ハリツヤ編集部

30代からの肌悩みを解決するプロ集団

ハリツヤ研究所編集部

洗顔は1日何回とするべきか悩む人が多いのではないでしょうか。

乾燥肌の人はもとより、オイリー肌やニキビ肌の人も洗いすぎが原因で、肌トラブルが起きているケースがあります。

洗顔のしすぎによって皮脂過剰となり、隠れ乾燥肌となる人もいます。

そこで、1日の洗顔の回数や洗顔料を使う回数、洗い方などについて肌タイプ別にみていきましょう。

健康肌の洗顔は1日2回までが基本といわれる理由

face wash001

 

肌の乾燥が気になる人や皮脂の分泌が多い人など、肌タイプは人によって異なりますが、美肌を保つためには、洗顔は1日何回が適切なのでしょうか。

洗顔で洗い流す汚れと1日2回がいい理由

towel_woman001

基本的に、健康的な肌質の方の洗顔は、朝と夜の2回が最も肌にいいといわれています。

洗顔の目的は余分な皮脂汚れ、古い角質を取り除くことで、洗顔することによって化粧水や乳液などスキンケア化粧品が、肌に浸透しやすくなります。

洗顔の回数が多かったり、洗顔にかける時間が長かったりすると、その分肌に摩擦を与えて傷つけてしまい、トラブルを引き起こす原因になることがあるので気をつけましょう。

冷たい水は皮脂汚れを落としにくく、温度の高いお湯で洗うと肌表面に必要な皮脂まで落としてしまうため、洗顔には32~35度くらいのぬるま湯が適しています。

ただし、ぬるま湯だけの洗顔では皮脂汚れを落としにくいため、洗顔料や洗顔石鹸を使った洗顔も必要です。

肌に必要な皮脂は残して、皮脂汚れを取り除くためには、1日2回の洗顔が適切なのです。

洗顔をしすぎると肌のバリア機能が低下する!

では、洗顔の頻度が多すぎると、肌にはどのような影響があるのでしょうか。

肌は皮膚の外側の表皮の中でも、一番外側の角層にバリア機能があることによって、乾燥や紫外線などの外部刺激から守られています。

角層の表面を「皮脂膜」が覆い、角層細胞内にある「天然保湿因子(NMF)」が水分をキープし、角質細胞の間を「細胞間脂質」が埋めることで、バリア機能が保たれている仕組みです。

しかし、洗顔をしすぎることによって、皮脂とともに天然保湿因子や細胞間脂質まで洗い流されてしまい、肌のバリア機能の低下を招きます。

すると、肌が乾燥するだけではなく、少しの刺激でも痒みを感じやすくなり、ウィルスや細菌も侵入しやすい状態となってしまいます。

肌のバリア機能が低下すると、修復されるまでに1日~数日の期間を必要とします。

化粧水や乳液で保湿しても、肌のバリア機能はすぐには回復しないため、洗顔のしすぎには気をつける必要があるのです。

肌は夜寝ている間に、成長ホルモンが分泌されることによって、修復が促されます。

そのため、特に朝、顔を洗いすぎることは避けるようにしましょう。

ニキビ肌やオイリー肌でも何度も洗うのは控えて

skin_trouble

 

ニキビ肌やオイリー肌の人の場合、肌の皮脂の分泌が多く、肌がベタベタしやすいですが、1日何回洗うのが適切なのでしょうか。

ニキビ肌やオイリー肌の洗顔回数とは

ニキビ肌やオイリー肌の人は皮脂量が多く、ベタツキから洗顔の頻度を増やしてしまいがちですが、洗顔は1日2回までとしましょう。

洗いすぎが原因で皮脂過剰となっているケースもあります。日中に肌のベタツキが気になる場合は、ティッシュでやさしく拭きます。

オイリー肌の人は朝と夜ともに洗顔料を使って洗いますが、ニキビ肌の人で、朝起きて顔の乾燥が気になる場合には、ぬるま湯での洗顔で十分です。

また、オイリー肌の人やニキビ肌の人も洗顔後の保湿は必要ですので、油分の少ない化粧水を選び、肌の状態に応じて乳液も使用しましょう。

ニキビ肌やオイリー肌の方におすすめの洗顔方法

ニキビ肌やオイリー肌の人の洗顔方法は、洗顔料や洗顔石鹸を泡立てて、おでこや鼻などのTゾーンに泡をのせてやさしく洗った後、頬やあごなどのUゾーンに泡を乗せて洗い、最後に目元や口元を洗います。

ゴシゴシ洗うことは、肌への刺激によって肌表面のダメージの原因となります。洗顔にかける時間は90秒ほどを目安としましょう。

その後、32℃~34℃のぬるま湯で流していきます。

オイリー肌の人はさっぱりとした洗い上がりを好む人が多いですが、洗浄力が強すぎるものやスクラブ入りの洗顔料は、肌への刺激が強すぎるため、避けることが望ましいです。

乾燥肌は洗顔料を使った洗顔を夜1回だけにしよう

towel_soap001

乾燥肌の人は洗顔後の肌のつっぱりが気になる人もいますが、洗顔は何回とするべきなのかみていきましょう。

乾燥肌は洗顔回数に加えて洗顔方法が大切

乾燥肌の人の場合は、特に「洗いすぎない」ことを意識することが大切です。洗顔は朝と夜の2回ですが、朝と夜では洗い方を変えましょう。

朝の洗顔は肌の状態に合わせて、皮脂の分泌が少なく、ベタつきを感じなければ、ぬるま湯での洗顔だけで十分です。

皮脂の分泌の多い頬や鼻などだけを洗顔料で洗う方法もあります。

朝の洗顔で洗顔料を使わないことで、肌に必要な皮脂をキープしやすくなり、天然のクリームの役割を果たすため、肌の乾燥が改善されます。

一方、夜の洗顔は乾燥肌の人も洗顔料を使って洗うことで、皮脂汚れを落とすことができます。

朝、夜ともに洗顔後はすぐに化粧水をつけて、美容液や乳液で肌に蓋をするイメージとしましょう。

乾燥肌の夜の洗顔方法

乾燥肌の人の中にはメイク落としを使わない人もいますが、肌にメイクや皮脂汚れ残してしまいます。

夜は化粧品や日焼け止めを使用している場合は、メイク落としを使ったうえで、洗顔料を泡立てて洗います。

洗顔料を泡立てて、乾燥を感じていない場所から泡をのせていき、必要な皮脂まで奪われるのを防ぐために、30秒で洗うのが目安です。

洗顔料を洗い流すときのお湯の温度は、オイリー肌の人よりも皮脂が流れるのを抑えるために、低めの30℃~32℃が向いています。

洗顔のし過ぎは隠れ乾燥肌の原因に

woman_trouble001

肌のベタツキからオイリー肌と思っていても、実は洗顔のしすぎによる隠れ乾燥肌のケースがあります。

肌がベタついても隠れ乾燥肌の可能性も

皮脂が多く分泌されていてテカっているのに、肌のつっぱりが気になる、あるいは、化粧が崩れやすいのに潤っていない、肌のキメが荒いといった人は、隠れ乾燥肌の可能性があります。

隠れ乾燥肌はインナードライ肌とも呼ばれ、肌のバリア機能が損なわれているため、肌表面の皮脂量が多くても、肌内部の水分は不足している状態です。

肌を外部刺激から守り、さらなる水分の蒸発を防ぐために、皮脂が過剰に分泌しているのです。

隠れ乾燥肌をオイリー肌と勘違いして、洗浄力の強い洗顔料を使い、洗顔をし過ぎたりすることで、さらに肌の状態を悪化させてしまうこともあります。

また、肌の油分を気にして、保湿を十分に行っていないケースもみられます。

隠れ乾燥肌を招く原因の一つは洗顔のし過ぎによるものですので、洗顔回数を見直してみましょう。

洗顔の回数や洗顔料を使う頻度を見直して、洗顔後の肌に化粧水や乳液などで適切に保湿を行うことで、肌の状態が改善していくケースもあります。

皮脂過剰によって大人ニキビを招くことも

洗顔のしすぎから、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり、大人ニキビができることもあります。

大人ニキビと思春期ニキビの見分け方のポイントは、ニキビのできる場所。

思春期ニキビは顔全体にできますが、特におでこや鼻などのTゾーンにできやすいのが特徴です。

一方、大人ニキビは頬やあごといったUゾーンにできることが多いです。

ただし、大人ニキビはストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの影響などが原因でできることもあり、肌の乾燥だけが要因とは限りません。

とはいえ、大人ニキビができたときは洗顔のしすぎも疑ってみましょう。

まとめ

肌タイプを問わず、「肌を洗いすぎていること」が、肌のバリア機能の低下を招き、肌トラブルへとつながっているケースがみられます。

洗顔の回数が多い、洗顔料の使用頻度が高いことは、肌の状態を悪化させる要因です。

「洗顔は1日2回まで」として、肌に必要な皮脂量は残しておきましょう。

これまでと洗顔の頻度や洗い方を変えるだけで、肌の乾燥や大人ニキビが改善する事もあります。

正しい洗顔回数と洗い方を守って、美肌を目指しましょう。