顔をつつむ女性

洗顔後の肌は水分が蒸発しやすい状態のため、すぐに保湿をしないと肌が乾燥してしまいます。

保湿ケアには基本の方法がありますが、肌質によって基礎化粧品の選び方やケア方法が異なる部分もあります。

今回の記事では、洗顔後の肌はすぐ保湿をするべき理由を解説するとともに、肌質ごとの保湿ケアのポイントをまとめました。

洗顔後すぐに保湿をするべき理由

解説

天然保湿因子と細胞間脂質、皮脂膜は、肌の3大保湿因子といわれています。

健康な肌は、肌の表面に近い角質層の中にある角質細胞を構成している天然保湿因子と細胞間脂質が、水分をキープして隙間のない状態です。

その上を皮脂膜が覆うことで、ホコリや乾燥・紫外線などの外部刺激から肌を守り、潤いが保たれています。

洗顔後の肌は、洗顔方法による差があるものの、皮脂膜や天然保湿因子、細胞間脂質が洗い流されてしまうため、肌が乾燥しやすい状態になっているのです。

洗顔後の肌の乾燥を防ぐためには、すぐに保湿を行なうことが大切なポイントですよ。

洗顔後におこなう保湿の基本ステップ

化粧水を取る手

洗顔後の肌の保湿は化粧水をつけた後に、乳液または保湿クリームを使用するのが、基本のステップです。

洗顔後の肌にはまず、化粧水をつけて水分を補い、化粧水をつけた後は乳液や保湿クリームをつけて油分でうるおいに蓋をします。

乳液は油分と水分のバランスがよく、保湿クリームは油分の配合が多めですので、肌のべたつきが気になる場合は乳液、乾燥が気になる場合は保湿クリームを使用しましょう。

化粧水と乳液、または保湿クリームの基本のスキンケアでは物足りないときは、美容液を使ったスペシャルケアをするのも手。

美容液を使う場合は、化粧水の次に使用します。

美容液は保湿を目的としたものが多いですが、保湿美容液以外にも、美白美容液やシミ用美容液、ニキビ用美容液といったものもありますので、目的に合ったものを選びましょう。

自分に合った洗顔後の保湿は「肌質」で見極めて

頬に触れる女性

洗顔後の最適な保湿ケアは、肌質によって異なる部分もあるため、自分の肌質を見極めて肌の状態に合ったスキンケアを行なうことが大切です。

肌質ごとに洗顔後の保湿ケアのポイントを見ていきましょう。

【普通肌】自分の肌に合ったスキンケアを継続

普通肌は角質層で肌のバリア機能が保たれ、肌の水分量と皮脂量のバランスもとれている状態です。

自分の肌に合った化粧水・乳液または保湿クリームをつける基本のスキンケアを洗顔後に行ない、健康な普通肌の状態を維持していきましょう。

【乾燥肌】保湿力の高い化粧水を使用し保湿クリームを重ねづけ

乾燥肌は角質層の天然保湿因子や細胞間脂質が不足し、肌のバリア機能が低下している状態。

肌のバリア機能を正常にするためには、失われてしまった肌内部のうるおいをスキンケアで補って保ってあげることが大切なので、保湿力の高い成分配合のスキンケア化粧品を選んで使いましょう。

乾燥肌の人におすすめの保湿スキンケア方法

乾燥肌の人は、洗顔後にセラミドやヒアルロン酸などが配合された保湿力の高い化粧水を使うのがポイント。

セラミドは細胞間脂質の主成分で、馬などの動物から抽出された天然セラミドや、酵母を利用して人間の肌にあるセラミドと同じ構造でつくられたヒト型セラミドは高い保湿力があるので、保湿に取り入れたい成分です。

また、ヒアルロン酸は角質層などがある表皮の下の真皮に元々ある保湿成分。

分子が大きいため、化粧水に含まれていても真皮までは浸透しませんが、肌の表面や角質層で水分を保持する役割を果たすため、乾燥肌の人におすすめの保湿成分です。

化粧水をつけた後は、うるおいを保つために乳液や保湿クリームで肌に油分を与え、皮脂腺が少なく特に乾燥しやすい目元や口元はクリームを重ねづけするなどして、乾燥から肌を守ってあげてくださいね。

乾燥肌は化粧水を手でつけるべし!

化粧水をつけるときには、コットンを使用してパッティングすると、バリア機能が低下した肌の表面を摩擦でさらに傷つけてしまいやすいため、手でつけるのがポイント。

洗った清潔な手で、手の平にたっぷりと化粧水をとり、顔を包み込みようにして押すようにつけていき、肌になじませていきましょう。

【脂性肌】油分の少ない化粧品で保湿

脂性肌は、毛穴から皮脂が過剰に分泌している状態のため、保湿は不要と思いがちです。

しかし、洗顔後の肌は皮脂膜や天然保湿因子、細胞間脂質が流されてバリア機能が低下している状態ですので、保湿をしないと肌を守るために皮脂がさらに過剰に分泌してしまいます。

また、皮脂が過剰に分泌した状態が続くと、皮脂が酸化して毛穴の黒ずみやニキビが目立つ原因になります。

脂性肌も洗顔後は化粧水と乳液などで保湿を行なう、基本のスキンケアは同じです。

脂性肌の人におすすめの保湿スキンケア方法

脂性肌の人は、油分の少ないさっぱりとしたテクスチャーの化粧水や乳液、オールインワンゲルの使用がおすすめ。

肌から皮脂が過剰に分泌されているのに、スキンケア化粧品でさらに油分を足してしまうと、毛穴の詰まりを起こしてニキビや黒ずみの原因になってしまいます。

オイルフリー・オイルカットとパッケージに書かれているスキンケア化粧品を選んだり、「さっぱりタイプ」などのテクスチャーがさらっと軽いタイプのものを選んで使いましょう。

脂性肌でニキビ肌の人の保湿スキンケア方法

脂性肌でニキビ肌の場合は、ニキビの炎症を抑えたり肌荒れを起こしやすい状態を整える「抗炎症成分」が配合されたスキンケア化粧品を使うことがおすすめ。

グリチルリチン酸ジカリウムやアラントインは、肌を保湿しながら炎症を鎮める効果を持っているので、ニキビ肌の人の保湿スキンケアにぴったりの成分であるといえます。

また、手の雑菌がニキビに付着して悪化するのを防ぐため、コットンでこすらないように気をつけながら、やさしくパッティングをして化粧水をつけるようにしましょう。

【混合肌】肌の状態に合わせた保湿スキンケア

混合肌は、肌の部分によって肌タイプが異なる状態。

混合肌は乾燥肌と脂性肌、普通肌と乾燥肌、普通肌と脂性肌などの組み合わせがありますが、肌の部分ごとに状態に合ったスキンケアを行うことが大切です。

混合肌の人におすすめの保湿スキンケア方法

混合肌の人の多くは、おでこや鼻などのTゾーンは皮脂分泌が多くテカリが出るのに、頬や顎などのUゾーンは乾燥するという、乾燥肌と脂性肌が混じった肌質に悩みを抱えています。

混合肌の人の保湿スキンケアには、保湿成分の配合率が高く、油分と水分のバランスがよいオールインワンゲルの使用がおすすめです。

オールインワンゲルは化粧水や乳液・保湿クリームといった基本的な保湿スキンケアの役割をひとつで済ませることができる便利なアイテム。

保湿力が足りないと感じた場合は、頬や口元・目元などの皮脂腺が少ない部分に保湿クリームを重ねづけするなどして、乾燥が気になる箇所は重点的に保湿してあげましょう。

まとめ

どんな肌質であっても、洗顔後の保湿ケアが欠かせないことは同じです。

しかし、肌質に合ったスキンケアを行なっていないと、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを招きやすくなります。

肌質に合わせた保湿スキンケアを行って、潤いのある美肌を目指しましょう。