石鹸とタオルがひとつずレイアウトされている画像

肌トラブルのない健やかな肌をキープすることは、すべての女性の願いです。

うるおいのある美しい肌を目指すなら、保湿と洗顔の関係に注目しましょう。

美肌を保つには、正しい洗顔方法で正しく保湿ケアをすることが欠かせません。

本記事では保湿重視の洗顔の方法、肌タイプに合わせた洗顔料の選び方や、保湿もできるおすすめ商品を紹介していきます。

洗顔も保湿のための大切なスキンケア

女性が肌に両手の平をあてているところ

肌の汚れを落とすだけが目的の洗顔は避ける

肌表面や毛穴汚れを落とすのは、洗顔の基本です。

しかし、汚れを落とすだけが、洗顔の目的になっていてはいけません。

食器洗いや洗濯なら汚れを落とすことがなによりも重要になりますが、肌を美しく保つには、さらに一歩進んだなめらか肌を作る洗顔の役割を知っておきましょう。

美肌に欠かせない角質

洗顔で肌の表面の汚れや毛穴汚れをきちんと落とすと、化粧水や美容液などのスキンケア化粧品の成分が角質層に行き渡り、スキンケア効果もアップします。

しかし、肌がつっぱるほどの洗顔は、うるおいが不足しがちな大人の女性の肌に大きなストレスを与えてしまうことになります。

肌にうるおいが不足すると、カサカサするだけではなく、外部の刺激と乾燥から肌を守る肌のバリア機能がうまく働きません。

肌のバリア機能は、皮膚を構成する表皮のもっとも外側にある角質層が担っています。

角質細胞と細胞間脂質から成り立っている角質層は、紫外線などの外的刺激から肌を守り、肌に蓄えられている水分が蒸発するのを防いでくれます。バリア機能が正常に機能しているイメージイラスト

死んだ細胞である角質は、肌の汚れと一緒に徹底的に除去すべきものと考えてしまいがちです。

しかし実際には、角質層があるからこそ健康的な美肌を保つことができます。

洗顔による保湿ケアを心掛ける

うるおいのある肌を保つのに角質層が大きな役割を果たしていますが、角質や肌表面の汚れをまったく除去しないのも、肌のごわつきやニキビなど、肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

肌や毛穴汚れをきちんとオフしながら、肌のうるおいと肌のバリア機能を守りたいのであれば、洗顔による保湿ケアが重要です。

保湿ケアをしながら洗顔をすれば、肌の水分量を保持するセラミドが不足するのを防ぐことができます。

セラミドとは、角質細胞間脂質を構成する主な成分で、28日周期で肌が生まれ変わる肌のターンオーバーの際に生成されます。

肌のターンオーバーが正常に機能し、セラミド生成を促すためにも、正しい洗顔方法で不必要な汚れを落としましょう。

同時に、加齢や不健康な生活習慣により減少してしまうセラミドを補うためにも、保湿ケアを心掛けることが大切です。

洗顔による保湿ケアは、自分の肌質に合った洗顔料選びと正しい洗顔方法によって行うことができます。

天然の界面活性剤を使用した洗顔石鹸を選んで

色とりどりの石鹸が複数並んでいる画像

自分の肌質を知ることが、美肌へと導いてくれる洗顔料選びの重要ポイントです。

どんなに高級な商品を使っても、また、どれほど評判の高いクレンジング剤や洗顔料を使っても思ったような効果が得られないのは、洗顔料を自分の肌質や肌悩みに合わせて選んでないからなのです。

肌質は、年齢や生活環境、食ベ物や生活習慣、そして洗顔を含むスキンケア方法によって変化します。

十代の頃の肌質に合わせてスキンケアをしているなら、いますぐ見直しが必要です。

加齢や肌のターンオーバーの乱れ、間違ったスキンケア方法により肌にダメージを受けている場合には、肌を優しくいたわりながら洗顔できる、天然の界面活性剤を使用した洗顔石鹸がおすすめです。

では、それぞれの肌質の特徴とおすすめ洗顔をみていきましょう。

【敏感肌】とは

敏感肌の特徴

  1. 肌にかゆみを感じたり、かぶれやすい
  2. 炎症や湿疹などができやすい
  3. 季節の移り変わりの時期に肌コンディションが悪くなる

<敏感肌に洗顔石鹸がおすすめな理由>

水と油など、異なる性質の成分をなじませる特徴を持つ界面活性剤には、洗顔フォームに含まれる合成界面活性剤と、洗顔石鹸に含まれる天然の界面活性剤があります。

敏感肌が避けるべきなのは、洗う力が強すぎて、肌を守るために存在している角質まで落とし去ってしまう合成界面活性剤です。

合成界面活性剤を含んでいる洗顔フォームは、すっきりとした洗い上がりが魅力ですが、肌のバリア機能を低下させて肌にダメージを与えます。

そのため、敏感肌の方は、刺激の少ない天然の界面活性剤を使用した洗顔石鹸で洗顔されることをおすすめいたします。


【脂質肌(オイリー肌)】とは

脂質肌(オイリー肌)の特徴

  1. 肌にベタつきがある
  2. 化粧が崩れやすい
  3. 肌のキメが荒い
  4. 毛穴が開いている

<脂質肌(オイリー肌)に洗顔石鹸がおすすめな理由>

脂質肌(オイリー肌)の方は、肌の水分量も油分量もたっぷり過ぎる傾向にあります。

保湿に重点を置いた洗顔料や高すぎる洗浄力を誇る洗顔料を使用すると、さらに肌が脂っぽくなってしまうことも。

脂質肌(オイリー肌)であれば、美容成分がたくさん含まれていたり徹底的に肌の汚れを除去したりする洗顔料よりも、肌の水分を保持するのに必要な皮脂だけは残してくれる、洗顔石鹸などのシンプルな洗顔料が良いでしょう。


【乾燥肌】とは

乾燥肌の特徴

  1. 肌がカサカサしている
  2. 肌にツッパリ感がある
  3. 小じわが目立つ
  4. 肌に白っぽい粉が吹いている部分がある

<乾燥肌に洗顔石鹸がおすすめな理由>

乾燥肌の方は、敏感肌と同じく洗浄力の高すぎる洗顔料は避けましょう。

合成界面活性剤など、肌の汚れを落とす力が強い成分を配合した洗顔料は、水分を保持する肌の機能を破壊します。

肌の水分を保持する機能がうまく働かなくなると、肌の水分量は減少し、ますます肌の乾燥がひどくなってしまいます。

肌への負担を避けるためにも、水で洗えばすぐに界面活性剤がきれいに流れ落ちる、洗顔石鹸がおすすめです。


【混合肌】とは

混合肌の特徴

  1. 額と鼻筋の部分(Tゾーン)が脂っぽい
  2. フェイスライン(Uゾーン)がカサつきやすい
  3. フェイスラインににきびができやすい

<混合肌に洗顔石鹸がおすすめな理由>

混合肌になる要因として、ストレスや生活習慣などがあげられますが、実は肌が乾燥状態のために混合肌になってしまっているケースがほとんどです。

基本的に、肌は乾燥を防ぐために、皮脂を分泌して肌のうるおいを保とうとします。

脂っぽいTゾーンを洗顔でスッキリさせようと必死になって洗うほど肌は乾燥してしまい、さらに皮脂を分泌するようになります。

肌のバリア機能を保つのに必要な皮脂を残して、そのほかの肌の汚れはきちんと落とすことができる洗顔石鹸を使用するなら、皮脂を取り過ぎて乾燥を招き、結果的に混合肌になることを避けることができるでしょう。

肌のうるおいを保つ正しい洗顔

水滴が水面に浮かんでいる画像

肌のうるおいを保って美しい肌をキープするためには、正しい洗顔方法で洗顔することがなによりも大切です。

正しい洗顔ができていないと、肌老化や肌トラブルを引き起こす可能性も。

基本の洗顔方法をしっかりマスターして、洗顔による保湿ケアを行いましょう。

保湿ケア重視の基本の洗顔方法

年齢と共に肌の水分量は減少していきます。

スキンケアの基盤である洗顔を正しい方法で行うことにより、年齢肌の肌状態を改善していきましょう。

  1. 石鹸や手洗い用洗剤で手を丁寧に洗って汚れを落としましょう。
  2. ぬるま湯(30~35℃くらい)でさっと洗顔します。
    水ではなくぬるま湯を使って洗顔前に肌を濡らすことで、毛穴を開かせて汚れがよく落ちるようにします。
  3. 肌質に合った洗顔料をキメ細かい泡が立つまで泡立てます。

    指で直接肌に触れて洗うのではなく、キメ細かい泡で洗顔することによって、摩擦の刺激から肌を守って肌が固くなるのを防ぎます。

  4. 指の腹を使って泡で包むように洗顔していきましょう。
    皮脂の多いTゾーンから始め、頬と目元、そして鼻からUゾーン、最後は口元の順に洗顔します。
  5. 30℃で皮脂が溶け出すので、皮脂汚れを洗顔の泡と共にきれいに流しさってしまうためにも、30℃のぬるま湯ですすぎをしましょう。

絶対避けて!間違い洗顔ポイント5つ

STOP標識と青空の画像

指先に力を入れてゴシゴシ洗う

化粧品による肌の汚れや角栓などを取り除こうと必死になるあまり、つい指先に力を込めて洗顔してしまうかもしれませんが、摩擦で肌を傷つける恐れがあります。

長い時間をかけて洗顔する

洗顔する時間が長いほど、美肌になれる訳ではありません。

丁寧に洗顔をするのは良いことですが、長い時間をかけて洗顔すると、肌を痛めるだけでなく水分を保つのに必要な皮脂まで流れ落ちてしまい、肌乾燥に繋がります。

敏感肌は30秒を目安に、乾燥肌と混合肌は60秒を、オイリー肌はトータルで90秒を目安に洗顔するように心掛けましょう。

10回以上すすぎをする

洗顔後にはしっかり泡を洗い流す必要がありますが、10回以上すすぐ場合、肌に負担をかけることになります。

シャワーですすぎをする

シャワーの水圧で肌がダメージを受けてしまいます。

個人差はありますが、角質層の薄さはわずか0.07~0.2mm。

長時間肌にシャワーをあてることで肌が傷つけられるだけでなく、皮脂が落ちすぎてしまい乾燥肌の原因にもなるので、シャワーを肌に直接当ててすすぎをするのは避けましょう。

冷たい水もしくは熱いお湯ですすぐ

毛穴を引き締めるために冷水ですすぎをしたり、毛穴の中の汚れを溶かし出すために熱いお湯ですすぎをしたりする方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、冷水では汚れが落ち切らず、熱いお湯では皮脂が落ちすぎてしまい、肌のバリア機能がうまく働かなくなってしまいます。

肌を健やかに保つ肌質別おすすめ洗顔料5選!

洗顔している女性の写真

正しいスキンケアの基本は、保湿を意識した洗顔から。

自分の肌の状態に合った洗顔石鹸を選んで洗顔をするなら、健やかな肌を目指すことができるでしょう。

【乾燥肌さん向け】ココラルムマイルドソープ

ココラルムマイルドソープ

内容量 85g
初回限定価格 1,536円(税込)

【乾燥肌さん向け】ココラルムマイルドソープの特徴

  • 無添加で刺激が少なく肌に優しい
  • 健やかな肌を作るラウリン酸を配合
  • ヴァージンココナッツオイルとヒアルロン酸でしっとり保湿

主成分にヴァージンココナッツオイルを使用した無添加のココラルムマイルドソープは、植物由来の界面活性剤で洗い上げるため、肌への刺激が少ない洗顔石鹸です。

母乳と同じ成分のラウリン酸が含まれているので、低刺激なのに抗菌作用や抗炎症作用があり、乾燥肌の方だけでなく敏感肌の方、肌トラブルが多い方におすすめです。

泡立ちの良さに定評があるココラルムマイルドソープは、ヒアルロン酸配合で洗顔しながら保湿ケアも行うことができるので、洗顔と同時に乾燥対策をすることができます。

【VCO マイルドソープの関連記事】
ココラルムマイルドソープは本当に安全?全成分を口コミと徹底解析!
アトピー肌におすすめ!ココラルムマイルドソープが本当に肌に優しい理由
【口コミレビュー】大人気の洗顔石鹸「ココラルムマイルドソープ」を実際に使ってみた!


【オイリー肌さん向け】然(しかり)よかせっけん

然よかせっけんの画像

内容量 88g
通常価格 1,944円(税込)
毎月定期便 1,841円(税込)

【オイリー肌さん向け】然(しかり)よかせっけんの特徴

  • シリカパウダーで毛穴汚れをしっかり除去し、角質ケアもできる
  • 天然由来の保湿成分で肌を保湿
  • 甘草由来の有効成分でニキビや肌荒れを防ぐ

脂質肌(オイリー肌)の悩みは、ベタつきはもちろん、赤ニキビや毛穴詰まりによる肌の炎症などさまざま。

透明感のある美しい肌を目指したいのであれば、ミネラルを豊富に含んだ火山灰シラスを元に作られる、超微細シリカパウダー入りの然(しかり)よかせっけんがおすすめです。

超微細シリカパウダーは毛穴よりも小さく、毛穴の中まで入って汚れをキャッチ。

さらに、キメ細やかな泡が毛穴の中の汚れを吸着させ、古い角質を除去して滑らかなすべすべ肌へと導きます。

固形石鹸ではなく「練り石鹸」なので、ハリとツヤに欠かせないコラーゲン、うるおいをもたらすアロエエキス、しっとりと肌を守るローヤルゼリーなど、60%以上も美肌成分を配合しています。

化粧水成分に含まれる美肌成分も含まれているので、肌トラブルの改善だけではなく美しい肌を目指すことができます。

防腐剤のほか、石油系界面活性剤、合成香料や合成着色料を使用しない完全無添加の然(しかり)よかせっけんは、すっきりした洗い上がりで、脂質肌(オイリー肌)を改善するのにぴったりな洗顔石鹸です。

然り(しかり)よか石鹸の関連記事
然(しかり)よかせっけんの成分を徹底的に大解析!
本音で検証!然(しかり)よかせっけん の効果・口コミを徹底レビュー
然(しかり)よかせっけんで美白が叶う!シミにも効く洗顔の力とは?


【ニキビ肌さん向け】薬用ニキビ専用洗顔石鹸Non A.(ノンエー)

NonA洗顔石鹸の画像

内容量 100g
2,940円 (税込)

【ニキビ肌さん向け】薬用洗顔専用石鹸Non A.(ノンエー)の特徴

  • グリチルリチン酸ジカリウム配合でニキビを防ぐ
  • 高保湿成分リピジュア配合でしっかり保湿
  • 大豆エキスとソウハクヒエキスで美白効果

(※)本記事内での「美白」は、「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすの原因を防ぐ」ことです。

ノンエー 関連記事
皮膚科医も勧める洗顔石鹸が肌に良い4つの理由&おすすめの石鹸5選!

ニキビに有効な成分、グリチルリチン酸ジカリウムを配合している薬用ニキビ専用洗顔石鹸ノンエーは、ニキビを改善してツルスベ肌を手に入れたいすべての人におすすめです。

グリチルリチン酸ジカリウムは、炎症やアレルギーを抑える効果があり、保湿力もある成分。

そのため、薬用ニキビ専用洗顔石鹸ノンエーは、脂質肌のニキビだけでなく、乾燥によるニキビにも効果を発揮します。

さらに、ニキビケアだけではなく、天然保湿成分のヒアルロン酸とヒアルロン酸よりも保湿効果の高いリピジュアを配合しているため、洗顔することによって肌にうるおいを与えます。

女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをするイソフラボンを含んだ大豆エキスと、マグワの根の皮を乾燥させて抽出したソウハクヒエキスが含まれており、ニキビなどの炎症を抑える効果があるほか、美白効果を期待することができます


【敏感肌さん向け】ペネロピムーン ジュノア

ペネロピムーンジュノアの画像

内容量 50g
定期コースでの申し込みで初回1,080円

【敏感肌さん向け】ペネロピムーン ジュノアの特徴

石油系界面活性剤や合成着色料などの添加物不使用で敏感肌でも安心

  • 豊富で弾力のある泡で肌を擦らなくても汚れを落とすから低刺激
  • 職人がつくる「枠練り製法」で美容液成分を25%も配合して贅沢な洗顔石鹸

洗顔による肌への負担を限りなく抑えたい敏感肌には、石油系界面活性剤や合成着色料、合成香料、鉱物油を使わない無添加処方にこだわったペネロピムーン ジュノアがおすすめです。

石鹸マイスターによる独自の「枠練り製法」が、25%もの美容液成分をたっぷりと蓄え、繊細ながらも豊富でやわらかな泡が肌を優しく包み込み、洗浄しながらもうるおいを与えます。

石鹸の見た目も美しいだけでなく、月のモチーフ部分には潤いを保つ美肌成分であるアミノ酸や、肌にツヤを与えるシルクパウダーが。

周りの赤い固形石鹸の部分に含まれる月桃葉エキスが肌にハリを与えながら、アスタキサンチンが肌を整えてくれるので、バランスを崩しやすい敏感肌にぴったりの洗顔石鹸です。


【混合肌向け】ハニーサンゴ石鹸

ハニーサンゴ石鹸の紹介

内容量 80g
定期ケアコース 3,120円(税込) 

【混合肌さん向け】ハニーサンゴ石鹸の特徴

  • 混合肌もバランスよく洗い上げる洗浄作用と保湿砂糖の2つにこだわり
  • サンゴパウダーの超微粒子がTゾーンの毛穴の汚れにもしっかり吸い付き除去
  • はちみつ配合だから乾燥が気になるUゾーンは荒い上がりしっとり

Tゾーンはテカりや汚れが気になるけど、頬や口元は乾燥してしまう混合肌には、洗浄作用と保湿の2つのバランスにこだわったハニーサンゴ石鹸がおすすめです。

ハニーサンゴ石鹸が持つ洗浄力の高さの理由は、天然成分であるサンゴパウダーの超微粒子が毛穴の奥の汚れまでしっかり落としてくれるから。

洗浄力が高い反面、肌に負担を与える化学成分を使わずに洗浄し、肌への刺激を抑えながら洗顔することができます。

さらに、保湿力の高いハチミツを配合しているので、高い洗浄力もありながら、乾燥しやすい頬などはつっぱり感なくしっとりとした洗い上がりに。

美容作用を高める働きをするはちの子エキスがローヤルゼリーの約300倍も含まれており、年齢が気になる肌にもぴったりの洗顔石鹸です。

ハニーサンゴ石鹸 関連記事
ドラッグストアで買えない!おすすめ洗顔石鹸ランキング


まとめ

年齢を重ねるに連れて、薄くなっていきやすい私たちの肌。

肌質や肌悩みに耳を傾けて手入れをしてあげないと、肌のバリア機能をつかさどる角質層にダメージを与えてしまいます。

肌本来の治癒力をアップさせ、確実に健康な肌細胞を育てるためには、保湿を第一に考えてスキンケアを行うことが大切です。

肌質や肌悩みに合わせた洗顔料で、保湿ケアを念頭に置いた正しい洗顔方法を実践すれば、うるおいに満ちた輝く肌になれるでしょう。