

以下でほうれい線との関係にも触れながら、詳しく説明していきますね。

首や肩のこりをほぐして血流を整える

筋トレには、肩や首、顔のこりをほぐして血流を整える効果が期待できます。

肩に手を当てる女性の後ろ姿

血流が滞ると、リンパの流れも滞り、老廃物が流れにくくなって血液がドロドロの状態に。

血行が悪くなると細胞に酸素が行き渡らなくなるため、筋肉を覆っている筋膜(きんまく)の癒着(ゆちゃく)が起こって筋肉を縮めるため、肩こりや首こりの原因になります。

顔と身体は皮膚でつながっていますよね。

実は筋肉も同じで、「筋膜」と呼ばれる薄い膜で覆われ、全身の筋肉を繋いでいます。

筋膜は、三次元的なバランスでひとつひとつ筋肉を覆って繋げ、ウエットスーツのような状態で身体全体を包み、身体中を張り巡っているのです。

筋膜が一部でも癒着や萎縮を起こすと筋肉が引っ張られ、身体全体のバランスが崩れて皮膚がたるむ原因になります。

身体の皮膚は顔に繋がっているので、皮膚が引っ張られると姿勢が悪くなったり、左右のバランスが崩れたりして、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。

宮本
メディアや美容サイトで取り上げられている「筋膜リリース」「筋膜はがし」は、この筋肉に張り付いた筋膜を引きはがし、正常な状態に戻すことなんですよ。

筋トレをすると、血流やリンパの流れが整って、筋膜が正常な状態に戻っていくので、こりが和らいで姿勢や左右のバランスが整っていきます。

太ももの筋肉を柔らかくしなやかに整える

ほうれい線は「太ももを引きしめる」「太ももを鍛える」ことでも、引き上げ効果が期待できます。

太ももは身体の中でも、とくに大きな筋肉です。

太ももを鍛えると、身体を支える下半身が鍛えられるため、体幹が整って筋トレの効果がアップします。

筋力がアップすると、皮膚が下に引っ張られるのを防げるので、ほうれい線が重力で引っ張られるのを防ぐことにもつながるのです。

鏡を見て頬に手を添える女性

太ももの筋肉を大きく分けると、外側の筋肉と内側の筋肉に分けられます。

内側の筋肉は「「内転筋(ないてんきん)群」と呼ばれ、いくつかの筋肉が集まっている部位です。

内転筋群はインナーマッスルと呼ばれる身体の深いところにある筋肉で、ここを鍛えると内ももの筋肉がしなやかになり、体幹が整って筋トレの効果が高まります。

また、内転筋群の筋トレは脚やせやO脚の改善、歩きやすくなるなど、美脚効果も期待できますよ。

女性の綺麗な脚

内転筋群を鍛えるには、ストレッチ、スクワットなどの筋トレが効果的です。

基礎代謝をアップして脂肪を燃焼する

筋トレをすると筋肉量が増え、身体の中で使われる基礎代謝量がアップして、脂肪を燃焼する効果が高まります。

基礎代謝量とは、生命を維持する心拍や呼吸、体温の維持のために使われるエネルギーのこと。

基礎代謝がアップすると、体内で多くのエネルギーが消費されるため、痩せやすく、太りにくい身体になります。

パンツを履いてあまるお腹

頬のむくみやフェイスラインのぜい肉が取れるので、リフトアップ効果もあるんですよ。

基礎代謝をアップするには、身体への負荷が少なく、時間をかけて一定の動きを続けて筋肉に酸素を届ける「有酸素運動」が効果的です。

宮本
筋トレというと負荷のかかるダンベル運動のようなトレーニングを思い浮かべますよね。

実は、脂肪の燃す焼効果が高いのは、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなど負荷の少ない運動なんです。

筋トレで筋肉に酸素が取り込めるようになると、血流がよくなりリンパの流れが促進され老廃物が流れやすくなります。

身体の隅々まで酸素が行き渡るようになるため、肌代謝がアップして、肌のハリや弾力が高まるので、ほうれい線の引き上げ効果も期待できますよ。

成長ホルモンを促し疲労を回復

筋トレには身体の代謝を促す役割をする成長ホルモンの分泌を促し、脳や身体の疲労回復が期待できます。

成長ホルモンは、発育時に細胞や筋肉、骨の成長のために分泌されるホルモン。

加齢にともなって減っていくのですが、筋トレを行うと、脳が筋肉を修復しようとして、減っていた成長ホルモンが分泌されるようになるのです。

成長ホルモンは、睡眠時に最も多く分泌されるので、筋トレで心地いい眠りを誘いぐっすり眠れると、脳や身体の疲労回復にも役立ち、美肌効果がアップします。

結果的に、肌のハリや弾力UPにつながり、ほうれい線にアプローチしてくれることも考えられますね。

ハリツヤ研究所おすすめの身体の筋肉を鍛える筋トレは、スクワットです。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてくださいね。

簡単にできる肩こりをほぐす身体操も紹介しています。

家の中で行う筋トレでも十分な効果が期待できます。

無理のない筋トレを続けてしなやかな筋肉に整え、加齢による筋肉のたるみを防ぎましょう。

逆効果にならない筋トレの方法

ほうれい線に効く筋トレを紹介してきましたが、筋トレが逆効果になってしまう場合があります。

気になる方は下記の項目をチェックしてみましょう。

逆効果にならない筋トレチェックポイント

 肌が乾燥した状態で行っていないか
正しい姿勢で、正しいやり方をしているか
顔に痛みが残るほど筋トレを続けていないか(※)
 ※筋トレによる軽い筋肉痛や疲労感は除きます
何種類ものトレーニングを同時にやっていないか
自己流の筋トレをしていないか

特に、顔は肌も筋肉もとてもデリケートです。

自分の肌の状態や、筋トレとの相性を確かめながら、美肌を保ちしなやかな筋肉に整えていきましょうね。

まとめ

ほうれい線と筋肉の関係性やほうれい線に効く筋トレを紹介しました。

ほうれい線とはあまり関係がなさそうな筋肉や筋トレをについて、「なるほどね」と思ってもらえたら嬉しいです。

ほうれい線に筋トレが効く理由

  • 顔の筋肉の衰えによる頬のたるみを引き上げるから

  • 筋トレで基礎代謝がアップすると、血流やリンパの流れが改善するから

  • 筋トレで血流が整うと、肌細胞が活性化して肌のハリや弾力が高まるから

  • 筋膜の癒着がはがれやすくなり、顔や首、肩のこりがほぐれるから

筋トレを続けると健康はもちろん、女性にとって嬉しい美容にも効果が期待できるんです。

微笑みながら肌を触る女性

ジョギングやエアロビクスなど外に出向く運動はハードルが高いですが、ストレッチ、スクワットなど自宅でできる簡単な筋トレであれば、仕事や子育て中の方にも続けやすいですよ。

身体の基礎代謝を上げて、しなやかな筋肉に整え、ほうれい線のできにくい肌を保ってくださいね。

この記事をシェアする

おすすめ記事