ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

鼻の毛穴に黒っぽいブツブツが目立ついちご鼻に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

せっせとスキンケアをしているのに、なかなか改善しないと嘆いている方も大勢いると思います。

どうしていちご鼻になると思いますか?オイリー肌だから?洗顔が足りないから?いいえ、どちらの答えも間違いです。

いちご鼻に悩む人が多いのは、その誤解のせいかもしれません。いちご鼻の原因は、簡単に言ってしまえば肌荒れです

肌荒れを治すためには、正しい洗顔と正しい保湿がカギとなります。

ここではいちご鼻とは何なのか?いちご鼻ができるメカニズムからいちご鼻を治す正しい洗顔方法、さらにおすすめの洗顔料についてまで、詳しくご紹介します。

いちご鼻への誤解を解き、正しい洗顔を習慣にすることで、じっくりといちご鼻を改善しましょう。

いちご鼻の黒く固まった毛穴は角栓が酸化したもの

strawberry_nose

いちご鼻とは、鼻の毛穴が大きく開いてポツポツと黒ずんでいる状態のことを指します。

いちご鼻というユーモラスな表現は、誰が使い始めたのか分かりませんが、とても的確ですよね。

果肉に小さな種が並んでいるいちごは、鼻にブツブツと黒い小さな固まりが並んでいる様子にそっくりです。

でも、果物のいちごなら美味しそうですが、いちご鼻は避けたいもの。なんとなく不潔に見えますし、顔の中央にあって目立ちます。

女性だけでなく、最近では男性もいちご鼻を気にしているようですよ。

いちご鼻を引き起こす仕組みは、毛穴に詰まった角栓が酸化して詰まってしまうことにあります。

毛穴の中には、皮脂と、古い角質と、たんぱく質でできた角栓が存在します。

角栓と聞くと、ニキビができる原因なのではないか、いちご鼻は角栓の集まりだ、という誤ったイメージが多いです。

実は角栓には肌を健康に保つために、毛穴から異物・雑菌が入ってくるのを防ぐという重要な役割があり、肌のターンオーバーという、肌自身の生まれ変わりに応じて角栓も新しく生まれ変わっています。

角栓自体は肌にとって悪い存在ではなく、きれいな角栓は肌の健康のためには重要なのです。

しかし、肌のターンオーバーがうまく機能せずに毛穴に角栓が詰まってしまうと、角栓のもとである皮脂が酸化して黒くなり、毛穴の黒ずみを生んでしまいます。

これが、いちご鼻ができる仕組みです。

いったん角栓が毛穴をふさいでしまうと、皮脂汚れが外に出られなくなるので詰まった角栓はより大きく育っていきます。

大きくなってしまった角栓は毛穴の中を押し広げるように成長していって、詰まりも皮脂汚れもなかなか取ることができないのが、いちご鼻がなかなか改善されない理由です。

ケアしすぎるといちご鼻は、いつまでも治らない

pusher001

いちご鼻を素早く改善したいから、毛穴ケア・角栓ケアを重点的にする、という考えの人は多いかもしれません。

毛穴ケア・角栓ケアとして有名なスキンケア方法として、写真のようなコメドプッシャーを使用したり、毛穴パックで詰まった角栓を取るという方法があります。

コメドプッシャーは、角栓の詰まった毛穴を取り囲むように金属の輪を当て、物理的に押し出すための器具です。ニキビができたときに、毛穴の中に詰まってしまった皮脂を取り出すために使う方も多くいると思います。

たしかにコメドプッシャーでにょろっと押し出された角栓や、ベリッとはがした毛穴パックにごっそりついている角栓を見るとスッキリしますよね。

「こんなに取れた!」と、快感ですらありますが、どちらの方法も、肌を物理的に強く痛めつけて肌を固くし、肌荒れを進めます

また、毛穴を無理矢理開いてしまうため、角栓詰まりが取れたとしても、ぽっかりと毛穴が開いてしまいきれいな鼻には見えません。

強引に角栓を取るのは、一時的にはスッキリしますが、根本的な改善にはならず、いちご鼻の状態を悪化させかねません。

もちろん指で押し出すのも物理的なダメージを与えてしまうので、控えてください。

「いちご鼻」になる原因は3つ

skin_trouble002

皮脂が大量に分泌されいちご鼻になる

思春期の頃に皮脂が多く分泌されるのは、ホルモン分泌が盛んだからです。中学生や高校生がニキビに悩まされるのも、ホルモンに誘発されて大量に分泌される皮脂が原因となっています。同じ皮脂分泌でも、40歳代以降となると、様子は違ってきます。

40歳代以降の人に皮脂が大量に分泌されてしまうのは、意外に思われるかもしれませんが、乾燥肌が原因となっていることが多いのです。若い頃にニキビに悩まされた経験から、自分はオイリー肌だと思い込んでいる方や、毎日しっかりとメイクしている方は、特に注意が必要です。

オイリー肌だから、またはしっかりメイクを落とそうとして、熱心にクレンジングや洗顔をしすぎた結果、必要な皮脂まで落としすぎ、オイリー肌どころか乾燥肌になってしまっている可能性があります。

乾燥肌になり、肌が水分不足や皮脂不足を感じると、大量の皮脂が分泌されます。大量の皮脂は古い角質と結びつき角栓となり、角栓が酸化し黒ずんでいちご鼻を作ります。

ターンオーバーの乱れから「いちご鼻」になる

skin_information001

皮膚細胞は、表皮の一番下にある基底層で生まれ、日を追うごとに押し上げられ、やがて一番表面まで達してアカとなり剥がれ落ちていきます。

皮膚細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでの一連のサイクルを肌のターンオーバーといいます。言い換えれば、ターンオーバーは肌の新陳代謝です。健康な肌ならターンオーバーにかかる日数は平均28日です。

例えばストレス、寝不足、栄養不足、喫煙、お酒の飲み過ぎなど、肌のターンオーバーは、生活習慣やストレスによりすぐに乱れてしまいます。

また、生活習慣に気を配っていても、単純に加齢が原因で、ターンオーバーにかかる日数が変わってしまうこともあります。長い人では、ターンオーバーに40日以上かかることも。

ターンオーバーの周期が、長すぎたり短すぎたりすると、くすみ、肌のごわつき、シワ、乾燥、肌荒れなど、いちご鼻以外にもさまざまな肌トラブルの元になります。

肌が固くて毛穴が開いているからいちご鼻になる

skin_trouble002
例えば、柔らかいグミと固いキャンディを、それぞれ小さな箱にぎゅうぎゅう詰めにしたと思ってください。グミの方はあまり隙間が目立たないのに対して、キャンディの方は隙間だらけになりますよね。

わたしたちの肌も同じです。肌がグミのように柔らかければ毛穴は目立ちませんが、キャンディのように固いと毛穴が閉じず目立ってきます。この開いた毛穴に角栓がたまり、やがていちご鼻になるのです。

では、どうして肌が固くなるかというと、その原因として、乾燥肌と物理的ダメージの2つが考えられます。

肌が乾燥すると固くなるのは、植物が枯れて乾くとカサカサと固い感触になるのと同じです。弾力性のある柔らかい肌をキープするためには、潤いを保つことが何より大切なのです。

もう一つ、物理的ダメージでも肌は固くなります。例えば無理に指で押し出して角栓を取ったり、洗浄力の高すぎる洗顔料を使うことでも肌に物理的ダメージを与えてしまいます。

物理的ダメージを受けると、肌を守ろうとして角質層が分厚くなってしまい、その結果、肌が固くなってしまうのです。

日常的にダメージを受けやすい足裏やヒザ部分の固い肌をイメージしていただくと分かりやすいかと思います。

肌を健康に保てばいちご鼻は改善できる

norse001
黒ずんだブツブツからやや不潔な印象があるいちご鼻。

もしもあなたが、いちご鼻をどうしても治したいからと、洗浄力の高いクレンジング剤や洗顔フォームで、1日に何度も時間をかけて顔を洗って、肌を清潔に保つよう努力しているとしたら・・・。

その過剰な洗顔がいちご鼻を、治りにくくしている可能性が高いです。

いちご鼻を治すには、原因となる肌の乾燥、ターンオーバーの乱れ、肌の固さを適切な方法で改善することが必要です。

間違った過剰なケアは、肌の乾燥を進め、ターンオーバーをさらに乱れさせ、肌をより固くしてしまいます。

肌を健康に保つことが、結果としていちご鼻の改善にもつながるのです。いちご鼻の改善と肌の健康のため、基本となる洗顔を見直すことから始めましょう。

いちご鼻を治す正しい洗顔方法をマスターしよう!

water001

習慣にしたい正しい洗顔方法

手を洗い、軽く顔を濡らしておきます

忘れがちですが、まず手をきれいにしましょう。洗顔石鹸の泡が滑りやすいように顔も濡らしておきます。

皮脂が適度に溶け出す約32~34度のぬるま湯を使います。手でさわるとほんのり温かい程度です。

②洗顔ネットを使って洗顔石鹸をよく泡立てます

洗顔ネットで洗顔石鹸を包み、細かい泡が立つまでしっかりと泡立てます。

③Tゾーンやあごから洗い始めます

皮脂分泌の多い、額から鼻にかけてのTゾーンやあごから洗い始めます。肌に泡のクッションを滑らすイメージで、力を入れすぎずに優しく洗いましょう。

④目や口の周りは最後に手早く洗います

次に頬などを全体的に洗っていきます。目と口の周りは皮膚が薄いところなので、石鹸の泡が載っている時間が長くならないように、一番最後に手早く洗います。

⑤洗顔時間は30秒を目安に

あまり洗顔時間が長すぎると、肌に負担をかけてしまいます。30秒を目安に、洗顔石鹸の泡を落としましょう。ちょうど30秒くらいの歌を選んで心の中で歌ってみるなど、工夫してください。例えば「もしもしかめよ」をゆっくり歌えば30秒です。

⑥すすぎは丁寧に

洗顔料が肌に残らないよう、すすぎは丁寧におこないます。髪の生え際や耳についた泡も残さず洗い流しましょう。

⑦タオルで押さえるように水分を取ります

顔の水分を取るときには、タオルを上下に動かしてごしごしこすらないように注意しましょう。タオルで顔を押さえて、水分を吸い取らせます。

⑧基礎化粧品で整えます

化粧水から保湿クリームまで、いつもの基礎化粧品で整えます。乾燥肌が余分な皮脂分泌を招きますから、しっかりと保湿してください。

朝は洗顔料を使わない洗顔を

towel_wash006

朝は洗顔料を使わず、水やぬるま湯だけで洗顔する、素洗いでも、寝ている間の汚れをしっかり落とすことができます。

洗顔専用の洗顔タオルで、肌に刺激を与えないように拭き取ってあげると尚良いです。

また、蒸しタオルを顔に載せ、しばらくしたら蒸しタオルで拭き上げて仕上げる蒸しタオル洗顔も肌に優しい洗顔方法です。

蒸しタオルを顔に載せておくと肌が柔らかくなり、基礎化粧品の浸透力が高まります。

夜のクレンジング料も刺激が少ないものを見極めて

soap004
夜はメイク落としから始めます。クレンジングはメイクが落とせるくらい洗浄力が強くできていますので、より肌に優しい商品を選びたいものです。

いろいろなタイプがありますが、強力な洗浄力がある合成界面活性剤を使わないもので、クリームタイプやジェルタイプなどの肌に負担をかけないものを選びましょう。

ダブル洗顔が必要な場合や、メイクをしていない日の洗顔料は、合成界面活性剤を含んだ洗顔フォームは使用しないようにしましょう。

合成界面活性剤は油とよくなじむので、皮脂を落とし過ぎて、乾燥肌の原因にもなります。

洗顔フォームではなく、合成界面活性剤が含まれていない洗顔石鹸を選びましょう。

いちご鼻の角栓ケアにワセリンパックがおすすめ

vaselineワセリン 商品ページはこちら

ワセリンという保湿剤をご存知ですか?ワセリンとは、高純度の原油を原料としてつくられた、肌や、唇の乾燥などに用いられる保湿剤です。

ワセリンを皮脂汚れが詰まったいちご鼻に塗って、パックするというワセリンパックがいちご鼻の改善に効果的といわれています。

ワセリンも皮脂も同じ油分であるため、パックをして時間を置くとそれぞれが同化してやわらかくなった皮脂が洗顔で洗い流せるので、詰まりの解消に効果が期待できます。

ただ、ワセリンは原料が油なので塗りすぎるとギトギトして不快に感じたり、ホコリが付着して逆効果になりかねません。自分自身が不快に感じない適量を考えて使いましょう。

〈ワセリンパックの手順〉

  1. 就寝前、ぬらして絞ったタオルを電子レンジで1分程度温めて、蒸しタオルを作る。蒸しタオルを鼻にのせて温めて鼻の毛穴を開かせる。
  2. 適量のワセリンを鼻に塗る。
  3. そのまま寝て、翌日の朝に洗顔を行って、ワセリンを落とす。

ピーリング石鹸を使って角栓ケアを

peeling_soap

ピーリング石鹸とは、皮膚の角質層を溶かす働きをするAHAという成分が含まれた石鹸のことをいいます。

ピーリングは「はがす」という意味の言葉で、ピーリング石鹸を使用すれば毛穴に詰まった角栓をはがす効果が期待できます。

しかし、いくら角栓をとりたいからといっても、角質層を毎日毎日はがしてしまうと、逆に肌に直接刺激を与えかねません。

ピーリング石鹸は確かに効果的ではありますが、商品ごとに決められた使用頻度を守って使うようにしましょう

いちご鼻改善におすすめ洗顔石鹸

いちご鼻を改善するために重要になってくるのは、健康な肌を保ち、ターンオーバーを促すことです。

健康な肌を保つ秘訣は、皮脂によるテカリが気になるからといって過度な洗顔をしないで適度な皮脂を保ち、肌を乾燥させないこと。

ただ洗顔して汚れを落とすだけではなく、肌のうるおいを保つことを重視した、いちご鼻改善におすすめの洗顔石鹸を紹介します。

 

ココラルムマイルドソープ

ココラルムマイルドソープ

VCOマイルドソープの成分

ココラルムマイルドソープは、ただ顔の汚れを落とすだけでなく肌の健康を守ることにこだわって作られた洗顔石鹸です。

いちご鼻が気になる方には、鼻の皮脂が汚れの元、と考えてとにかく洗顔の回数を増やしたり、ゴシゴシと肌をこすって洗うような刺激の強い洗顔をしている方が非常に多くいます。

しかし肌の水分を保つには適度な皮脂が必要なため、洗顔をしすぎると逆に皮脂が過剰に分泌してしまう原因になりかねません。

ココラルムマイルドソープには、洗顔をしたあとでも肌に油分を残せるように「VCO(ヴァージンココナッツオイル)」が配合されています。

洗顔で綺麗に肌を洗い流したあとでも、VCO(ヴァージンココナッツオイル)の油分が肌に適度に残るため、過剰に皮脂が分泌されるのを防ぐ効果が期待できますよ。

いちご鼻対策は、基本のスキンケアをコツコツ続けること!

いちご鼻を改善するためには、ターンオーバーの乱れがなく、適度な水分と脂分を保った弾力とハリのある健康な肌を作ることが大切です。

そのための方法は特別なものではありません。正しい洗顔方法と適切な基礎化粧品でのスキンケアを毎日続けることです。

しかしいちご鼻は、正しい洗顔とスキンケアをすれば、すぐに改善されるものではありません。

毎日の正しいケアの積み重ねで少しずつキレイになっていくものです。あせらず、じっくりと取り組んでみてください。

この記事を書いた専門家

ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部