インナードライは保湿でケア!価格別化粧水ランキングTOP3を紹介

化粧水 - update2019.02.20
頬に手を当てる女性のスキンケアイメージ
中山侑花プロフィール

大人ニキビの悩みに特化した美容家

名嘉山 侑花

肌の表面はベタつきやテカリがあって潤っているように見えるのに、潤いどころか肌のカサつきやつっぱりを感じる…という肌状態に悩んでいる方はいませんか?

皮脂の分泌が多く脂性肌のように見えるのに、皮脂の下の肌は水分が不足して乾燥している肌状態は「インナードライ」と呼ばれ、スキンケアが難しい肌質であるといえます。

本記事では、インナードライの特徴や原因から、インナードライの化粧水の選び方を導き出して解説し、これに沿って選出した21商品を独自の方法で検証して、本当にインナードライの方におすすめしたい化粧水はどれなのかをランキング形式でご紹介しました。

インナードライの化粧水選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

インナードライとは

乾燥した大地の画像

インナードライとは、乾燥性脂性肌、脂性乾燥肌などとも呼ばれる、肌が乾燥してつっぱりを感じるのに、皮脂の分泌が多くベタつきやテカリがある肌質のことをいいます。

皮脂の分泌が多いため、脂性肌と間違えられがちですが、インナードライは肌内部の水分が少なくなることで肌が乾燥し、肌内部の水分がそれ以上蒸発するのを防ぐ目的で皮脂が分泌されているので、脂性肌よりも乾燥肌に似た性質を持っています。

つまり、インナードライの本来の肌質は乾燥肌なので、皮脂の分泌が多いからといって脂性肌向けのスキンケアをしてしまうと、乾燥が悪化し、肌内部の水分を守るために皮脂の分泌が多くなってしまうのです。

ここでは、インナードライの特徴と原因を詳しく解説していきますので、自分の肌が本当にインナードライなのか、どのような対策をすべきなのか、参考にしてみてください。

インナードライの確認方法

チェックの文字を指差している

自分の肌がインナードライなのかどうかは、下記のチェックリストで確認することができます。

☑インナードライを判断する10のチェックリスト
洗顔後、肌がつっぱるのにすぐにベタついてくる
紫外線対策に不安がある・またはしていない
肌のキメが粗い
開き・詰まり・黒ずみ・角栓など、毛穴のトラブルが気になる
肌にざらつき・ごわつきがある
肌が硬いように感じる
ファンデーションのノリが悪く、崩れやすい
エアコンの効いた部屋で過ごす時間が長い
脂性肌向けのスキンケアをしている
生活習慣が乱れている

※4つ以上当てはまる方はインナードライの可能性が高いです。

インナードライの本質は乾燥肌なので、皮脂が出やすいことと、皮脂による毛穴のトラブル以外の特徴は乾燥肌の特徴とよく似ています。

元々乾燥肌だったけれど徐々に皮脂が出るようになった方や、肌に乾燥を感じているのにベタつきが気になっている方は特にインナードライの可能性が高いため、本記事を参考にしてスキンケア方法を見直すことをおすすめします。

インナードライの原因

疑問に思う女性

インナードライの原因は大きく分けて2つ、体の外側から肌に働きかける外的な要因と、体の内側から肌に働きかける内的な要因があります。

インナードライを引き起こす外的な要因
  • 1日の洗顔回数が3回以上
  • 洗浄力の高いクレンジング料・洗顔料を使っている
  • 保湿不足
  • UV対策の不足
  • エアコンの効いた部屋など、乾燥した環境にいる時間が長い
インナードライを引き起こす内的な要因
  • 生活習慣が乱れている(偏食、睡眠不足など)
  • ストレスを感じることが多い
  • ホルモンバランスが崩れている

インナードライの最も大きな原因は肌が乾燥することにありますが、上記の要因は肌の乾燥を促進し、インナードライのカサつきや皮脂分泌を活発にしてしまう可能性があります。

肌質を改善するためには、生活習慣に気を付けたり、適度にストレスを発散しながら、肌の乾燥を防ぐためのスキンケアを心がけることが効果的です。

インナードライの化粧水の選び方

化粧品を選ぶ女性

インナードライの本質は乾燥肌なので、改善のためには肌に水分を補って保護する、乾燥対策の保湿ケアが重要です。

しかし、保湿効果が高いとうたっている化粧水は数多く、どの化粧水を選んで良いか悩んでしまうというインナードライの方もいるかと思います。

ここでは、数多くある保湿化粧水の中でも、特にインナードライの方におすすめしたい保湿化粧水の選び方をご紹介していきます。

保湿成分にこだわる

水滴が水面に浮かんでいる画像

インナードライにおすすめの化粧水は、以下で紹介する成分がメインの保湿成分として使われている化粧水です。

インナードライにおすすめの保湿成分

・セラミド ・スフィンゴ脂質 ・リピジュア ・アミノ酸 ・レシチン
・低分子(加水分解)ヒアルロン酸 ・低分子(加水分解)コラーゲン など

上記で紹介した成分はどれも、肌が自ら水分を保とうとする働きをサポートしてくれる効果がありますので、肌内部の水分が不足し、乾燥しがちなインナードライの方にはうってつけの成分であるといえます。

市販されている化粧水は、化粧水容器の裏面や、箱の裏面、取扱説明書などに必ず全成分表示が書かれています。

全成分表示は必ず配合量が多い順に書かれているため、配合成分の中でも早い方、目安として3行以内に上記の成分が書かれていたり、3行以内に名前がなくても、上記の成分がいくつか組み合わせて配合されていたりする化粧水を選ぶようにしましょう。

低刺激タイプ

OKしている女性のイメージ画像

インナードライは乾燥が原因の肌荒れや、過剰分泌された皮脂が原因のニキビなど、肌トラブルに悩まされがちな肌質なので、荒れた肌に刺激を与えない、低刺激タイプの化粧水を選ぶことをおすすめします。

低刺激な化粧水を見分けるポイントは以下の通りです。

低刺激な化粧水を見分けるポイント

  • アルコールフリー 
  • 香料を使っていない 
  • 着色料を使っていない
  • 無添加化粧水     など

低刺激な化粧水を見分けるには上記のポイントに気を付けることが大切ですが、人の肌によっては条件を満たしていても刺激を感じてしまう場合もあります。

化粧水を買う前にはテスターやトライアルセットなどを使って、自分の肌で刺激を感じない化粧水であるかどうかを確認するようにしてくださいね。

浸透力が高い

インナードライは肌が乾燥しており、肌に化粧水がなじみにくくなっている可能性があるため、肌になじみやすく、浸透力が高い化粧水を選ぶようにしましょう。

化粧水の浸透力の高さは、実際に化粧水を手に取った時にベタつきがなく、肌になじみやすいと感じられるかどうかで確かめることができます。

しかし、ベタつきがなくさっぱりとした使用感の場合、肌の水分を奪ってしまうアルコール成分が含まれている可能性があるため、アルコールが含まれていないかも浸透力と合わせて確認するようにしてくださいね。

インナードライ向け化粧水の調査方法

本記事では、インナードライの化粧水の選び方に沿って、以下の21種類の化粧水を選び、その浸透力と保湿力、ベタつきにくさを検証して、価格別におすすめランキングを作成しました。

検証を行った21商品はこちら※順不同、スクロールで一覧が見られます

商品画像

化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真

化粧水の写真

化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真化粧水の写真

商品名

アクセーヌ
モイストバランスローション

セザンヌ
スキンコンディショナー
高保湿

オルビス
アクアフォースローションM

ナチュリエ
スキンコンディショナー
(ハトムギ化粧水)

菊正宗
日本酒の化粧水
高保湿

ヒフミド
エッセンスローション

アヤナス
ローションコンセントレート

SK-II
フェイシャルトリートメント
エッセンス

FANCL
エンリッチ化粧液

ミノン
アミノモイスト
モイストチャージローション

無印良品
化粧水
敏感肌用
高保湿タイプ

明色化粧品
明色スキンコンディショナー

アルビオン
薬用スキンコンディショナー
エッセンシャル

LITS
モイストリッチローション

素肌しずく
濃密しずく化粧水

オルビス
薬用クリアローション

ルナメアAC
スキンコンディショナー
ノーマルタイプ

ライスフォース
ディープモイストローション

エトヴォス
薬用アクネVCローション

curel
皮脂トラブルケア化粧水

イプサ
ザ・タイムRアクア

内容量・
価格(税抜)

360mL
5,500円

500mL
650円

180mL
1,620円

500mL
650円

500mL
840円

120mL
3,000円

125mL
5,000円

75mL
8,500円

30mL
1,700円

150mL
ノープリントプライス

400mL
1,100円

200mL
950円

110mL
3,500円

150mL
1,560円

170mL
980円

180mL
1,500円

120mL
2,200円

120mL
8,000円

150mL
3,200円

150mL
オープン価格

200mL
4,000円

インナードライに適した化粧水の検証方法

ビフォーアフターの写真

化粧水の浸透力と保湿力の検証方法は、水分を吸収して膨らむ「吸水ポリマー」を使って行います。

吸水ポリマーが大きく膨らんだら浸透力が高い

ビフォーアフターの写真

化粧水の浸透力は、吸水ポリマーがどのくらい水分を吸収して大きくなるかから見ることができます。

上の写真は、どちらも吸水ポリマーを化粧水に浸けてから4時間経過後の様子ですが、左右で吸水ポリマーの膨らみ方が大きく異なっています。

吸水ポリマーが大きく膨らむのは、その分、水分を多く吸収できたということなので、化粧水のなじみやすさを見られるのです。

上の写真ならば、左よりも右の方が吸水ポリマーの膨らみ方が大きいので、右の化粧水の方が肌への浸透力が高く、インナードライに適した化粧水であるといえます。

吸水ポリマーの大きさがキープできたら保湿力が高い

吸水ポリマーの縮む幅が大きい = 保湿力が低い化粧水
ビフォーアフターの写真
吸水ポリマーがほとんど縮まない = 保湿力の高い化粧水
ビフォーアフターの写真

化粧水の保湿力の高さは、吸水ポリマーを長時間放置した時の縮み幅の大きさで見ることができます。

上の写真は、吸水ポリマーをそれぞれ4時間ずつ化粧水に浸け、そこから13時間同じ環境下で放置した時の吸水ポリマーの大きさ変化に関する画像です。

この写真であれば、上は吸水ポリマーのサイズが小さくなっているのに対し、下は吸水ポリマー周囲の膜のようなものはなくなっているものの、大きさがほとんど変わっていないことから、下の化粧水は水分を長時間キープする力に優れているのがわかります。

インナードライには肌の水分をキープする力が重要なので、保湿力の高い下の化粧水の方が適しているといえるのです。

デパコス&実力派化粧水TOP3

アクセーヌ モイストバランスローション

化粧水の写真内容量:360mL 価格:5,500円(税抜)

アクセーヌのモイストバランスローションは、皮膚生理学に基づき、肌になじみやすく、潤いが長持ちするようにつくられています。

肌がもともと持っているアミノ酸をはじめとした多くの保湿成分が配合されており、ベタつかず、サラッとした使用感でありながらもしっとりとした潤いが長時間続くため、ベタつきを抑えながら潤いも保ちたいインナードライにはぴったりの化粧水ですよ。

アクセーヌ モイストバランスローションの浸透・保湿力

ビフォーアフターの写真

アクセーヌのモイストバランスローションは、全21商品の中で最も浸透力が高く、化粧水が肌になじみにくいインナードライでも、しっかりと肌に水分を与えることができます。

吸水ポリマーの縮み幅が大きいため、肌に油分を補う保湿ケアは欠かせませんが、13時間経った後でも吸水ポリマーが群を抜いて大きかったことから、保湿力も十分にあると考えられます。

どんな化粧水を使っても肌になじみにくかったというインナードライの方は、ぜひアクセーヌのモイストバランスローションを使ってみてください。

ディセンシア アヤナス ローションコンセントレート

化粧水の写真内容量:125mL 価格:5,000円(税抜)

ディセンシア アヤナスのローションコンセントレートは、とろみのある化粧水でありながら、ベタつかず、すっと肌になじんで潤いが浸透する、高保湿タイプの化粧水です。

とろみがあるためベタつきが気になるインナードライの方は敬遠しがちですが、肌に広げた瞬間からサラッとした感覚が味わえるため、使いやすい化粧水であるといえます。

ディセンシア アヤナス ローションコンセントレートの浸透・保湿力

ビフォーアフターの写真

ディセンシア アヤナスのローションコンセントレートは、とろっとしたテクスチャーに反して、確実に吸水ポリマーを膨らませることができました。

また、13時間経過した後も、ほとんど大きさが変わらず、潤いを保ったままであることが伺えます。

しかし、サラッとしたテクスチャーの化粧水に比べればやはり化粧水の浸透力に難があることから、乾燥のひどいインナードライはなじみにくいと感じられる場合もあるため、しっかりとハンドプレスして使うことをおすすめします。

ヒフミド エッセンスローション

化粧水の写真内容量:120mL 価格:3,000円(税抜)

ヒフミドのエッセンスローションは、人間の肌になじみやすい3種類のヒト型セラミドが配合されており、肌にしっかりと潤いを与え、保つことで、肌の乾燥を防ぎます。

インナードライは肌の乾燥がひどく、化粧水が肌になじみにくい方も多い肌質なので、なじみやすく潤いを持続できるヒフミドのエッセンスローションはぴったりの化粧水であるといえます。

ヒフミド エッセンスローションの浸透・保湿力

ビフォーアフターの写真

ヒフミドのエッセンスローションは化粧水のなじみがよく、吸水ポリマーはぐんぐんと水分を蓄えて膨張。

化粧水の蒸発量も少なく、ほどほどの保湿力であることが伺えます。

化粧水のテクスチャーもさらっとしていますが、ややなじみにくさを感じる場合もあるため、乾燥が気になる部分には何度も重ね付けすることをおすすめします。

プチプラ化粧水TOP3

セザンヌ スキンコンディショナー 高保湿

化粧水の写真内容量:500mL 価格:650円(税抜)

セザンヌのスキンコンディショナー高保湿は、500mLの大容量でありながら650円というコストパフォーマンスの良さと、しっかり肌を潤わせる保湿力の2点を兼ね備えた化粧水です。

サラッとしたテクスチャーで肌によくなじみ、もっちりとした潤いをつくってくれるため、乾燥が気になりがちなインナードライにぴったりの化粧水だといえます。

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿の浸透・保湿力

ビフォーアフターの写真

セザンヌのスキンコンディショナー高保湿は、今回実験したプチプラ化粧水の中では最も浸透力が高く、保湿能力も高い化粧水でした。

吸水直後と給水から13時間後の吸水ポリマーの大きさを比べても、大きな違いはなく、潤いを保てていることがわかります。

化粧水後の保湿ケアは必須ですが、セザンヌのスキンコンディショナー高保湿ならば、インナードライでも肌の乾燥を気にせず潤いを保てるため、おすすめです。

オルビス アクアフォースローションM

化粧水の写真内容量:180mL 価格:1,620円(税抜)

オルビスのアクアフォースローションMは、肌本来の潤いに近い成分でつくられているため、化粧水がなじみにくいインナードライでも乾燥をケアして潤いを保つことができます。

オルビス アクアフォースローションMの浸透・保湿力

ビフォーアフターの写真

オルビスのアクアフォースローションMは、浸透力が高く、肌にしっかりと潤いを与えるとともに、ほどほどに水分を保ってくれる保湿力を持っています。

保湿剤の併用は必須ですが、吸水ポリマーの縮み幅も大きすぎず、化粧水自体にも肌の潤いをキープする力が備わっていることが伺えます。

サラッとしたテクスチャーで、ほとんど水のような感覚で使えるため、ベタつきの苦手なインナードライの方はぜひ一度トライアルセットを試してみてください。

菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿

化粧水の写真内容量:500mL 価格:840円(税抜)

菊正宗の日本酒の化粧水高保湿は、美容効果が高いといわれる日本酒の成分を化粧水に配合し、もっちりとした潤いを作ってくれる化粧水です。

日本酒の化粧水というだけあって、日本酒の香りが強いため、日本酒のにおいが苦手な方やにおいのある化粧水が苦手な方にはお勧めできませんが、500mLの大容量で1,000円未満で買えるコスパの良さは魅力的だといえます。

菊正宗 日本酒の化粧水高保湿の浸透・保湿力

ビフォーアフターの写真

菊正宗の日本酒の化粧水高保湿は、吸水ポリマーへの浸透力が高く、化粧水がなじみにくいインナードライでも使いやすい化粧水であるといえます。

保湿力も、吸水ポリマーの大きさは少し縮んだかなという程度で、一定の大きさがキープできているため、保湿剤を併用することにより、しっかりと肌の潤いを保てる化粧水であることが伺えます。

菊正宗の日本酒の化粧水高保湿は500mLの大容量で、全身にも使いやすく、肌の潤いをキープできるため、できるだけ安価に潤いを保ちたいというインナードライの方におすすめの化粧水です。

インナードライの改善には化粧水の使い方も重要

ここまででインナードライの方におすすめの化粧水をランキング形式でご紹介してきましたが、インナードライの改善のためには、保湿効果を高める化粧水の使い方も重要です。

肌にしっかりと化粧水を浸透させて潤いを与えるためにも、インナードライの方におすすめしたい化粧水の使い方をご紹介していきます。

たっぷりの化粧水を少しずつなじませる

頬に手のひらを沿える女性

インナードライの方は肌の乾燥が原因で化粧水がなじみにくい状態になっている場合も多いので、化粧水を手のひらに少しずつとって、ゆっくりとハンドプレスをしながら、少しずつなじませる方法をおすすめします。

乾燥がひどい場合、はじめのうちは化粧水のなじみが悪いかもしれませんが、何度も繰り返しハンドプレスをすることにより、徐々に肌に化粧水がなじむようになっていきます。

肌がひんやりとするくらい化粧水がなじんだのが確認できるまで、何度も繰り返して化粧水をつけるようにしましょう。

また、コットンがひたひたになるくらいまで化粧水を含ませ、顔全体に貼り付ける「コットンパック」も、効率的に化粧水を肌になじませることができるため、おすすめです。

化粧水の後は保湿剤で水分を守る

女性が化粧品を手に持っている

インナードライの方は、肌の水分が蒸発するのを防ぐために皮脂が過剰分泌されている肌質なので、皮脂による水分保護が必要ないように、保湿剤を使って肌の水分を守るようにしましょう。

保湿剤には乳液やジェル、クリームなど様々なタイプがありますが、インナードライの方におすすめなのは保湿力の高いクリームタイプです。

以下の記事では、肌荒れの時でも使えるほど低刺激で、保湿効果の高い保湿クリームを、コスメコンシェルジュと薬剤師の視点からご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

まとめを述べる女性

本記事では、インナードライの特徴と原因をご紹介した後、インナードライをケアするための化粧水の選び方、使い方を解説してきました。

インナードライの方が化粧水を選ぶときに気を付けたいポイントは、以下の3点です。

インナードライの化粧水選びで気を付けたいポイント

  • 保湿成分にこだわる(セラミド、スフィンゴ脂質、リピジュア、アミノ酸、レシチンなど)
  • 低刺激タイプかを確認する
  • 肌への浸透力を確認する

⇒選び方をもう一度詳しく見る

また、上記のポイントに沿って価格別に選んだ、インナードライのおすすめ化粧水ランキングも作成したので、化粧水選びの際にはぜひ参考にしてみてください。

化粧水を正しく使って肌の乾燥を阻止し、インナードライを改善していきましょう。

この記事をシェアする

おすすめ記事