女性が頬を手で包み込んでいる画像
西村陽子プロフィール

エイジングケアとインナービューティーのスペシャリスト

西村 陽子

美白化粧品を探していると目にする「ハイドロキノン」という成分。

シミの悩みへの高い効果があるといわれているので、シミ対策にハイドロキノン化粧水を使いたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

ハイドロキノンは、効果が高い半面で取り扱いに注意が必要な成分。

本記事では、ハイドロキノン化粧水の正しい使い方や、おすすめのハイドロキノン化粧水を紹介します。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンというと、「美白効果が高い」「刺激が強い」といったイメージを持っている方も多いと思いますが、一体どのような成分なのでしょうか?

ハイドロキノンの特徴や注意すべき点を解説します。

高い美白効果を持った成分

両頬に手を添える女性

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど高い美白効果を持ち、その効果は美白成分として知られているビタミンCやアルブチン、トラネキサム酸などの10倍から100倍と言われています。

ハイドロキノンは、イチゴやコーヒー、紅茶などにも含まれている自然界に存在する成分。

酸化した成分を元の状態に戻す、「還元」という作用を持っているため、フイルム写真の現像にも使われています。

ハイドロキノンは、高い美白効果がある一方で、濃度が高いと肌への刺激となる場合があることから、日本では長い間皮膚科で処方される治療薬にのみ使われてきました。

2001年に薬事法が改正され、2%までの濃度に限っては、市販の化粧水やクリームなどに配合することが厚生労働省によって認められています。

他の美白成分と同じ扱いではない

指でバツを作る女性の画像

ハイドロキノンは、シミやそばかすに働きかける作用を持っていますが、ビタミンC誘導体やアルブチンと言った美白成分と同じ扱いではありません。

日本の化粧品に関する法律「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)」では、化粧品の効果として「美白」をうたうためには厚生労働省が認める「美白成分」を配合している必要があり、ハイドロキノンは「美白成分」としては認められていないのです。

厚生労働省が定義する「美白」とは、「メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」という、予防的な美白作用。

ハイドロキノンは、厚生労働省の定める「予防的な美白効果」を超えた作用を持っていることや、他の美白成分に比べて刺激性が高いことなどから、ビタミンCやアルブチンといった美白成分と同じ扱いにはなっていないのです。

取り扱いには注意が必要

注意事項

化粧水などへの配合濃度が定められているということからも、「ハイドロキノンは注意が必要な成分」ということがわかりますよね。

ハイドロキノン化粧水を使うにあたって、知っておきたいハイドロキノンの特性を挙げてみます。

肌や目への刺激性がある

ハイドロキノンで問題になるのが、刺激性や炎症、白斑(肌の色が白抜けする)などの副作用です。

ハイドロキノンの肌への刺激性に関しては、さまざまな試験が行われていますが、ヒトへの試験でも、皮膚の紅斑やアレルギー、白斑などの事例が報告されています。※1

ハイドロキノンに対する副作用は、濃度が高いほど多く起こっています。

一方で、市販されているハイドロキノン化粧水やクリームなどを使ったパッチテストでは、「ハイドロキノンの配合濃度が2.5%以下のものは、明らかな影響がなかった」※2ともされています。

厚生労働省が推奨する2%以下のハイドロキノン濃度では、大きな副作用が出る可能性は低いと考えてよいでしょう。

また、ハイドロキノンは目への刺激性がある※3ことがわかっているので、ハイドロキノン化粧水を使用する際は、目に入らないように気をつけましょう。

※1、※2、※3厚生労働省職場の安全サイト 化学物質の初期リスク評価所「ヒドロキノン」

日光や酸素によって変質しやすい

ハイドロキノンは、日光や酸素によって酸化・分解されやすい成分。

そのため、化粧水にハイドロキノンを配合する場合は、ハイドロキノンが酸化したり分解したりしないような工夫がされています。

酸化したハイドロキノンは、肌への刺激になる場合があるので、ハイドロキノン化粧水を開封した後は冷暗所に保管し、できるだけ早く使用するようにしましょう。

ハイドロキノン化粧水の効果とは?

シミやそばかすなどを防ぐ美白ケアは、毎日コツコツと行うことが大切。

日々のスキンケアにハイドロキノン化粧水を使ってみたい、という人も多いのではないでしょうか。

ハイドロキノン化粧水を使うことで、どのような効果が期待できるのかを解説します。

ハイドロキノン化粧水の3つの効果

元気な女性

シミやそばかすの原因となるのは、肌で作られるメラニンという色素。

ハイドロキノン化粧水は、3つのアプローチでメラニン色素に働きかけます。

メラニン生成を促す酵素の働きを抑える

紫外線や摩擦・炎症など、さまざまな外部刺激によってメラニン色素が作られますが、メラニンは、もともとは「チロシン」という無色のアミノ酸で、チロシンが酸化して、茶褐色のメラニンになります。

ハイドロキノンは、チロシンの酸化を促す酵素「チロシナーゼ」の働きを抑えることで、メラニン生成を防いでくれるのです。

メラノサイトを減少させる

メラニン色素を作り出しているのは、肌の表皮の一番下にあるメラノサイトと呼ばれる細胞。

ハイドロキノンは、メラノサイトの数を減少させる作用を持っています。

メラノサイトが減ることで、肌全体で生産されるメラニン色素の量を減らす効果が期待できるのです。

メラニン色素を還元する

ハイドロキノンは、酸化した物質を元の状態に戻す「還元」という作用があります。

酸化によってできたメラニンを、元の色の薄い状態に戻すことができるので、すでにできたシミを薄くする効果が期待できるでしょう。

ハイドロキノンの効果があるシミは?

ハイドロキノンはシミやそばかすなどに働きかける成分ですが、すべてのシミに効果があるわけではありません。

シミは以下のようにさまざまな種類がありますが、ハイドロキノンで効果が期待できるのは、「老人性色素斑」「肝斑」「そばかす」「炎症性色素沈着」の4つです。

シミの特徴と原因別分類

シミの種類

特徴と原因

老人性色素斑

・境界がはっきりとした茶色いシミ

・大きさはほくろ大から貨幣大まで

・紫外線、加齢が原因

肝斑(かんぱん)

・薄い茶色の境界がはっきりしないシミ

・頬や額などの左右対称にできる

・加齢やホルモンバランス、紫外線が原因

そばかす(雀卵斑)

・ほくろ大から直径5mm程度の大きさ

・薄い茶色の点状のシミが無数にできる

・遺伝や紫外線が原因

炎症性色素沈着

・ニキビや吹き出物・やけどなど皮膚の炎症後にできる

・茶色、赤褐色、灰色など色味のあるシミ

・皮膚が炎症から身を守るために生成されたメラニンが原因

脂漏性角化症

・老人性色素斑が数年経って皮脂と合わさり、イボのように盛り上がったようなシミ

・紫外線や遺伝が原因

後天性真皮メラノサイトーシス

・20歳以降にできる紫から青色に近いシミ

・肝斑と間違えやすい

・遺伝の可能性が高く、紫外線が原因にもなる

シミがイボのようになった「脂漏性角化症」や、メラニンが真皮層にまで広がった「後天性真皮メラノサイトーシス」のようなあざ・ほくろなどには、ハイドロキノンは効果がありません。

化粧水とクリーム、効果が高いのは?

化粧品

ハイドロキノンを配合した化粧品には、化粧水だけでなくクリームもあります。

ハイドロキノン配合の化粧水とクリームは、どちらの方が高い効果があるのでしょうか?

配合量は化粧水の方が低め

化粧水は、成分の大部分を水が占めているため、他の美容成分の配合量は少なくなります。

市販のハイドロキノン配合の化粧水には、具体的な濃度が記載されていない場合がほとんど。

ハイドロキノン化粧水を発売しているメーカーに問い合わせをしたところ、化粧水とクリームを比較すると、一般的にはクリームのほうが高い濃度でハイドロキノンを配合しているようでした。

ハイドロキノンは「濃度が高ければ良い」という訳ではなく、肌への刺激性を考えると化粧水の方がマイルドだといえます。

初めてハイドロキノンを使う人は、化粧水から初めてみてもよいでしょう。

また、クリームのベタつきが苦手な人は、化粧水でハイドロキノンを取り入れるのもおすすめです。

ハイドロキノン化粧水の選び方

それでは、実際にハイドロキノン化粧水を使ってみたいという方のために、ハイドロキノン化粧水を選ぶ際のポイントを解説します。

1.濃度に注意する

成分表示を気にする女性

ハイドロキノンの肌への刺激性は、濃度に比例して高くなります。

化粧水のハイドロキノンの濃度は、記載されていない場合がほとんどですが、メーカーに問い合わせると教えてくれる場合もあるので、肌への刺激性の安全を確かめるために濃度を知りたい方は問い合わせてみることもおすすめ。

ハイドロキノン化粧水を選ぶ際の濃度は、以下の目安を参考にすると良いでしょう。

ハイドロキノン化粧水の濃度例

市販の化粧品

1%~3%

皮膚科で処方されるシミ治療薬

4%~5%

厚生労働省が推奨する濃度

2%

市販されているハイドロキノン化粧水の濃度は4%以下のものがほとんどですが、厚生労働省は2%以下を推奨していることから、2%前後までの濃度のハイドロキノン化粧水を選ぶ方が安心です。

2.ハイドロキノンの安定性もチェック

化粧品容器が並んでいる画像

ハイドロキノンには、日光や空気に触れると酸化、分解しやすいという特性があります。化粧水は、開封後は日々空気にさらされ、保管状態によっては、日光が当たることも。

酸化したハイドロキノンは肌への刺激になる場合があるので、化粧品メーカーはハイドロキノンが変質しないように、成分を安定させた「安定型ハイドロキノン」の形で配合したり、日光や空気を通さないボトルを使用したりといった工夫をしています。

ハイドロキノン化粧水を選ぶ際には、ハイドロキノンが安定した状態で配合されているかもチェックするようにしましょう。

3.ハイドロキノン以外の成分にも注目

店員と商品を選ぶ女性

ハイドロキノンはシミやそばかすに働きかける成分ですが、肌への保湿効果はありません。

シミやそばかすを予防するには、美白効果のある成分配合の化粧水でのケアだけでなく、肌をしっかり保湿し、肌を紫外線などから守る「肌のバリア機能」を高めることも大切。

ハイドロキノン化粧水を選ぶ際は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などの保湿成分を一緒に配合したものを選ぶようにしましょう。

また、化粧水に使われている美白成分は、それぞれ少しずつ働きが異なるので、いくつかを組み合わせて使うことも効果的です。

化粧水にビタミンC誘導体やアルブチンといった、ハイドロキノンとはシミやそばかすへの働きかけ方が違う美白成分を配合したものは、よりさまざまなアプローチができるので、シミやそばかすの悩みの軽減が期待できますよ。

おすすめのハイドロキノン化粧水2選

ハイドロキノンは成分として取り扱いが難しいことから、市販されているハイドロキノン化粧水もはまだまだ少ないのが現状。

ハイドロキノン化粧水の選び方で紹介した「濃度」「安定性」「その他の成分」に注目して選んだ、おすすめのハイドロキノン化粧水を2つ紹介します。

アンプルール ラグジュアリーホワイト ローションAO II

120mL 5,400円(税込)

アンプルール ラグジュアリーホワイト ローションAO IIの特徴

  • 「新安定型ハイドロキノン」を配合した化粧水
  • 3種の「ヒト型セラミド」配合でしっかり保湿
  • 「速効型ビタミンC誘導体」も配合して美白効果をアップ

アンプルール ラグジュアリーホワイトは、新安定型ハイドロキノンを配合した美白ケアシリーズ。

メーカーに問い合わせたところ、ホワイトローションのハイドロキノンの濃度は1%未満ということでした。

同じラインの美容液「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」が2.5%と高濃度なので、ハイドロキノンの濃度としては低濃度だと言えるでしょう。

ハイドロキノンの美白力もさることながら、3種のセラミドや浸透型コラーゲンなどを配合した高い保湿力が人気で、口コミでも「肌に透明感が出てきた」「保湿力が高い」と高い評価を集めています。

シーボディ プラチナVCローション

シーボディ プラチナVCローション

100mL 4,104円(税込)

シーボディ プラチナVCローションの特徴

  • 「新安定型ハイドロキノン」と「最新型ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」の3つの美白成分配合の化粧水
  • 5種の「ヒト型セラミド」「リピジュア」配合で高い保湿効果
  • 香料、着色料、パラベン、アルコール、界面活性剤、鉱物油不使用

ビタミンC配合の化粧水で有名なシーボディの高保湿タイプの美白対策化粧水が、プラチナVCローションです。

ハイドロキノン含む3種の美白成分がシミやそばかすに働きかけ、透明感のある素肌を作ります。

口コミでは「敏感肌でも刺激を感じなかった」「肌がワントーン明るくなった」と人気を集めています。

ハイドロキノン化粧水を使う際の注意点

シミやそばかすに高い効果が期待できるハイドロキノンですが、使用にあたっては肌への刺激などに注意が必要な成分でもあります。

ハイドロキノン化粧水を使う際の注意点を4つ挙げるので、使用する前に確認して安全に使ってくださいね。

1.使用前は必ずパッチテストを行う

パッチテスト

ハイドロキノン化粧水は、厚生労働省が推奨する2%程度の濃度なら、肌への刺激や副作用などはほぼ心配ありません。

ただし、化粧水の場合は正確な濃度が記載されていない場合も多いので、初めて使用する前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。

パッチテストのやり方

  1. お風呂上がりに、腕の内側など目立たない場所に化粧水を付ける
  2. そのまま20分程度様子をみて、肌に赤みやかゆみなどが出ないかをチェック
  3. 問題なければ、絆創膏などでカバーし、そのまま24時間放置
  4. 絆創膏をはがして、付けた場所に赤みやかゆみなどが出ていないかをチェック

パッチテストを行って、肌に赤みやかゆみ、湿疹などのトラブルが出た場合は、ハイドロキノンが肌に合っていない可能性があります。

肌トラブルが出た化粧水は使用せず、赤みやかゆみが収まらない場合は、使用した化粧水を持って皮膚科を受診するようにしましょう。

2.UV対策をしっかりする

UVカットしている女性

ハイドロキノンは、シミやそばかすの元になるメラニン色素の生成を防ぐ作用や、すでにできているメラニン色素を還元して、元の色の薄い状態に戻す作用があります。

メラニン色素は、もともとは肌を紫外線や摩擦などの刺激から守るために作られているので、肌のメラニン色素が減ると、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

ハイドロキノン化粧水を使用している間は、ふだん以上にUV対策を意識して行いましょう。

UV対策をしないままハイドロキノン化粧水を長期使用すると、「かえってシミが濃くなる」という場合もあるので、注意が必要です。

3.開封後は早めに使い切る

カレンダーの上に砂時計画像

ハイドロキノンは日光や空気によって酸化分解しやすい成分。

化粧水は開封後から、使用のたびに空気にさらされ、保管場所によっては日光を浴びることもあります。

化粧水はしっかり蓋をして冷暗所に保管し、開封後は1ヶ月をめどに使い切るようにしましょう。

4.3ヶ月ほど使用したら、一旦中止する

ダメゼッタイの写真

ハイドロキノンは、100日以上継続して使用することで、肌への耐性が生じると言われているので、長期間使用する場合は、3ヶ月を目安に一度休止期間を設けることをおすすめします。

ハイドロキノン化粧水に関するQ&A

ハイドロキノン化粧水は、シミやそばかすへの効果は魅力的ですが、肌への刺激などが気になって「使おうかどうか迷っている」という人も多いですよね。

最後は、ハイドロキノン化粧水に関する、皆さんの疑問や質問に答えます。

Q1.ハイドロキノンの使用による「白斑」の心配は?

悩んでいる女性

「白斑(はくはん)」とは、肌の色素が白く抜け落ちることで、美白効果を持った成分を使用した際の副作用として見られる場合があります。

2013年に起こった「ロドネール」という美白成分による白斑被害が、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

白斑は「メラニンの生成を抑える」という作用が強く出すぎてしまい、メラノサイトが破壊されたり、働かなくなったりすることが原因で起こります。

厚生労働省が推奨する2%までの濃度のハイドロキノンでは、白斑の被害などが報告されていないので、低濃度なハイドロキノン化粧水での白斑被害はまず心配はないでしょう。

ハイドロキノンに名前が似た成分に「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」という成分があり、白斑を起こす可能性がある成分として知られていますが、ハイドロキノンとは別の成分。

ハイドロキノンモノベンジルエーテルは化粧品への配合が禁止されています。

Q2.ハイドロキノンの化粧水は手作りできる?

美容液からスポイトで液体を取る画像

ハイドロキノン化粧水についてネットで調べていると、「ハイドロキノン化粧水は手作りできる」といった情報を目にすることも多いのではないでしょうか。

ハイドロキノンは原末(粉末)が市販されているので、精製水にハイドロキノンやクエン酸、グリセリンなど混ぜることで、簡単に化粧水が作れます。

手作りのハイドロキノン化粧水には以下のようなメリットがあります。

手作りハイドロキノン化粧水のメリット

  • 市販の化粧品と比較して低コスト
  • 好きな濃度で作れる
  • ヒアルロン酸やビタミンC誘導体など好きな成分を混ぜることができる
  • 添加物が少ない(もしくは無添加)化粧水が作れる

メリットがたくさんあるので、「手作りのハイドロキノン化粧水を作ってみたい」という方もいるかもしれませんが、コスメコンシェルジュの筆者の意見としては、ハイドロキノン化粧水の手作りはおすすめできません。

おすすめしない理由

  • 間違ってハイドロキノンが高濃度になってしまうと、肌トラブルが発生する可能性がある
  • ハイドロキノン原末(粉末)は管理状態が悪いと、変質するおそれがある
  • 作るときの衛生管理状態によって、化粧水に雑菌などが入る可能性がある

自作する際の最も大きな問題となるが「ハイドロキノンの濃度」です。ハイドロキノンは、高い濃度で肌や目に入ると、肌の炎症や白斑など大きなトラブルが発生する可能性が。

もともとは皮膚科で医師が処方する薬にのみ配合されていた成分、ということを考えると、家庭でハイドロキノン化粧水を自作することは危険性が高いと言えるでしょう。

Q3.「ハイドロキノン誘導体」とは?

女性 説明

ハイドロキノン化粧水を探していると、「ハイドロキノン誘導体」という成分を見つける場合があります。

ハイドロキノン誘導体とは、ハイドロキノンに他の成分を結合させて作った成分で、有名なところだと美白成分「アルブチン」がハイドロキノン誘導体です。

ハイドロキノン誘導体はハイドロキノンと比較すると、美白効果が1/10ほどになっているので、ハイドロキノン同じような効果は期待できませんが、肌への安全性は高い成分だと言えるでしょう。

Q4.皮膚科で処方されるハイドロキノンは?

医者に相談している画像

日本では、ハイドロキノンはもともと皮膚科などの医療機関で、シミやニキビ跡の治療に使われてきた成分。

市販の化粧品と違い、医療機関で処方される治療薬には、4%以上の高濃度のハイドロキノンが使われます。

治療の際には、肌のターンオーバーを促進する「トレチノイン」という薬と合わせて使う場合も多く、シミやそばかすへの効果も高いと考えられます。

皮膚科で処方されるハイドロキノンは高濃度になりますが、医師の指導の元で使用するので、肌が敏感な方やハイドロキノンの使用に不安がある方は、医療機関で相談してみると良いでしょう。

ハイドロキノン化粧水は比較的刺激少なめ

ハイドロキノンは他の美白成分にはない、高いシミへの効果が期待できる成分ですが、取り扱いには少々注意が必要だということがわかっていただけたでしょうか?

イドロキノンを配合した化粧品は色々ありますが、化粧水はハイドロキノンの濃度が比較的低めで刺激が少ないことから、初めてハイドロキノンを使う人におすすめです。

ハイドロキノン化粧水を使ってみて物足りないと感じた方は、もう少し濃度の高いハイドロキノン配合のクリームを使用してみるのもいいでしょう。

今回紹介したハイドロキノン化粧水は、信頼できるメーカーが製造し、実際に使った人の口コミの数や内容からも、一定の効果が期待できるものです。

ハイドロキノン化粧水を試してみたい人は、おすすめした化粧水から始めてみてくださいね。