ほうれい線をリフトアップして解消する!おすすめケア方法3選

ほうれい線 - update2019.02.13
鏡を見て頬に手を添える女性
宮本プロフィール

30代からのエイジングケア専門家

クルーク 宮本真実

「30代に入ってから、夕方になるとメイクが崩れる肌色がくすむ」
「ほうれい線がくっきりと現れるようになった」

年齢を重ねる毎に、このような悩みが増えてきたという方も多いのではないでしょうか。

同じ年齢でもほうれい線が目立つ方と目立たない方とでは、5歳くらい歳の差があるように見えてしまいます・・・。

逆に言えば、ほうれい線をリフトアップすることができれば、マイナス5歳は若返って見えるのです。

本記事では、加齢にともなう頬のたるみやほうれい線の悩みを抱えている方へ、頬をリフトアップしてほうれい線を解消する方法をわかりやすく紹介します。

ほうれい線はリフトアップでケアできる

女性が頬を手で包み込んでいる画像

ほうれい線はシワではなく、頬のたるみと口元にできる溝のことです。

肌は、加齢により頬の筋肉が衰えてたるむとコラーゲンが不足しハリと弾力が失われてしまいます。ハリや弾力が失われると、重力によって頬が下がりほうれい線となって深く刻まれしまうのです・・・。

ほうれい線が気になり始めたら、エイジング化粧品などのスキンケアに頼るだけでなく、頬のたるみを防いでほうれい線を引き上げる内面的なアプローチが必要になります。

以下の写真は、内面的なアプローチの一つ「表情筋を鍛える」ペットボトルを使ったエクササイズを1週間続けた結果です。

ペットボトルエクササイズ ビフォー・アフター

「1週間でほうれい線に効く!ペットボトルでながら表情筋エクササイズ」より

頬のたるみが引き上げられてほうれい線が薄くなり、口や顎まわりのたるみがすっきりとしています。このように、表情筋を鍛える内面アプローチでリフトアップすると、ほうれい線は薄く目立たなくさせることができるのです。

ほうれい線を引き上げる3つの内面アプローチ

しわやほうれい線を気にして鏡を見ている女性

ほうれい線を引き上げる内面アプローチには、3つの方法があります。

ほうれい線を引き上げる内面アプローチ

表情筋を鍛えて頬のたるみをリフトアップする
筋膜を整えて表情筋のコリをほぐし、リンパの流れを促進する
 美容治療により強制的に引き上げる

ほうれい線ができる原因は、表情筋の衰えによる頬のたるみなどが挙げられますが、原因はひとつではありません。

自分に合うほうれい線を引き上げる方法をみつけて、リフトアップ効果を高めましょう。

表情筋を鍛えてリフトアップ

ほうれい線を引き上げるためには、表情筋を鍛える表情筋エクササイズが効果的です。

顔には「表情筋」と呼ばれる顔の筋肉が40種類以上あり、目や口、鼻を動かしてさまざまな表情を作っていますが、普段の生活では30%ほどしか使われていないため、使わない筋肉は加齢とともにだんだん衰え、頬の重みを支えることができずにたるみ、ほうれい線となって刻まれていきます。

顔の筋肉3種類ほうれい線に関係する表情筋は、主に大頬骨筋、小頬骨筋、口輪筋の3つです。

ほうれい線を引き上げるためには、この3つの表情筋を鍛えるエクササイズかおすすめです。

表情筋の衰えを防いで鍛えるエクササイズはいくつかありますが、自分のライフスタイルにあった方法で無理なく続けられる方法を選びましょう。

表情筋を鍛えるエクササイズ

表情筋を鍛えるエクササイズは、日常的に表情筋を使う機会が少ない方や表情筋エクササイズを試すのが初めてという方、毎日エクササイズを継続できる方におすすめです。

顔ヨガ

さまざまな表情やポーズを作って表情筋を意識的に動かし、ほうれい線を引き上げる方法

ペットボトルエクササイズ

ペットボトルに水を入れてくちびるだけの力で持ち上げ、表情筋を鍛える方法

舌回し

舌を回して口の中から表情筋を鍛え、ほうれい線を引き上げる方法

すでに表情筋を鍛える別のアプローチを試しているという方や、顔ヨガもペットボトルエクササイズも試してみたいという方は、それぞれの方法でアプローチが異なるため、ほうれい線の引き上げ効果が十分に期待できない可能性があります。

一度に両方のエクササイズを行うのではなく、一つのエクササイズに絞って試してみてくださいね。

筋膜を整えるリフトアップ

ほうれい線をリフトアップするためには、表情筋を覆う筋膜(きんまく)を整えて血行やリンパの流れを促進し、表情筋を柔軟に保つ必要があります。

2016年くらいから「筋膜リリース」や「筋膜はがし」といったワードがトレンドで、TV番組の「世界一受けたい授業」や「金スマ」などで取り上げられるようになった「筋膜」とは、筋肉や細胞、組織を包むたんぱく質の繊維でできた膜のことを指します。

筋膜リリースも筋膜ほぐしも癒着した筋膜をはがしたりほぐしたりしながら筋膜を整える方法です。

筋膜を整えると体質や体型が変わったり、健康や美容に効果が期待できたりすることから、筋膜を整える方法が注目を浴びています。

筋膜は、ウェットスーツのように身体全体を張り巡り、骨・筋肉・内臓を結合させて身体を支えていますが、とてもやわらかいコラーゲン繊維でできているため、長時間同じ姿勢でいる、脚を組むなどによって収縮して硬くなり、筋肉に癒着してゆがみやすくなります。

筋膜のイメージ

表情筋も同じで、肩こりや首こり、噛みグセにより筋膜の収縮や癒着が起こって動きが悪くなると、血流やリンパの流れが滞り老廃物が溜まります。

老廃物が溜まると代謝が悪くなり、頬のむくみやたるみを招きほうれい線の原因となるのです。

リフトアップしてほうれい線をケアするためには、筋膜の癒着を整えて血行やリンパの流れを促進して、頬のむくみやたるみを防ぐ必要があります。

筋膜を整えるリフトアップ方法

長い時間同じ姿勢で仕事を続けている方、眼精疲労のある方、運動不足、心理的ストレスを抱えている方は、筋膜の収縮や癒着が起こりやすい傾向があるので、マッサージや整体で筋膜をほぐして整えて、ほうれい線を予防・改善するようにしましょう。

小顔整体

頭や顔、肩、首などの筋膜をほぐしてリンパの流れを整える

エステ

エステティシャンの手技で筋膜を緩め、血行やリンパの流れを整えて肌の代謝をアップする

かっさ

かっさプレートによるマッサージで、筋膜に働きかけてリンパの流れを整える。

頭皮マッサージ

顔や頭皮をマッサージしてコリをほぐし、血行を促進する。

治療によるリフトアップ

聴診器とカルテを持った女医の写真

30代の頬のたるみやほうれい線であれば、エイジングの初期段階の場合が多いため、美容治療に頼る前に表情筋エクササイズや筋膜リリースといった方法で予防や改善ができます。

ただし、イベントなどを間近に控えてほうれい線の引き上げに即効性を求める場合や、表情筋を鍛える、筋膜を整える方法を試したけれど、リフトアップ効果があまりなかったという場合は、美容医療による治療でほうれい線をリフトアップする方法があります。

美容医療によるリフトアップ方法は、ヒアルロン酸、ボトックス注入、高周波治療、スレッドリフトなどの切らない治療と、筋膜を引き上げるフェイスリフトなどの切る治療に分けられます。

施術名

施術法

参考価格

効果の持続

ヒアルロン酸注入

注射

5~10万円

6~8ヶ月

ヒアルロン酸を注入して皮膚を若返らせる

ボトックス注入

注射

5~10万円

4~6ヶ月

ボトックスで筋肉の動きを止め表情ジワを防ぐ

高周波治療(サーマクール)

照射

10~30万円

3~6ヶ月

高周波の熱で真皮層にやけどを作りコラーゲン生成を促す

スレッドリフト

吸収糸の挿入

30~60万円

3~10年

溶ける糸を皮下組織に挿入して皮膚を持ち上げる

フェイスリフト

メスによる切開

50万円~
※切開部分により異なる

10年

耳周りを自然な曲線で切開し、皮膚の下にある筋膜を持ち上げる

※価格は参考価格です。クリニックや皮膚科により価格は異なります。

施術の内容によっても異なりますが、美容医療は最終手段だと捉え、まずは表情筋を鍛える、筋膜を整える方法でリフトアップ効果を試してみて、それでも変化がない場合は美容医療へ相談してみてください。

ほうれい線リフトアップおすすめ3選

頬に手を当てる女性

実際にハリツヤ研究所の研究員が試した結果、ほうれい線のリフトアップ効果が高かった方法を3つ紹介します。

顔ヨガエクササイズ

顔ヨガは、表情筋を鍛えてフェイスラインをリフトアップする表情筋エクササイズです。

呼吸法やゆっくりとしたポーズを取り入れて表情を作る顔ヨガは、普段動かすことが少ない表情筋を意識的に動かして鍛え、表情筋をしなやかに整えます。

表情筋のコリや緊張がほぐれるだけでなく、ストレスが軽減されて自律神経を整える効果も期待できる
ため、顔全体のリンパの流れや血行がよくなって頬のむくみが取れ、肌代謝がアップしてほうれい線を引き上がっていくのです。

ほうれい線のリフトアップ効果が高い「こめかみリフト」

顔ヨガに期待できるリフトアップ効果
 表情筋を意識的に動かしてポーズを取り、しなやかな表情筋に整える

 表情筋が顔ヨガのポーズを記憶してキープしようとするため、ほうれい線が引き上がる

 肌の新陳代謝がアップするためコラーゲンの生成が促され、肌のハリツヤがアップする。

ほうれい線のリフトアップ効果が高い顔ヨガポーズをチェック

ペットボトルエクササイズ

ペットボトルエクササイズは、空のペットボトルを使って普段動かす機会が少ない表情筋を動かして鍛え、ほうれい線を引き上げるエクササイズです。

2ℓの空のペットボトルの中の空気を吸って戻す方法と、500mlの空のペットボトルに少量の水を入れて唇の力だけで持ち上げる方法がありますが、どちらも頬の筋肉を鍛えてたるみを解消することでほうれい線を引き上げます。

「1日2分|水入りペットボトルを咥えるエクササイズ」
ペットボトルエクササイズ

ペットボトルエクササイズに期待できるリフトアップ効果
 表情筋を鍛えて皮下組織や皮膚を持ち上げ、たるみを引き上げる

 口周りの表情筋を効果的に鍛え、口角を引き上げる

 頬や顎周りのたるみ・二重あごを解消し、リフトアップ効果を高める

ほうれい線のリフトアップ効果が高いペットボトルエクササイズをチェック!

PAOエクササイズ

フェイシャルフィットネスPAO(パオ)

PAOは、表情筋を鍛えることを目的に開発された表情筋トレーニング用の美容器具です。

口にマウスピースをくわえて上下に振動させ、表情筋にアプローチして頬のたるみを引き上げることでほうれい線を薄く目立たなくしていきます。

CMにサッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手を起用し、身体を鍛えるように表情筋を鍛える新メソットを提唱して人気を博したPAO。

口元を集中的にトレーニングするため口角が上がり、キュッとひきしまった若々しいフェイスラインへと導いてくれるのです。

PAOに期待できるリフトアップ効果
 口周りの表情筋を集中的にトレーニングして、表情筋をバランスよく鍛える

 1日30秒のPAOの共振運動で、普段使わない筋肉を鍛えてたるみを解消する

 継続的にPAOを使用することで、若々しいフェイスラインをキープする

PAOについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事をチェック

美顔器

美顔器は、エステと同じ本格的なスキンケアが自宅でできる美容器具です。

製造元や機種によって期待できる効果はさまざまですが、主な美顔器にはシワやたるみ、ほうれい線など、肌を引きしめてリフトアップする効果が期待できます。

NEWAリフト +は、肌の専門家が認めた「お肌のひきしめ専用」美顔器で、サブマイクロ波を肌に当ててトリートメントしながら肌を引き上げ、ほうれい線や頬のたるみなど気になる部分を引きしめます。

NEWAリフト +

NEWAリフト+ トリートメントジェル

通常購入67,824円(税込)/定期便64,044円(税込)

NEWAリフト +の特徴

  • 気になる肌のたるみに4分間、やさしくマッサージするだけ
  • 電極部から発するサブマイクロ波(※)によりエイジングの気になる肌にアプローチ
  • スマホより軽い117gでマッサージ中に手が疲れない軽量設計

※サブマイクロ波
高周波とも呼ばれる電気に近い作用を持つエネルギーのこと。生体内で熱に変化して肌を温め、医療分野での治療にも使われている。肌の深部をしっかりと温めて肌を引き占める効果が高く、美容医療の分野でも注目されているエネルギー。

NEWAリフト +は、の専門家が認めた「肌のひきしめ専用」の美顔器です。

美容医療やエステテックサロンで使用される高周波で肌の深部まで作用する機器と同じような効果が自宅で得られ、肌のリフトアップ効果を高めます。

NEWAリフト +は、従来のNEWAリフトをコードレスしてより使いやすくなったNEWモデルです。

手が届きにくい金額ではありますが、NEWAリフト +はイベントや体験会を開催しているので、自分の肌に合うか、器械が苦手だけど使いこなすことができるかなど、購入前に試すことができます。

美顔器はリフトアップ効果が実感できれば、エステに通い続けるよりも割安で、自宅にいながら長い間使用できるのも魅力です。

NEWAリフト +をハリツヤ研究員が実際に使ってみました

実際に美顔器によるほうれい線の引き上げで、どのくらいリフトアップできるのかを検証するため、ハリツヤ研究員・佐藤が「NEWAリフト +」を1週間試してみました。

佐藤
「NEWAリフト +」は小さくて軽いだけではなく、コードレスで使いやすい充電式の美顔器でした。1回の充電で6回使用できます。

専用のジェルはややベタ付きがあり髪につくのが気になりました。肌なじみはあまりよいとはいえず、たっぷりつけないと美顔器の熱さを感じます。

美顔器の所要時間は、一度にアプローチできる範囲が狭く、1か所で4分なので右左の頬にアプローチすると合計8分かかります。

他にも引き締めたいとなると時間がかかるのが難点だと思いました。

NEWAリフト+トリートメントジェル テクスチャ

佐藤
リフトアップについては写真を撮って比較したのですが、フェイスラインがすっきりしていたので、アプローチできているということがわかりました!

特に、たるみがひどいな、疲れているな、というときにNEWAリフトでマッサージするとフェイスラインが引き上がっているのがわかります。

一度で変化がわかったので、私の場合はたるみがひどいなと感じた時のスペシャルケア的な使い方になりそうです。

NEWAリフト+

ほうれい線をケアする美容液3選

大人ニキビ_美容液

内面アプローチによるほうれい線のリフトアップ効果を高めるためには、エイジングケアの効果が高いスキンケアを使った外からのアプローチも併用し、肌のハリや弾力を高めましょう。

ビーグレンQuSomeリフト

価格:7,560円(税込)

ビーグレンQuSomeリフトの特徴

  • 独自の浸透テクノロジーにより、角層の奥まで肌にハリと弾力をあたえる美容成分を浸透させる
  • たるんだ肌を引き締めて肌のハリを高め、リフトアップ効果を高める
  • マッサージとの相乗効果でむくみを解消してリンパの流れを整え、フェイスラインを引き上げる

重力や加齢による頬のたるみやほうれい線が気になる肌を、マッサージしながらリフトアップするマッサージ美容液。

ビーグレン独自の複合成分「QuSome(R)フェイスリフトコンプレックス」(※)が肌にハリと弾力を与え、リフトアップ効果を高めます。

※ビーグレン独自の浸透テクノロジーを応用した複合成分。エイジングケアに最適な5つの成分(カプロオイルペプチド-3、トリペプチド-10シトルリン、キサンタンガムクロスポリマー、シャクヤク根エキス、果物トケイソウ果実エキス)をバランスよく角層のすみずみまで届ける。

▽実際にQusomeリフトを1週間試したビフォーアフター付き

アヤナスエッセンス コンセントレート

ディセンシア アヤナス ローション コンセントレート

36g 8,100円(税込)/美容液

アヤナスエッセンス コンセントレートの特徴

  • 美容成分を肌に届けて血行を促進し、真皮のコラーゲン生成を高めてハリのある肌へと導く
  • 肌の「糖化」に着目し、黄ぐすみやたるみ毛穴を防ぐ有効成分を配合
  • ストレスによる肌荒れやバリアダメージを肌の内側からケアし、バリア機能を高める

仕事や育児など日々のストレスによる肌荒れを内側からケアして、ストレスに負けない肌へと導き、エイジングによる肌のハリや弾力不足を補う美容液。

コラーゲンの生成をアップする美容成分「ヒト型ナノセラミド」配合で、たるみやくすみを防いてハリのある若々しい肌を保ちます。

ポーラ B・Aセラムレブアップ

ポーラB・Aセラム レブアップ

価格:14,580円(税込)

ポーラB・Aセラム レブアップの特徴

  • ポーラ独自の複合成分「SBフレッシュ-R」(※1)「BAコアリキッド」(※2)が健やかな肌へサポート
  • ウォーターベースに含んだ美容成分を角層の奥まで届けてうるおいを保つ
  • つけた瞬間はふっくら濃密、肌に伸ばすとみずみずしく弾けるテクスチャーでハリ感を与える

30代から気になり始める肌のハリ、カサつき、ゴワつきを、肌自らに備わっている「自浄サイクル」(健やかでハリのある肌に保とうとする機能)に着目したエイジングケア美容液。

濃厚で肌なじみのいい美容液がみずみずしくハリ感のある肌へとサポートしながら、ふっくらとやわらかく整えます。

※1SBフレッシュ-R:保湿成分シラカバ樹皮エキス、ハトムギ種子エキスを配合
※2BAコアリキッド:美容成分加水分解コンキオリン液、イガイグリコーゲン、ヘチマエキス、チョウジエキス、イザヨイバラエキス配合

リフトアップ効果を高める生活習慣

キャミソール着て両手を高く上げ伸びをする女性

ほうれい線の原因となる頬のたるみは、日々の生活習慣から大きな影響を受けます。

リフトアップ効果を高めるためにも生活習慣を見直しましょう。

頬のたるみを予防しリフトアップ効果を高める生活習慣

  • 紫外線対策をする
  • 良質な睡眠をとる
  • 禁煙をする・喫煙を控える
紫外線対策

UVカットしている女性

紫外線による肌ダメージは、肌細胞の劣化を招き、真皮層のコラーゲンを破壊して肌のハリツヤを失う要因になります。
日傘をさす、日焼け止めを塗るなど紫外線対策を行い、屋内で過ごす時もUVケアを怠らないようにしましょう。

良質な睡眠

睡眠不足や夜更かしは、良質な睡眠を妨げ肌の再生するサイクルターンオーバーを乱す原因となります。

とくに、就寝後の3時間はゴールデンタイムと呼ばれ、生命維持のための細胞の修復や疲労回復、肌の再生に関わる「成長ホルモン」の分泌が活発になる時間です。

肌代謝分泌を促してリフトアップ効果を高めるためには、起床予定の4時間前には眠り、成長ホルモンを促すためにも睡眠時間を確保するようにしましょう。

禁煙・喫煙は控える

たばこを吸う女性

喫煙は、肌の健康を保つために欠かせないビタミンを破壊します。
ビタミンが不足すると、肌のハリや弾力が失われ、たるみやほうれい線の原因となるため、喫煙はおすすめできません。

たばこに含まれているニコチンは血管を収縮させる作用があり、血行が悪くなって細胞に充分な酸素を送ることができなるため、肌のくすみやたるみを引き起こします。

喫煙習慣がある方は禁煙することをおすすめしますが、どうしてもやめられないという方は、ビタミンCを積極的に摂る、ニコチンやタールが含まれていない電子タバコに切り替えるなど、肌と身体の健康を心がけてくださいね。

ほうれい線を悪化させないためには、日々の生活習慣を見直し、身体と肌の健康を保つことが大切なのです。

まとめ

頬に手をあてる女性

ほうれい線の原因となる頬のたるみを防いで、リフトアップ効果を高める方法を紹介しました。

30代におすすめの内面アプローチによるほうれい線のリフトアップ方法は、「表情筋を鍛える」「筋膜を整える」エクササイズやマッサージです。

また、内面アプローチにプラスして、エイジングケア効果の高い化粧品によるスキンケアで肌のハリと弾力を保ちほうれい線を予防しましょう。

この記事をシェアする

おすすめ記事