ハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水の保湿力を10人にアンケート調査

化粧品メーカーのイミュから発売されているナチュリエシリーズのスキンコンディショナー「ハトムギ化粧水」。

ツイッターなどのSNSで使用者の口コミから人気に火がつき、1本で700円前後という価格の低さから10代~60代前後まで幅広い年齢層の人に使われているベストセラー化粧品です。

そんな大人気のハトムギ化粧水ですが、情報サイトに掲載されたハトムギ化粧水の使用感を見ていくと「保湿力」よりも、さっぱりとした使用感やコスパの良さから得られた口コミがほとんど。

化粧水は本来、保湿スキンケアの中で洗顔後すぐに肌に水分を与える大切な役割があるため、ハトムギ化粧水で充分に保湿することができるのか分からず、手が出せないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、ハトムギ化粧水を実際に使ってみて、ハトムギ化粧水の保湿力がどれだけあったのか、使用者10名にアンケート調査を行いました。

質問①|ハトムギ化粧水だけで保湿力を充分感じた?

使用感やコスパの良さから老若男女に人気なハトムギ化粧水。

今回の実験では、ハトムギ化粧水の一回分の500円玉大を肌になじませ、5分経過後の保湿力を回答してもらいました。

ハトムギ化粧水 保湿力 アンケート

ハトムギ化粧水を使った10人中、「ハトムギ化粧水だけで充分な保湿力を感じた」という人は1人もいませんでした。

最も多かったのが、「ハトムギ化粧水の保湿力は普通だが、乳液やクリームをつければ保湿が実感できる」という回答で6人。

次に多かったのが、「保湿力を感じられず、すぐに乳液や保湿クリームをつけないと乾燥する」という回答が4人という結果に。

いつも使っている化粧水が乾燥肌用などの保湿力が高いものである人は声が多く見られました。

質問②|ハトムギ化粧水の使用感は?

<良い口コミ>

◆さっぱりしていて使用感が良い(20代後半・普通肌)

◆さっぱりしているが大容量でコスパが良く、一度にたっぷり使える(20代後半・混合肌)

◆肌の表面がすべすべとして整えられるような感覚があった(20代半ば・混合肌)

◆肌に吸い込まれていくような感覚はある。値段を考えると妥当では。(20代後半・混合肌)

<悪い口コミ>

◆敏感肌で乾燥肌だからなのか、保湿力を感じられない(20代後半・敏感肌)

◆500円玉大とたっぷりの量をつけても保湿力が感じられない。(20代後半・普通肌)

◆さっぱり・さらさらとしている割には肌にもちもち感はでるが、一時的なうるおいで持続しなかった(20代後半・敏感肌)

◆普段からさっぱりタイプの化粧水を使っているので使いやすさはあったが、乳液やクリームは必須ではないかと思う(20代後半・敏感肌)

◆水分を保つというよりも、肌の水分補給という感じ(20代後半・乾燥肌)

普通肌・乾燥肌・敏感肌・混合肌とさまざまな肌質の人にハトムギ化粧水を使ってもらいましたが、どんな肌質の人でも「保湿効果を感じられなかった」という口コミが多くありました。

ハトムギ化粧水をなじませた後には、肌にすべすべとした感触が生まれたり、肌のキメが整うように感じたという声もあったので、肌の状態を整える作用はあるといえますね。

中には、朝の洗顔の代わりにハトムギ化粧水をコットンに浸して肌を拭き取ると洗いすぎて皮脂を落としすぎることなく、水分を与えながら余分な汚れが拭き取れてメイクのりが良くなるという是非試してみたい回答もありました。

アンケート結果|ハトムギ化粧水だけでは保湿は不十分

10人のさまざまな肌質の女性にハトムギ化粧水を使ってもらった結果、ハトムギ化粧水の保湿力はほとんど感じられないということがわかりました。

ハトムギ化粧水は肌に水分を与えることがメインで、「保湿力は充分にあるとはいえない」という結果から、ハトムギ化粧水の後はすぐに乳液や保湿クリームでの保湿が必要であるといえます。

ハトムギ化粧水では保湿効果が得られにくい理由

実際にハトムギ化粧水を使用した10人の口コミから、ハトムギ化粧水単体では保湿力を充分に感じられないという結果が得られました。

実は、ハトムギ化粧水の保湿力が足りないと多数の人が感じた理由は、配合されている成分によるものだったのです。

保湿に最適な成分が配合されていない

ハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水に配合される保湿成分はBG、DPG、グリセリン、ハトムギエキスの4種類ですが、どれも高い保湿力がある成分ではないため保湿力が低く感じられることがあります。

化粧水に保湿力を求めるのであれば、肌の水分を保持する保湿効果の高い成分が配合されている化粧水を選んで使いましょう。

保湿効果が高い成分

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ヘパリン類似物質
保湿効果の高い化粧水を紹介している記事はこちら

保湿ローションのおすすめ6選!高保湿成分で乾燥肌を改善

化粧水は水分を与えるだけ

 

洗顔後の保湿スキンケアとして用いられる化粧水ですが、化粧水によってもたらされる効果は「角質層に水分を補い、肌を柔らかくしてキメを整える」ということ。

化粧水で肌にたっぷり水分を与えることを「補水」と呼び、保湿クリームや乳液のように肌の上に油分の膜をつくって水分が蒸発しないように保護することはできないため、化粧水だけでは保湿とはいえないのです。

化粧水で肌に水分を与える「補水」をしたあとは、乳液や保湿クリームなどの油分を含んだ保湿化粧品で肌の水分が逃げないようにカバーをかけて保湿してあげてくださいね。

ハトムギ化粧水後は乳液や保湿クリームで油分を与えて

ハトムギ化粧水を使った後は、乳液やをプラスして肌に与えた水分を油分で保護することで保湿ができますが、どんな乳液と保湿クリームを使うのがより保湿に効果的なのでしょうか。

ハトムギ化粧水と合わせて使うことがおすすめな乳液と保湿クリームを3商品選び、ハトムギ化粧水だけを付けた状態の肌と、ハトムギ化粧水と乳液または保湿クリームをつけた状態の肌の保湿力の違いを実験してみました。

もちもち持続!ハトムギ化粧水+無印良品の乳液

ハトムギ化粧水 無印 乳液

保湿クリームは配合されている油分が多くてベタつきが気になる・・・という人には、ハトムギ化粧水のあとに乳液を合わせて使うのがおすすめです。

無印良品の乳液(敏感肌用)しっとりタイプは、肌になじみやすく、配合された油分が肌の上に薄く膜を張り、ハトムギ化粧水で与えた水分を守ってくれますよ。

ハトムギ化粧水+無印良品の乳液の保湿力を比較実験

ハトムギ化粧水と無印良品の乳液(敏感肌用)しっとりタイプを使って、ハトムギ化粧水だけで保湿したときとの差を比較して見ていきましょう。

肌チェッカーの数値について

肌の理想の水分値は50~60%、油分値は16%~30%

今回の実験では水分値のみで比較し、肌にどれだけ水分を留められているかを計測して生きます。

ハトムギ化粧水 無印 乳液 水分・油分量 比較

ハトムギ化粧水のみで保湿した場合の肌を専用の肌チェッカーで計測してみると、水分は18.9%と乾燥が進んでいる状態です。

今回の実験体験者の肌質は、頬や口元に粉が吹くほどの乾燥肌。

ハトムギ化粧水だけで肌に水分を与えた状態の左側は、赤くエラー表示が出るほど低い数値になっているのが分かります。

一方、右の数値はハトムギ化粧水をつけた後に無印良品の乳液をなじませて5分経った後の肌で計測したもので、乳液をつけた後の肌の水分値は36.7%と約20%ほど水分値が上昇しています。

ハトムギ化粧水で与えた水分を、乳液に含まれる保湿成分や油分で保っているということが分かりますね。

コスパ最強!ハトムギ化粧水+ニベア青缶

ハトムギ化粧水 ニベア

保湿力はもちろん、コスパの良さも大事!という人には、ハトムギ化粧水の後にニベアクリームで保湿をする方法がおすすめ。

ニベアクリームには保湿成分であるスクワランやホホバ油が配合されているだけでなく、成分のほとんどがミネラルオイルやワセリンなどの油分でつくられています。

ハトムギ化粧水が肌に与えた水分に加えて、さらにニベアクリームの保湿成分によるうるおい補給や、配合されている油分が水分をキープすることができますよ。

さらにニベアクリームは、一つあれば全身に使っても2ヶ月ほどもつ青缶タイプ(中)でもドラッグストアで600円前後と、ハトムギ化粧水と合わせて使っても2000円以下でおさえられるコスパの良さも魅力です。

ハトムギ化粧水+ニベアクリームの保湿力を実験

ハトムギ化粧水 ニベア 水分・油分量 比較

次にハトムギ化粧水単体での保湿力と、ハトムギ化粧水 の後にニベアクリームを塗布して保湿を行った水分値・油分値の比較です。

ニベアクリームが持つ保湿力によって水分値・油分値ともにあがっていますね。

特に水分値は25%ほど高くなっており、ニベアクリームが持つこっくりとした油分によってハトムギ化粧水で与えた水分を肌に留めてキープしています。

最強保湿!ハトムギ化粧水+アヤナスクリーム

ハトムギ化粧水 ディセンシア クリーム

化粧水の後のスキンケアにも高い保湿効果が欲しいという人には、ハリツヤ編集部で以前行った保湿クリームの実験で最も保湿効果が高いと実証された「アヤナス クリームコンセントレート」を使うのが最適です。

アヤナスクリームの保湿効果が高いと実証された、保湿クリームの実験記事はこちら

9時間後の保湿力をランキング付け|おすすめの保湿クリームTOP12

アヤナスクリーム コンセントレートが高保湿な理由

  • 肌に溶け込む4種のオイル配合で肌を柔らかく保湿
  • 肌に存在しているコラーゲンの働きを活性化させる「CVアルギネート」配合
  • セラミドナノスフィア配合で角質層を包み込みながら保湿

ハトムギ化粧水+アヤナスクリームの保湿力を実験

ハトムギ化粧水 水分・油分量 比較

ハトムギ化粧水の後にアヤナス クリームコンセントレートを使用して保湿をしたあとの肌の水分値・油分値を測ってみると、水分値が乳液やニベアクリームを使うよりもさらに高い51%を示していました。

これはアヤナス クリームコンセントレートに含まれている保湿成分が、ハトムギ化粧水を付けた後の肌にさらにうるおいを与えていることが考えられます。

肌の油分量はクリームをつけた後のほうが下がっていますが、保湿は「肌の水分を保つこと」であるので、アヤナス クリームコンセントレートをハトムギ化粧水と一緒に使うと、保湿に効果的であることが分かります。

ハトムギ化粧水のコスパを生かしてたっぷり水分補給

ハトムギ化粧水は500mlの大容量で700円前後で購入できるコスパの良い化粧水。

大容量かつ低価格なので、たっぷり使っても「もったいない」と感じることなく、水分を補給することができます。

ハトムギ化粧水の一回の使用量とされているのは500円玉大ほどですが、何度も重ね付けしたり、コットンを使ったパックをしたりすると、肌に与える水分量が増えてみずみずしい肌に導いてくれますよ。

おすすめ方法①何度もたっぷり重ね付け

ハトムギ化粧水はどれだけたっぷりとつけても肌になじみやすく、ベタベタ感がないのが魅力の化粧水です。

何度もたっぷりと重ね付けすることで肌に与えられる水分が増えるので、特に乾燥が気になる人はハトムギ化粧水を重ね付けした後に乳液や保湿クリームを塗ってうるおいにフタをしてあげましょう。

おすすめ方法②ひたひたハトムギコットンパック

ハトムギ化粧水を500円玉大ほど顔全体になじませたあと、ハトムギ化粧水を満遍なく浸したコットンでパックをすると、肌により水分を与えることができます。

ハトムギ化粧水を浸したコットンを使うことで、肌に水分を与えている最中にどんどん水分が蒸発してしまうのを防ぎ、手で何度も重ね付けするよりもさらに効果的に水分を与えられますよ。

ひたひたハトムギコットンパックのやり方

  1. コットンを全部で5枚用意する
  2. コットン1枚ずつにハトムギ化粧水をたっぷりとひたひたになるまで浸み込ませる
  3. ひたひたになったコットンを、両頬・おでこ・鼻・あごの全5箇所にはりつける
  4. 3分そのまま待つ
  5. 3分後ゆっくりとコットンをはがして、両手で顔を包み込むようになじませる
  6. 乳液や保湿クリームを塗って保湿完了

ハトムギ化粧水には水分補給以外にこんな効果も

 ハトムギ化粧水は肌に水分を与えるだけでなく、配合されている成分の特徴からニキビへの対策や日焼け後のほてり冷ましとして使うこともおすすめです。

ハトムギ化粧水には抗炎症成分の「グリチルリチン酸2K」が配合されているため、肌荒れやニキビができやすい肌を落ち着いた状態に整える働きがあるのです。

さらに、ハトムギ化粧水にはさっぱりとした使用感を与えるためにエタノールが含まれており、エタノールが持つ特徴であるひんやりとした感触によって火照った肌をクールダウンさせることができますよ。

まとめ

ハトムギ化粧水だけでは物足りなく感じる保湿力は、化粧水の後に付ける乳液や保湿クリームで補ってあげることが大切です。

大容量で低価格なハトムギ化粧水のコスパの良さを生かして、効果的に保湿してくださいね。