シミを気にする女性
熊谷優子プロフィール

オーガニック化粧品のプロフェッショナル

熊谷 優子

クレンジングの種類の中で最も洗浄力が強いといわれているクレンジングオイル。

脂性肌と乾燥肌が共存している不安定な肌質である混合肌の人が使用しても、肌トラブルにつながらないのでしょうか?

「クレンジングオイルを使うと肌が乾燥しやすくなる」という口コミや情報がSNS上で多く見られることもあり、混合肌の人は、クレンジングオイルを使用するのをためらってしまうかもしれませんね。

確かに、クレンジングオイルは洗浄力が強く、配合成分によっては乾燥しやすい商品もありますが、選び方のポイントを押さえて自分の肌に合う商品を見つけられれば、混合肌の人も肌トラブルがおこることなく安心して使用することができますよ。

本記事では、混合肌に向いているクレンジングオイルの選び方やおすすめクレンジングオイルを紹介するので、クレンジングオイルを購入する際の参考にしてみてくださいね。

混合肌でもクレンジングオイルを使える?

悩んでいる女性

混合肌は、Tゾーンは皮脂でベタベタしていてUゾーンは乾燥でカサカサしているなど、脂性肌と乾燥肌が共存している肌質であるため、どちらの肌質に合わせてクレンジングを選べばいいのか迷いますよね。

メイクがしっかり落ちると評判のクレンジングオイルを使ってみたいものの、洗浄力が強く乾燥した肌には向かないといわれているので、顔の一部が乾燥している混合肌に使っても大丈夫なのか疑問に思うところでしょう。

混合肌に合ったクレンジングオイルを選べば、乾燥や肌荒れを気にすることなく使用することが可能です。

混合肌に合ったクレンジングオイルの選び方を紹介する前に、クレンジングオイルの特徴や、混合肌にクレンジングオイルを使うメリット・デメリットについて解説していきます。

クレンジングオイルの特徴

オイルとタオルが並んでいる画像

クレンジング料には、クリームタイプ・ミルクタイプ・ジェルタイプなどいくつかの種類がありますが、オイルタイプは、マカダミアナッツ油等の天然油脂もしくは合成油脂などのオイル成分と界面活性剤を主成分としたクレンジング料です。

クレンジングオイルはオイルがたっぷりと含まれていて、油性のメイクとなじみがいいため、洗浄力が強いのが一番の特徴。

しかし、オイルの成分によっては肌に保湿に必要な皮脂や肌に元々備わっている保湿成分なども落としてしまい、肌の乾燥につながることもあります。

混合肌へクレンジングオイルを使うメリット

頬に手を添える女性

混合肌にクレンジングオイルを使用するメリットとしては、Tゾーンの余分な皮脂を落として不快なベタベタを解消してくれることと、混合肌の汚れをしっかり落として、敏感な状態の肌に刺激を残さないことがあげられます。

混合肌の人は、Tゾーンが皮脂でベタベタした脂性肌ですが、クレンジングオイルを使用すれば、オイル成分がTゾーンの皮脂にしっかりとなじみ、余分な皮脂を落としてくれるので、不快なベタベタが解消されてサッパリします。

また、クレンジングオイルは洗浄力が強いので、肌についたメイク汚れや大気汚染などの汚れをしっかりと洗い流し、敏感な混合肌に汚れが残り肌への刺激となることを防いでくれるのです。

混合肌へクレンジングオイルを使うデメリット

手でバツをつくる女性

混合肌にクレンジングオイルを使用するデメリットとしては、Tゾーンの余分な皮脂だけではなく、顔全体から、潤いを保つ役割のある天然保湿成分や肌に必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるということです。

クレンジングオイルによっては、洗浄力が強すぎてTゾーンは乾燥から肌を守ろうと皮脂分泌がさらに過剰になり、Uゾーンはさらに乾燥して、混合肌が悪化してしまうこともあります。

ただし、クレンジングオイルのオイル成分に何が使われているかによって、洗浄力の強さや肌の乾燥のしやすさは変わってくるため、すべてのクレンジングオイルが混合肌を悪化させる訳ではありません。

【混合肌向け】クレンジングオイルを選ぶ時のポイント

 スキンケアアイテム

混合肌の人がクレンジングオイルを使用すれば、洗浄力の強さを生かしてTゾーンの余分な皮脂をしっかり落としてくれるなどメリットも多いですが、商品によっては、肌が乾燥して混合肌が悪化してしまう可能性もあります。

混合肌の人がクレンジングオイルを選ぶ時には、混合肌を悪化させないためにどのような点に注意すればいいのかについて、ポイントを抑えて購入するようにしましょう。

肌に刺激の少ない成分を選ぶ

オーガニック画像

混合肌はホルモンバランスの乱れやストレスなどが原因で、乾燥肌と脂性肌が共存している敏感な肌質であるため、肌に必要以上に刺激を与えないよう低刺激の化粧品を使用することをおすすめします。

低刺激の化粧品としては、パラベンや合成香料などの添加物の配合が少なく、天然由来成分配合の化粧品を選ぶようにしましょう。

保湿成分が配合されている

混合肌の人は、Tゾーンは脂性肌で、Uゾーンは乾燥肌であるため、Tゾーンの余分な皮脂は除去しつつも、保湿力があるクレンジングオイルを使いましょう。

混合肌の人のTゾーンが乾燥すると、乾燥から肌を守ろうと皮脂分泌が過剰になりベタつきが悪化するため、保湿成分配合のクレンジングを使い、混合肌のTゾーンの余計な皮脂は除去しつつも潤いを残して、必要以上に乾燥させないようすることが大切です。

混合肌の人のUゾーンは、乾燥が悪化すると肌の潤いが奪われ、カサカサして赤みやかゆみなどの肌トラブルにつながるため、保湿成分配合のクレンジングを使って肌の潤いを逃がさないようにしましょう。

おすすめの高保湿成分

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • アミノ酸

オイルの中でも油脂オイルでつくられている 

ココナッツオイルを盛ったスプーンとフルーツ

クレンジングオイルは、マカダミアナッツ油等の天然油脂もしくは合成油脂などのオイル成分と界面活性剤を主成分としたクレンジング剤ですが、オイル成分として何が配合されているかによって、肌の乾燥や刺激の程度が変わってきます。

クレンジングオイルの配合成分として、最も多くのメーカーで使用されているオイルは「ミネラルオイル」。

ミネラルオイルは石油を原料として作られた鉱物油のことで、低コストで作られていて安定性も高いのですが、洗浄力が強く必要な皮脂まで除去してしまい、肌が乾燥しやすいです。

また、ミネラルオイルは肌への吸着力が高いため、肌にクレンジング成分が残りやすく、混合肌への刺激になる可能性も高いため、クレンジングオイルのオイル成分に「ミネラルオイル」と記載のあるものは避けるようにしましょう。

クレンジングオイルでおすすめなのは、「油脂オイル」が主成分のもので、油脂オイルは、メイク汚れはしっかり落としながらも、肌に必要な保湿成分や皮脂を適切に残してくれるため、クレンジング後に混合肌が乾燥しにくい成分といえます。

混合肌の方は、クレンジングオイルの配合成分に「油脂オイル」、具体的にはマカダミアナッツ油やオリーブ油、アルガンオイルなどのオイルが主成分として使用されているクレンジングオイルを選ぶようにしましょう。

混合肌におすすめのクレンジングオイル5選

各メーカーから販売されているクレンジングオイルは多いため、どれが混合肌に合うものなのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

ここからは混合肌におすすめのクレンジングオイルを紹介します。

混合肌の人のクレンジングオイル選びのポイントである「肌に刺激の少ない成分」「保湿成分が配合されている」「油脂オイルで作られている」を満たし、@コスメで口コミの評価が高いクレンジングオイルを厳選しました。

AGB|アルガンクレンジング

agbクレンジング

価格 2,800円(税抜)
内容量 150ml

AGB アルガンクレンジングの特徴

  • アルガンオイルと米ぬかオイルの油脂系オイルをベースとした、低刺激で肌に潤いを残すクレンジングオイル
  • ダブル洗顔不要なので、必要以上に混合肌をこすり刺激を与える必要のない、やさしいクレンジング
  • 保湿効果や美肌効果のあるボタニカルエキスを豊富に配合

AGBが販売しているアルガンクレンジングは、アルガンオイルと米ぬかオイルの油脂系オイルを主成分とした、低刺激で保湿効果の高いクレンジングです。

クレンジングオイルならではの洗浄力がメイク汚れをしっかり落としつつ、肌へ潤いを与えて肌の乾燥を防ぎ、混合肌が悪化しないよう肌を整えてくれますよ。

アテニア|スキンクリア クレンズ オイル

アテニア スキンクリアクレンズ

価格 1,700円(税抜)
内容量 175ml
公式HPの購入特典
ドレスリフトローション(化粧水)30ml付

アテニア スキンクリア クレンズ オイルの特徴

  • ロックローズオイルとイモーテルオイルの油脂系オイルを配合
  • バオバブオイルとアルガンオイルが肌に不要な汚れを落とすので、混合肌のベタつきにも効果的
  • パラベン不使用で肌に優しい

アテニア|スキンクリア クレンズ オイルは、ロックローズオイルとイモーテルオイルの油脂系オイルを配合した混合肌におすすめのクレンジングです。

ロックローズオイルとイモーテルオイルに加えて、バオバブオイルとアルガンオイル配合で、べたつくTゾーンの汚れはしっかり落としつつも美容効果が高く、混合肌の肌状態をしっとりと整えてくれます。

また、アテニア スキンクリア クレンズオイルはメイクを落とすだけではなく、くすみの原因となる「肌ステイン」も洗い流してくれるため美白ケアもできるところも魅力です。

混合肌で、美白ケアも行いたいという方にはおすすめのクレンジングオイルですよ。

 THREE|バランシングクレンジングオイル

THREEクレンジングオイル

価格 本体4,000円(税抜)
内容量 200ml

THREE バランシングクレンジングオイルの特徴

  • ホホバ油やティーシードオイルの油脂オイルをベースしたクレンジングが、混合肌の余分な皮脂をしっかり落とす
  • アルガンオイルやローズヒップオイルが肌を保湿して、乾燥が原因の混合肌に潤いを与える
  • 6つの無添加を実現し、肌への刺激が少ない

THREEのバランシングクレンジングオイルは、天然由来成分88%の混合肌に低刺激な肌にやさしいクレンジングオイルです。

ホホバ油やティーシードオイルなどの油脂系オイルが、混合肌のTゾーンの余分な皮脂をしっかり除去しつつ、顔全体に潤いを残し、なめらかな肌に仕上げてくれます。

dプログラム|ディープクレンジングオイル

dプログラムのクレンジングオイル

価格 2,500円(税抜)
内容量 120ml

dプログラム ディープクレンジングオイルの特徴

  • パラベン(防腐剤)フリー、アルコール(エチルアルコール)フリー、鉱物油フリーなので、肌が敏感な混合肌にもおすすめ
  • 配合成分のハイブリットサフラワー油(油脂系オイル)が、肌の乾燥を防ぐ成分であるため、混合肌を悪化させない
  • 2017年上半期 ベストヒット・コスメ・ランキング クレンジング 第1位

dプログラムのディープクレンジングオイルは、パラベン(防腐剤)フリー、アルコール(エチルアルコール)フリー、鉱物油フリーの、肌が敏感な混合肌にもやさしいクレンジングオイルです。

配合成分のハイブリットサフラワー油(油脂系オイル)が、混合肌の悪化原因である乾燥を予防して潤いのあるしっとり肌に導いてくれるため、混合肌の中でも乾燥が気になる方におすすめですよ。

無印良品|マイルドオイルクレンジング

無印良品 マイルドオイルクレンジング

価格 695円(税抜)
内容量 200ml

無印良品 マイルドオイルクレンジングの特徴

  • オリーブオイルとホホバオイルの油脂系オイル配合で、混合肌に潤いを与えるクレンジング
  • 無香料、無着色、無鉱物油、アルコールフリーの敏感な混合肌もやさしいクレンジング
  • 天然の保湿成分であるアンズ果汁、桃の葉エキスを配合

無印良品のマイルドオイルクレンジングは、オリーブオイルとホホバオイルの油脂系オイルが配合された、メイク汚れはスルスル落としつつ肌に潤いを残す、混合肌の人にもおすすめのクレンジングオイルです。

無香料、無着色、無鉱物油、アルコールフリーで、混合肌の敏感な肌にも低刺激なので、安心して使用できます。

混合肌のためのクレンジングオイルの使い方

 

混合肌の方がクレンジングオイルを使用する際には、商品のパッケージやメーカーのHPに記載されている使い方を守りましょう。

ただ、クレンジングオイルによっては使い方が詳しく記載されていない場合もあるため、ここでは、混合肌の方の基本的なクレンジングオイルの使い方を説明します。

混合肌の方の基本的なクレンジングオイル使用方法

  1. ポイントメイクは専用のリムーバーを使って先に落としておく
  2. 乾いた清潔な手にクレンジングオイルを乗せる
  3. Tゾーンにクレンジングオイルをなじませる
    混合肌の方はTゾーンの皮脂量が多いため、まずはTゾーンからクレンジングをおこないます。
  4. Tゾーンになじませたクレンジングオイルを顔全体にぬり広げていく
  5. 手に残ったクレンジングオイルと水を乳化させて顔全体になじませる
    乳化させることで、クレンジングオイルが水で洗い流しやすくなります。
  6. 熱すぎない32~34℃のぬるま湯でクレンジングオイルをすすぐ
    温度の熱い状態だと、肌のうるおいが蒸発して乾燥につながるため気をつけましょう。
  7. 清潔なタオルで顔全体の水分をやさしく拭き取る

まとめ

混合肌に向いているクレンジングオイルの選び方やおすすめクレンジングオイル、クレンジングオイルの正しい使い方を説明しました。

すべてのクレンジングオイルが肌の乾燥をまねき、混合肌を悪化させてしまう訳ではなく、選び方のポイントをしっかりと押さえれば、く混合肌を改善することも可能です。

混合肌の人は、本記事を参考にクレンジングオイルの選び方のポイントを抑えながら、自分の肌に合ったクレンジングオイルを探してみてくださいね。