豆乳イソフラボン化粧品の集合写真
小林なつきプロフィール

脂性肌の研究者

小林 なつき

なめらか本舗の豆乳イソフラボンシリーズは、ドラッグストアやスーパーマーケットなどの身近なところで見かけられ、「肌が潤うのにベタつかない」と口コミの評判も良いため、自分の肌に合うか気になっている混合肌の方も少なくないのではないでしょうか。

結論から言うと、なめらか本舗の豆乳イソフラボンシリーズは混合肌に適したスキンケア化粧品なのですが、商品の組み合わせ方によっては、混合肌に起こりがちなニキビや乾燥、ベタつきなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

本記事では、肌トラブルを起こさない、混合肌に最も合う豆乳イソフラボンシリーズの組み合わせはどれなのかを、2人の混合肌の方に試してもらって検証したので、豆乳イソフラボンシリーズが気になる混合肌の方は、紹介する組み合わせをぜひ一度試してみてください。

豆乳イソフラボンシリーズは混合肌の保湿に効果的!

混合肌は、顔の部位によって、肌にベタつきがあったり、逆にカサついたりと、肌質にムラがある肌のことをいいます。

肌質が顔の部位ごとに異なるため、混合肌の方はどのようなスキンケアをすればいいのか悩んでしまいがちですよね。

ベタつきもカサつきも両方ケアしたいけれど、どんなスキンケア化粧品を選んでいいのかわからない…そんな混合肌の方におすすめなのが、なめらか本舗の豆乳イソフラボンシリーズのスキンケア化粧品です。

なめらか本舗の豆乳イソフラボンシリーズとは

豆乳と大豆

なめらか本舗の豆乳イソフラボンシリーズは、製薬会社と共同研究をしているノエビアグループが開発・販売をしており、手に取りやすいプチプラな価格帯と、比較的どこでも買える手軽さから、愛用している混合肌の方も多いスキンケア化粧品です。

シリーズの名前としても使われ、メインの保湿成分として配合されている豆乳イソフラボンは、美肌を作る女性ホルモンの「エストロゲン」とよく似た作用がある成分で、肌をつくっている細胞を活性化する効果が期待できます。

また、豆乳イソフラボンは皮脂腺の働きを抑制したり、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすのできにくい肌をつくったりする効果もあるため、皮脂の分泌と肌の乾燥に悩まされがちな混合肌には嬉しい成分です。

なめらか本舗の豆乳イソフラボンシリーズは、混合肌に嬉しい効果を持つ豆乳イソフラボン成分を多く含んでいるため、混合肌に適したスキンケア化粧品であるといえます。

混合肌なら豆乳イソフラボンシリーズの保湿ライン!

豆乳イソフラボン化粧品の集合写真

豆乳イソフラボンシリーズには保湿ライン、リンクルライン(エイジングケア)、美白ライン(※)、ハリつやラインの4種類のスキンケアラインが展開されていますが、混合肌のスキンケアにおすすめなのはベーシックな保湿ラインです。

ここでは、なぜ混合肌に豆乳イソフラボンシリーズの保湿ラインがおすすめなのかをご紹介していきます。

(※)美白とは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぐ効果のことをいいます。

混合肌の原因は「乾燥」

鏡を見ておでこを気にする女性
混合肌は、スキンケア不足や紫外線の影響などにより、肌の水分が失われ、肌が乾燥してしまうことが原因で変化しがちな肌質です。

私たちの肌は、乾燥を感じると、皮脂腺の多い部分(Tゾーンなど)は皮脂を過剰に分泌し、今現在、肌にある水分が失われてしまうのを防ごうとする機能を持っているのですが、皮脂腺の少ない部分(頬や口元など)ではほとんど皮脂が分泌されません。

つまり、混合肌の方がTゾーンとUゾーンの肌質の違いに悩まされているのは、皮脂腺の多いTゾーンが皮脂で肌の水分を守ろうとし、皮脂腺の少ないUゾーンは肌の水分が守られず乾燥してしまっているからなのです。

豆乳イソフラボンシリーズはベタつかずに肌を保湿する

目を閉じながらスキンケアをしている女性
乾燥が原因となって混合肌になっている方におすすめのスキンケア方法は、乾燥を防ぐための保湿ケアです。

しかし、保湿化粧品は肌の水分を守るために、皮脂の代わりに肌の表面を覆って水分を逃がすまいとする成分が多く配合され、ベタつきやすい性質を持っている可能性があります。

混合肌の方の中には、皮脂の分泌が多いTゾーンがベタついてしまうのが気になって保湿化粧品を使いたくないという方も少なくありませんが、豆乳イソフラボンシリーズはベタつきが気になりやすい混合肌にこそおすすめできる保湿化粧品です。

微笑む女性 口元

豆乳イソフラボンシリーズには、豆乳をはじめとして、大豆が原料となっているベタつきにくい成分が多く配合されています。

化粧水を重ね塗りしてもベタつきにくく、肌をしっとりと保湿してくれるため、混合肌でも使いやすい使用感なのが、豆乳イソフラボンシリーズの特徴です。

混合肌を改善するためには肌の保湿が重要なので、混合肌でも使いやすい使用感の豆乳イソフラボンシリーズの保湿ラインは、混合肌にぴったりのスキンケアラインだといえます。

検証|混合肌向けの豆乳イソフラボンシリーズの使い方

指をさす女性

豆乳イソフラボンシリーズの保湿ラインは化粧水が3種類、乳液が1種類、保湿クリームが1種類、オールインワンジェルが2種類の計7商品が主力商品となっていて、この7商品を自由に組み合わせることによって、自分の肌に合ったスキンケアができます。

混合肌の方は、肌の部位によってベタつきやカサつきなどが気になる肌質なので、化粧品の組み合わせ方でべたつき方や保湿感が調整できるのは嬉しいですよね。

しかし、7商品すべての組み合わせを実際に試そうとしても、化粧水のみ、化粧水と保湿剤の組み合わせ、オールインワンジェル単品だけというような、よく使われがちな組み合わせに限っても17通り試さなければならないため、すべてを試すことは現実的ではありません。

そこで本記事では、乾燥部分の保湿ケアを重視する混合肌と、化粧品のベタつきが気になりがちな混合肌の2人に実際に豆乳イソフラボンシリーズの組み合わせを17通り試してもらい、以下の方法で混合肌に最も適した組み合わせはどれかを調査しました。

混合肌に最も適した豆乳イソフラボンシリーズの組み合わせの調査方法

  1. 化粧品に対する好みが違う混合肌の2人が実際に豆乳イソフラボンシリーズのスキンケアラインを使ってみて、保湿力、ベタつきにくさを5点満点で評価

  2. 2人の評価点数を足して、最も点数の高かったものを混合肌に適した組み合わせとして、1位から17位まで順位付けを行う
※17通りの組み合わせの内訳はこちら
  • 化粧水のみ
  • しっとり化粧水のみ
  • とってもしっとり化粧水のみ
  • とろんと濃ジェルのみ
  • とろんと濃ジェル エンリッチのみ
  • 化粧水+乳液 ・化粧水+クリーム
  • 化粧水+とろんと濃ジェル ・化粧水+とろんと濃ジェル エンリッチ
  • しっとり化粧水+乳液 ・しっとり化粧水+クリーム
  • しっとり化粧水+とろんと濃ジェル
  • しっとり化粧水+とろんと濃ジェル エンリッチ
  • とってもしっとり化粧水+乳液
  • とってもしっとり化粧水+クリーム
  • とってもしっとり化粧水+とろんと濃ジェル
  • とってもしっとり化粧水+とろんと濃ジェル エンリッチ
試してもらったのはこの2人

検証者プロフィール写真

検証者プロフィール写真

豆乳イソフラボンシリーズの保湿ラインをご紹介

保湿する女性

今回検証に使った豆乳イソフラボンシリーズ 保湿ラインの商品は、以下の7商品です。

※横にスクロールできます

商品画像

豆乳イソフラボン化粧品の写真

豆乳イソフラボン化粧品の写真豆乳イソフラボン化粧品の写真豆乳イソフラボン化粧品の写真豆乳イソフラボン化粧品の写真豆乳イソフラボン化粧品の写真豆乳イソフラボン化粧品の写真

商品名

化粧水 NA

しっとり化粧水
NA

とってもしっとり
化粧水

乳液 NA

クリームNA

とろんと濃ジェル

とろんと濃ジェル
エンリッチ

内容量
価格(税抜)

200mL
900円

200mL
900円

200mL
900円

150mL
900円

50g
950円

100g
1,000円

100g
1,000円

ここからは、上の表にある7商品の組み合わせを実際に混合肌の方に使ってもらった結果、保湿力とベタつきにくさから、混合肌に適していると考えられる組み合わせをご紹介していきます。

第1位|化粧水+とろんと濃ジェル

 豆乳イソフラボン化粧品の写真
保湿力
ベタつきにくさ

混合肌の保湿に最も適している豆乳イソフラボンシリーズの組み合わせ第1位は、ノーマルタイプの化粧水ととろんと濃ジェルの組み合わせです。

とろんと濃ジェルは化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・化粧下地の6役を兼ねるオールインワンジェルですが、豆乳イソフラボンシリーズの中でも最もさっぱりした使用感の化粧水と合わせることにより、ベタつかせずに不足しがちな肌の潤いが補えます。

ベタつきの気になる混合肌、乾燥の気になる混合肌のどちらからも高評価を得られた組み合わせなので、豆乳イソフラボンシリーズを試してみたい混合肌の方は、この組み合わせをベースに、自分の肌に合う組み合わせを探してみることをおすすめします。

使用者の声

名嘉山
油分たっぷりの重たさがない組み合わせなので、べたべたしたくない混合肌には適していると思います。
佐藤
塗ってから30分経っても、思った以上にベタつきがありませんでした。意外に重くならないので、使い心地は良かったです。

第2位|しっとり化粧水+クリーム

 豆乳イソフラボン化粧品の写真
保湿力
ベタつきにくさ

混合肌の保湿に適している豆乳イソフラボンシリーズの組み合わせ第2位は、しっとり化粧水とクリームの組み合わせです。

肌にしっとりとした潤いを与えてくれるしっとり化粧水で水分を与えた後、こっくりとした少し重ためのクリームを重ねると、クリームの油分が肌に与えた水分を逃がさず、モチモチとした潤いをキープすることができます。

ジェルの使用感が苦手、またはオールインワン化粧品を使わず、シンプルなケアをしたいという混合肌の方は、しっとり化粧水とクリームの組み合わせをベースに、自分の肌に合う組み合わせを探すことをおすすめします。

使用者の声

名嘉山
クリームは結構こてこてに仕上がるので、個人的にはあまり好みではありませんが、この組み合わせだと保湿力は十分、少しだけベタつくかな、という印象でした。
佐藤
塗った後、仕上がりが重くなるかなと予想していましたが、肌がさらっとしたように感じます。

第3位|しっとり化粧水+とろんと濃ジェル

 豆乳イソフラボン化粧品の写真
保湿力
ベタつきにくさ

混合肌の保湿に適している豆乳イソフラボンシリーズの組み合わせ第3位は、しっとり化粧水ととろんと濃ジェルの組み合わせです。

第1位の化粧水+とろんと濃ジェルのように、ジェルで不足しがちな水分をしっとり化粧水で補う形の組み合わせですが、肌のしっとり感が増した分、ベタつきやすくなっていることが考えられます。

乾燥がひどいタイプの混合肌の方ならば、肌をしっかりと潤わせた後に水分を補いながら閉じ込めてくれるしっとり化粧水+とろんと濃ジェルの組み合わせをベースに、自分の肌に合う組み合わせを探して見ることをおすすめします。

使用者の声

名嘉山
ク保湿力があって、ちょっとベタつくなあ、という印象で、顔が結構重たい仕上がりになるように感じます。
佐藤
保湿力は十分でした。手にしっとりと張り付くくらいのベタつき度で、想像よりも重くならず、使用感は悪くないように感じます。

4位以下の組み合わせを一覧でご紹介

4位以下の組み合わせについては、順位と合計点数を一覧でご紹介していきます。

順位と組み合わせ

合計点数

ランキングの画像

豆乳イソフラボン化粧品の写真

とろんと濃ジェルエンリッチのみ

17.5/20点

ランキングの画像

豆乳イソフラボン化粧品の写真

化粧水+クリーム

17/20点

ランキングの画像

豆乳イソフラボン化粧品の写真

しっとり化粧水+乳液

17/20点

ランキングの画像

豆乳イソフラボン化粧品の写真

とろんと濃ジェルのみ

16.5/20点

ランキングの画像

豆乳イソフラボン化粧品の写真

しっとり化粧水+とろんと濃ジェル エンリッチ

16.5/20点

ランキングの画像

豆乳イソフラボン化粧品の写真

化粧水+乳液

16/20点

ランキングの画像

豆乳イソフラボン化粧品の写真

化粧水+とろんと濃ジェル エンリッチ

16/20点

ランキングの画像

豆乳イソフラボン化粧品の写真

とってもしっとり化粧水+クリーム

16/20点

豆乳イソフラボン化粧品の写真

化粧水のみ

15/20点

豆乳イソフラボン化粧品の写真

とってもしっとり化粧水+乳液

15/20点

豆乳イソフラボン化粧品の写真

しっとり化粧水のみ

15/20点

豆乳イソフラボン化粧品の写真

とってもしっとり化粧水+とろんと濃ジェル

14.5/20点

豆乳イソフラボン化粧品の写真

とってもしっとり化粧水+とろんと濃ジェル エンリッチ

14.5/20点

豆乳イソフラボン化粧品の写真

とってもしっとり化粧水のみ

13/20点

一覧の結果を見ると、評価が低くなっている組み合わせは油分が多くベタつきやすいものになっていたり、化粧水のみでうまく保湿ができていないものだったことが読み取れます。

しかし、1番評価の低い「とってもしっとり化粧水のみ」の場合でも、評価の点数が10点を切っていないことから、なめらか本舗の豆乳イソフラボンシリーズと混合肌の相性が良いことが読み取れます。

以上の結果を参考にして、ぜひ自分だけの組み合わせを探してみてくださいね。

まとめ


本記事では、化粧品に求める効果が違う混合肌2人に、なめらか本舗の豆乳イソフラボンシリーズを実際に試してもらった結果からわかった、最も混合肌に合う豆乳イソフラボンシリーズの組み合わせをご紹介しました。

豆乳イソフラボンシリーズを試したい混合肌の方は、乾燥が気になる混合肌、ベタつきが気になる混合肌のどちらも満足できた「化粧水+とろんと濃ジェル」の組み合わせを試し、乾燥やベタつきが気になった場合は商品を片方変えるなど、肌に合わせて調整してください。

女性の強い味方である豆乳イソフラボンを味方につけて、肌をしっかり保湿し、混合肌の改善を目指していきましょう!

混合肌を根本から改善したい方はこちら
混合肌の方におすすめの化粧品はこちら