【プロ直伝】ほうれい線を消す!かっさプレートの正しい使い方

ほうれい線 - update2019.01.24
ほうれい線に効くかっさの使い方
宮本プロフィール

30代からのエイジングケア専門家

クルーク 宮本真実

メイク直しをしようと鏡を覗いた時、「ほうれい線」がくっきりと出た自分の顔が写っていたらショックを受けますよね。

血行やリンパの流れが滞りやすい夕方は、顔にむくみやくすみが現れてさらに老けた印象を与えます。

肌のハリや弾力を取り戻すには顔のマッサージが効果的です。

「かっさ」というプレートを使うとマッサージしやすく、血行やリンパの流れを整え老廃物を排出してくれます。

本記事では、「かっさセラピー」の第一人者であるプロ指導のもと、かっさで筋肉のコリをほぐしてほうれい線や頬のたるみを解消する「かっさプレート」の正しい使い方について紹介します。

 ほうれい線に効果がある「かっさ」とは?

虫メガネを持った女性

「かっさ」とは、2500年前から中国で行われてきた、もともとは民間療法で、現在中国では東洋医学(中医学)の治療法の1つとして使われています。

東洋医学(中医学)では「気(き)・血(けつ)・水(すい)」が生命活動に必要な3つの要素で、3つのバランスが崩れると身体に不調が起こると考えられています。

東洋医学(中医学)による生命活動に必要な3要素

かっさは「刮痧かっさ(かっさ)」と書き、「刮(かつ)」はさする、こする、削る、「痧(さ)」は瘀血(汚血)、滞っている血液のことを意味します。

かっさマッサージは「気・血・水」のめぐりを整えるために、専用の板(プレート)で顔や身体の皮膚をさすって刺激し、毛細血管に圧を加えて瘀血(汚血)を排出するデトックスのことです。

近年は、美容法としてかっさプレートを使ったマッサージ方法が知られています。

顔の筋肉「表情筋」のコリをかっさプレートでマッサージしながらほぐし、老廃物を流して血流を整えることで頬のたるみやほうれい線を改善していきます。

かっさによる美容効果を最大限に引き出した独自のメソット「島田流かっさマッサージ」を広めたのは、かっさセラピーを通じて広く東洋医学を普及する事を目的とした日本かっさ協会会長の島田淑子先生です。

かっさのことを詳しく知るために、日本におけるかっさセラピーの第一人者でもある島田先生にインタビューしてみました。

島田淑子プロフィール
日本かっさ協会のHPはこちら

かっさに期待できる美容効果

両頬に手を添えて目をつむる女性

かっさには、顔の筋肉である表情筋のコリをほぐし、血行やリンパの流れを整える美容効果が期待できます。

肩や首などのコリと比べて、感じにくいのが顔の筋肉「表情筋」のコリですが、顔には40種類以上の表情筋があるため、いくつかの表情筋にコリが溜まるとこわばりが顔全体に広がって代謝が悪くなり、老化の原因となってしまいます。

島田先生独自のアレンジを加えた「島田流かっさマッサージ」は、リンパや経路を意識したマッサージ方法で、蓄積されているコリをしっかりとほぐして老廃物を流すことができます。

島田先生に、表情筋のコリとかっさとの関係についてうかがいました。

宮本
“顔のコリ”はあまり実感がないのですが、どんな状態なのでしょうか。

顔のコリによって起こりやすいエイジング悩みを教えてください。

島田先生
顔のコリとは筋肉がこわばって硬くなる状態です。

顔はたくさんの表情筋が集まっているため、表情筋のコリが顔全体に広がると大きな固まりのようになり平坦になっていきます。

顔全体がこわばった状態で表情を作ると、コリとコリの境目となる口周りや目元、頬などシワができやすい部分にダーツのような線、いわゆる溝ができてしまうのです。

ほうれい線や口元にできるシワも硬い筋肉とやわらかい筋肉の境目なのです。

顔のコリによって生じるエイジング悩み

宮本
コリで顔が硬くなるとほうれい線やシワができやすくなってしまうのですね。では、かっさに期待できるほうれい線やエイジング効果はどのようなものでしょうか。
島田先生
かっさは、肌表面だけでなく表皮の下にある筋肉層までしっかりとほぐすことができます。

手で行うマッサージより、しっかりとコリがほぐれるので肌がやわらかくなって自身の本来の立体感を取り戻し、顔のたるみやむくみの解消、ほうれい線の引き上げ効果が高まりますよ。

かっさプレートを使うことで、人の手によるマッサージでは難しい細やかな部分や筋肉層にまでアプローチできます。

かっさプレートの刺激が、顔のコリをほぐして頬のたるみの原因となる表情筋に直接働きかけ、血行やリンパの流れを整えてくれるのです。

かっさに期待できる美容効果

頬のたるみを解消し、ほうれい線を引き上げる

表情ジワを改善してハリのある肌へと導く

代謝がアップするため肌色が明るくなる

頬のむくみが解消されてフェイスラインがスッキリ目元のしわやたるみが改善され目元がぱっちりとする

顔コリのないやわらかい筋肉は、血液やリンパの流れをサポートして老廃物を排出するため基礎代謝がアップして、顔のむくみやたるみ改善、さまざまなエイジング悩みの改善に期待ができるのです。

 かっさを使ったマッサージがほうれい線に効く理由

ほうれい線が気になっている女性

ほうれい線は、乾燥や紫外線による肌のハリ不足や表情筋の衰えなどにより頬がたるみ、口元と頬の間にできる溝のことです。

かっさマッサージをすると、表情筋の衰えやこわばりがほぐれてやわらかくなり、老廃物が流れやすくなるので、顔のたるみやむくみが解消されてほうれい線が改善されていきます。

かっさで顔のコリをほぐし、ほうれい線を引き上げる効果が期待できる表情筋を島田先生にうかがいました。

宮本
ほうれい線を引き上げるには、どの表情筋のコリをほぐしたら効果が期待できますか。
島田先生
ほうれい線は上唇拳筋(じょうしんきょきん)の上にできる線です。上唇拳筋をダイレクトにかっさしてコリをほぐしてから頬の筋肉(大頬骨筋と小頬骨筋)をかっさすることで、ほうれい線を薄くする効果が期待できます。

顔の筋肉

島田先生
顔はたくさんの筋肉同士が繋がっているため、一つの筋肉にアプローチするだけではダメなのです。ほうれい線ならば頬全体、できれば顔全体をほぐしてあげることが大切です。
宮本
上唇拳筋だけでなく、顔全体をかっさマッサージした方が効果的ということですね。
島田先生
日本かっさ協会では、顔の筋肉は筋膜でつながっているために“鎖骨から肩甲骨の下までが顔”と捉えています。

首の前面が凝っていたり、頭や肩甲骨の間が凝っていたりすると、顔が下に引っ張られてしわっぽくなるのです。

首は自分でマッサージができますが背中は難しいので、自分で背中のストレッチをしたり、プロの手に任せてほぐしてもらったりするのも効果的ですよ。

頭、首、肩甲骨が凝ると、顔が下に引っ張られる
かっさマッサージでほうれい線を引き上げるためには、ほうれい線に効果的な「上唇拳筋」のコリをほぐすだけでなく、頬全体、顔全体をかっさでマッサージするとより効果が高まります。

  【プロ直伝】かっさの正しい使い方を解説

実験する女性

かっさの正しい使い方とマッサージ方法を解説していきます。

かっさプレートの選び方については、後程詳しく説明しますが、ここでは日本かっさ協会のかっさプレートを使います。

ほうれい線に効かせるポイント

マッサージオイルを手にたらす

かっさでほうれい線を引き上げるために、かっさの正しい使い方とポイントを覚えましょう。

かっさマッサージを始める前に、かっさプレート、滑剤となるマッサージクリームやオイルを用意します。メイクは落としてスキンケア化粧品で肌の保湿をしておくと肌への負担が少なく、かっさの効果が高まるのでおすすめです。

かっさマッサージの前準備

  • メイクは落としておく
  • スキンケア化粧品で肌の保湿をしておく
用意するもの

  • かっさプレート
  • マッサージクリームまたはマッサージオイル

ほうれい線ケアは、かっさプレートの部分を使ってマッサージを行います。

かっさプレートのこの部分を使ってマッサージ

島田先生
マッサージクリームやオイルは、滑剤となるのでたっぷりとつけて、かっさプレートの滑りがよい状態にしましょう。

マッサージ中に肌になじんで滑りが悪くならないよう、マッサージ用のクリームやオイルがおすすめです。

かっさマッサージに使うマッサージクリームやオイルは「マッサージ用」と明記してあるものが安心です。

使用するかっさプレートや肌質、好みの質感や香りなど、マッサージしやすいクリームやオイルを選ぶようにしましょう。

かっさプレートを使った正しいマッサージ法

ほうれい線に効果的な「上唇拳筋(じょうしんきょきん)」の上のかっさマッサージを紹介します。

かっさプレートを使用する時は、下記のポイントに気をつけましょう。

  • かっさプレートの滑りをよくするために、マッサージクリームやオイルを必ず使用する
  • かっさプレートは力を入れすぎず、かっさプレートを肌にフィットさせる

かっさプレートを使った正しいマッサージ法01

左の小鼻の横から左の目頭、右の小鼻の横から右の目頭を繋いだラインが「上唇拳筋」です。

上唇拳筋の上を小鼻横から目頭に向かって、らせんを描くように引き上げます。左右3回行います。

かっさプレートを使った正しいマッサージ法02

次に小鼻の横からこめかみに向かって、斜め上にらせんを描くように引き上げます。

たて長の細かいらせんを描くようにかっさを動かしていきます。左右3回行います。

かっさプレートを使用する時の注意点

かっさは一回のマッサージでリフトアップ効果が期待できるほど、ほうれい線の引き上げ効果が期待できますが、正しい使い方でマッサージを行わないとほうれい線が悪化してしまう場合があります。

日本かっさ協会の島田先生に、かっさマッサージをする時の注意点をうかがいました。

かっさプレートの使用は週2~3回程度に

日本かっさ協会では、週2~3回のかっさマッサージを推奨しています。

かっさマッサージをする時間帯によってメリットが違うので、肌の状態やイベントなどに合わせたかっさがおすすめです。

宮本
かっさは週何回行えばいいですか。

また、かっさマッサージにおすすめの時間を教えてください。

島田先生
頻度は週2~3回でいいですよ。

朝のかっさは、メイク前に行うのがおすすめです。

かっさの効果で血行が整ってメイクのりがよくなり、一日シャキッとした状態で過ごせます。夜のかっさは入浴時がおすすめです。

皮膚の温度が上がり血行がよくなるので、肌がやわらかくなり、美容液やクリームが角質層の奥まで浸透します。朝までしっとり感が続き、プルプルとした肌を実感していただけます。

ほうれい線に効くかっさマッサージの使用時間

  • 週2~3回がおすすめ
  • かっさは朝はメイクの前、夜は入浴タイムに行うのがベスト
  • 「上唇拳筋(じょうしんきょきん)」上のかっさマッサージを含め、顔全体を10分程度

肌の調子が悪いなと思った朝は朝のかっさ、ゆっくりと入浴時間を取れる夜は夜のかっさで、自分のライフスタイルに合わせたかっさマッサージを行いましょう。

 ほうれい線が悪化する間違った使い方

〇か×か

かっさでマッサージをする時は、かっさプレートの力加減や使い方に注意が必要です。

かっさプレートの使い方によっては、ほうれい線を悪化させてしまいます。

かっさプレートを使い慣れるまでは、次のポイントに気をつけましょう。

かっさプレートを使用する時の注意点

  • 痛みを感じるほど強い力でかっさマッサージをしない
  • マッサージオイルやクリームは潤滑剤として必須。皮膚が乾燥した状態でかっさを行わない
島田先生
かっさプレートを使用する時は、マッサージオイルやクリームをたっぷりと塗布して、力加減に気をつけながら肌に負担をかけないようにしてくださいね。

 ほうれい線を悪化させない3つの生活習慣

かっさによるほうれい線の引き上げ効果を高めるためには、避けておきたい3つの生活習慣があります。

ほうれい線を悪化させない3つの生活習慣

1.顔のコリをそのままにしない

2.肌を乾燥させない

3.糖質摂りすぎない

1.顔のコリをそのままにしない

島田先生
顔にコリがたまると頬の筋肉が固まって引き下がり、ほうれい線の原因となります。

顔のこわばりや肌のゴワつきを感じたら、かっさマッサージを行う習慣をつけるのがおすすめです。週に2~3回程度かっさを行い、顔のコリをためないように心がけましょう。

 2.肌を乾燥させない

島田先生
肌の乾燥は、ほうれい線やシワの原因になるので、乾燥は厳禁です。

乾燥肌の方や乾燥する季節は、とくに肌の保湿をしっかりと行ってください。かっさマッサージをすると、肌の代謝がアップするため肌がやわらかくなり、スキンケアのなじみがよくなります。

3.糖質を摂りすぎない

島田先生
糖質過多は肌の糖化を引き起こします。

糖化は肌を固くする原因になるので、糖質の摂りすぎには気をつけましょう。かっさでマッサージすると、肌の代謝が高まるので肌の糖化を防ぐことができますよ。

ほうれい線を作らないためには、ほうれい線ができにくい生活習慣を取り入れたライフスタイルを心がけましょう。

 おすすめかっさプレートの選び方

かっさプレートには、さまざまな形や素材があるため、選び方にいくつかのポイントがあります。

かっさプレートの形や素材が美容効果を大きく左右することはないのですが、かっさマッサージのプレートによっては、マッサージのしやすさや持ちやすさ、肌触りが違うため、自分に合ったプレートを選びましょう。

主なかっさプレートの素材

水牛角・牛角やわらかくぬくもりがある素材。軽いため、フィット感が出しづらい。
天然石水晶、ローズクォーツなど。衝撃に弱く割れやすい。
陶磁器なめらかでなじみのいい素材。天然石より肌あたりのいい厚みが出せる。
ステンレス気軽に洗えて衛生的。入浴時にも使えるが、金属なので冷たさを感じる。

かっさマッサージにはマッサージオイルやクリームが欠かせないため、洗浄や消毒などお手入れのしやすさや耐久性をポイントに選ぶのもおすすめです。

日本かっさ協会会長・島田先生にかっさプレートの選び方を聞いてみました。

島田先生
かっさプレートは、適度な厚みと重みがあるものがいいですね。

かっさプレートの厚みが薄いと力が強くなり、厚すぎると刺激がボケてしまうのです。

素材は、肌にひっかからず肌滑りがいいツルツルとザラザラの間のような質感がおすすめです。

宮本
リーズナブルな100円ショップで購入できるかっさプレートは、初心者でも気軽に試せる価格が魅力ですが、かっさとしての機能はいかがでしょうか?
島田先生
そうですね、100円ショップのものは重さも厚みも足りない印象です。

プラスチック製なのでフィット感も出しにくいと思います。

宮本
なるほど。体験程度ならばということですね。

かっさマッサージの効果を感じられるよう、かっさプレートは、厚みと重さ、フィット感をポイントに選びたいと思います。

初心者やかっさを試してみたいという方であれば、100円ショップのかっさプレートでもかっさを試すことは可能です。

ただし、かっさの効果を体感したい、かっさを続けたいと思うのであれば、厚みや重み、肌へのフィット感などにこだわったかっさプレート選びをおすすめします。

初心者におすすめのプロも使うかっさプレート

 ローズクォーツ製オリジナルかっさプレート

ローズクォーツ製オリジナルかっさプレート

4,968円(税込)

セラミック製オリジナルかっさプレートforセラピスト

セラミック製オリジナルかっさプレートforセラピスト

7,343円(税込)

日本かっさ協会オリジナルかっさプレートの特徴

  • 島田流かっさマッサージに最適なかっさプレートでフェイスにもボディにも使える
  • プロが認める適度な重さと厚みのプレートがほうれい線や頬のたるみにアプローチする
  • 肌すべりのいい素材で顔のコリをほぐし、肌をやわらかく整える

「日本かっさ協会オリジナルかっさプレート」は、プロも使うU字型をしたフェイスケアにも、ボディケアにも使えるのではじめての方でも使いやすいかっさプレートです。

ローズクォーツ製とセラミック製の2つがあり、なめらかな質感と肌ざわり、すべりの良さが特徴のかっさプレートです。

適度な厚みと重みで手になじみやすく、力加減が調節しやすいため、痛気持ちいいアプローチで顔のコリをほぐしてほうれい線を引き上げます。

アユーラ ビカッサプレート プレミアム

アユーラ ビカッサプレート プレミアム

2,800円(税込)/アユーラ

アユーラ ビカッサプレート プレミアムの特徴

  • たまりがちな顔の疲れやコリをしっかりつかんでほぐし、ほうれい線にアプローチ
  • 立体的プレートと独自の「美活沙マッサージ」で血行を促進しフェイスラインを引き上げる
  • 陶器製のプレートは肌なじみがよく、丸洗いできてお手入れしやすい

アユーラのビカッサプレート プレミアムは、顔の疲れやコリを解きほぐして、ほうれい線や頬のたるみにアプローチするかっさプレートです。

アユーラ独自の「美活沙マッサージ」による肌のコリをつかんで、揉んで、解きほぐす手技で(※)代謝を促し、肌を芯からやわらげます。

※アユーラ独自のかっさマッサージ法

まとめ

朝日を浴びながらのびをする女性

日本かっさ協会監修による、ほうれい線と頬のたるみを引き上げる「正しいかっさプレートの使い方」を紹介しました。

かっさプレートの使い方にはちょっとしたコツが必要ですが、正しい使い方をマスターすればほうれい線のない肌へと近づくことができます。

かっさが頬のたるみやほうれい線に期待できる美容効果

  • 蓄積された顔のコリをほぐして本来の立体感を取り戻し、ほうれい線を引き上げる
  •  老廃物を流して肌の代謝を促して頬のたるみを解消し、肌のハリやツヤをアップする
かっさプレートの正しい使い方

  • スキンケアで保湿をした後に、マッサージオイルやクリームを塗布して行う
  • かっさマッサージは、痛気持ちいいくらいの力加減がベスト
  • 皮膚を引っ張り過ぎないよう、かっさでらせんを描くように滑らせ引き上げる

かっさの正しい使い方を確認しながら、ほうれい線のない肌を目指しましょう。

この記事をシェアする

おすすめ記事