肌のたるみ解消に効果的なおすすめ化粧水5選

化粧水 - update2019.01.10
たるみにおすすめの化粧水5選
おおくまプロフィール

シワの悩みを解決するプロフェッショナル

おおくま 直

年齢を重ねる毎に増えてくる肌のたるみは、できればなくなってほしい肌悩みのひとつですよね。

まぶたや目の下、頬から口元、輪郭など顔の至る所に現れ、毛穴も涙型にたるんで目立ちはじめるので、メイクをしてもただ厚塗りになるだけ。

鏡や電車の窓に映る自分を見て思わずため息……なんてことはありませんか?

「歳だから重力に負けてたるんでしまうのは仕方ない」と思い込んでいる方も多いと思いますが、肌がたるんでしまった原因に合わせた対処法が分かれば、以前のようなすっきりとした顔に近づくことができるんです。

本記事では、たるみにアプローチする化粧水の選び方と、肌にハリと弾力を取り戻す成分が含まれるおすすめの化粧水5選を紹介します。

おすすめの化粧水5選には、肌のハリと弾力を与える条件でもある水分量と油分量のバランスチェックした実験も取り入れているので、たるみにアプローチする化粧水選びの参考にしてみてくださいね。

たるみの原因は2つ

肌がたるんでしまう原因には、肌自体の弾力が内側から衰えてしまう場合と、表情筋の筋力が低下して肌を支えられず、たるんでしまう場合の2つがあります。

自分のたるみがどちらの原因に当てはまるのかは、実際にアプローチしてみないと分かりませんが、肌の弾力と筋力が共に衰えている可能性も高いので、どちらの原因にも働きかけてケアすることがおすすめです。

コラーゲンやエラスチンの減少

肌がたるむ原因の1つめは、真皮層で肌の弾力やハリを作るコラーゲンとエラスチンの減少です。

真皮層のコラーゲンやエラスチンといった線維芽細胞は、女性ホルモンの分泌量低下や代謝の低下によって30代から徐々に減少するのですが、肌の乾燥や紫外線の影響が最も大きく、外部刺激によってコラーゲンが破壊されて肌のたるみが悪化します。

乾燥や紫外線から肌を守ってたるみを予防するためには、肌を十分に保湿して水分量と油分量のバランスを整え、バリア機能を高めることが大切です。

表情筋の筋力低下

肌がたるむ原因の2つめは、表情筋の筋力が低下して基礎代謝量が減り、増えた皮下脂肪を筋肉が支えきれなくなることです。

加齢によって表情筋が衰えると筋肉の上に重なっている肌も弛んだ筋肉と共に重力に従って下方に垂れ、たるみだけでなくシワもできやすくなります。

表情筋トレーニングで普段の生活では使わない部分の筋肉を鍛えてあげるだけでも、肌が引き上がってたるみが解消されたり、皮下脂肪が燃焼したりして肌の引き締めも期待できます。

たるみにアプローチする化粧水の選び方

女性が化粧品を手に持っている

たるみの原因には、肌のコラーゲンが減少してハリや弾力が低下する場合と、表情筋が衰えて肌の重みを支えきれずにたるんでしまう場合があります。

化粧水で表情筋を鍛えることは難しいので、たるみにアプローチする化粧水を選ぶときは、コラーゲンやエラスチンの生成を助けてくれる化粧水を選びましょう。

肌のハリや弾力が高まる成分が配合されていて、たるみにアプローチする化粧水の選び方を紹介します。

保湿力が高いものを選ぶ

頬に両手を当てた笑顔な女性

肌の保湿が足りずに乾燥状態が続くと、肌内部のコラーゲンやエラスチンが減少してたるみに繋がります。

肌は加齢によって年々水分量が減って肌のハリや弾力が低下してしまうので、十分な保湿力のある化粧水を選びましょう。

保湿力が高い成分

保湿成分

役割

ヒト型セラミド

水分をキープして肌の保水機能を高める

ヒアルロン酸、コラーゲン

水分を抱え込んで角層内を保湿する

グリセリン、NMF、グリセリン

水分を掴んで肌の表面を覆う

また、保湿成分を角質層に浸透しやすいように低分子化が施されていたり、浸透技術が使われていたりする化粧水は肌への馴染みが良いので、角質層がみずみずしく保水されて、化粧水後に使う美容液やクリームの効果が高まりますよ。

コラーゲン生成を促す成分配合のものを選ぶ

たるみを解消するには、肌を内側から支えている真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成を促して肌の弾力やハリを高めることが大切です。

ビタミンC誘導体やレチノールが配合されている化粧水は、コラーゲンのもととなる線維芽細胞を活性化させて肌の弾力やハリを高める効果が期待できるのでおすすめです。

たるみにアプローチするおすすめ化粧水5選

ここでは、たるみにアプローチする化粧水の選び方に沿って厳選した、実力派のおすすめ化粧水5選を紹介します。

たるみの原因となるコラーゲンやエラスチンの減少を抑えるため、肌を乾燥させずに十分保湿できる化粧水なのか、水分量と皮脂量のバランスを測れる肌チェッカーを使用した実験も取り入れています。

保湿できている化粧水の基準は、肌の理想的なバランスでもある水分量35%~50%と皮脂量20%~30%としています。

このように実験しました

実験者:30歳、混合肌

1. 素肌の水分量と皮脂量の数値をチェック

2. 5種類の化粧水を、肌に染み込ませる

3. 80分後の数値を肌チェッカーで計測

先に実験の結果を伝えると、化粧水を塗った80分後、全ての化粧水が理想の肌バランスをキープできていました。

おおくま
肌質に個人差があるとはいえ、乳液やクリームを塗らなくても肌の理想的な水分量と皮脂量をキープできるのには驚きです。

それでは、実験結果と合わせて、たるみにアプローチするおすすめの化粧水5選を紹介していきます。

ライスフォース ディープモイスチュアローション

ライスフォース ディープモイスチュアローション内容量:120ml
価格:8,640円(税込)
定期購入で最大25%OFF

ライスフォースディープモイスチュアローションの特徴

  • 角層の水分保持成分であるセラミドを生成するライスパワーNo.11エキス配合
  • 独自の発酵技術で低分子化した有効成分が角層に浸透する
  • 肌自体の水分保持機能を改善する効果が認められている

ライスフォースのディープモイスチュアローションは、肌の水分保持機能の改善効果が認められている有効成分「ライスパワーNo.11エキス」が配合された薬用保湿化粧品です。

角層の水分量を高めて肌のバリア機能を整え、高い保湿力で乾燥などの外部刺激から肌を守ります。

肌のバランス

塗る前

塗った後(80分後)

変化

水分量

32.1%

42.1%

+10.0%

皮脂量

48.1%

28.2%

-19.9%

おおくま
ライスフォースは80分後も水分量・皮脂量ともに良好な状態をキープして、5商品の中でも水分量を高める力と皮脂を抑える力が総合的にバランスの良い化粧水でした。

アスタリフト モイストローション

アスタリフト モイストローション内容量:130ml
価格:4,104円(税込)
定期購入で10%OFF

アスタリフトモイストローションの特徴

  • 独自技術でビタミンAやアスタキサンチンなどの有効成分をナノ化
  • ヒアルロン酸と3種のコラーゲンで肌にうるおいを与える
  • 角層への浸透力が高い「モイストアップテクスチャー」が肌になじむ

アスタリフトのモイストローションは、独自のうるおい成分「CLリフレッシャー」が角層のすみずみまで浸透して肌のハリや弾力が高まりやすい肌に整えます。

オレンジ色のテクスチャーはべた付かずサラッとしたみずみずしさで、肌馴染みが良く、もっちりとした保湿力を感じられます。

肌のバランス

塗る前

塗った後(80分後)

変化

水分量

31.1%

42.4%

+11.3%

皮脂量

46.6%

28.4%

-18.2%

おおくま
アスタリフトは5商品の中でも比較的高い水分量をキープし続け、80分後も水分量・皮脂量とも理想的な割合の肌バランスを維持していました。

ビーグレン QuSomeローション

ビーグレン QuSomeローション内容量:120ml
価格:5,400円(税込)

ビーグレンQuSomeローションの特徴

  • 独自の浸透技術で角層のすみずみまでうるおいを留めて17時間保湿力をキープ
  • 肌のバリア機能を整えて弾力を高める成分をバランスよく複合している
  • 使うほどに肌が柔らかくなり、たるみや肌のよれ・毛穴をキュッと引き締める

ビーグレンのQuSomeローションは、角層への高い浸透力と保湿力で17時間うるおいを継続させる高機能化粧水です。

ビタミンC誘導体をはじめとした肌環境を整える成分が、皮脂の過剰な分泌を抑えて水分量と油分量のバランスを整えたり、弾力を与えてもちもちの柔らかい肌に導いたりしてくれます。

肌のバランス

塗る前

塗った後(80分後)

変化

水分量

31.1%

35.3%

+4.2%

皮脂量

46.6%

23.6%

-23.0%

おおくま
ビーグレンは、水分量が他の化粧水と比較してやや心もとない結果になりましたが、実験者の高い皮脂量を80分後は-23%に抑えて、5商品の中でも最も皮脂抑制が高い数値を表していました。

エトヴォス バイタライジングローション

エトヴォス バイタライジングローション内容量:120ml
価格:5,184円(税込)
定期購入で10%OFF

エトヴォスバイタライジングローションの特徴

  • 肌を引き締めてキメを整える効果が期待される「アルガン幹細胞エキス」配合
  • ヒト型セラミドを5種類配合し、肌の水分量を高める
  • ヒアルロン酸やリピジュアなど保湿力の高い成分で乾燥から肌を守る

エトヴォスのバイタライジングローションは、保水機能の高いヒト型セラミドを5種類配合して加齢とともに大幅に減少するセラミドを角層まで浸透させ、たっぷりの保湿成分で乾燥から肌を守ります。

「アルガン幹細胞エキス」には肌にもともと存在するアミノ酸などの保湿成分が含まれていて肌の水分と油分のバランスを整えてくれます。

肌のバランス

塗る前

塗った後(80分後)

変化

水分量

31.2%

43.3%

+12.1%

皮脂量

46.8%

29.0%

-17.8%

おおくま
エトヴォスは皮脂量の変化が小さかったものの、80分後の水分量が5商品の中で最も高く、使うほどに肌自体の水分量を上げる効果が期待できます。

アヤナス ローションコンセントレート

アヤナス ローションコンセントレート内容量:125ml
価格:5,400円(税込)
定期会員は10%OFF

アヤナスローションコンセントレートの特徴

  • 保水機能の高いヒト型セラミドをカプセル化して保湿成分を角層へ浸透させる
  • コラーゲンのもととなる線維芽細胞の産出を促進して肌の弾力をサポートする
  • 肌の炎症を抑え、バリア機能を高めて肌のハリや弾力低下を防ぐ

アヤナスのローションコンセントレートは、通常のセラミドより4倍の浸透力がある「セラミドナノスフィア」が角層の水分量を高めてハリのある肌に導きます。

とろみのあるテクスチャーですが角層への浸透力が高いので、肌にスーッと馴染んで内側からふっくらとみずみずしい感触が得られます。

深呼吸でゼラニウムとラベンダーがやさしく香ってリラックスできます。

肌のバランス

塗る前

塗った後(80分後)

変化

水分量

31.9%

41.1%

+9.2%

皮脂量

47.8%

27.5%

-20.3%

おおくま
アヤナスは化粧水を塗った後の数値の変動が最も少なく、皮脂量の多い実験者の数値を約20.3%抑えて、水分量と皮脂量を理想的なバランスに整えてキープしています。

化粧水に合わせて対策したいたるみ解消方法

化粧水の役割は洗顔後の乾燥した肌をやわらかくほぐし、化粧水後に使う美容液やクリームなどのスキンケア効果を高めることです。

積極的なたるみ解消には、スキンケア化粧品に加えて身体の内側からたるみにアプローチする以下のような行動を実践しましょう。

リフトアップ美容液

スキンケア化粧品の中で特にたるみを引き締める効果が期待できるのがリフトアップ美容液です。

たるみに効果的な有効成分が凝縮したリフトアップ美容液をスキンケアに加えて、肌細胞の活性化を促しましょう。

たるみ解消におすすめのリフトアップ美容液・ビーグレンQuSomeリフト

ビーグレンQuSomeリフト内容量:60g
価格:7,560円(税込)

ビーグレンQuSomeリフトの特徴

  • ビーグレン独自のメソッドを加えたたるみ専用のマッサージ美容液
  • 肌の引き上げと引き締めの効果が期待できる成分を5種類配合
  • 浸透技術「QuSome」がマッサージとの相乗効果で有効成分を角層に浸透させる

ビーグレンのQuSomeリフトは、ほうれい線をはじめフェイスラインや頬の目立ちやすいたるみをスキンケアだけですっきりさせてくれる即効性の高い美容液です。

伸びの良いテクスチャーなのでマッサージによる負担が肌にかかりにくく、朝晩一回3分の手軽なマッサージで肌の弾力やハリを高め、気になるたるみ毛穴もキュッと引き締めて若々しい印象を実感させてくれます。

生活習慣の改善

ストレスで憂鬱な女性の画像

肌のたるみを予防・解消するためには生活習慣を整えて、肌老化の原因となる活性酸素の発生を抑えたり、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーや肌のバリア機能を高めたりすることは欠かせません。

  • 紫外線予防
  • 適度な運動
  • 質の良い睡眠
  • バランスの取れた食生活

などに気を付けて、肌の老化を進行させない生活を習慣づけましょう。

顔の筋力低下が原因のたるみの解消法

顔の筋肉のイラスト

表情筋の衰えが原因のたるみは、顔の筋肉を鍛えてあげることでたるみの解消が期待できます。

普段あまり使わない表情筋を意識的に使う表情筋トレーニングは、目の下や頬のたるみを引き上げたり、口元や輪郭がすっきりしたり、見た目を若々しくしてくれる効果があります。

表情筋は簡単なエクササイズを続けるだけでも成果が見えやすいので、毎日少しずつでも取り組むことがおすすめです。

手軽にできるたるみ解消表情筋トレーニング

あいうえお体操

舌回し運動

まとめ

たるみの解消を目的に化粧水を選ぶときは、以下の2つがポイントです。

  • 保湿力の高い化粧水を選ぶこと
  • コラーゲン生成を促進する成分が入っていること

また、たるみは化粧水だけでなく、美容液を有効活用したり、表情筋を鍛えて肌自体をリフトアップさせたり、規則正しい生活で肌機能を活性化させることが最も大切なので、日常生活に取り入れると成果が現れやすいですよ。

本記事が少しでもたるみ解消の手助けになれば幸いです。

この記事をシェアする

おすすめ記事