ビーグレンクレイウォッシュ
小林なつきプロフィール

脂性肌の研究者

小林 なつき

肌トラブルを解決することが女性の幸せにつながるという考えのもと、日本人女性の肌トラブルに合わせたスキンケアシリーズを世に送り出してきたビーグレン。

本記事では、「洗顔後に顔がつっぱらず、しっとりしている」など口コミ評価が高く、リピート率98%(※)を誇るビーグレンのクレイウォッシュについて、どのような効果が期待できるのか、効果的な使い方があるのかなどを説明していきます。
※公式調べ

使用満足度95%!ビーグレンのクレイウォッシュとは?

ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレンのクレイウォッシュは、洗顔を通して肌や毛穴の汚れを除去し、スキンケア化粧品の成分を角質層に行きわたりやすくして、毛穴やニキビ、年齢肌などの様々な肌トラブルに応えるスキンケア化粧品の効果を高めてくれる洗顔料です。

まずはビーグレンのクレイウォッシュがどのような洗顔料なのか、3つの特徴からご説明します。

クレイウォッシュの主成分は天然クレイ

モンモリロナイト

ビーグレンのクレイウォッシュの主成分は、商品名にも使われている「クレイ」という成分です。

クレイは天然のミネラルが豊富に含まれている海底の泥や火山灰、鉱物などのことで、テカりや肌荒れの原因となるは、肌にとって余分な皮脂や垢、毛穴の中の汚れまでも吸着して取り去る性質から、洗顔料やフェイスパックの材料として使われています。

ビーグレンのクレイウォッシュに含まれているクレイは、モンモリロナイトという、大きさが毛穴の約2,000分の1しかない天然クレイで、肌になじませることで毛穴の中に入り込み、他の洗顔料では落としきれない毛穴の汚れを除去してくれます。

界面活性剤不使用で肌の潤いを守る“泡立てない”洗顔

洗顔中の女性

たっぷりの泡で洗顔した方が摩擦にならなくて肌にやさしい、というのは有名な話ですが、泡立ちの良い洗顔石鹸は脱脂力(皮脂を落とす力)が強い「界面活性剤」という成分が多く使われている場合があります。

界面活性剤が使われている洗顔石鹸は脱脂力があるため、テカりや肌荒れ、ニキビなどの原因となる皮脂をしっかり落としたい脂性肌の人には合っていますが、普通肌や乾燥肌の人が使うと、潤いを守る皮脂まで落としてしまって肌が乾燥する原因となってしまいます。

ビーグレンのクレイウォッシュは泡立てない洗顔料なのですが、ごしごしと擦って洗うタイプではなく、肌になじませるだけでクレイの力が働いて汚れを落とし、不要な皮脂を取り除いてくれるため、皮脂を落とす洗浄剤としての界面活性剤が使われていません。

泡立てない洗顔でも、皮脂を適度に落とし、毛穴の汚れまで落としてくれるクレイウォッシュは、肌の潤いを守ってくれるやさしい洗顔料なのです。

有名雑誌でも紹介されている実力派の洗顔料

雑誌を読む女性

ビーグレンのクレイウォッシュは『GLITTER』の「毛穴撲滅に欠かせない殿堂6ブランド」や、『ELLE』の「本当に効く洗顔メソッド」、『美的』の「敏感肌短期集中お直し講座」ほか、数多くの雑誌の特集に選ばれており、洗顔の実力が認められています。

人気の雑誌でも紹介されているビーグレンのクレイウォッシュですが、なぜ多くの人がその使用感に満足し、広く認められているのかの理由を、ここからの調査で探っていきます。

テカり・乾燥も改善?クレイウォッシュの口コミを調査

スマートフォンを操作している女性

有名雑誌でも紹介され、注目を集めているクレイウォッシュですが、実際に使った人はどのように感じているのでしょうか。

ビーグレンの公式サイトや口コミサイトを使い、クレイウォッシュを使った人の声を集め、良い口コミと悪い口コミでそれぞれどんな傾向があるのかを調査しました。

◎ビーグレンのクレイウォッシュを使用した人の良い口コミ

  • 洗顔後の肌がしっとり潤っていて、突っ張らない。
  • 肌のざらつきやごわつきがなくなり、つるつるしている。
  • 毛穴の黒ずみがなくなってきた
  • ニキビができにくくなった
  • 肌が明るくなった
  • 泡立てる必要がなく、すすぎも早いので楽。
  • 低刺激なので乾燥した肌や荒れている肌にも使うことができた

×ビーグレンのクレイウォッシュを使用した人の悪い口コミ

  • 乾燥した
  • 価格が高くてコストパフォーマンスが悪い
  • 肌に刺激を感じた
  • 泡立てないので洗った感じがしない
  • 厚化粧は落ちない
  • 使い始めてから白ニキビができてしまった

ビーグレンのクレイウォッシュを使って効果を実感できた人の口コミで多く見られたのは、「洗顔後も肌が潤っている」という投稿でした。

また、クレイウォッシュを使うようになってから「肌のざらつきやごわつきがなくなった」「肌が明るくなった」と感じている人も多く、本当に肌悩みの改善に役立っていることが読み取れます。

一方で、ビーグレンのクレイウォッシュを使って「乾燥した」と感じている人や「肌への刺激があった」と感じる人、白ニキビができてしまった人なども一定数見られるため、肌に合わない場合もあることがわかりました。

また、「クレイウォッシュ自体は悪くないが、泡立たなくて不安になる」「使用感が好みではない」という口コミもあり、たっぷりの泡で洗顔するのに慣れていると、使用感に戸惑ってクレイウォッシュの使用をやめてしまう人もいるようです。

しかし、@cosmeやAmazon、楽天市場、ビーグレンの公式サイトなど、どのサイトの口コミを見ても、悪い口コミより良い口コミの方が多く投稿されているので、多くの人がクレイウォッシュの使用感や洗顔効果を良いと評価していることがわかりました。

成分分析|クレイウォッシュの満足度が高い3つの理由

実験

ビーグレンのクレイウォッシュはリピート率が98%、使用満足度が95%と高評価を得ていますが、ビーグレンのクレイウォッシュが高評価を得ているのには理由があります。

ここでは、なぜビーグレンのクレイウォッシュの使用満足度が高く、リピートされているのかを成分の面から考えていきます。

毛穴の汚れまでしっかり吸着!モンモリロナイト

鏡を見て喜ぶ女性

ビーグレンのクレイウォッシュの主成分であるモンモリロナイトは、毛穴の約2000分の1の大きさしかない微粒子で、肌表面の汚れだけでなく毛穴に詰まった古い角質やメイク汚れ、余分な皮脂まで吸着して洗い流してくれます。

市販の洗顔料に使われている洗浄作用のある界面活性剤は、肌を保湿するために必要な皮脂まで洗い流してしまうことも多いのですが、ビーグレンのクレイウォッシュに使われるモンモリロナイトは肌に必要な皮脂までは奪わず残してくれるため、洗顔後も乾燥知らず。

モンモリロナイトの効果によって、汚れを落としつつ、肌がつっぱらない洗顔ができて、乾燥肌から脂性肌、混合肌の人まで幅広い肌質で使える洗顔料だからこそ、クレイウォッシュは使用満足度が高く、リピートされているのです。

肌のバリア機能を高めて守る3つの保湿成分

ビーグレンのクレイウォッシュにはスクワラン、カミツレエキス、ヒアルロン酸という3つの保湿成分が含まれており、洗顔後に失われがちな潤いを肌に残してくれます。

スクワラン、カミツレエキス、ヒアルロン酸がそれぞれどのように肌の潤いを守るのかは以下を参照してください。

  • スクワラン
    べたつきが少なく、保湿力のある液状オイルで、乾燥による肌荒れを防いでくれます。
    化粧品だけではなく、医薬品の軟膏や座薬にも用いられるほど、その保湿効果は認められています。
     
  • カミツレエキス
    カモミールの花から取れるエキスで、強力な消炎効果を持ち、乾燥による肌荒れやニキビなどの皮膚炎から肌を守ってくれます。
     
  • ヒアルロン酸
    元々人の肌にもある成分で、水を非常に多く保有する能力を持っているため、洗顔によって肌の水分が失われるのを防ぎ、潤いのある洗い上がりを実現します。

スクワランとカミツレエキス、ヒアルロン酸が肌の潤いを守ってくれて、洗顔後もしっとりと潤った肌をキープできるからこそ、クレイウォッシュを使った人は使用感に満足し、何度でも使いたいとリピートを決めているのです。

肌荒れや炎症を抑える!グリチルリチン酸ジカリウム

漢方の画像

グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれている成分で、強力な消炎作用を持っており、肌荒れやニキビのケアに効果を発揮してくれます。

グリチルリチン酸ジカリウムの消炎効果は風邪薬などにも使用されるほどに強力ですが、肌に対しては低刺激であることが証明されているため、荒れた肌にも使えるのが嬉しいところ。

クレイウォッシュが低刺激の洗顔料だからこそ、肌荒れしがちな敏感肌や乾燥肌の人でも使いやすく、使用満足度が上がって、リピート購入されているのです。

泡立て不要!クレイウォッシュの肌にやさしい洗顔方法

ポイント

クレイウォッシュは泡立てない洗顔が特徴ですが、普段からたっぷりの泡で洗顔していると、本当に自分の洗顔方法が正しいのか、不安になってしまうという人も少なくありません。

ここではクレイウォッシュを使った正しい洗顔方法をご紹介するので、不安な人は参考にしてみてくださいね。

クレイウォッシュを使って洗顔する際、泡立てる必要がないため、洗顔ネットなどの道具は必要ありません。

クレイウォッシュを使っての洗顔手順は、以下の通りです。

クレイウォッシュでの洗顔手順

  1. 人肌程度のぬるま湯で顔を濡らす
    顔を洗う女性 
  2. さくらんぼ大(※)のクレイウォッシュを濡れた手で取り、両手を合わせて軽くなじませる
    クレイウォッシュレビュー※ビーグレンのトライアルセットに付属している冊子には使用量目安が実寸大で書かれているため、そちらと比較した結果500円くらいの大きさであることがわかりました。
    クレイウォッシュレビューこれはクレイウォッシュを少し平らに出した場合の量なので、500円玉でたっぷりというよりは、下の写真のように少し広げた状態で500円玉くらいの大きさだと考えてください。
    クレイウォッシュレビュー 
  3. 顔全体をやさしく円を描いてマッサージするようにしてクレイウォッシュを汚れとなじませる。特に皮脂の多いTゾーン(額・小鼻)は丁寧に。
    ※ゴシゴシ擦ると刺激になり、肌荒れの原因となってしまうので、あくまでもやさしく!
    女性が肌に両手の平をあてているところ 
  4. 人肌程度のぬるま湯で洗顔料が残らなくなるまで洗い流す
    ターバンを巻いた女性が洗顔をしている画像 
  5. 清潔なタオルで水気をやさしく抑えるように拭く
    タオルで顔を拭く女性

クレイウォッシュの基本的な使い方は上の通りですが、より高い毛穴汚れの洗浄効果を得たい場合はホットタオル洗顔を試してみてください。

ホットタオル洗顔は、洗顔の前に1分程度顔にホットタオルをのせて毛穴を開き、肌をやわらかくして、詰まっていた毛穴の汚れや古い角質をとりやすくしてから洗顔するというスキンケア方法です。

ホットタオルは電子レンジでも簡単に作れるので、手軽に取り入れられるのが嬉しいですね。

簡単!電子レンジを使ったホットタオルのつくり方

  1. ハンドタオルかフェイスタオルを水に浸し、軽く絞る
  2. 500Wの電子レンジで30秒~1分加熱する
    ※電子レンジ内の汚れが気になる場合、濡らしたタオルを電子レンジ対応のフリーザーバッグに入れたり、ラップにくるんだりしても良い
  3. 取り出して、タオルが熱くなりすぎていないかを確認しながら広げ、1分程度顔に乗せる

ここまででクレイウォッシュを使った洗顔の方法を説明してきましたが、クレイウォッシュが本当に泡立たないのか気になっている人もいるかと思いますので、クレイウォッシュの泡立て実験をしてみました。

クレイウォッシュレビュー

上の動画の通り、さくらんぼ大のクレイウォッシュを、洗顔ネットを使用して泡立てましたが、ほとんど泡立たないという結果に終わりました。

実験結果からもわかるように、クレイウォッシュは泡立たない洗顔料ですので、泡立てず、そのまま肌になじませるようにして使ってください。

クレイウォッシュはクレンジングとしても使える?

疑問に思う女性

クレイウォッシュは「パウダーのように軽いカバー力のメイクであれば、2度洗いをすることで、1度目の洗顔でメイク、2度目の洗顔で肌の汚れを落とします」と公式サイトで明言されています。

しかし、公式サイトには、薄いメイクが落とせるという情報と同時に、「リキッド・クリームファンデーションやウォータープルーフなど重めのメイクは落とせないので、クレンジング料を使ってください」とも書かれています。

軽いメイクの時だけでも、クレンジング料を使わず、クレイウォッシュのみで洗顔を終わらせられれば、洗顔にかかる手間が省けるので嬉しいですよね。

ここでは、本当にクレイウォッシュにはクレンジング効果があるのかを試すため、1回の洗顔で軽いメイクが落とせるのか、本記事のライターである研究員Nの腕を使って実験してみました。

実験方法

化粧下地・パウダーファンデーションを塗り、クレイウォッシュで洗浄。

クレイウォッシュで洗い終えた腕をクレンジングシートで拭いて、どの程度メイクが落ちているのかを検証。

※化粧品はどちらもウォータープルーフではなく、クレンジングで落とすタイプのものを使用

クレイウォッシュレビュー

こちらが化粧下地とパウダーファンデーションを塗った状態の腕です。

クレイウォッシュレビュー

クレイウォッシュレビュー

化粧下地とパウダーファンデーションを塗った腕にクレイウォッシュを直接出し、マッサージするように腕に伸ばしていきます。

クレイウォッシュレビュー

クレイウォッシュを洗い流した後の様子からは、残念ながらきちんと落ちているのかがわからないので、クレンジングシートを使ってその落ち具合を確認します。

クレイウォッシュレビュー

クレンジングシートで腕を拭いてみると、クレイウォッシュで洗い流せたはずのメイクが残っていました。

カバー力が低めのメイクでも1回では落としきれていないので、クレイウォッシュのクレンジング効果は低めであることがわかります。

メイクをした後はクレンジング料を使用してメイクを落としてから、クレイウォッシュで洗顔するようにしてください。

ここはどうなの?クレイウォッシュの気になるQ&A

質問と回答と虫眼鏡

ビーグレンのクレイウォッシュについて調べていると、「ビーグレンのクレイウォッシュでニキビができてしまった」という口コミや、「ビーグレンのクレイウォッシュでパックができる」というような噂が見かけられました。

ここでは、クレイウォッシュの調査を行う中で疑問を感じている人が多かった、クレイウォッシュの噂を検証します。

クレイウォッシュを使ったらニキビができた!なぜ?

クレイウォッシュの使い始めのころは、配合されているクレイの力で毛穴の奥の汚れや皮脂を肌表面に排出しきれず、毛穴に汚れが残ってしまって炎症を起こし、ニキビになってしまう場合があります。

しかしクレイウォッシュを使い始めたばかりの時に出来るニキビは、クレイウォッシュでの洗顔を続け、残ってしまった汚れをだんだんと取り除くことで解消することのできる、一過性のものです。

クレイウォッシュを使い始めてからニキビができるようになってしまったと使うのを止めるのではなく、肌の生まれ変わる周期に合わせ、最低でも1か月以上は使い続けるようにしましょう。

しかし、1か月以上クレイウォッシュでケアを続けていてもニキビが落ち着かない場合には、一旦クレイウォッシュの使用をやめ、クレイウォッシュの現品を持って皮膚科専門医に相談することをおすすめします。

クレイウォッシュでパックができるって本当?

以前、雑誌でスペシャルケアとして紹介された「クレイウォッシュパック」ですが、ビーグレンの公式に問い合わせた結果、ビーグレンではクレイウォッシュパックをおすすめできないとのことでした。

ビーグレンが公式におすすめしていない、独自の使い方でクレイウォッシュを使った場合、肌に赤みや腫れ、痛みなどの異常をきたしてしまう可能性があります。

クレイウォッシュを使う際には、パックのような使い方ではなく、公式がおすすめしている、「肌をマッサージするようにして汚れとなじませ、洗い流す」という方法で洗顔するようにしてください。

クレイウォッシュの購入はビーグレンの公式サイトで

ビーグレン クレイウォッシュミニ

ビーグレンの商品はドラッグストアや化粧品専門店などでの取り扱いがなく、通販でしか購入できないため、自分の肌に合うか不安で購入しにくいという人もいるかと思います。

しかし、ビーグレンはサポート体制が万全なブランドで、公式サイトに自分の肌質や年代、出身地や趣味といった様々な観点から専門のコンサルタントを指名して商品やスキンケア方法を相談できる「スキンケア相談フォーム」というメールフォームが設置されています。

また、月曜から金曜日の午前9時~午後6時で受け付けているスキンケア相談(0120-480-902)や、注文・配送状況の確認、製品の質問ができるカスタマーサポートセンター(0120-329-414)の電話番号もあるため、不安はすぐに解消できますよ。

ビーグレンの商品が肌に合わなかった、効果に満足ができなかったという場合、1商品につき1度だけですが、開封後でも365日の間返品・返金をしてくれる保証制度も整えられているので、肌に合わなかったらどうしようと悩むことなく、気軽に試せる化粧品です。

また、クレイウォッシュだけを試してみたい場合でも、まずは安価で手に入る一週間のお試しトライアルセットの購入をおすすめします。

ビーグレンにはニキビ、ニキビ跡、目元、毛穴、美白、たるみ・ほうれい線、乾燥・保湿、エイジングという8種類の肌トラブルに対応した、1週間のトライアルセットが1,944円で用意されています。

クレイウォッシュはビーグレンで用意されている8種類すべてのトライアルセットに含まれているので、自分の肌トラブルを解決できそうなトライアルセットを選び、自分の肌とビーグレン商品が合っているかを一度試してみてください。