保湿スティックの画像

持ち運びに便利な保湿スティックの使い方

OKしている女性のイメージ画像

保湿スティックとは、リップクリームのように繰り出して使うスティック状のスキンケア化粧品のことで、乾燥が気になる部位を簡単に保湿ケアできるのが特徴。

乾燥による小じわやメイク崩れが気になる部位に、リップクリームと同じ感覚で手軽に肌へ馴染ませることができます。

手間をかけずに保湿ケアが叶う、便利な保湿スティックの3つの使い方を紹介していきます。

【メイクの上から】日中のカサついた肌に保湿

女性 目元 スキンケア

保湿スティックの1つ目の使い方は、メイクの上からそのまま保湿ケアをする方法。

メイクの上から保湿できるスキンケア化粧品で良く知られているのがミスト状化粧水ですが、スプレーしたあと、化粧水の水分が肌になじまず、逆に乾燥してしまった…なんて人はいませんか?

ミスト状化粧水は、スプレーした化粧水の水分が蒸発すると同時に、肌の水分も一緒に蒸発してしまいやすく、肌の乾燥が悪化することがあるのです。

保湿スティックなら油分も配合されているためミスト状化粧水と違って肌の水分が蒸発しにくく、メイクの上からサッと塗るだけで乾燥が気になるところへピンポイントに保湿ケアすることができますよ。

【化粧直しの前に】簡単に保湿スキンケア

机の上にバラまかれた化粧品や化粧道具

保湿スティックは保湿スキンケアだけでなく、化粧直しにも使える便利なアイテムです。

化粧直しをするときには、まずはヨレてしまったメイクや皮脂を拭き取り、保湿をして化粧下地とファンデーションを重ねて…と、面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。

水分と油分がバランスよく配合されている保湿スティックは、化粧直しのときに保湿だけでなく、化粧下地の役割を兼ね備えることができます。

ヨレてしまったメイクや皮脂などの油分を拭き取ったら、保湿スティックで保湿しながら肌を整えれば、上からファンデーションを丁寧に重ねるだけで化粧直しを仕上げることができますよ。

保湿スティックを使った化粧直しの方法

  1. メイクがヨレてしまった箇所にティッシュを当て、余分な油分を優しく取り除く。
  2. メイクを落とした箇所に保湿スティックを塗って、肌を保湿しながら表面を整える。
  3. 保湿スティックを塗った上に、ファンデーションを重ねる。

【+αのスキンケア】気になる部位には集中保湿

鏡を見ながらメイクする女性

保湿スティックはメイクの上から保湿することができるのが一番の特徴ですが、メイクをしていないすっぴんの肌への保湿スキンケアとしても、もちろん使用することができます。

目元や口元など、顔全体の中でも特に皮膚が薄く乾燥しやすい部位には、化粧水に乳液や保湿クリームを重ねたら、最後に保湿スティックを一塗りして美容成分にフタをしましょう。

目元専用のアイクリームや美容液は価格が高い商品も多いため、なるべくプチプラで目元や口元の保湿がしたいという人には、保湿スティックでの保湿スキンケアがおすすめですよ。

口コミで人気!おすすめの保湿スティック3選

本記事では、数ある保湿スティックの中でもSNSや口コミサイトでの評価が高い3商品の保湿スティックを紹介していきます。

それぞれの商品の特徴や値段などを比較して、保湿スティックを購入するときの参考にしてくださいね。

イプサ ザ・タイムR デイエッセンススティック

イプサの保湿スティック

用量:9.5g
価格:3.132円(税込)

イプサ ザ・タイムRデイエッセンススティックの特徴

  • 美容液成分を独自の技術で65%以上配合。
  • 日中に乾燥してもメイクの上から塗るだけで潤いを与えられる。
  • 塗ったあとにファンデーションを重ねると、肌に自然なツヤ感が出る。

独自技術で化粧水や美容液などの保湿成分を半分以上の65%以上も配合しているイプサの「ザ・タイムRデイエッセンス」。

イプサのザ・タイムRデイエッセンスは、肌に潤いを与える天然成分100%の保湿成分「トレハロース」で肌に潤いを与え、乾燥して肌が縮まないように人工の潤い膜「デイバリア」という成分を配合して肌表面に膜を作り、乾燥による肌の縮みを防ぎます。

化粧直しに使用しても、人工の潤い膜の効果により、あとから塗るファンデーションのノリが良くなり、まるで化粧したてのような肌に。特に潤いを求めるならイプサのザ・タイムRデイエッセンスがおすすめです。

クラブ エアリータッチデイエッセンス

クラブの保湿スティック

容量:5.6g
価格:1,500円(税抜)

クラブ エアリータッチデイエッセンスの特徴

  • 2種類の「リタッチパウダー」配合で、保湿成分とパウダーの働きでメイクしたての肌へ導く
  • 乾燥によるメイク崩れもひと塗りでなめらかな肌に整える。
  • 小さめのサイズなので目元や口元など細かい部分にも塗りやすい。

クラブのエアリータッチデイエッセンスは、薄いきれいなピンク色をしたラ・フランスの香りがするスティックで美容成分が約93%も配合されています。美容成分のなかにはピンクパウダーと極小パールも配合されており、透明感やツヤ感アップが期待できます。

クラブのエアリータッチデイエッセンスに含まれる加水分解オクラ種子エキスは、肌表面をなめらかに整える働きがあります。

肌に一塗りするだけで肌表面の角質層が潤ってキメが整うので、ファンデーションやフェイスパウダーを重ねるだけで化粧直しをすることができますよ。

イプサのザ・タイムRデイエッセンススティックと比べると5.6gと小さくて塗りやすいタイプなので、サッとポーチから取り出していつでも塗ることができるのもクラブのエアリータッチデイエッセンスの嬉しいところですね。

MiMCビオモイスチュアスティック

mincの保湿スティック

容量:2.2g
価格:3,300円(税抜)

MiNCビオモイスチュアスティックの特徴

  • 乾燥によるバリア機能が乱れた肌を考え植物成分だけでつくられている
  • シアバターを凝縮した高保湿成分「シアバターノエキス」を配合

MIMCのビオモイスチュアスティックのMSモイスチュアは色がつかないクリアカラータイプで、保湿スキンケアや化粧直しに使うことに特化した商品。

紫外線などの外部刺激に敏感な乾燥肌のことを考えて、合成化学成分フリーで、かつ11種類のフルーツや野菜などの植物成分だけで作られた肌にやさしい保湿スティックです。

保湿効果が高いシアバターよりも凝縮して作られたシアバターノエキスや、美肌や健康に良いといわれるオメガ3配合のインカインチオイル、キャンデリラロウなど3種類のロウにより角質層の潤いを満たして肌のキメを整えます。

肌にアレルギー反応が出やすい人はパッチテストを

MiNCのビオモイスチュアスティックは、敏感肌やアトピー肌の人でも刺激が刺激を感じにくい天然成分を多く配合しています。

ただ植物にアレルギーを持っている人や、肌に合うスキンケア化粧品がなかなか見つからない極度の敏感肌の人は、ビオモイスチュアスティックに配合される植物成分によりアレルギー反応を起こし、肌荒れ・肌トラブルに繋がる可能性があります。

自分の肌に使っても問題ないか心配な人は、事前にパッチテストを行い、肌に使用しても問題ないかどうか確認するようにしてくださいね。

保湿スティックを使う2つのメリット

潤いを実感する女性の画像

化粧水や美容液、乳液などの基礎化粧品と比べると、普段のスキンケアに取り入れている人は少ない保湿スティックですが、保湿スティックは日中さまざまなシーンで使用することができるのでおすすめですよ。

普段の保湿スキンケアにプラスして保湿スティックを使う2つのメリットを紹介していきます。

【メリット1】部分的な日中の保湿ケアに便利

日差しを避けるために帽子をかぶっている女性

朝に基礎化粧品を重ねて丁寧に保湿をしても、特に皮膚が薄い目元や口元、マスクをしていたときの口周りなどは、日中になるとどうしても乾燥しがちになってしまいますよね。

保湿スティックを使うと、乾燥が気になる部位だけをピンポイントで保湿できるため、他の部分のメイクを崩すことなく保湿ができるのがメリットの1つです。

ミスト状化粧水やミスト美容液もメイクの上から直接肌に吹きかけて保湿することができますが、顔全体ではなく乾燥した目元や口元のみを保湿するなら、保湿スティックの方が使いやすくて便利ですよ。

【メリット2】小さいからポーチの中でかさばらない

トレーに並べられたアイシャドウやリップグロス

化粧直しをするなら、保湿するための基礎化粧品や油取り紙、化粧下地やパウダーなどたくさんのメイク用品を持ち歩かなければなりませんよね。

保湿スティックは1つで化粧水・美容液・乳液・オイルなどの十分な保湿ケアが叶うのでポーチがかさばらずに済みます。

保湿スティックを塗った部分は肌表面が整っているため、ファンデーションやフェイスパウダーのノリもよく、化粧下地を使わなくてもベースメイクの化粧直しができますよ。

まとめ

頬に指を当てる女性の画像

保湿スティックは部分的な肌の乾燥だけでなく、朝のメイク前に行うスキンケアにプラスして使ったりもできることが分かりました。

乾燥するからと基礎化粧品を持ち歩くのは大変ですが、保湿スティックなら1本で潤いをキープできます。

ぜひ、乾燥対策にあなたのポーチにも、美容液チャージできる保湿スティックを入れて美肌キープを目指してみてはいかがでしょうか?