脂性肌のメイクを崩さない最強の化粧下地とは?9商品を徹底比較!
小林なつきプロフィール

脂性肌の研究者

小林 なつき

家を出る前、肌の毛穴やシミなどの色をきれいに隠すメイクをしても、昼頃には皮脂でドロドロに崩れてしまう…そんな経験はありませんか?

皮脂分泌の多い脂性肌の方にとって、メイクの皮脂崩れは切っても切れない悩みの1つですが、メイクの皮脂崩れは、化粧下地の選び方と使い方を変えるだけでも予防することができます。

本記事では、脂性肌でも皮脂崩れしにくいと口コミで評判の化粧下地を、Tゾーンのテカリに悩むハリツヤ研究員が実際に使って効果を徹底検証、本当にメイクを崩れにくくしてくれる化粧下地はどれなのか、ランキングを作成しました。

メイクの皮脂崩れに悩んでいる脂性肌の方は、ぜひ本記事を最後まで読んで自分好みの化粧下地を見つけ、崩れにくいベースメイクを実現してください。

化粧下地で脂性肌のメイク崩れは防げる!

「皮脂崩れに強い」「メイクを長時間キープできる」とうたっている化粧下地はたくさんありますが、本当に化粧下地1つでメイクの持ちが変わるのか、疑問に思っている方はいませんか?

結論からいうと、化粧下地を変えるだけで肌のテカリや皮脂崩れを抑え、メイクを長持ちさせることはできます。

さっそくですが、下の画像を見てください。

この画像は、いつも16時頃になると額や鼻のあたりがテカっていることが悩みだったハリツヤ研究員が、いつも通りのメイクで1日を過ごしたときと、皮脂崩れに強い化粧下地を使ったメイクで1日を過ごしたときのビフォーアフターを並べた画像です。

化粧下地で脂性肌のメイク崩れは防げる ビフォーアフター

いつも通りのメイクをした場合と、皮脂崩れに強い化粧下地を使ってメイクをした場合では、肌のテカり方が全く違うのがわかるでしょうか。

朝にメイクをしてから8時間経つと、いつも通りのメイクでは額や鼻筋、鼻の側面にベタッと張り付くようなテカリが入っているのに対し、皮脂崩れに強い化粧下地を使ったメイクでは額や鼻筋にべたつきのない、ツヤのような光が入っています。

このように、化粧下地1つでメイクの持ちやテカりにくさは大きく変化するのです。

本記事では、皮脂崩れに強いと評判の化粧下地を9つ集め、本当に皮脂で崩れたりテカったりしないのかを実際に使って検証し、本当に崩れにくい化粧下地ランキングを作成したので、皮脂崩れに悩んでいる脂性肌の方はぜひ参考にしてみてください。

皮脂崩れに強い化粧下地は脂性肌にぴったり

満足した女性

脂性肌の方のメイク崩れは、皮脂の過剰分泌により、ファンデーションなどのベースメイクアイテムに含まれている油分と、分泌された皮脂が混ざり合い、ドロドロ溶けたような状態になることで起こります。

皮脂とベースメイクアイテムの油分が混ざって崩れてしまうのを防止すべく、脂性肌の方におすすめしたいのが、皮脂崩れに強く、テカリを抑えてくれる化粧下地。

化粧下地はもともと皮脂によるメイク崩れを抑え、メイクの持ちを良くする機能を持っていますが、皮脂崩れに強い化粧下地は、皮脂を吸着したり、皮脂の分泌を抑える効果を高めた化粧下地なので、皮脂量の多い脂性肌でもメイクを崩れにくくしてくれます。

また、皮脂崩れに強い化粧下地は皮脂で開きがちな脂性肌の毛穴もカバーできる、高いカバー力を持っていることが多いため、皮脂を抑えてメイクの持ちを良くするだけでなく、メイクのノリをよくし、ファンデーションが毛穴落ちするのを防ぐ効果も期待できます。

カバー力と皮脂の抑制を兼ね備えている皮脂崩れに強い化粧下地は、皮脂の分泌によるメイク崩れに悩む脂性肌の方にとって、まさにぴったりだといえるベースメイクアイテムなのです。

脂性肌に合う化粧下地を見つける5つのポイント

脂性肌に合った化粧下地を見つけるには、5つのポイントがあります。

ここでは、脂性肌の方が化粧下地を探す際、どのようなポイントに気を付けて選ぶべきなのか、簡単にご説明していきます。

その1|皮脂をコントロールする成分が入っている

成分表示を気にする女性

脂性肌に合う化粧下地を見つける1つ目のポイントは、皮脂をコントロールする成分が入っていることです。

皮脂をコントロールする成分には以下のようなものがあります。

皮脂をコントロールする成分例

粉末タイプ : シリカ、マイカ、タルク など

液状タイプ : ローズマリーエキス、チョウジエキス など

シリカやマイカ、タルクなど粉末タイプの皮脂コントロール成分は分泌された皮脂を吸着し、肌をサラサラに保ち、ローズマリーエキスやチョウジエキスなど液状タイプの皮脂コントロール成分は皮脂の分泌を抑制してくれます。

皮脂をコントロールする成分例であげたほかにも、メーカー独自の皮脂を吸着する成分や皮脂を抑制する成分があるので、化粧下地を買う前に、皮脂をコントロールする成分が入っているかどうかを確認すると、脂性肌に合った化粧下地が見つかりますよ。

その2|保湿成分が配合されている

保湿する女性

脂性肌の方の中には皮脂がたくさん出るため肌が潤っていると感じる方も多くいるのですが、皮脂が多いことと肌が潤っていることは必ずしもイコールではなく、肌が乾燥しているから皮脂の分泌が多くなっている場合もあります。

肌は潤いを失うと、紫外線や乾燥などの外部から与えられるダメージで傷つきやすくなるため、皮脂で肌を守るための膜を作ろうとして、大量の皮脂を分泌します。

つまり、皮脂が大量に出ているときは肌が乾燥している可能性が高いため、保湿成分が含まれた化粧下地を使うと肌の乾燥が防がれて、皮脂の分泌を抑制できる可能性が高いのです。

皮脂の分泌は多いけれど、地肌が乾燥していると感じる脂性肌の方は、必ず保湿成分の配合された化粧下地を使うようにしましょう。

その3|UVカット効果を持っている

UVケアで紫外線をブロックしている女性

大量に分泌された皮脂は酸素と結びついて酸化し、肌にダメージを与える「過酸化脂質」という物体に変化するのですが、太陽光に含まれている紫外線は、皮脂が酸化するのを促す効果を持っています。

酸化して過酸化脂質になった皮脂は肌にダメージを与え、シミや肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルの原因となるため、皮脂の分泌が多い脂性肌の方は特に、皮脂が紫外線の影響を受けて酸化してしまわないような環境をつくる必要があります。

皮脂に紫外線の影響を受けさせず、酸化を予防するためには、紫外線をカットする「UVカット効果」を持つ化粧下地を使って、皮脂が紫外線の影響を受けにくくしてあげるのが効果的です。

皮脂分泌が多くニキビができやすいという脂性肌の方は、UVカット効果の高い化粧下地を使うと、ニキビ予防にもつながるので、おすすめですよ。

その4|崩れにくいと表記されている

指を指している笑顔の女性お

商品のパッケージに「崩れにくい」という表記がある化粧下地は、メーカーが独自の実験や検証を行って、メイクが皮脂で崩れにくくなったという結果が出た証拠です。

メーカーの実験と自分が試した結果が必ず同じになるという保証はありませんが、実験して「崩れにくい」と表記している以上、簡単に崩れてしまっては、メーカーの信頼も落ちてしまうため、メーカーが化粧下地の効果について嘘をつくことはありません。

本当に崩れない化粧下地が欲しい時には、崩れにくいと書かれていない化粧下地よりも、メーカー側で「崩れにくい」と表記している化粧下地を選ぶようにすると、実際に崩れにくい化粧下地を選ぶことができますよ。

その5|脂性肌からの評判がいい

口コミ

脂性肌の方に限らず、人はひとりひとり違う肌を持っており、皮脂の分泌量や肌の水分量も異なります。

皮脂の分泌量や肌の水分量が異なれば、使うべき化粧下地も人によって変わってくるので、自分の肌に合った化粧下地を探すためには、自分と似たタイプの脂性肌の方が実際に使って崩れにくかったと口コミしている商品をチェックするのも1つの手です。

気になる化粧下地を見つけたときには、本当に崩れにくい化粧下地だったかどうかを口コミサイトや美容情報サイトを活用して調べてみると、脂性肌に合った化粧下地を見つける手掛かりになりますよ。

徹底検証|皮脂崩れを最も防止する化粧下地とは?

皮脂崩れを最も防止する化粧下地とは?

脂性肌に適した化粧下地を選ぶ際に気を付けたい5つのポイントをまとめると、以下のようになります。

脂性肌に適した下地を選ぶための5つのポイント

  • 皮脂をコントロールする成分が入っている
  • 保湿成分が配合されている
  • UVカット効果を持っている
  • 崩れにくいと表記されている
  • 脂性肌からの評判がいい

本記事では、脂性肌に適した下地を選ぶための5つのポイントのうち、特に「脂性肌からの評判がいい」という点に着目して、脂性肌の方でも崩れにくいという口コミが多かった化粧下地を9個集め、本当に崩れにくいのかを試して、本音でレビューしてみました。

佐藤蓉子プロフィール

本記事で化粧下地の崩れにくさを検証したハリツヤ研究員は、混合肌で夕方頃のテカリが気になるものの、化粧下地を使うメリットがわからず、普段は化粧下地を使わずにメイクをしているとのこと。

皮脂崩れに強い化粧下地でメイクの崩れにくさがどの程度実感できるのか、また9商品の中でも、脂性肌でも崩れにくい化粧下地は一体どれなのか、検証を行っていきます。

皮脂に強い化粧下地の検証方法

  • 朝、皮脂崩れに強い化粧下地を使ってメイクをし、化粧直しをせずに1日を過ごして、肌のテカりにくさ、保湿力、使い心地の3点を5点満点で評価。
  • 朝9時、昼13時、夕方17時の3回、皮脂とテカリの状態を、以下2項目からチェック
    ①Tゾーンにフォーカスした写真を撮影し、肌のテカリやメイクの崩れ具合を確認
    ②あぶらとり紙で皮脂の分泌量を確認
    ※検証期間中、化粧下地以外のメイク方法や道具は変えない

検証した全9商品と結果を一覧でご紹介

今回検証した全9商品の総合ランキングは以下の通りです。

総合順位

1位

2位

3位

3位

 3位

6位

6位 

8位 

9位 

商品画像プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUVチャコット HDエンリッチングO2ベースエスプリーク テカリくずれ防止化粧下地EXセザンヌ 皮脂テカリ防止下地草花木果 化粧下地(テカリ知らず)イヴ・サン・ローラン・ボーテ ラディアントタッチブラープライマーアテニア スキンレタッチャーキス マットシフォンホワイトニングベースUV
ブランド

プリマヴィスタ

マキアージュ

chacott

エスプリーク

セザンヌ草花木果イヴ・
サン・ローラン
・ボーテ
アテニアキス
商品名

皮脂くずれ防止下地

ドラマティック
スキンセンサーベースUV

HD
エンリッチング
O2ベース

テカリくずれ
防止化粧下地
EX

皮脂テカリ
防止下地

化粧下地
(テカリ知らず)

ラディアント
タッチブラー
プライマー

スキン
レタッチャー

マットシフォン
UV
ホワイトニングベースN

内容量

25mL

25mL

42g

30g

30mL

26mL

30mL

25g

37g

価格(税込)

3,024円

2,808円

1,728円

3,024円

648円

2,160円

6,840円

1,728円

1,728円

検証結果|脂性肌に良い化粧下地ランキング!

1位|ソフィーナ Primavista 皮脂くずれ防止化粧下地

ソフィーナ Primavista 皮脂くずれ防止化粧下地

ソフィーナ Primavista レビュー

ソフィーナ Primavista レビュー02

プリマビスタ評価

使用した本音レビュー
ハリツヤ研究員
皮脂崩れも乾燥も特に気にならず、使った感じは軽めのテクスチャーで伸びが良かったです。

化粧下地を肌に伸ばすとすぐに肌になじみました。

脂性肌に最も適した化粧下地の第1位に輝いたのは、ソフィーナ プリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地です。

プリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地は、「最強くずさない下地」をうたい、発売された2011年から有名雑誌や美容情報サイトでのコスメアワードで1位を受賞し続ける実両派の化粧下地です。

4時間ごとに撮影したあぶらとり紙とTゾーンの写真を見比べると、時間が経つにつれて肌の皮脂量は増えていくにも関わらず、肌にテカリはなく、あぶらとり紙へのファンデーションの色移りがないことから、メイクの皮脂崩れも見られません。

小林なつき
皮脂分泌が多く肌が乾燥してしまうこともある脂性肌の方にとって、保湿効果が十分にあり、皮脂をきちんと吸着して肌に広げないプリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地は、まさに最適な化粧下地であるといえます。

2位|マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUVレビュー

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUVレビュー02

マキアージュ評価

使用した本音レビュー
ハリツヤ研究員
皮脂崩れは特に気になりませんでしたが、少しだけ乾燥するかな?と感じました。

つけた感じはとてもみずみずしいテクスチャーで、伸び、肌なじみも良く、使いやすかったです。

脂性肌に最も適した化粧下地の第2位は、マキアージュのドラマティックスキンセンサーベースUVです。

実際にマキアージュのドラマティックスキンセンサーベースUVを使用したハリツヤ研究員は、つけた瞬間のテクスチャーのみずみずしさ、肌なじみの良さと使いやすさを評価していますが、使っているうちに少しだけ肌が乾燥したような気がするとして、保湿力は3.5点。

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があるため、マキアージュのドラマティックスキンセンサーベースUVは第2位となりました。

小林なつき
皮脂を抑える力は十分にあるため、肌の水分量は十分で、皮脂を抑えたいという脂性肌の方には、マキアージュのドラマティックスキンセンサーベースUVが適しています。

3位|Chacott HDエンリッチングO2ベース

Chacott HDエンリッチング02ベース

Chacott HDエンリッチング02ベースレビュー

Chacott HDエンリッチング02ベースレビュー02

チャコット評価

使用した本音レビュー
ハリツヤ研究員
皮脂崩れ・乾燥は特に気になりませんでしたが、BBクリームのように少し重めのテクスチャーだったので、厚塗り感が出てしまったように感じます。

脂性肌に最も適した化粧下地の第3位は同率で3商品あり、1つ目はChacottのHDエンリッチングO2ベースです。

ChacottのHDエンリッチングO2ベースは独自に配合されたハイブリッドHDパウダーの力で、白浮きしない、透明感のある肌を演出して、毛穴などの肌トラブルを目立ちにくくする化粧下地です。

4時間ごとに撮影したあぶらとり紙とTゾーンの写真を見比べると、9時時点での皮脂の量は最も少なく、徐々に皮脂の量が増えているものの、肌には全くテカリが出ず、ツヤのある肌をキープしています。

また、あぶらとり紙へのファンデーションの色移りもないため、メイクが皮脂崩れしている様子も見受けられません。

実際に化粧下地を使用したハリツヤ研究員は、HDエンリッチングO2ベースのテクスチャーの重さを指摘し、厚塗りのように感じられたとコメントしていますが、時間が経っても崩れがないことから、肌のカバー力の高さをうかがうことができます。

小林なつき
毛穴やシミなど、肌に隠したいトラブルがある脂性肌の方は、ChacottのHDエンリッチングO2ベースがおすすめです。

3位|エスプリーク テカリくずれ防止化粧下地EX

エスプリーク テカリくずれ防止化粧下地EX

エスプリーク テカリくずれ防止化粧下地EXレビュー

エスプリーク テカリくずれ防止化粧下地EXレビュー02

エスプリーク評価

使用した本音レビュー
ハリツヤ研究員
皮脂崩れは特に気になりませんでしたが、少し頬が乾燥した印象があります。

みずみずしいテクスチャーでしたが、アルコールが入っているのかスース―したため、肌の弱い方は避けた方が良いかと思います。

脂性肌に最も適した化粧下地、同率第3位の2つ目は、エスプリークのテカリくずれ防止化粧下地EXです。

4時間ごとに撮影したあぶらとり紙とTゾーンの写真を見比べると、時間の経過で徐々に肌のテカリが現れてきますが、あぶらとり紙にとれる皮脂の量は少なく、化粧下地自体が皮脂を抱え込んで肌表面に出さないようにしていることがわかります。

皮脂が化粧下地に抱え込まれているため、あぶらとり紙へのファンデーションの色移りもなく、メイクの皮脂崩れは見られません。

実際に化粧下地を使用したハリツヤ研究員は、みずみずしいテクスチャーではあったものの、配合成分のエタノールが肌の水分を奪ってスース―したのを感じ、頬が乾燥したことを指摘しました。

小林なつき
皮脂の分泌は多いけれど肌は乾燥しているという脂性肌の方はエスプリークのテカリくずれ防止化粧下地EXは避けた方が無難ですが、肌は十分に潤っているという脂性肌の方の場合、エタノールが肌を冷やしてくれるため、汗をかく夏場におすすめの化粧下地です。

3位|セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地レビュー

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地レビュー02

セザンヌ評価

使用した本音レビュー
ハリツヤ研究員
皮脂崩れは特に気になりませんでしたが、少し頬が乾燥した印象があります。

使ってみた感じでは、みずみずしいテクスチャーで肌なじみも良かったです。

脂性肌に最も適した化粧下地、同率第3位の最後の1つは、セザンヌの皮脂テカリ防止下地です。

今回ご紹介した9商品の中でも唯一、1,000円以下で購入できるプチプラ中のプチプラ化粧下地ですが、その実力は同率3位の化粧下地と並んでも引けを取りません。

4時間ごとに撮影したあぶらとり紙とTゾーンの写真を見比べると、あぶらとり紙にとれる皮脂の量は増えていきますが、肌のテカリの現れ方は緩やかで、徐々に額に皮脂がにじむ程度、あぶらとり紙へのファンデーションの色移りはありません。

実際に化粧下地を使用したハリツヤ研究員は、みずみずしいテクスチャーと肌なじみの良さを評価していますが、使っている間に頬が乾燥してきたことを指摘しており、保湿力はやや低めだということがわかります。

小林なつき
皮脂の分泌量が多く、どうしてもプチプラの化粧下地で抑えたいという方は、セザンヌの皮脂テカリ防止下地がおすすめですが、使用の際には必ず保湿ケアをして肌の乾燥を予防するようにしてください。

6位以下の化粧下地を一挙公開

ここからは6位以下の化粧下地と、ハリツヤ研究員の評価の合計点数をご紹介していきます。

順位

総合点数

商品画像

商品名

6位

10.5/15点

草花木果 化粧下地(テカリ知らず)

草花木果

化粧下地(テカリ知らず)

6位

10.5/15点

イヴ・サン・ローラン・ボーテ ラディアントタッチブラープライマー

イヴ・サン・ローラン・ボーテ

ラディアントタッチブラープライマー

8位

9.5/15点

アテニア スキンレタッチャー

アテニア

スキンレタッチャー

9位

8/15点

キス マットシフォンホワイトニングベースUV

キス

マットシフォンUVホワイトニングベースN

草花木果の化粧下地は伸ばしやすいテクスチャーで自然な香りがハリツヤ研究員の好みに合い、使用感が4点と高めだったのですが、両頬が乾燥でつっぱるような感覚があったことから、保湿力がやや低めで6位。

同率6位のイヴ・サン・ローラン・ボーテのラディアントタッチブラープライマーはゴールドのラメが肌のツヤを演出し、肌なじみも良いものの、徐々にテカリを抑えきれなくなって、テカりにくさの点数が2.5点と低めの点数となりました。

アテニアのスキンレタッチャーは保湿力が高く、乾燥にはつながりませんが、化粧下地の色が真っ白でメイクが白浮きしてしまうこと、メイクから時間が経つと皮脂で肌がテカり始めてしまうことから8位。

最下位はキスのマットシフォンUVホワイトニングベースNで、テクスチャーは伸びも肌なじみも良いのですが、時間が経つにつれて肌がつっぱり、メイクの皮脂ぐすみを引き起こしてしまったため、この順位となりました。

小林なつき
皮脂によるメイク崩れやテカリに悩んでいるという脂性肌の方は、ぜひ本記事のランキングを参考に、自分の肌にぴったり合った化粧下地を見つけてくださいね。

脂性肌のメイク持ちを良くする化粧下地の使い方

脂性肌の方に適した化粧下地をランキング形式でご紹介してきましたが、脂性肌のメイク持ちを良くするためには、化粧下地の使い方も工夫する必要があります。

ここからは、脂性肌の方が化粧下地を使う際に気を付けてほしいポイントをご紹介していきます。

化粧下地の前には保湿ケアを欠かさない

女性が化粧品を手に持っている

脂性肌の方が化粧下地を使う際に気を付けてほしいポイントの1つ目は、化粧下地の前の保湿ケアを怠らないことです。

脂性肌の方は皮脂の分泌量が多く、肌が潤っていると感じている方も多くいますが、皮脂が過剰に分泌される原因の1つとして、肌が乾燥してしまっていることがあげられます。

また、肌に水分が足りていない場合、メイクノリも悪くなり、長時間きれいなベースメイクを保つことが難しくなってしまいます。

関連記事を参考に、正しい保湿ケアをして、きちんと肌にスキンケア化粧品がなじんだことを確認してから、化粧下地を使うようにしましょう。

化粧下地を正しく塗る

保湿をしている女性

皮脂をコントロールし、テカリや崩れに強い化粧下地は、皮脂の分泌を抑える効果が高いため、顔全体の化粧下地の量がすべて均一になるように塗るのではなく、自分のテカリが気になる部分にはよく塗りこみ、テカらない部分には薄く塗り広げるようにしましょう。

テカリや崩れに強い化粧下地の正しい使い方

  1. 手の甲にパール1粒大の化粧下地を取る
  2. 利き手の中指で化粧下地を取り、額、両頬、あご、鼻筋の5か所に化粧下地を点置きする。
    このとき、額と鼻筋に置く下地の量を多めにする
  3. テカリの気になるTゾーンの毛穴を埋めるように、化粧下地をしっかり塗り込む
  4. 中指を使い、頬やあごに置いた化粧下地をフェイスラインに向かって薄く塗り広げる
  5. 化粧下地をフェイスラインまでのばしたら、他の指よりも力が入りにくい薬指の腹で、フェイスラインあたりの化粧下地を薄くぼかすようにトントンと地肌の色となじませる
  6. まぶたや口元などの乾燥した部分には、指先に残った化粧下地をトントンと置くようにして塗り広げる

自分の肌のテカる部分とテカらない部分で化粧下地の塗り方を変えると、皮脂の出方が変わり、全体的にマットな肌、というよりは、自然な印象を受けるベースメイクを作ることができます。

化粧下地を塗る際は、テカる部分に化粧下地が浮かないように気を付けながら多めに塗りこみ、テカらない部分は薄めになるように心がけて塗るようにしましょう。

ファンデーションを厚塗りしない

手でバツをつくる女性

化粧下地を使った後のファンデーションは厚塗りをしないように心がけてください。

ファンデーションを厚塗りしてしまうと、ファンデーションの油分が多くなり、化粧下地で押さえきれなかった皮脂と混ざり合ってよれてしまう可能性が高くなります。

メイクの崩れを予防するためにも、ファンデーションは薄付きで塗るようにしましょう。

関連リンク(まだ上がってません/脂性肌 ベースメイクの記事)

脂性肌でも皮脂に強い化粧下地で長持ちメイクを実現!

女性が微笑みながら頬に両手を当てている画像

脂性肌の方でも皮脂に強い化粧下地を使うことで、メイクの持ちを良くし、化粧直しの回数を減らす、または化粧直しをしなくてもきれいなメイクをキープできる可能性があります。

脂性肌の方に適した化粧下地は、以下のようなポイントに気を配ることで見つけやすくなる傾向があります。

脂性肌に適した下地を選ぶための5つのポイント

  • 皮脂をコントロールする成分が入っている
  • 保湿成分が配合されている
  • UVカット効果を持っている
  • 崩れにくいと表記されている
  • 脂性肌からの評判がいい

また、本記事では、脂性肌の方でも崩れにくかったと評判の化粧下地を9つ集め、実際に肌のテカリに悩むハリツヤ研究員による検証を行い、ソフィーナ プリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地が最も皮脂くずれを抑える化粧下地である、という結果が出ました。

しかし、脂性肌と言ってもいろいろなタイプの脂性肌の方がいますので、必ず今回検証を行ったハリツヤ研究員と同じような結果を得ることができるとは限りません。

化粧下地を選ぶ際には、必ずテスターなどを使って自分の肌に合った化粧品かどうかを確認してから購入するようにしてください。

あなたにとって最も崩れにくく、長持ちメイクができる化粧下地が見つかることを願っています。

この記事を書いた専門家

小林なつきプロフィール

脂性肌の研究者

小林 なつき

ハリツヤ研究員として美しい肌の何たるかを日々研究しています。過去、舞台メイクをする環境の中、メイクが原因のニキビ・肌荒れの悩みが改善できずに諦めた苦い経験を胸に、美しい肌を諦めない皆さまの悩みを全力で解決していきます!

肌質混合肌